Application Auto Scaling とは - Application Auto Scaling

Application Auto Scaling とは

Application Auto Scaling は、Amazon EC2 以外の個々の AWS のサービスのスケーラブルリソースを自動的にスケールするソリューションを必要とするデベロッパーとシステム管理者のためのウェブサービスです。Application Auto Scaling では、以下のリソースに対してオートスケーリングを設定できます。

  • AppStream 2.0 フリート

  • Aurora レプリカ

  • Amazon Comprehend ドキュメントの分類とエンティティ認識のエンドポイント

  • DynamoDB テーブルとグローバルセカンダリインデックス

  • Amazon Elastic Container Service (ECS) サービス

  • ElastiCache for Redis クラスター (レプリケーショングループ)

  • Amazon EMR クラスター

  • Amazon Keyspaces (Apache Cassandra 用) テーブル

  • Lambda 関数のプロビジョニングされた同時実行数

  • Amazon Managed Streaming for Apache Kafka (MSK) ブローカーストレージ

  • Amazon Neptune クラスター

  • SageMaker エンドポイントバリアント

  • スポットフリートリクエスト

  • 独自のアプリケーションまたはサービスにより提供されるカスタムリソース。詳細については、GitHub リポジトリを参照してください。

上記の AWS のサービスを利用できるリージョンを確認するには、「リージョン表」を参照してください。

Auto Scaling グループを使用した Amazon EC2 インスタンスフリートのスケーリングについては、Amazon EC2 Auto Scaling ユーザーガイドを参照してください。

AWS Auto Scaling を使用して、複数のサービス全体でリソースをスケールするスケーリングプランを作成することも可能です。詳細については、AWS Auto Scaling ユーザーガイドを参照してください。

Application Auto Scaling の特徴

Application Auto Scaling では、ユーザー定義の条件に従ってスケーラブルリソースを自動的にスケールすることができます。

  • ターゲット追跡スケーリング – 特定の CloudWatch メトリクスのターゲット値に基づいてリソースをスケールします。

  • ステップスケーリング – 超過アラームのサイズによって異なる一連のスケーリング調整値に基づいてリソースをスケーリングします。

  • スケジュールに基づくスケーリング – 1 回のみ、または定期的なスケジュールでリソースをスケールします。

Application Auto Scaling と連携

スケーリングするリソースに応じて、次のインターフェイスを使用してスケーリングを設定できます。

  • AWS Management Console – スケーリングを設定する際に使用するウェブインターフェイスを提供します。AWS アカウントへのサインアップが済んでいる場合は、AWS Management Consoleにサインインすることによって Application Auto Scaling にアクセスします。次に、概要に一覧表示されているリソースの 1 つのサービスコンソールを開きます。作業するリソースと同じ AWS リージョン でコンソールを開いていることを確認します。

    注記

    リソースにはコンソールアクセスを利用できないものもあります。詳細については、「Application Auto Scaling を使用できる AWS のサービス」を参照してください。

  • AWS Command Line Interface (AWS CLI) – さまざまな AWS のサービス のコマンドを提供し、Windows、macOS、Linux でサポートされています。開始するには、「AWS Command Line Interface ユーザーガイド」を参照してください。詳細については、AWS CLI コマンドリファレンスの「application-autoscaling」を参照してください。

  • AWS Tools for Windows PowerShell – PowerShell 環境でスクリプトを作成するユーザー向けに、さまざまな AWS 製品用のコマンドが用意されています。使用を開始するには、「 AWS Tools for Windows PowerShellユーザーガイド」を参照してください。詳細については、「AWS Tools for PowerShell Cmdlet Reference」を参照してください。

  • AWS SDK – 言語固有の API オペレーションを提供し、署名の計算、リクエストの再試行処理、エラー処理など、接続のさまざまな詳細に対処します。詳細については、AWSSDK をご参照ください。

  • クエリ API – HTTPS リクエスを使用して呼び出す低レベル API アクションを提供します。クエリ API の使用は、AWS のサービス にアクセスする最も直接的な方法です。ただし、リクエストに署名するハッシュの生成やエラー処理など、アプリケーションが低レベルな作業を処理することを要求します。詳細については、Application Auto Scaling API リファレンス を参照してください。

  • AWS CloudFormation – CloudFormation テンプレートを使用したスケーリングプランの設定をサポートします。詳細については、「AWS CloudFormation を使用した Application Auto Scaling リソースの作成」を参照してください。

AWS のサービス にプログラムで接続するため、エンドポイントを使用します。Application Auto Scaling へのコールのエンドポイントについては、AWS 全般リファレンスの「Application Auto Scaling エンドポイントとクォータ」、AWS シークレットリージョンユーザーガイドの、、。