AppStream 2.0 ユーザーのためのデフォルトのリージョン設定を構成する - Amazon AppStream 2.0

AppStream 2.0 ユーザーのためのデフォルトのリージョン設定を構成する

注記

このページの手順は、Windows フリートにのみ適用されます。

AppStream 2.0 では、Windows スタック内のユーザーが、自分の所在地や言語に固有の設定を使用するようにストリーミングセッションを設定できます。詳細については、「AppStream 2.0 ユーザーが自分のリージョンを構成できるようにする」を参照してください。また、ユーザーの場所や言語に固有のデフォルト設定を使用するようにフリートを設定することもできます。特に、次の Windows 設定をフリートに適用することができます。

  • Time zone (タイムゾーン) — オペレーティングシステムの時刻に依存する Windows および任意のアプリケーションで使用されるシステム時間を決定します。AppStream 2.0 では、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2016、および Windows Server 2019 と同じオプションを使用できます。

  • Display Language (表示言語) — Windows オペレーティングシステムと特定の Windows アプリケーションで使用される表示言語を決定します。

  • System Locale (システムロケール) — Windows が異なる言語で非 Unicode アプリケーションに使用するコードページ (ANSI、MS-DOS、および Macintosh) とビットマップフォントファイルを決定します。

  • User Locale (ユーザーロケール) (またはカルチャー) — 日付、数値、通貨のフォーマットや文字列のソート時に Windows や任意のアプリケーションが Windows カルチャに照会して使用する規則を決定します。

  • Input Method (入力方法) — 別の言語で文字を入力するときに使用できるキーストロークの組み合わせを決定します。

現在、AppStream 2.0 はこれらの言語設定でのみ英語と日本語をサポートしています。

デフォルトのタイムゾーンを指定する

ユーザーのストリーミングセッションで使用するデフォルトのタイムゾーンを指定するには、次の 2 つの手順のうち、いずれかのステップを実行します。

注記

現在、AppStream 2.0 は [UTC] と [(UTC+9:00) 大阪、札幌、東京] のみでサポートされています。

デフォルトのタイムゾーンを指定します (Windows Server 2012 R2)

  1. 使用する Image Builder に接続し、ローカル管理者権限を持つユーザーアカウントでサインインします。そのためには、次のいずれかを実行します。

    • AppStream 2.0 コンソールを使用する (ウェブ接続のみ)

    • ストリーミング URL を作成する (ウェブまたは AppStream 2.0 クライアント接続用)

      注記

      接続先の Image Builder が Active Directory ドメインに参加していて、組織でスマートカードサインインが必要な場合は、ストリーミング URL を作成し、接続に AppStream 2.0 クライアントを使用する必要があります。スマートカードサインインの詳細については、「スマートカード」をご参照ください。

  2. Image Builder のデスクトップで、Windows の [スタート] ボタンをクリックしてから、[コントロールパネル] を選択します。

  3. [時計、言語、およびリージョン]、[日付と時刻]、[タイムゾーンの変更] を選択します。

  4. [タイムゾーン] リストで、タイムゾーンを選択し、[OK] を選択します。

  5. タイムゾーン設定の変更を適用するには、Image Builder を再起動します。それには、Windows の [スタート] ボタンを選択し、[Windows PowerShell] を選択します。PowerShell では、restart-computer コマンドレットを使用します。

  6. Windows の再起動中に、AppStream 2.0 ログインプロンプトが表示されます。10 分待ってから、再度 Image Builder にログインします。それ以外の場合は、エラーが発生する場合があります。10 分後に [管理者] としてログインすることができます。

  7. 必要に応じて、追加のデフォルトのリージョン設定または言語設定を構成します。それ以外の場合は、Image Builder デスクトップで Image Assistant を開き、ストリーミング用にアプリケーションをインストールして設定します。

  8. Image Builder の設定が終了した後、Image Assistant で必要なステップに従って、イメージの作成を完了します。イメージを作成する方法については、「チュートリアル: AppStream 2.0 コンソールを使用してカスタム AppStream 2.0 イメージを作成する」を参照してください。

  9. 以下のいずれかを実行します。

    • 新しいフリートを作成し、フリートの新しいイメージを選択します。詳細については、「AppStream 2.0 フリートとスタックを作成する」を参照してください。

