S3 Glacier データ取り出しポリシー - Amazon S3 Glacier

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

S3 Glacier データ取り出しポリシー

Amazon S3 Glacier のデータ取り出しポリシーを使用すると、データ取り出しクォータを簡単に設定してAWS アカウント、それぞれの組織ごとにデータ取り出しアクティビティを管理できますAWS リージョン。S3 Glacier のデータ取り出し料金の詳細については、「S3 Glacier 料金表」を参照してください。

重要

データ取り出しポリシーは、標準取り出しにのみ適用され、S3 Glacier に直接送信される取り出しリクエストを管理します。

S3 Glacier ストレージクラスの詳細については、Amazon Simple Storage Service ユーザーガイドの「オブジェクトをアーカイブするためのストレージクラス」と「オブジェクトの移行」を参照してください。

S3 Glacier データ取り出しポリシーの選択

データ取り出しポリシーは、[No Retrieval Limit]、[Free Tier Only]、[Max Retrieval Rate] の 3 つのタイプから選択できます。

「取り出し制限なし」は、取り出しに使用されるデフォルトのデータ取り出しポリシーです。No Retrieval Limit ポリシーを使用する場合、取り出しクォータは設定されず、有効なデータ取り出し要求はすべて受け入れられます。

無料利用枠のみのポリシーを使用すると、取り出しを 1AWS 日の無料利用枠の許容量内に抑えることができ、データ取り出しコストは発生しません。AWS無料利用枠の制限を超えるデータを取得したい場合は、 bytes-per-hour 最大取り出し速度ポリシーを使用して取り出し速度の割り当てを設定できます。[Max Retrieval Rate] ポリシーを使用すると、アカウントのすべての取り出しジョブの最大取り出しレートが、AWS リージョン設定した最大取り出しレートを超えることはありません。 bytes-per-hour

無料利用枠のみと最大取り出しレートのポリシーの両方では、指定した取り出しクォータを超えるデータ取り出しリクエストは受け付けられません。[Free Tier Only] ポリシーを使用する場合、無料利用枠上限を超える取り出しリクエストは S3 Glacier により拒否されるようになります。AWS[Max Retrieval Rate] ポリシーを使用する場合、進行中のジョブの最大取り出しレートが、ポリシーで設定した最大取り出しレートを超える取り出しリクエストはbytes-per-hour S3 Glacier により拒否されるようになります。これらのポリシーを使用することで、データ取り出しコストの管理を簡素化できます。

以下にデータ取り出しポリシーの使用時に役立つヒントをいくつか示します。

  • データ取り出しポリシーの設定は、標準取り出しを使用した S3 Glacier からのデータの取り出しにかかる 3〜5 時間の期間に影響を与えません。

  • 新しいデータ取り出しポリシーの設定は、その前に許可されてすでに進行中だった取り出しジョブに影響を与えません。

  • データ取り出しポリシーにより検索ジョブのリクエストが拒否されても、そのジョブやリクエストの料金は請求されません。

  • それぞれに 1 つのデータ取り出しポリシーを設定してAWS リージョン、AWS リージョンアカウントのすべてのデータ取り出しアクティビティを制御できます。データ取り出しポリシーは、AWS リージョンそれぞれによってデータ取り出しコストが異なるため、特定の目的に特化していますAWS リージョン。詳細については、「Amazon S3 Glacierの料金」を参照してください。

[Free Tier Only] ポリシー

データ取り出しポリシーを [Free Tier Only] に設定して、AWS取り出しを常に無料利用枠上限までに抑えて、データ取り出し料金が発生しないようにできます。取り出し要求が拒否されると、要求が現在のデータ取り出しポリシーによって拒否されたことを示すエラーメッセージが表示されます。

データ取り出しポリシーを [Free Tier Only] に設定して、リージョンごとにデータ取り出しポリシーを設定できます。このポリシーが設定されると、1 日あたりに 1 日あたりに 1 日あたりにAWS無料利用枠上限 (日割り計算) を超えてデータを取り出せなくなりますAWS リージョン。また、データ取り出し料金も発生しません。

また、1 か月以内にデータ取り出し料金が発生した後に、無料利用枠のみのポリシーに切り替えることもできます。その場合、無料利用枠のみのポリシーは、新しい検索リクエストには有効になりますが、過去のリクエストには影響しません。切り替え前に発生した料金は請求されます。

