AWS Organizations の一括請求 (コンソリデーティッドビリング) - AWS 請求情報とコスト管理

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

AWS Organizations の一括請求 (コンソリデーティッドビリング)

AWS Organizations の一括請求機能を使用して、複数の AWS アカウントまたは複数の Amazon Internet Services Pvt. Ltd (AISPL) アカウントの請求と支払いを統合することができます。のどの組織でも AWS Organizations は、 マスターアカウント すべての メンバーアカウント. 組織の詳細については、「AWS Organizations ユーザーガイド」を参照してください。

一括請求には次の利点があります。

  • 1つの請求書 – 複数のアカウントに対して1つの請求書を受け取るだけで済みます。

  • 簡単な追跡 – 複数のアカウントでの料金を追跡し、コストと使用状況の統合データをダウンロードできます。

  • 使用状況の結合 – 組織内のすべてのアカウントの使用量を結合し、料金のボリューム割引、リザーブドインスタンスの割引、および Savings Plans を共有できます。その結果、会社、部門、またはプロジェクトでの料金が個々のスタンドアロンアカウントと比較して低くなります。詳細については、従量制割引 を参照してください。

  • 追加料金なし – 一括請求は追加コストなしで提供されます。

注記

メンバーアカウント請求書は情報の提供のみに使用されます。マスターアカウントは、各アカウントで利用できる追加のボリューム割引、リザーブドインスタンスの割引、または Savings Plans を再割り当てする場合があります。

マスターアカウントへのアクセス権がある場合は、メンバーアカウントで発生した AWS 料金をまとめて確認できます。また、各メンバーアカウントのコストレポートも取得できます。

AWS アカウントと AISPL アカウントを 1 つに統合することはできません。連絡先住所がインドにある場合、AWS Organizations を使用して、組織内で AISPL アカウントを統合することができます。

重要

メンバーアカウントが組織を離れた場合、そのメンバーアカウントは、組織にいたときに生成された Cost Explorer データにアクセスできなくなります。データは削除されず、 マスターアカウント データにアクセスできます。再度組織に加わったメンバーアカウントは再びデータにアクセスできます。