    • 新しいイメージを使用するように既存のフリートを更新します。

  10. デフォルトの設定を行うユーザーに割り当てられたスタックにフリートを関連付けます。

    設定したデフォルトのタイムゾーン設定は、フリートインスタンスと、そのインスタンスから起動されるユーザーストリーミングセッションに適用されます。

デフォルトのタイムゾーンを指定します (Windows サーバー 2016 および Windows サーバー 2019)

  1. 使用する Image Builder に接続し、ローカル管理者権限を持つユーザーアカウントでサインインします。そのためには、次のいずれかを実行します。

    • AppStream 2.0 コンソールを使用する (ウェブ接続のみ)

    • ストリーミング URL を作成する (ウェブまたは AppStream 2.0 クライアント接続用)

      注記

      接続先の Image Builder が Active Directory ドメインに参加していて、組織でスマートカードサインインが必要な場合は、ストリーミング URL を作成し、接続に AppStream 2.0 クライアントを使用する必要があります。スマートカードサインインの詳細については、「スマートカード」をご参照ください。

  2. Image Builder のデスクトップで、Windows の [スタート] ボタンをクリックしてから、[コントロールパネル] を選択します。

  3. PowerShell または Windows ユーザーインターフェイスを使用して、デフォルトのタイムゾーンを指定します。

    • PowerShell

      • PowerShell を開き、次のコマンドを実行します。

        Run Set-TimeZone -Id "Tokyo Standard Time"
        注記

        このコマンドを実行するには、該当するコンピュータに管理者としてログインする必要があります。

    • Windows ユーザーインターフェイス

      1. Image Builder のデスクトップで、Windows の [Start (開始)] ボタンを選択し、「timedate.cpl」と入力して [Date and Time (日付と時刻)] のコントロールパネル項目を開きます。

      2. [Date and Time (日付と時刻)] アイコンを右クリックし、[Run as administrator (管理者として実行)] を選択します。

      3. ユーザーアカウント制御によって、アプリケーションがデバイスに変更を加えることを許可するかどうかを選択するメッセージが表示されたら、[Yes (はい)] を選択します。

      4. [Change time zone (タイムゾーンの変更)] を選択します。

      5. [タイムゾーン] リストで、タイムゾーンを選択し、[OK] を選択します。

  4. タイムゾーン設定の変更を適用するには、Image Builder を再起動します。それには、Windows の [スタート] ボタンを選択し、[Windows PowerShell] を選択します。PowerShell では、restart-computer コマンドレットを使用します。

  5. Windows の再起動中に、AppStream 2.0 ログインプロンプトが表示されます。10 分待ってから、再度 Image Builder にログインします。それ以外の場合は、エラーが発生する場合があります。10 分後に [管理者] としてログインすることができます。

  6. 必要に応じて、追加のデフォルトのリージョン設定または言語設定を構成します。それ以外の場合は、Image Builder デスクトップで Image Assistant を開き、ストリーミング用にアプリケーションをインストールして設定します。

  7. Image Builder の設定が終了した後、Image Assistant で必要なステップに従って、イメージの作成を完了します。イメージを作成する方法については、「チュートリアル: AppStream 2.0 コンソールを使用してカスタム AppStream 2.0 イメージを作成する」を参照してください。

  8. 以下のいずれかを実行します。

    • 新しいフリートを作成し、フリートの新しいイメージを選択します。詳細については、「AppStream 2.0 フリートとスタックを作成する」を参照してください。

    • 新しいイメージを使用するように既存のフリートを更新します。

  9. デフォルトの設定を行うユーザーに割り当てられたスタックにフリートを関連付けます。

    設定したデフォルトのタイムゾーン設定は、フリートインスタンスと、そのインスタンスから起動されるユーザーストリーミングセッションに適用されます。

注記

ユーザーは、設定したデフォルト設定からタイムゾーンを変更できます。これらのアドレスは、アプリケーションストリーミングセッション中に、リージョンの設定を構成します。手順については、「AppStream 2.0 ユーザーが自分のリージョンを構成できるようにする」を参照してください。また、ユーザーが以前、同じ AWS リージョン内のフリートインスタンスからのストリーミング時にタイムゾーンを選択した場合は、Image Builder 経由で指定されたデフォルトのタイムゾーン設定が、ユーザー指定のタイムゾーン設定で自動的に上書きされます。

