ウェブブラウザアクセス - Amazon AppStream 2.0

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ウェブブラウザアクセス

次の情報は、ウェブブラウザを使用して AppStream 2.0 に接続し、アプリケーションをストリーミングする際に役立ちます。

要件

HTML5 対応のウェブブラウザを使用して、任意の場所から AppStream 2.0 に接続できます。サポートされているブラウザは以下のとおりです。

  • Google Chrome

  • Mozilla Firefox

  • Safari

  • Microsoft Edge

注記

AppStream 2.0 ストリーミングセッション中にドローイングタブレットで使用できるのは、Google Chrome または Mozilla Firefox ブラウザのみです。ビデオおよび音声会議用のウェブカメラリダイレクトは、Google Chrome や Microsoft Edge などの Chromium ベースのウェブブラウザでサポートされています。

設定

ウェブブラウザで AppStream 2.0 を使用する際に、ブラウザの拡張機能やプラグインは必要ありません。

AppStream 2.0 に接続する

AppStream 2.0 に接続してアプリケーションのストリーミングセッションを開始するには、次の手順に従います。

  1. 管理者が組織のサインインページで最初にサインインする必要がある場合は、この手順のタスクを実行します。

    管理者が組織のサインインページからサインインする必要がない場合は、この手順のタスクをスキップして手順 2 に進みます。

    1. 組織のサインインページに移動し、プロンプトが表示されたら、ドメインの認証情報を入力します。

    2. サインインすると、AppStream 2.0 ストリーミングセッションで使用できる 1 つまたは複数のアプリケーションを表示するページにリダイレクトされます。管理者によって有効になっている場合は、[デスクトップビュー] も使用できます。

    3. アプリケーションを選択するか、使用可能な場合は [デスクトップビュー] を選択します。

  2. 管理者が組織のサインインページで最初にサインインする必要がない場合は、次のいずれかの操作を行います。

    • AppStream 2.0 を初めて使用し、AppStream 2.0 を使用したアプリケーションへのアクセスを開始するように通知するウェルカムメールを受信した場合:

      1. E メールを開き、[ログインページ] リンクを選択します。

      2. 自分の E メールアドレスと E メールで提供された一時パスワードを入力し、[ログイン] を選択します。

      3. プロンプトが表示されたら、新しいパスワードを入力して確認し、[Set Password] を選択します。

      4. しばらくすると、AppStream 2.0 ポータルが開き、AppStream 2.0 ストリーミングセッションで使用できる 1 つまたは複数のアプリケーションが表示されます。管理者によって有効になっている場合は、[デスクトップビュー] も使用できます。

      5. アプリケーションを選択するか、使用可能な場合は [Desktop View (デスクトップビュー)] を選択します。

    • AppStream 2.0 を初めて使用したわけではなく、管理者が AppStream 2.0 ポータルのウェブアドレス (URL) が提供している場合は、次の手順を実行します。

      1. 管理者から提供された URL を入力して、AppStream 2.0 ポータルに移動します。

      2. プロンプトが表示されたら、パスワードを入力して [接続] を選択します。

      3. しばらくすると、AppStream 2.0 ポータルが開き、AppStream 2.0 ストリーミングセッションで使用できる 1 つまたは複数のアプリケーションが表示されます。管理者によって有効になっている場合は、[デスクトップビュー] も使用できます。

AppStream 2.0 Web ブラウザアクセス (バージョン 2)

エンドユーザーは、[プロファイル] メニューおよび [新しいポータルを試す] を選択することで、改善されたストリーミング体験の利点を活用できます。

AppStream 2.0 ウェブブラウザアクセスバージョン 2 では、簡単に見つけられるメニューオプションやテキストによるエンドユーザー向けガイダンスなど、エンドユーザーエクスペリエンスが強化されています。新しいメニュー項目は追加されておらず、以前のバージョンで使用できたすべての設定オプションが新しいバージョンでも引き続き使用できます。これらの設定オプションは、AppStream 2.0 チームが実施した使いやすさのテストの結果、再編成されました。

