フリートとスタック - Amazon AppStream 2.0

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

フリートとスタック

Amazon AppStream 2.0 では、アプリケーションのストリーミングプロセスの一環としてフリートインスタンスとスタックを作成します。フリートは、指定したイメージを実行するストリーミングインスタンスで構成されています。スタックは、関連付けられたフリート、ユーザーアクセスポリシー、ストレージ構成で構成されます。

フリートタイプ

フリートタイプを用いて、いつインスタンスを実行するか、およびそれらの料金をどのように支払うかを選択することができます。インスタンスがいつ実行されるかに応じて、ユーザーのアプリケーションが選択されるときの起動速度が異なってきます。フリートタイプはフリートの作成時に指定し、フリートの作成後にフリートタイプを変更することはできません。

利用可能なフリートタイプは以下のとおりです。

常時オン

ストリーミングインスタンスは、アプリケーションとデスクトップをストリーミングしているユーザーがいなくても、継続的に実行されます。

オンデマンド

ストリーミングインスタンスは、ユーザーがアプリケーションとデスクトップをストリーミングしている場合にのみ実行されます。まだユーザーに割り当てられていないストリーミングインスタンスは、停止状態になります。

Elastic

このストリーミングインスタンスのプールは、AppStream 2.0 によって管理されます。ユーザーが起動するアプリケーションまたはデスクトップを選択すると、App Block がダウンロードされ、ストリーミングインスタンスにマウントされた後で、これらのストリーミングが開始されます。Elastic フリート用の App block の作成に関する詳細については、App Block を参照してください。

ユーザーにアプリケーションへの即時アクセスを提供するには、常時オンのフリートを使用します。オンデマンドフリートを使用してストリーミングの課金を最適化し、1 〜 2 分待ってからユーザーにアプリケーションへのアクセスを提供します。詳細については、Amazon AppStream 2.0 の料金を参照してください。

セッションコンテキスト

次のメソッドのいずれかを実行することによって、ストリーミングアプリケーションにパラメータを渡すことができます。

  • CreateStreamingURL AppStream 2.0 API オペレーションでセッションコンテンツを指定します。詳細については、「CreateStreamingURL」を参照してください。

  • SAML 2.0 アイデンティティプロバイダーの認証応答で、セッションコンテキストを SAML アサーションとして指定します。詳細については、「ステップ 5: SAML 認証レスポンスのアサーションを作成する」を参照してください。

イメージが 2018 年 10 月 30 日以降にリリースされた AppStream 2.0 エージェントバージョンを使用している場合、セッションコンテキストは Windows または Linux の環境変数としてイメージ内に保存されます。特定の環境変数については、ユーザーのアプリケーションストリーミング体験を最適化するための AppStream 2.0 フリートのカスタマイズ の「User and Instance Metadata for AppStream 2.0 Fleets」を参照してください。

注記

セッションコンテキストパラメータは、AppStream 2.0 ストリーミング URL でユーザーに表示されます。セッションコンテキストパラメータに機密情報や機微情報を入れないことを強くお勧めします。ユーザーがストリーミング URL を変更できるので、セッションコンテキストがエンドユーザーに対して有効であることを確認するために、追加の検証を実行することをお勧めします。たとえば、AppStream 2.0 フリートのユーザーやインスタンスのメタデータなど、セッションコンテキストを他のセッション情報と比較できます。

AppStream 2.0 は、セッションコンテキストパラメータに対して検証を実行しません。

セッションコンテキストを使用してストリーミングアプリケーションにパラメータを渡す

次の手順では、セッションコンテキストを使用してウェブブラウザをスタートし、特定のウェブサイトを自動的に開きます。Windows を実行しているインスタンスでは、Firefox を使用します。Linux を実行しているインスタンスでは Chromium を使用します。

セッションコンテキストを使用してウェブサイトを起動するには
  1. 左側のナビゲーションペインで、[Images] (イメージ)、[Image Builder] の順に選択します。

  2. 使用する Image Builder を選択し、[Running] (実行中) 状態であることを確認してから、[Connect] (接続) を選択します。

  3. [Local User] (ローカルユーザー) タブで [管理者] を選択して、Image Builder にログインします。

  4. 子フォルダ C:\ を作成します。この例では C:\Scripts を使用します。

  5. 新しいフォルダに Windows バッチファイルを作成します。この例では、C:\Scripts\session-context-test.bat を作成し、セッションコンテキストからの URL で Firefox を起動するスクリプトを追加します。

    次のスクリプトを実行します。

    CD "C:\Program Files (x86)\Mozilla Firefox" Start firefox.exe %APPSTREAM_SESSION_CONTEXT%
  6. Image Assistant で session-context-test.bat を追加し、名前を Firefox に変更します。

    Firefox を追加する必要はありません。この手順では、バッチファイルのみを追加する必要があります。

  7. イメージ、フリート、およびスタックを作成します。この例では、session-context-test-fleet のフリート名と session-context-test-stack のスタック名を使用します。

  8. フリートが実行された後で、この例にあるように、session-context パラメータで create-streaming-url を呼び出すことができます。

    aws appstream create-streaming-url --stack-name session-context-test-stack \ --fleet-name session-context-test-fleet \ --user-id username –-validity 10000 \ --application-id firefox --session-context "www.amazon.com"
  9. ブラウザでストリーミング URL を開きます。スクリプトファイルが Firefox を起動し、http://www.amazon.com をロードします。

同様に、以下の手順を実行して Linux ストリーミングアプリケーションにパラメータを渡すことができます。

Linux ストリーミングアプリケーションにパラメータを渡す
  1. 左側のナビゲーションペインで、[Images] (イメージ)、[Image Builder] の順に選択します。

  2. 使用する Image Builder を選択し、[Running] (実行中) 状態であることを確認してから、[Connect] (接続) を選択します。

  3. デフォルトで、ImageBuilderAdmin として Image Builder にログインします。

  4. 以下のコマンドを実行して、スクリプトファイル (launch-chromium.sh など) を作成します。

    sudo vim /usr/bin/launch-chromium.sh

  5. 以下の例にあるように、スクリプトを記述して、実行可能な許可を設定します。

    注記

    スクリプトでは、常に #!/bin/bash と source /etc/profile が必要です。

    #!/bin/bash source /etc/profile /usr/bin/chromium-browser $APPSTREAM_SESSION_CONTEXT
  6. Image Assistant CLI を使用して、launch-chromium.sh を追加します。

    sudo AppStreamImageAssistant add-application \ --name chromium \ --absolute-app-path /usr/bin/launch-chromium.sh
  7. イメージ、フリート、およびスタックを作成します。この例では、session-context-test-fleet のフリート名と session-context-test-stack のスタック名を使用します。

  8. フリートが実行された後で、この例にあるように、session-context パラメータで create-streaming-url を呼び出すことができます。

    aws appstream create-streaming-url --stack-name session-context-test-stack \ --fleet-name session-context-test-fleet \ --user-id username \ --application-id chromium --session-context "www.amazon.com"
  9. ブラウザでストリーミング URL を開きます。バッチファイルが Chromium を起動し、http://www.amazon.com をロードします。