デフォルトの表示言語を指定する

ユーザーのストリーミングセッションにデフォルトの表示言語を指定するには、2 通りの方法があります。AppStream 2.0 のデフォルトアプリケーションおよび Windows 設定機能を使用するか、ローカル管理者権限を持つユーザーアカウントでサインインしているときに Image Builder を構成します。このセクションの手順では、AppStream 2.0 のデフォルトアプリケーションおよび Windows 設定機能を使用して、デフォルトの表示言語を指定する方法について説明します。

注記

Windows で表示言語を変更すると、表示言語の言語とリージョンに合わせてユーザーロケールと入力方法が自動的に変更されます。3 つの設定をすべて一致させるために、ユーザーロケールまたは入力方法を個別に変更する必要はありません。

  1. 使用する Image Builder に接続し、[Template User (テンプレートユーザー)] アカウントでサインインします。そのためには、次のいずれかを実行します。

    • AppStream 2.0 コンソールを使用する (ウェブ接続のみ)

    • ストリーミング URL を作成する (ウェブまたは AppStream 2.0 クライアント接続用)

      注記

      接続先の Image Builder が Active Directory ドメインに参加していて、組織でスマートカードサインインが必要な場合は、ストリーミング URL を作成し、接続に AppStream 2.0 クライアントを使用する必要があります。スマートカードサインインの詳細については、「スマートカード」をご参照ください。

    [Template User (テンプレートユーザー)] では、ユーザー向けのデフォルトアプリケーションと Windows の設定を作成できます。詳細については、デフォルトのアプリケーションおよび Windows 設定とアプリケーション起動パフォーマンスの「Creating Default Application and Windows Settings for Your AppStream 2.0 Users」を参照してください。

  2. Image Builder のデスクトップで、Windows の [スタート] ボタンをクリックしてから、[コントロールパネル] を選択します。

  3. [時計、言語、およびリージョン[、[言語]、[言語を追加] を選択します。

  4. 言語を選択して、[追加] を選択します。

    注記

    現時点では、AppStream 2.0 は [英語 (米国)] と [日本語] のみをサポートしています。

  5. 選択した言語が、Windows に追加した言語のリストに表示されます。先ほど追加した言語を選択します。次にその言語が言語リストの一番上に表示されるまで、[上へ移動] を選択します。

  6. [詳細設定] を選択します。[Override for Windows display language (Windows の表示言語を上書きする)] で、使用する言語をリストから選択します。

  7. 追加した言語に関連付けられている入力メソッドを使用する場合は、[Override for default input method (デフォルトの入力メソッドを上書き)] で、その言語の入力メソッドを選択します。

  8. [Save] を選択します。ログオフするように求められたら、[Log off now (今すぐログオフ)] を選択します。

  9. プロンプトが表示されたら、Image Builder に再度ログインし、[テンプレートのユーザー] を選択します。Windows で選択した表示言語が使用されていることを確認してください。

  10. Image Builder デスクトップの右上領域で、[Admin Commands]、[Switch User] の順に選択します。

  11. プロンプトが表示されたら、[管理者] としてログインします。

  12. 必要に応じて、追加のデフォルトのリージョン設定または言語設定を構成します。それ以外の場合は、Image Builder デスクトップで Image Assistant を開き、ストリーミング用にアプリケーションをインストールして設定します。

  13. Image Assistant プロセスのステップ 2 で、[設定の保存] を選択します。

  14. Image Assistant で、必要な手順に従って、イメージの作成を完了します。イメージを作成する方法については、「チュートリアル: AppStream 2.0 コンソールを使用してカスタム AppStream 2.0 イメージを作成する」を参照してください。

  15. 以下のいずれかを実行します。

    • 新しいフリートを作成し、フリートの新しいイメージを選択します。詳細については、AppStream 2.0 フリートとスタックを作成する を参照してください。

    • 新しいイメージを使用するように既存のフリートを更新します。

  16. デフォルトの設定を行うユーザーに割り当てられたスタックにフリートを関連付けます。

    設定したデフォルトの表示言語、関連するユーザロケール、および入力メソッドの設定は、フリートインスタンスおよびそれらのインスタンスから起動されるユーザーストリーミングセッションに適用されます。