エンドユーザーは、強化された AppStream 2.0 ツールバーに加えて、次の機能を [マイファイル] で使用できます。

  • 複数のファイルをダウンロードまたは削除します。ファイルを選択し、[アクション][削除] または [ダウンロード] の順に選択します。

  • ドラッグアンドドロップを使用してフォルダをアップロードします。

  • [名前][最終更新日]、および[サイズ] に基づいてファイルを並べ替えます。

  • 列幅のサイズを変更します。

  • ファイル名が長い場合は、ファイル名の列を折り返します。右上隅にある小さな歯車アイコンを選択し、[列の折り返し][確認] の順に選択します。

エンドユーザーは、以下の機能にアクセスすることもできます。

  • 2 つのビジュアルモード (ライトとダーク) 間で切り替えるには、[設定][一般][エクスペリエンス]外観][ライトモード] または [ダークモード] の順に選択します。

    次の画像はライトモードの例です。

    次の画像はダークモードの例です。

  • ストリーミングセッションからフォーカスを離し、ツールバーの最初の要素にフォーカスを移してセッション中にキーボードベースで使用できるようにするには、キーボードショートカット ctrl + alt + shift + F11 を使用します。

AppStream 2.0 ウェブブラウザアクセス v1 に戻すには、[プロファイル] メニューおよび [クラシックポータルに切り替え] を選択します。AppStream 2.0 ウェブブラウザアクセス v2 のエクスペリエンスに関するフィードバックの入力を求めるプロンプトが表示されます。

AppStream 2.0 ウェブブラウザアクセス v2 がデフォルトのエクスペリエンスになった場合でも、v1 エクスペリエンスに切り替えることができます。ただし、v2 エクスペリエンスを使用することをお勧めします。これがデフォルトになった場合は、AppStream 2.0 の新機能と機能強化がすべて含まれるためです。

モニターとディスプレイの解像度

AppStream 2.0 では、異なる解像度のモニターを含め、ストリーミングセッション中に複数のモニターを使用できます。最適なストリーミング体験を実現するために、複数のモニターを使用する場合は、モニターの表示縮尺を 100% に設定することをお勧めします。

以下のウェブブラウザで開始されるアプリケーションストリーミングセッションにデュアルモニターを使用できます。

  • Google Chrome

  • Mozilla Firefox

  • Safari

  • Microsoft Edge

デュアルモニターでのブラウザベースのストリーミングセッションでは、モニターごとに最大ディスプレイ解像度 2,560 x 1,600 ピクセルがサポートされます。2 台以上のモニターを必要とする場合、またはモニターあたり 2,560 x 1,600 ピクセルを超えるディスプレイ解像度を必要とする場合は、AppStream 2.0 クライアントを使用する必要があります。

USB デバイス

USB デバイスは、ブラウザベースの AppStream 2.0 ストリーミングセッションではサポートされていません。AppStream 2.0 経由でストリーミングされるアプリケーションで USB デバイスを使用するには、AppStream 2.0 クライアントを使用する必要があります。詳細については、「Windows 用 AppStream 2.0 クライアントアプリケーション」を参照してください。

タッチスクリーンデバイス

AppStream 2.0 は、タッチ対応の iPad、Android タブレット、Windows デバイスでのジェスチャをサポートしています。サポートされているタッチジェスチャは、ロングタップによる右クリック、スワイプによるスクロール、ピンチによるズーム、2 本指での回転などであり、アプリケーションで使用できます。

iPad または Android タブレットにスクリーンキーボードを表示するには、AppStream 2.0 ツールバーのキーボードアイコンをタップします。キーボードアイコンが青色に変わると、スクリーンキーボードを使用してストリーミングアプリケーションにテキストを入力できます。キーボードアイコンをもう一度タップすると、スクリーンキーボードが非表示になります。

