Application Auto Scaling とは - Application Auto Scaling

Application Auto Scaling とは

Application Auto Scaling は、Amazon EC2 だけでなく、個々の AWS のサービス用にスケーラブルなリソースを自動的にスケールするためのソリューションを必要とする開発者およびシステム管理者向けのウェブサービスです。 Application Auto Scaling を使用すると、以下のリソースに対して自動スケーリングを設定できます。

  • Amazon ECS サービス

  • スポットフリートリクエスト

  • Amazon EMR クラスター

  • AppStream 2.0 のフリート

  • DynamoDB テーブルとグローバルセカンダリインデックス

  • Aurora レプリカ

  • Amazon SageMaker エンドポイントバリアント

  • 独自のアプリケーションまたはサービスにより提供されるカスタムリソース。詳細については、GitHub リポジトリを参照してください。

  • Amazon Comprehend ドキュメント分類のエンドポイント

  • Lambda 関数のプロビジョニングされた同時実行性

  • Amazon Keyspaces (Apache Cassandra 用) テーブル

上記の AWS サービスをお客様のリージョンで使用できるかどうかを確認するには、「リージョン表」を参照してください。

AWS を使用したスケーリングには、いくつかのオプションがあります。Amazon EC2 インスタンスのフリートのスケーリングについては、「Amazon EC2 Auto Scaling ユーザーガイド」を参照してください。

また、Application Auto Scaling および Amazon EC2 Auto Scaling を AWS Auto Scaling と組み合わせて使用し、複数のサービス間でリソースをスケールすることができます。AWS Auto Scaling は、予測スケーリングと動的スケーリング (それぞれ予防的アプローチと事後的アプローチ) を組み合わせて Amazon EC2 キャパシティーを高速スケーリングすることで、最適な可用性とパフォーマンスを維持することができます。詳細については、「AWS Auto Scaling ユーザーガイド」を参照してください。

Application Auto Scaling の機能

Application Auto Scaling では、お客様が定義する条件に応じて、スケーラブルなリソースを自動的に拡張することができます。

  • ターゲット追跡スケーリング — 特定の CloudWatch メトリクスのターゲット値に基づいてリソースをスケーリングします。

  • ステップスケーリング — 超過アラームのサイズによって異なる一連のスケーリング調整値に基づいてリソースをスケーリングします。

  • スケジュールスケーリング — 日付と時刻に基づいてリソースをスケーリングします。

Application Auto Scaling へのアクセス

AWS アカウントにサインアップ済みの場合は、AWS マネジメントコンソールにサインインして Application Auto Scaling にアクセスできます。次に、概要に一覧表示されているリソースの 1 つのサービスコンソールを開きます。作業するリソースと同じ AWS リージョンでコンソールを開いていることを確認します。詳細については、「Application Auto Scaling の開始方法」を参照してください。

Application Auto Scaling API を使用して Application Auto Scaling にアクセスすることもできます。Application Auto Scaling は Query API を提供します。このリクエストは、HTTP 動詞 (GET または POST) とクエリパラメータ Action で記述する HTTP または HTTPS リクエストです。詳細については、Application Auto Scaling API リファレンスの「アクション」を参照してください。

HTTP または HTTPS を介してリクエストを送信する代わりに、言語固有の API を使用してアプリケーションを構築することを希望する場合に備えて、AWS には、ソフトウェア開発者向けのライブラリ、サンプルコード、チュートリアル、その他のリソースが用意されています。これらのライブラリには、リクエストの暗号化署名、リクエストの再試行、エラーレスポンスの処理などのタスクを自動化する基本機能が用意されているので、開発を簡単に始められます。詳細については、AWS の SDK およびツールを参照してください。

コマンドラインインターフェイスを使用する場合は、以下の選択肢があります。

AWS Command Line Interface (AWS CLI)

一連のさまざまな AWS 製品用のコマンドを提供し、Windows、macOS、および Linux でサポートされています。開始するには、AWS Command Line Interface ユーザーガイド を参照してください。詳細については、AWS CLI Command Referenceの「application-autoscaling」を参照してください。

AWS Tools for Windows PowerShell

PowerShell 環境でスクリプトを記述するユーザー向けに、さまざまな AWS 製品用のコマンドが用意されています。開始するには、「AWS Tools for Windows PowerShell ユーザーガイド」を参照してください。詳細については、「AWS Tools for PowerShell Cmdlet Reference」を参照してください。

AWS にアクセスするための認証情報については、アマゾン ウェブ サービス全般のリファレンスの「AWS セキュリティ認証情報」を参照してください。Application Auto Scaling のリージョンおよびエンドポイントの詳細については、AWS General Reference の「Application Auto Scaling リージョンとエンドポイント」を参照してください。