チュートリアル - AWS AppSync

チュートリアル

データソースとリゾルバーは、AWS AppSync が GraphQL リクエストを変換し、AWS リソースから情報を取得する方法です。AWS AppSync では、特定のデータソースタイプとの自動プロビジョニングと接続がサポートされています。AWS AppSync は、AWS Lambda、Amazon DynamoDB、リレーショナルデータベース (Amazon Aurora Serverless)、Amazon Elasticsearch Service、HTTP エンドポイントをデータソースとしてサポートしています。既存の AWS リソースを使用する GraphQL API を使用して、データソースとリゾルバーを構築できます。このセクションでは、そのプロセスの詳細なしくみやチューニングオプションについて理解を深めるための一連のチュートリアルを通じて説明します。

VTL に書き込まれている「リゾルバーのマッピングテンプレートリファレンス」で説明されているように、AWS AppSync ではリゾルバー用のマッピングテンプレートが使用されています。プログラミングガイドは、「リゾルバーのマッピングテンプレートプログラミングガイド」にあります。

(オプション) スキーマからのプロビジョニング」および「サンプルスキーマの起動」で説明しているように、AWS AppSync では GraphQL スキーマからの DynamoDB テーブルの自動プロビジョニングがサポートされています。既存の DynamoDB テーブルからインポートして、スキーマを作成し、リゾルバーを接続することもできます。それについては、「(オプション) Amazon DynamoDB からのインポート」で説明しています。