[Fn] アイコンをタップすると、Windows 固有のキーとキーボードショートカットの並びが表示されます。

タッチ対応デバイスの場合、AppStream 2.0 ツールバーのキーボードアイコンをタップしたときに表示されるリモートキーボードは、ローカルキーボードとは異なります。ローカルキーボードは、ローカルで実行されているアプリケーションの入力コントロール内をユーザーがタップしたときに、タッチ対応デバイスに自動的に表示されるスクリーンキーボードです。AppStream 2.0 ストリーミングセッション中は、リモートキーボードを使用してストリーミングアプリケーションにのみテキストを入力できます。ユーザーは AppStream 2.0 ツールバーのキーボードアイコンをタップすることによってのみ、リモートキーボードを表示または非表示にすることができます。AppStream 2.0 ツールバーの青色のキーボードアイコンは、リモートキーボードがアクティブであることを示します。

ローカルキーボードを使用して、[My Files (マイファイル)] ダイアログボックスなど、AppStream 2.0 ウェブポータルの要素にテキストを入力できます。ただし、このキーボードを使用してテキストをストリーミングアプリケーションに入力することはできません。また、AppStream 2.0 ツールバーのキーボードアイコンを使用して、このキーボードを表示または非表示にすることはできません。

注記

Windows コンピュータにスクリーンキーボードを表示するには、Windows システムトレイのキーボードアイコンをタップします。Windows システムトレイにキーボードアイコンが表示されていない場合は、Windows タブレットモードに切り替えます。Windows システムトレイのキーボードアイコンをもう一度タップすると、スクリーンキーボードが表示されます。

ファンクションキーの終了についての詳しい情報は、次のセクションを参照してください。

ファンクションキー

AppStream 2.0 ストリーミングセッション中にキーボードショートカットを使用して、特殊なキーストロークまたはキーの組み合わせを入力できます。ストリーミングセッション中に Windows 固有のキーとキーボードショートカットの行を表示するには、[Fn] アイコン (または AppStream 2.0 ウェブブラウザアクセス v2 の FN キー) を選択します。[Fn] アイコンは、セッションウィンドウの右上にある AppStream 2.0 ツールバーに表示されます。

以下に示しているのは、[Fn] アイコン (または AppStream 2.0 ウェブブラウザアクセス v2 の FN キー) を選択したときに Windows 固有のキーとキーボードショートカットがどのように表示されるかの例です。すべてのキーが表示されない場合は、ショートカットツールバーを右または左にスクロールして、さらにキーを表示できます。

Windows の Ctrl キーを含むキーの組み合わせを使用するには、ショートカットツールバーの Ctrl キーを選択して、ショートカットツールバー (タッチ対応デバイスを使用している場合は、スクリーンキーボード) で任意のキーを入力します。Ctrl キーを選択すると色が青に変わります。この場合、選択した別のキーはすべて、Control キーを含むキーの組み合わせとして解釈されます。

もう一度 Ctrl キーを選択すると、このキーの選択が解除されます。たとえば、キーボードショートカット Ctrl + F を使用するには、ショートカットツールバーの Ctrl キーを選択してから、f キーを押します。ショートカットツールバーの Ctrl キーをもう一度選択すると、Ctrl キーの選択が解除されます。Alt キーまたは Shift キーを含むショートカットを使用するには、同じ方法でショートカットツールバーの Alt キーまたは Shift キーを選択します。ショートカットツールバーの Shift キーは、キーボードショートカットにのみ使用できます。タッチ対応デバイスを使用している場合、このキーは、スクリーンキーボードで入力したキーの大文字と小文字には影響しません。

Mac のオプションキーおよびコマンドキーを再マップする

macOS または Mac OS X を実行するデバイスを使用して AppStream 2.0 に接続する場合、キーボードの Mac オプションキーとコマンドキーを再マップできます。

両方のキーを一緒に使用すると、修飾キーによって別のキーの操作が変更されます。修飾キーを別のキーと一緒に使用して、プリントなどのタスクを実行できます。[Meta key (メタキー)] は、修飾キーの特殊なタイプです。両方のキーを一緒に使用すると、メタキーを使用して別のキーの機能を一時的に変更できます。