[Max Retrieval Rate] ポリシー

データ取り出しポリシーを [Max Retrieval Rate] に設定して、データ取り出しレートを制御できます。最大取り出しレートを制御するには、 bytes-per-hour 最大取り出しレートを制御できます。データ取り出しポリシーを [Max Retrieval Rate] に設定した場合、進行中のジョブの最大取り出しレートが、ポリシーで指定した最大取り出しレートを超える新しい取り出しリクエストは、拒否されるようになります。 bytes-per-hour 取得ジョブのリクエストが拒否されると、そのリクエストが現在のデータ取り出しポリシーによって拒否されたことを示すエラーメッセージが表示されます。

データ取り出しポリシーを Max Retrieval Rate ポリシーに設定すると、1AWS 日に使用できる無料利用枠の量に影響する場合があります。たとえば、[Max Retrieval Rate] を 1 時間あたり 1 MB に設定したとします。AWSこれは無料利用枠のポリシー料金を下回っています。1AWS 日あたりの最大利用枠を上限まで有効に活用するために、最初にポリシーを [Free Tier Only] に設定し、後で必要に応じて [Max Retrieval Rate] ポリシーに切り替えることができます。取り出し許容量の計算方法の詳細については、Amazon S3 Glacier に関するよくある質問を参照してください

[No Retrieval Limit] ポリシー

データ取り出しポリシーを [No Retrieval Limit] に設定した場合、すべての有効なデータ取り出しリクエストは許可されるようになります。データ取り出しリクエストは、すべて許可されるようになります。データ取り出しポリシーを [No Retrieval Limit] に設定した場合、すべての有効なデータ取り出しリクエストは許可されるようになります。

S3 Glacier コンソールを使用したデータ取り出しポリシーの設定

Amazon S3 Glacier コンソールを使用してデータ取り出しポリシーを作成するには
  1. AWS Management Consoleにサインインし、で S3 Glacier コンソールを開きます。https://console.aws.amazon.com/glacier/

  2. 地域を選択」で、AWS リージョンドロップダウンメニューからを選択します。データ取り出しポリシーは、それぞれに設定できますAWS リージョン。

  3. 左のナビゲーションペインの [Data 取り出し設定] (データ取り出し設定) を選択します。

  4. [編集] を選択します。「データ取得ポリシーの編集」ページが表示されます。

  5. [データ取得ポリシー] で、ポリシーを選択します。

    データ取り出しポリシーは、「取り出し制限なし」、「無料利用枠のみ」、「最大取り出し速度を指定」の 3 つから選択できます。

    • 取り出し制限なし」を選択すると、有効なデータ取り出し要求はすべて受け付けられます。

    • 無料利用枠のみを選択した場合、AWS無料利用枠を超えるデータ取得リクエストは受け付けられません。

    • [Specify a Max Retrieval Rate] を選択すると、進行中のジョブの最大取り出しレートが、指定した最大取り出しレートを超えるデータ取り出しリクエストは [Specify a Max Retrieval Rate] を選択した場合、データ取り出しリクエストは拒否されるようになります。[最大取り出し速度] の [GB/時間] ボックスに、1 時間あたりのギガバイト (GB) の値を指定する必要があります。GB/時間の値を入力すると、コンソールによって推定コストが計算されます。

  6. [Save changes] (変更の保存) をクリックします。

Amazon S3 Glacier API を使用したデータ取り出しポリシーの設定

Amazon S3 Glacier REST API またはAWS SDK を使用して、データ取り出しポリシーを表示したり設定したりできます。

Amazon S3 Glacier REST API を使用したデータ取り出しポリシーの設定

Amazon S3 Glacier REST API を使用して、データ取り出しポリシーを表示したり設定したりできます。データ取り出しポリシーの取得 (ポリシーの GET) オペレーションを使用して、既存のデータ取り出しポリシーを表示できます。データ取り出しポリシーの設定 (ポリシーの PUT)オペレーションを使用して、データ取り出しポリシーを設定します。

PUTポリシーオペレーションを使用するときは、JSONStrategy フィールド値を、、BytesPerHourまたはに設定してデータ取得ポリシータイプを選択しますNoneFreeTier BytesPerHourは、コンソールで [最大取り出し速度を指定] を選択したり、[無料利用枠のみ]FreeTier を選択したり、[取り出し制限なし]None を選択したりするのと同じです。

ジョブの開始 (ジョブの POST)オペレーションを使用して、データ取り出しポリシーで設定した最大取り出しレートを超えるデータ取り出しジョブを開始すると、Initiate Jobオペレーションは中止され、例外がスローされます。

AWSSDK を使用したデータ取り出しポリシーの設定

AWSは Amazon S3 Glacier 用アプリケーションを開発するための SDK を提供しています。これらの SDK では、基本となる REST API に対応するライブラリが提供され、簡単にリクエストを作成したりレスポンスを処理したりできるオブジェクトが提供されます。詳細については、「の使用AWSAmazon S3 Glacier での SDK Glacier」を参照してください。