    あるいは、[管理者] として Image Builder にログインしているときにデフォルトの表示言語を設定することもできます。[Template User] (テンプレートユーザー) アカウントと [[Administrator] (管理者) アカウントでログインしているときに別の表示言語を選択し、Image Assistant プロセスのステップ 2 で [Save settings] (設定の保存) を選択した場合は、[Template User] (テンプレートユーザー) の設定が優先されます。

注記

ユーザーは、自分が設定したデフォルト設定からユーザーロケールと入力メソッドを変更できます。サポートされている 11 種類のロケールと 9 種類のサポートされている入力メソッドのいずれかに変更できます。そうするには、「AppStream 2.0 ユーザーが自分のリージョンを構成できるようにする」にあるように、アプリケーションストリーミングセッションの間にリージョン設定を構成することができます。また、同じリージョン内のフリートインスタンスからストリーミングするときに、ユーザーが以前にユーザーロケールまたは入力メソッドを選択した場合、それらのユーザー指定の設定は、Image Builder で指定したデフォルトのユーザーロケールおよび入力メソッドを自動的に上書きします。

デフォルトのシステムロケールを指定する

ユーザーのストリーミングセッションのデフォルトのシステムロケールを指定するには、次のステップを実行します。

  1. 使用する Image Builder に接続し、ローカル管理者権限を持つユーザーアカウントでサインインします。そのためには、次のいずれかを実行します。

    • AppStream 2.0 コンソールを使用する (ウェブ接続のみ)

    • ストリーミング URL を作成する (ウェブまたは AppStream 2.0 クライアント接続用)

      注記

      接続先の Image Builder が Active Directory ドメインに参加していて、組織でスマートカードサインインが必要な場合は、ストリーミング URL を作成し、接続に AppStream 2.0 クライアントを使用する必要があります。スマートカードサインインの詳細については、「スマートカード」をご参照ください。

  2. Image Builder のデスクトップで、Windows の [スタート] ボタンをクリックしてから、[コントロールパネル] を選択します。

  3. [時計、言語、およびリージョン] を選択し、[リージョン] を選択します。

  4. [リージョン] ダイアログボックスの [形式] タブを選択します。

  5. [システムロケールの変更] を選択します。

  6. [リージョン設定] ダイアログボックスの [現在のシステムロケール] リストで、言語と地域を選択します。

    注記

    現時点では、AppStream 2.0 は [英語 (米国)] と [日本語 (日本)] のみをサポートしています。

  7. [OK] を選択して [Region Settings] (リージョン設定) ダイアログボックスを閉じ、再度 [OK] を選択して [Region] (リージョン) ダイアログボックスを閉じます。

  8. コンピュータを再起動するように求められたら、Windows を再起動します。

  9. Windows の再起動中に、AppStream 2.0 ログインプロンプトが表示されます。10 分待ってから、再度 Image Builder にログインします。それ以外の場合は、エラーが発生する場合があります。10 分後に [管理者] としてログインすることができます。

  10. 必要に応じて、追加のデフォルトのリージョン設定または言語設定を構成します。それ以外の場合は、Image Builder デスクトップで Image Assistant を開き、ストリーミング用にアプリケーションをインストールして設定します。Image Builder の設定が終了した後、Image Assistant で必要なステップに従って、イメージの作成を完了します。イメージを作成する方法については、「チュートリアル: AppStream 2.0 コンソールを使用してカスタム AppStream 2.0 イメージを作成する」を参照してください。

  11. 以下のいずれかを実行します。

    • 新しいフリートを作成し、フリートの新しいイメージを選択します。詳細については、「AppStream 2.0 フリートとスタックを作成する」を参照してください。

    • 新しいイメージを使用するように既存のフリートを更新します。

  12. デフォルトの設定を行うユーザーに割り当てられたスタックにフリートを関連付けます。

    設定したデフォルトのシステムロケール設定は、フリートインスタンスと、そのインスタンスから起動されるユーザーストリーミングセッションに適用されます。

デフォルトのユーザーロケールを指定する

ユーザーのストリーミングセッションのデフォルトのユーザーロケールを指定するには、次のステップを実行します。

注記

表示言語を設定する予定で、ユーザーロケールと表示言語を一致させたい場合は、ユーザーロケールを変更する必要はありません。表示言語を変更すると、それに合わせてユーザーロケールも自動的に変更されます。

