AWS Backup クォータ - AWS Backup

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS Backup クォータ

を使用する場合は、次のクォータが適用されます AWS Backup。リソースタイプサービスで許可されている場合、多くの AWS Backup クォータは調整可能です。クォータ調整をリクエストするには、ユースケースを「AWS Support」に説明します。

AWS Backup クォータ
リソース クォータ メモ
アカウントあたり、リージョンあたりのバックアップボールトの数 300 調整をリクエストできます。
バックアップボールトあたりの復旧ポイント数 1,000,000 調整をリクエストできます。
アカウントあたり、リージョンあたりのバックアッププランの数 300 調整をリクエストできます。
バックアッププランあたりのバージョン数 2,000 調整をリクエストできます。
バックアッププランあたりのリソース割り当て数 100 調節できません。
アカウントあたりのアクティブなバックアップジョブ数 無制限
送信先リージョンへの、アカウントあたりの同時バックアップコピー数 100 特定のリソース (Amazon EC2 インスタンス上の仮想マシン、Advanced DynamoDB、Timestream、Amazon EFS、SAP HANA データベース) の調整をリクエストできます。
上限 (上記エントリ) に達した後の、アカウント内の送信先バックアップボールトごとの同時コピー数 5 調節できません。
同じリソースを同じ送信先リージョンに同時に作成できるクロスアカウントコピーの数 30 調節できません。
リソースあたりの同時バックアップおよびコピーのジョブ数 1 調節できません。このクォータは、ワークロードのパフォーマンスを維持するのに役立ちます。
バックアップあたりのメタデータタグ数 50 調整をリクエストすることはできません。 はすべてのリソースでこのクォータ AWS を示します。「AWS ジェネラルリファレンス」の「タグ名の制限と要件」を参照してください。
クロスアカウントバックアップポリシーでのリソース選択あたりのタグ数 30 調節できません。複数のリソース割り当てまたはバックアッププランを利用して、追加のタグを含めることができます。
ハイパーバイザー数 10 調節できません。
リーガルホールドの数 アカウントあたり 50 調節できません。
アプリケーションスタックのネストされたバックアップレイヤーの最大数 10 調節できません。
AWS Backup Amazon Timestream リソースクォータ
リソース クォータ メモ
アカウントあたりの同時 Timestream バックアップジョブ数 4 調整をリクエストできます。
アカウントあたりの同時 Timestream 復元ジョブ数 1 調整をリクエストできます。

1 つのバックアップルールでは、単一リソース割り当てに対するクォータが設定されます。複数のバックアップルールでバックアッププランを作成できます。

AWS Backup Audit Manager のクォータ
リソース クォータ メモ
リージョンあたり、アカウントあたりのフレームワーク数 10 調整をリクエストできます。
リージョンあたり、アカウントあたりのコントロール数 50 調整をリクエストできます。
アカウントあたりのレポートプラン数 20 調整をリクエストできます。
レポートプランあたりのフレームワーク数 1,000 調節できません。
最大アカウント数に、レポートプランのリージョンを掛けた値 300 調節できません。
復元テストプランのクォータ
リソース クォータ メモ
復元テストプラン 100 調節できません。
プランあたりのタグの数 50 調節できません。
プランあたりの選択の数 30 調節できません。
復元テスト選択あたりの ARN 30 調節できません。
選択あたりの条件の数 30 StringEqualsStringNotEquals に含まれるもの両方。
復元テスト選択あたりのボールト選択項目 30 調節できません。
選択期間の最大値 (日) 365 日間
開始期間の時間範囲 最小: 1 時間、最大: 168 時間
復元テストプラン名の最大文字長 50 文字 英数字とアンダースコア、スペースなし
復元テスト選択名の最大文字長 50 文字 英数字とアンダースコア、スペースなし
AWS Backup gateway クォータ
リソース クォータ メモ
ゲートウェイごとのバックアップジョブまたは復元ジョブ 4 調整をリクエストできません。代わりに、ゲートウェイをさらに作成してハイパーバイザーに接続してください。

を使用して複数のアカウントにわたるバックアップを管理すると AWS Organizations、 が AWS Organizations 課すクォータが発生する可能性があります。これらのクォータについては、AWS Organizations ユーザーガイドの「AWS Organizationsのクォータ」を参照してください。

また、 AWS Backupがサポートするサービスによって次のようなクォータが発生することもあります。