バックアップの復元 - AWS Backup

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

バックアップの復元

注記

AWS BackupDOSないリストアジョブ中にタグをネイティブにコピーします。リストア・ジョブ中にタグをコピーするイベント駆動型アーキテクチャについては、を参照してください。でリソースタグを保持する方法AWS Backup復元ジョブ

でバックアップを復元する場合AWS Backupの場合は、通常、復元するバックアップで新しいリソースが作成されます。復元ごとに、復元パラメータを指定する必要があります。

復元パラメータは、Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) スナップショットを復元する際のボリュームサイズなど、リソースタイプに固有です。AWS Backup コンソールを使用してバックアップを復元すると、サービス固有の復元パラメータが自動的に表示されます。復元ごとに、一意のジョブ ID (例:1323657E-2AA4-1D94-2C48-5D7A423E7394

[] で復元ジョブのステータスを表示できます。ジョブのページです。AWS Backupconsole. 復元ジョブのステータスには、[created (作成済み)]、[pending (保留中)]、[running (実行中)]、[aborting (停止中)]、[aborted (中止)]、[completed (完了)]、[failed (失敗)]、[expired (期限切れ)] があります。

AWS Backup コンソールを使用する各サービスの基本的な復元手順とドキュメントへのリンクについては、「はじめに」セクションの「入門6: バックアップの復元」を参照してください。

を使用してバックアップを復元するにはAWS Command Line Interface(AWS CLI)、API、または SDK は、リソースの設定情報を StartRestoreJob API オペレーション。

リソースを復元するために必要な設定情報は、復元するサービスによって異なります。バックアップの作成に使用された設定メタデータを取得するには、 GetRecoveryPointRestoreMetadata を呼び出すこともできますが、リソースの復元には他の情報も必要になる場合があります。各サービスでは、リストアに異なる構成値(「メタデータの復元」)が必要になるものについては、次のトピックでも使用できます。