メニュー
AWS 請求情報とコスト管理
ユーザーガイド (Version 2.0)

組織の一括請求

AWS Organizations の一括請求機能を使用して、複数の AWS アカウントまたは複数の AISPL アカウントの支払いを統合することができます。AWS Organizations の各組織にはマスターアカウントがあり、すべてのメンバーアカウントの請求を支払います。マスターアカウントへのアクセス権がある場合は、メンバーアカウントで発生した AWS 料金をまとめて確認することができます。また、各メンバーアカウントのコストレポートも確認できます。組織の詳細については、「AWS Organizations ユーザーガイド」を参照してください。

一括請求には次の利点があります。

  • 1 つの請求書: – 複数のアカウントに対し、1 つの請求書を受け取ります。

  • 簡単なトラッキング – 各アカウントの料金を追跡し、.csv 形式でコストデータをダウンロードできます。

  • 使用量の統合 – 複数のスタンドアロンアカウントがある場合は、それらのアカウントを組織に追加すると料金が下がる場合があります。AWS では、組織内のすべてのアカウントの使用量を合算してボリューム料金割引を認定します。詳細については、「ボリューム割引」を参照してください。

  • 追加料金なし – 一括請求は追加コストなしで提供されます。

AWS アカウントと AISPL アカウントを 1 つに統合することはできません。連絡先住所がインドにある場合、AWS Organizations を使用して、組織内で Amazon Internet Services Pvt. Ltd (AISPL) アカウントを統合することができます。

重要

メンバーアカウントが組織を離れた場合、そのメンバーアカウントは、組織にいたときに生成された Cost Explorer データにアクセスできなくなります。このデータは削除されず、組織のマスターアカウントは引き続きデータにアクセスできます。再度組織に加わったメンバーアカウントは再びデータにアクセスできます。