この Mac キーを再マップできます ストリーミングセッション中にこのキーへ

オプションキー

  • リモート Alt キー

  • ローカル修飾キー

コマンドキー

  • リモートコントロールキー

  • リモートメタキー

AppStream 2.0 ストリーミングセッション中に Mac オプションキーとコマンドキーを再マップするには、次の手順に従います。

Mac オプションキーとコマンドキーを再マップするには
  1. ウェブブラウザを使用して AppStream 2.0 に接続します。

  2. AppStream 2.0 ツールバーの左上にある [設定] アイコンを選択し、[キーボード設定] を選択します。

  3. 再マップするキーに対応するオプションを選択します。

AppStream 2.0 ウェブブラウザアクセス v2 で Mac オプションキーとコマンドキーを再マップするには、次の手順に従います。

AppStream 2.0 ウェブブラウザアクセス v2 で Mac オプションキーとコマンドキーを再マップするには
  1. ウェブブラウザを使用して AppStream 2.0 に接続します。

  2. AppStream 2.0 ツールバーのトップメニューから、[設定] メニューを選択します。

  3. [全般][キーボード]、および再マップするキーに対応するオプションを選択します。

ビデオ会議と音声会議

AppStream 2.0 リアルタイムオーディオビデオ (AV) は、ローカルなウェブカメラビデオおよびマイク音声からの入力を、AppStream 2.0 のストリーミングセッションにリダイレクトします。これにより、AppStream 2.0 ストリーミングセッション内で、ローカルデバイスを使用したビデオ会議や音声会議を行うことができます。

AppStream 2.0 ストリーミングセッション内でローカルのウェブカメラやマイクを使用するには
  1. Google Chrome や Microsoft Edge など、Chrome ベースのウェブブラウザから AppStream 2.0 に接続します。

    注記

    Chrome、Edge、Firefox などの一般に使用されるほとんどの HTML5 互換ブラウザは、AppStream 2.0 セッションでのオーディオ入力をサポートしています。

    注記

    ウェブブラウザがビデオまたはオーディオからの入力をサポートしていない場合は、そのオプションが AppStream 2.0 ツールバーに表示されません。

  2. デフォルトのデバイスとして、カメラとマイクへのウェブブラウザによるアクセス許可を設定した上で、AppStream 2.0 へのアクセスを許可します。

    注記

    Google Chrome の設定方法の詳細については、「カメラとマイクを使用する」を参照してください。

  3. AppStream 2.0 ツールバーの左上で [設定] アイコンを選択してから、[ウェブカメラを有効化] を選択します。AppStream 2.0 ウェブブラウザアクセス v2 の場合は、AppStream 2.0 ツールバーのオプションから [カメラ] を選択します (オプションが青色に変わります)。

    注記

    [設定] メニューに、マイクまたはウェブカメラのアイコンが表示されない場合は、AppStream 2.0 の管理者にお問い合わせください。この原因としては、ウェブブラウザがビデオまたはオーディオ入力をサポートしていない場合や、管理者による追加の設定タスクが必要な場合が考えられます。詳細については、「リアルタイムの音声および動画 (Windows 向けクライアント)」を参照してください。

  4. ウェブブラウザの設定によっては、カメラの使用を許可するよう促すメッセージが、そのブラウザに表示される場合があります。この場合は、[許可] を選択して、カメラを有効にします。

  5. AppStream 2.0 ツールバーの左上で [設定] アイコンを選択してから、[マイクを有効化] を選択します。AppStream 2.0 ウェブブラウザアクセス v2 の場合は、AppStream 2.0 ツールバーのオプションから [マイク] を選択します (オプションが青色に変わります) 。

  6. ウェブブラウザの設定によっては、マイクロホンの使用を促すメッセージが、そのブラウザに表示される場合があります。[許可] を選択して、マイクを有効にします。

    注記

    複数のウェブカメラまたはマイクがあり、AppStream 2.0 セッション内でストリーミングに使用するデバイスを変更したい場合は、ウェブブラウザの AppStream 2.0 ウェブサイト URL に関する設定を消去し、デフォルトのデバイスを設定し直す必要があります。その後、変更を適用するためにブラウザを更新するか新しいセッションを開始し、前出のステップを繰り返してウェブカメラとマイクを有効にします。