  1. 使用する Image Builder に接続し、ローカル管理者権限を持つユーザーアカウントでサインインします。そのためには、次のいずれかを実行します。

    • AppStream 2.0 コンソールを使用する (ウェブ接続のみ)

    • ストリーミング URL を作成する (ウェブまたは AppStream 2.0 クライアント接続用)

      注記

      接続先の Image Builder が Active Directory ドメインに参加していて、組織でスマートカードサインインが必要な場合は、ストリーミング URL を作成し、接続に AppStream 2.0 クライアントを使用する必要があります。スマートカードサインインの詳細については、「スマートカード」をご参照ください。

  2. Image Builder のデスクトップで、Windows の [スタート] ボタンをクリックしてから、[コントロールパネル] を選択します。

  3. [時計、言語、およびリージョン] を選択し、[リージョン] を選択します。

  4. [リージョン] ダイアログボックスの [形式] タブを選択します。

  5. [形式] リストで、言語とリージョンを選択します。

    注記

    現時点では、AppStream 2.0 は [英語 (米国)] と [日本語 (日本)] のみをサポートしています。

  6. [OK] を選択し、[リージョン] ダイアログボックスを閉じます。

  7. 必要に応じて、追加のデフォルトのリージョン設定または言語設定を構成します。それ以外の場合は、Image Builder デスクトップで Image Assistant を開き、ストリーミング用にアプリケーションをインストールして設定します。

  8. Image Assistant プロセスのステップ 2 で、[設定の保存] を選択します。

  9. Image Assistant で、必要な手順に従って、イメージの作成を完了します。イメージを作成する方法については、「チュートリアル: AppStream 2.0 コンソールを使用してカスタム AppStream 2.0 イメージを作成する」を参照してください。

  10. 以下のいずれかを実行します。

    • 新しいフリートを作成し、フリートの新しいイメージを選択します。詳細については、「AppStream 2.0 フリートとスタックを作成する」を参照してください。

    • 新しいイメージを使用するように既存のフリートを更新します。

  11. デフォルトの設定を行うユーザーに割り当てられたスタックにフリートを関連付けます。

    設定したデフォルトのユーザーロケール設定は、フリートインスタンスと、そのインスタンスから起動されるユーザーストリーミングセッションに適用されます。

注記

ユーザーは、ユーザーロケールを構成したデフォルト設定から、サポートされている 11 の異なるロケールのいずれかに変更できます。そうするには、「AppStream 2.0 ユーザーが自分のリージョンを構成できるようにする」にあるように、アプリケーションストリーミングセッションの間にリージョン設定を構成することができます。また、同じリージョン内のフリートインスタンスからストリーミングするときに、ユーザーが以前にユーザーロケールまたは入力メソッドを選択した場合、それらのユーザー指定の設定は、Image Builder で指定したデフォルトのユーザーロケール設定を自動的に上書きします。

デフォルトの入力メソッドを指定する

ユーザーのストリーミングセッションで使用するデフォルトの入力メソッドを指定するには、次のステップを実行します。

注記

表示言語を設定する予定で、入力メソッドと表示言語を一致させたい場合は、入力メソッドを変更する必要はありません。Windows で表示言語を変更すると、表示言語の言語とリージョンに合わせてユーザーロケールと入力方法が自動的に変更されます。3 つの設定をすべて一致させるために、ユーザーロケールまたは入力方法を個別に変更する必要はありません。

  1. 使用する Image Builder に接続し、ローカル管理者権限を持つユーザーアカウントでサインインします。そのためには、次のいずれかを実行します。

    • AppStream 2.0 コンソールを使用する (ウェブ接続のみ)

    • ストリーミング URL を作成する (ウェブまたは AppStream 2.0 クライアント接続用)

      注記

      接続先の Image Builder が Active Directory ドメインに参加していて、組織でスマートカードサインインが必要な場合は、ストリーミング URL を作成し、接続に AppStream 2.0 クライアントを使用する必要があります。スマートカードサインインの詳細については、「スマートカード」をご参照ください。

  2. Image Builder のデスクトップで、Windows の [スタート] ボタンをクリックしてから、[コントロールパネル] を選択します。

  3. [時計、言語、およびリージョン[、[言語]、[言語を追加] を選択します。

  4. 言語を選択して、[追加] を選択します。

    注記

    現時点では、AppStream 2.0 は [英語 (米国)] と [日本語] のみをサポートしています。

  5. 選択した言語が、Windows に追加した言語のリストに表示されます。

  6. [詳細設定] を選択します。[Override for default input method (デフォルトの入力メソッドを上書き)] で、追加した言語の入力メソッドを選択します。

