App Runner コンソールの使用 - AWS App Runner

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

App Runner コンソールの使用

AWS App Runner コンソールを使用して、接続されたアカウントなどの App Runner サービスおよび関連リソースを作成、管理、モニタリングします。既存のサービスの表示、新しいサービスの作成、サービスの設定を行うことができます。App Runner サービスのステータスを表示したり、ログの表示、アクティビティのモニタリング、メトリクスの追跡を行うことができます。サービスのウェブサイトまたはソースリポジトリに移動することもできます。

以下のセクションでは、コンソールのレイアウトと機能について説明し、関連情報を示します。

コンソール全体のレイアウト

App Runner コンソールには 3 つの領域があります。左から右へ:

  • ナビゲーションペイン – 折りたたんだり展開したりできるサイドペイン。これを使用して、使用する最上位コンソールページを選択します。

  • コンテンツペイン — コンソールページの主要部分。これを使用して情報を表示し、タスクを実行します。

  • ヘルプペイン – 詳細については、サイドペインを参照してください。展開して、ページに関するヘルプを取得します。または、コンソールページで任意の情報リンクを選択して、コンテキストに応じたヘルプを取得します。

ナビゲーション、コンテンツ、ヘルプペインを表示する App Runner コンソールレイアウト

サービスページ

サービスページには、アカウントの App Runner サービスが一覧表示されます。フィルターテキストボックスを使用してリストの範囲を絞り込むことができます。

サービスページに移動するには
  1. App Runner コンソール を開き、リージョンリストで を選択します AWS リージョン。

  2. ナビゲーションペインで [Services (サービス)] を選択します。

ここでできること:

  • App Runner サービスを作成します。詳細については、「App Runner サービスの作成」を参照してください。

  • サービス名を選択して、サービスダッシュボードのコンソールページに移動します。

  • サービスドメインを選択して、サービスウェブページを開きます。

サービスダッシュボードページ

App Runner サービスに関する情報を表示し、サービスダッシュボードページから管理できます。ページの上部にサービス名が表示されます。

サービスダッシュボードにアクセスするには、サービスページ (前のセクションを参照) に移動し、App Runner サービスを選択します。

App Runner サービスダッシュボードページ

サービスの概要セクションには、App Runner サービスとアプリケーションに関する基本的な詳細が表示されます。ここでできること:

  • ステータス、ヘルス、ARN などのサービスの詳細を表示します。

  • デフォルトドメインに移動します。これは、サービスで実行されているウェブアプリケーション用に App Runner が提供するドメインです。これは App Runner が所有するドメインのサブawsapprunner.comドメインです。

  • サービスにデプロイされたソースリポジトリに移動します。

  • サービスへのソースリポジトリのデプロイを開始します。

  • サービスを一時停止、再開、削除します。

サービスの概要の下のタブは、サービス管理オブザーバビリティ用です

接続されたアカウントページ

「接続されたアカウント」ページには、アカウントのソースコードリポジトリプロバイダーへの App Runner 接続が一覧表示されます。フィルターテキストボックスを使用してリストの範囲を絞り込むことができます。接続されたアカウントの詳細については、「」を参照してくださいApp Runner 接続の管理

接続されたアカウントページに移動するには
  1. App Runner コンソール を開き、リージョンリストで を選択します AWS リージョン。

  2. ナビゲーションペインで、接続されたアカウント を選択します。

App Runner 接続アカウントページ

ここでできること:

  • アカウントのリポジトリプロバイダー接続のリストを表示します。リストの範囲を絞り込むには、フィルターテキストボックスに任意のテキストを入力します。

  • 接続名を選択して、関連するプロバイダーアカウントまたは組織に移動します。

  • 接続を選択して、(サービスの作成の一環として) 確立した接続のハンドシェイクを完了するか、接続を削除します。

Auto Scaling 設定ページ

Auto Scaling 設定ページには、アカウントで設定した Auto Scaling 設定が一覧表示されます。いくつかのパラメータを設定して、自動スケーリングの動作を調整し、後で 1 つ以上の App Runner サービスに割り当てることができるさまざまな設定に保存できます。フィルターテキストボックスを使用してリストの範囲を絞り込むことができます。自動スケーリング設定の詳細については、「」を参照してくださいサービスの自動スケーリングを管理する

Auto Scaling 設定ページに移動するには
  1. App Runner コンソール を開き、リージョンリストで を選択します AWS リージョン。

  2. ナビゲーションペインで、Auto Scaling 設定 を選択します。

App Runner Auto Scaling 設定ページ

ここでできること:

  • アカウント内の既存の Auto Scaling 設定のリストを表示します。

  • 新しい Auto Scaling 設定または既存の設定のリビジョンを作成します。

  • 自動スケーリング設定を、作成する新しいサービスのデフォルトとして設定します。

  • 設定を削除します。

  • 設定の名前を選択して Auto Scaling リビジョンパネルに移動し、リビジョンを管理します