バックアップの復元 - AWS Backup

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

バックアップの復元

注記

AWS Backup は、ジョブの復元中にタグをネイティブにコピーしません。リストアジョブ中にタグをコピーするイベント駆動型アーキテクチャについては、「AWS Backup リストアジョブのリソースタグを保持する方法」を参照してください。

非破壊リストア

使用する手順AWS Backupバックアップを復元するために、復元するバックアップで新しいリソースが作成されます。これは、復元アクティビティによって既存のリソースが破棄されないようにするためです。

復元方法

コンソールの復元手順と、それぞれのドキュメントへのリンクについてはAWS Backup-サポートされているリソースタイプ。

プログラムでバックアップを復元するには、StartRestoreJobAPI オペレーション。

リソースの復元に必要な設定値 (「メタデータの復元」) は、復元するリソースによって異なります。バックアップの作成に使用された設定メタデータを取得するには、GetRecoveryPointRestoreMetadata。メタデータの復元例も、このページの下部にあるリンクにあります。

コールドストレージからの復元には、通常、ウォームストレージからの復元よりも4時間かかります。

復元ごとに、固有のジョブ ID (例: 1323657E-2AA4-1D94-2C48-5D7A423E7394) を持つジョブが作成されます。

ジョブステータスの復元

復元ジョブのステータスは、AWS Backup コンソールの [ジョブ] ページで確認できます。復元ジョブステータスは次のとおりです。保留中,実行しています,完成した,中止されました, および失敗した