ドローイングタブレット

ドローイングタブレット (ペンタブレットとも呼ばれます) は、スタイラス (ペン) を使って絵を描くことができるコンピュータ入力デバイスです。AppStream 2.0 では、Wacom ドローイングタブレットなどのドローイングタブレットをローカルコンピュータに接続し、そのタブレットをストリーミングアプリケーションで使用できます。

ストリーミングアプリケーションでドローイングタブレットを使用するための要件と考慮事項を次に示します。

  • この機能を使用するには、Google Chrome または Mozilla Firefox ブラウザのみ、または AppStream 2.0 クライアントを使用して AppStream 2.0 に接続する必要があります。

  • ストリーミングするアプリケーションは、Windows Ink テクノロジーをサポートしている必要があります。詳細については、「Windows アプリでのペン操作と Windows インク」を参照してください。

  • 使用するストリーミングアプリケーションによっては、ドローイングタブレットが想定どおりに機能するために、USB リダイレクトが必要になる場合があります。これは、GIMP などの一部のアプリケーションでは、圧力感度をサポートするために USB リダイレクトが必要なためです。ストリーミングアプリケーションでこれが該当する場合は、AppStream 2.0 クライアントを使用して AppStream 2.0 に接続し、ドローイングタブレットをストリーミングセッションと共有する必要があります。USB デバイスをストリーミングセッションと共有する方法については、「USB デバイス」をご参照ください。

  • この機能は Chromebook ではサポートされていません。

アプリケーションストリーミングセッション中にドローイングタブレットの使用を開始するには、USB を使用してドローイングタブレットをローカルコンピュータに接続し、圧力感度の検出に必要な場合は AppStream 2.0 とデバイスを共有してから、AppStream 2.0 ストリーミングセッションを開始します。サポートされているウェブブラウザまたは AppStream 2.0 クライアント (インストールされている場合) を使用して、ストリーミングセッションを開始できます。

相対マウスオフセット

デフォルトでは、ストリーミングセッション中、AppStream 2.0 は絶対座標を使用してマウスの動きをローカルにレンダリングすることにより、マウスの動きに関する情報を送信します。コンピュータ支援設計 (CAD)/コンピュータ支援製造 (CAM) ソフトウェアやビデオゲームなど、グラフィックを多用するアプリケーションの場合、相対的マウスモードが有効になっているときにマウスのパフォーマンスが向上します。相対的マウスモードでは、ウィンドウまたは画面内の XY 座標の絶対値ではなく、最終フレームからマウスが移動した距離を表す相対座標が使用されます。相対的マウスモードを有効にすると、AppStream 2.0 はマウスの動きをリモートでレンダリングします。

AppStream 2.0 ストリーミングセッション中にこの機能を有効にするには、次のいずれかの操作を行います。

  • Windows: Ctrl + Shift + F8 を押す

  • Mac: Ctrl + Fn + Shift + F8 を押す

トラブルシューティング

AppStream 2.0 の使用時に問題が発生した場合は、AppStream 2.0 セッション ID が管理者によるトラブルシューティングに役立ちます。このセクションでは、セッション ID を見つける方法について説明します。

セッション ID は、ストリーミングセッションをリクエストすると作成されます。セッション ID、および AppStream 2.0 によって使用されるその他の情報は、ブラウザのセッションストレージの場所に保存されます。ブラウザのインターフェイスで利用可能な開発者ツールを使用して、この場所を見つけることができます。

一般的なウェブブラウザで使用できる開発者ツールについては、以下のリソースを参照してください。

ブラウザに対応したデベロッパーツールが見つかったら、AppStream 2.0 ウェブサイトのセッションストレージを検索します。ウェブサイトのドメインは https://appstream2.<aws-region>.aws.amazon.com です。ドメインを展開し、[sessionStorage.as2SessionData] を選択します。セッション ID はキー [sessionId] に保存されています。