とは?Application Auto Scaling? - Application Auto Scaling

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

とは?Application Auto Scaling?

Application Auto Scaling は、Amazon EC2 の枠を超えた個々の AWS のサービスのスケーラブルなリソースを自動的にスケーリングするためのソリューションを必要とする開発者およびシステム管理者向けのウェブサービスです。 Application Auto Scaling では、以下のリソースの自動スケーリングを設定できます。

  • AppStream 2.0 のフリート

  • Aurora レプリカ

  • Amazon Comprehend ドキュメント分類とエンティティ認識のエンドポイント

  • DynamoDB テーブルとグローバルセカンダリインデックス

  • Amazon Elastic Container Service (ECS) サービス

  • Amazon EMR クラスター

  • Amazon Keyspaces (Apache Cassandra 向け) テーブル

  • Lambda 関数のプロビジョニングされた同時実行性

  • Amazon Managed Streaming for Apache Kafka (MSK) ブローカーストレージ

  • SageMaker エンドポイントバリアント

  • スポットフリートリクエスト

  • 独自のアプリケーションまたはサービスにより提供されるカスタムリソース。詳細については、「 GitHub リポジトリ」を参照してください。

AWS 上記のサービスを利用できるリージョンについては、リージョン表を参照してください。

Amazon EC2 グループを使用してAuto Scalingインスタンスのフリートをスケーリングする方法については、「」Amazon EC2 Auto Scaling ユーザーガイドを参照してください。

また、Application Auto Scaling および Amazon EC2 Auto Scaling を AWS Auto Scaling と組み合わせて使用し、複数のサービス間でリソースをスケールすることができます。AWS Auto Scaling は、予測スケーリングと動的スケーリング (それぞれ予防的アプローチと事後的アプローチ) を組み合わせて Amazon EC2 キャパシティーを高速スケーリングすることで、最適な可用性とパフォーマンスを維持することができます。詳細については、「」を参照してください。AWS Auto Scaling ユーザーガイド.

の機能Application Auto Scaling

Application Auto Scaling では、お客様が定義する条件に応じて、スケーラブルなリソースを自動的に拡張することができます。

  • ターゲット追跡スケーリング — 特定の CloudWatch メトリクスのターゲット値に基づいてリソースをスケーリングします。

  • ステップスケーリング — 超過アラームのサイズによって異なる一連のスケーリング調整値に基づいてリソースをスケーリングします。

  • スケジュールスケーリング — 日付と時刻に基づいてリソースをスケーリングします。

へのアクセスApplication Auto Scaling

AWS アカウントにサインアップ済みの場合は、Application Auto Scalingにサインインして AWS マネジメントコンソール. にアクセスできます。次に、概要に一覧表示されているリソースの 1 つのサービスコンソールを開きます。作業するリソースと同じ AWS リージョンでコンソールを開いていることを確認します。詳細については、「 」を参照してください。Application Auto Scaling の開始方法.

また、 Application Auto Scaling API Application Auto Scaling を使用して にアクセスすることもできます。 Application Auto Scaling にはクエリ API が用意されています。これらのリクエストは、HTTP 動詞 (GET または POST) と というクエリパラメータを使用する HTTP または HTTPS リクエストActionです。 詳細については、の「アクション」を参照してくださいApplication Auto Scaling API リファレンス

HTTP または HTTPS 経由でリクエストを送信APIsするのではなく、言語固有のアプリケーションを構築する場合は、 がソフトウェア開発者向けにライブラリ、サンプルコード、チュートリアル、その他のリソースAWSを提供します。これらのライブラリには、リクエストの暗号化署名、リクエストの再試行、エラーレスポンスの処理などのタスクを自動化する基本機能が用意されているので、開発を簡単に始められます。詳細については、「」AWSSDKsおよび「」ツールを参照してください。

コマンドラインインターフェイスを使用する場合は、以下の選択肢があります。

AWS Command Line Interface (AWS CLI)

さまざまな AWS 製品用のコマンドを提供しmacOS、Windows、、および Linux でサポートされています。開始するには、 を参照してください。AWS Command Line Interface ユーザーガイド. 詳細については、 の「application-autoscaling」を参照してくださいAWS CLI Command Reference

AWS Tools for Windows PowerShell

AWS 環境でスクリプトを作成するユーザー向けに、さまざまな PowerShell 製品用のコマンドを提供します。開始するには、「」を参照してください。AWS Tools for Windows PowerShell ユーザーガイド. 詳細については、「」を参照してください。AWS Tools for PowerShell Cmdlet Reference.

Application Auto Scaling は、 を使用したスケーリングの設定もサポートAWS CloudFormationしています。JSON および YAML テンプレートの例については、のApplication Auto Scaling「 テンプレートの例」を参照してくださいAWS CloudFormation ユーザーガイド。リソースのスタックをプロビジョニングして設定するには、まず AWS CloudFormation テンプレートを理解しておく必要があります。

にアクセスするための認証情報についてはAWS、 の「AWS セキュリティ認証情報」を参照してくださいアマゾン ウェブ サービス全般のリファレンス。のリージョンとエンドポイントの詳細についてはApplication Auto Scaling、の「リージョンとエンドポイント」の表を参照してくださいAWS General Reference