データ取り出しポリシーの取得 (ポリシーの GET) - Amazon S3 Glacier

Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) のアーカイブストレージを初めて使用する場合は、Amazon S3 の S3 Glacier ストレージクラス、S3 Glacier Instant RetrievalS3 Glacier Flexible RetrievalS3 Glacier Deep Archive について詳しく知ることから始めることをお勧めします。詳細については、「Amazon S3 ユーザーガイド」の「オブジェクトをアーカイブするための S3 Glacier ストレージクラス」および「ストレージクラス」を参照してください。 Amazon S3

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

データ取り出しポリシーの取得 (ポリシーの GET)

説明

GET リクエストで指定されたAWS アカウントとAWSリージョンの現在のデータ取り出しポリシーを返します。データ取り出しポリシーの詳細については、「S3 Glacier データ取り出しポリシー」を参照してください。

リクエスト

現在のデータ取り出しポリシーを返すには、以下の構文例に示しているように、データ取り出しポリシーの URI に HTTP GET リクエストを送信します。

構文

GET /AccountId/policies/data-retrieval HTTP/1.1 Host: glacier.Region.amazonaws.com Date: Date Authorization: SignatureValue x-amz-glacier-version: 2012-06-01

注記

-AccountIdvalueAWS アカウントID。この値はリクエストの署名に使用した認証情報に関連する AWS アカウント ID と一致する必要があります。AWS アカウント ID、または Amazon S3 Glacier がリクエストの署名に使用した認証情報に関連する AWS アカウント ID を使用している場合はオプションで`-`「-」のどちらかを指定できます。お客様のアカウント ID を指定する場合は、ハイフン(`-`)を含めないでください。

リクエストパラメータ

このオペレーションではリクエストパラメータを使用しません。

リクエストヘッダー

この操作では、すべての操作で共通のリクエストヘッダーのみ使用します。共通のリクエストヘッダーの詳細については、「一般的なリクエストヘッダー」を参照してください。

リクエスト本文

この操作にリクエストボディはありません。

レスポンス

構文

HTTP/1.1 200 OK x-amzn-RequestId: x-amzn-RequestId Date: Date Content-Type: application/json Content-Length: length { "Policy": { "Rules":[ { "BytesPerHour": Number, "Strategy": String } ] } }

レスポンスヘッダー

この操作はほとんどのレスポンスに共通のレスポンスヘッダーのみを使用します。共通のレスポンスヘッダーの詳細については、「共通のレスポンスヘッダー」を参照してください。

レスポンス本文

レスポンス本文には次の JSON フィールドが含まれています。

BytesPerHour

1 時間あたりに取り出すことのできるデータの最大サイズ(バイト)。

このフィールドが present になるのは、Strategy フィールドの値が BytesPerHour に設定されている場合のみです。

タイプ: 数値

ルール

ポリシールール。これは列挙型ですが、現在は 1 つのルールのみを設定します。Strategy フィールドと必要に応じて BytesPerHour フィールドを含みます。

: 配列

方針

データ取り出しポリシーのタイプです。

タイプ: 文字列

有効な値: BytesPerHour|FreeTier|NoneBytesPerHour は、コンソールで 最大取得率 を選択することに相当します。FreeTier は、コンソールで 無料利用枠のみ を選択することに相当します。None は、コンソールで No Retrieval Policy (取り出しポリシーなし) を選択することに相当します。コンソールでのデータ取り出しポリシーの選択の詳細については、「S3 Glacier データ取り出しポリシー」を参照してください。

エラー

Amazon S3 Glacier の例外とエラーメッセージについては、「エラーレスポンス」を参照してください。

以下の例では、データ取り出しポリシーの取得方法を示しています。

リクエストの例

この例では、GET リクエストをデータ取り出しポリシーの URI に送信しています。

GET /-/policies/data-retrieval HTTP/1.1 Host: glacier.us-west-2.amazonaws.com x-amz-Date: 20170210T120000Z x-amz-glacier-version: 2012-06-01 Authorization: AWS4-HMAC-SHA256 Credential=AKIAIOSFODNN7EXAMPLE/20141123/us-west-2/glacier/aws4_request,SignedHeaders=host;x-amz-date;x-amz-glacier-version,Signature=9257c16da6b25a715ce900a5b45b03da0447acf430195dcb540091b12966f2a2

レスポンスの例

正常なレスポンスでは、レスポンス本文に JSON 形式でデータ取り出しポリシーが示されます。

HTTP/1.1 200 OK x-amzn-RequestId: AAABZpJrTyioDC_HsOmHae8EZp_uBSJr6cnGOLKp_XJCl-Q Date: Wed, 10 Feb 2017 12:00:00 GMT Content-Type: application/json Content-Length: 85 { "Policy": { "Rules":[ { "BytesPerHour":10737418240, "Strategy":"BytesPerHour" } ] } }