CREATE TABLE AS - Amazon Athena

CREATE TABLE AS

SELECT クエリの結果が入力された新しいテーブルを作成します。空のテーブルを作成するには CREATE TABLE を使用します。

概要

CREATE TABLE table_name [ WITH ( property_name = expression [, ...] ) ] AS query [ WITH [ NO ] DATA ]

各パラメータの意味は次のとおりです。

WITH ( property_name = expression [, ...] )

オプションの CTAS テーブルのプロパティのリスト。一部のプロパティはデータストレージ形式に固有です。「CTAS テーブルのプロパティ」を参照してください。

query

新しいテーブルの作成に使用する SELECT クエリ。

重要

パーティションがあるクエリを作成する予定がある場合は、SELECT ステートメントで列のリストの最後に、パーティション分割された列の名前を指定します。

[ WITH [ NO ] DATA ]

WITH NO DATA が指定されている場合、元のテーブルと同じスキーマを持つ新しい空のテーブルが作成されます。

CTAS テーブルのプロパティ

Athena の各 CTAS テーブルには、WITH (property_name = expression [, ...] ) を使用して指定した、オプションの CTAS テーブルのプロパティがあります。これらのパラメータの使用方法については、「CTAS クエリの例」を参照してください。

WITH (property_name = expression [, ...], )
external_location = [location]

オプション。次の例のように、Athena が CTAS クエリを Amazon S3 に保存する場所です。

WITH (external_location ='s3://my-bucket/tables/parquet_table/')

Athena は、クエリ結果に同じパスを 2 回使用しません。手動で場所を指定する場合は、指定するその Amazon S3 場所にデータがないことを確認します。Athena がデータを削除することはありません。再度同じ場所を使用する場合は、手動でデータを削除します。そうしないと、CTAS クエリは失敗します。

クエリ結果の場所を強制するワークグループで external_location を指定する CTAS クエリを実行すると、クエリは失敗し、エラーメッセージが表示されます。ワークグループに対して指定されたクエリ結果の場所を確認するには、ワークグループの詳細を参照してください

ワークグループがクエリ結果の場所に対するクライアント側の設定を上書きする場合、Athena は次の場所にテーブルを作成します。

s3://<workgroup-query-results-location>/tables/<query-id>/

external_location プロパティを使用して場所を指定せず、ワークグループがクライアント側の設定を上書きしない場合、Athena はクエリ結果の場所に対して クライアント側の設定を使用し、次の場所にテーブルを作成します。

s3://<query-results-location-setting>/<Unsaved-or-query-name>/<year>/<month/<date>/tables/<query-id>/
format = [format]

CTAS クエリ結果のデータ形式 (例: ORCPARQUETAVROJSON、または TEXTFILE)。たとえば、WITH (format = 'PARQUET') と指定します。省略した場合は、デフォルトで PARQUET が使用されます。このパラメータの名前である format は小文字で記述する必要があります。そうしないと、CTAS クエリは失敗します。

partitioned_by = ARRAY( [col_name,…])

オプション。CTAS テーブルをパーティション分割する列の配列リスト。パーティション分割された列の名前は、SELECT ステートメントで列のリストの最後に記述します。

bucketed_by( [bucket_name,…])

データの配置先となるバケットの配列リスト。省略した場合、Athena はこのクエリでデータをバケットに配置しません。

bucket_count = [int]

データの配置先となるバケットの数。省略した場合、Athena はデータをバケットに配置しません。

orc_compression = [format]

ORC データに対して使用する圧縮タイプ。たとえば、WITH (orc_compression = 'ZLIB') と指定します。省略した場合、ORC、および CTAS でサポートされている他のデータストレージ形式に対してはデフォルトで GZIP 圧縮が使用されます。

parquet_compression = [format]

Parquet データに対して使用する圧縮タイプ。たとえば、WITH (parquet_compression = 'SNAPPY') と指定します。省略した場合、Parquet、および CTAS でサポートされている他のデータストレージ形式に対してはデフォルトで GZIP 圧縮が使用されます。

field_delimiter = [delimiter]

オプションであり、テキストベースのデータストレージ形式に固有のパラメータ。CSV、TSV、およびテキストファイルのフィールド区切り文字。たとえば、WITH (field_delimiter = ',') と指定します。フィールド区切り文字を指定しなかった場合、デフォルトで \001 が使用されます。

CTAS クエリの例については、次のリソースを参照してください。