  7. [Save] を選択します。

  8. ログオフして、もう一度ログインします。これを行うには、Image Builder デスクトップで Windows の [スタート] ボタンを選択します。[ImageBuilderAdmin] を選択し、[サインアウト] を選択します。プロンプトが表示されたら、[管理者] としてログインします。

  9. 必要に応じて、追加のデフォルトのリージョン設定または言語設定を構成します。それ以外の場合は、Image Builder デスクトップで Image Assistant を開き、ストリーミング用にアプリケーションをインストールして設定します。

  10. Image Assistant プロセスのステップ 2 で、[設定の保存] を選択します。

  11. Image Assistant で、必要な手順に従って、イメージの作成を完了します。イメージを作成する方法については、「チュートリアル: AppStream 2.0 コンソールを使用してカスタム AppStream 2.0 イメージを作成する」を参照してください。

  12. 以下のいずれかを実行します。

    • 新しいフリートを作成し、フリートの新しいイメージを選択します。詳細については、AppStream 2.0 フリートとスタックを作成する を参照してください。

    • 新しいイメージを使用するように既存のフリートを更新します。

  13. デフォルトの設定を行うユーザーに割り当てられたスタックにフリートを関連付けます。

    設定したデフォルトの入力メソッドは、フリートインスタンスと、そのインスタンスから起動されるユーザーストリーミングセッションに適用されます。

注記

ユーザーは、入力メソッドを構成したデフォルト設定から、サポートされている 9 の異なる入力メソッドのいずれかに変更できます。「AppStream 2.0 ユーザーが自分のリージョンを構成できるようにする」で説明されているように、アプリケーションストリーミングセッション中にリージョン設定を構成することで、この設定を構成できます。また、同じリージョン内のフリートインスタンスからストリーミングするときに、ユーザーが以前に入力メソッドを選択した場合、それらのユーザー指定の設定は、Image Builder で指定したデフォルトの入力メソッドを自動的に上書きします。

アプリケーション設定の永続化に関する特別な考慮事項

Step 3: User Settings で AppStream 2.0 コンソールでスタックを作成するときは、異なるリージョン設定を使用する別のスタックとして [Application settings persistence (アプリケーション設定の永続化)] の下にある同じ設定グループを使用する場合、両方のスタックに使用されるリージョン設定は 1 セットだけです。各ユーザーについて、ユーザーが最初にログインしたスタックのデフォルトのリージョン設定が、同じアプリケーション設定グループ内の他のスタックのデフォルトのリージョン設定を自動的に上書きします。この問題を回避するには、リージョン設定が異なる 2 つの異なるスタックに同じアプリケーション設定グループを使用しないでください。

日本語の言語設定に関する特別な考慮事項

このセクションでは、AppStream 2.0 ユーザー用に日本語を設定する際に注意すべき重要事項について説明します。

AWS CLI

Windows のシステムロケールを日本語に変更するには、Image Builder に AWS コマンドラインインターフェイス (AWS CLI) のバージョン 1.16.30 以降がインストールされている必要があります。Image Builder の AWS CLI バージョンを更新するには、Installing the AWS Command Line Interface の手順に従ってください。

日本語キーボード

イメージを作成するときに Image Builder の入力メソッドが日本語に設定されていると、AppStream 2.0 は自動的に日本語キーボードを使用するようにイメージを構成します。また、イメージを使用するフリートは日本語キーボードを使用するように自動的に構成されます。ただし、Image Builder セッションで日本語キーボードを使用する場合は、HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\i8042prt\Parameters registry key レジストリキーの次のレジストリ設定を更新してください。

Name (名前) データ
LayerDriver JPN REG_SZ

kbd106.dll

OverrideKeyboardIdentifier REG_SZ PCAT_106KEY
OverrideKeyboardSubtype DWORD 2
OverrideKeyboardType DWORD 7

これらの設定を変更した後、Image Builder を再起動します。それには、Windows の [スタート] ボタンを選択し、[Windows PowerShell] を選択します。PowerShell では、restart-computer コマンドレットを使用します。