AWS 請求情報とコスト管理
ユーザーガイド (Version 2.0)

組織の一括請求

AWS Organizations の一括請求機能を使用して、複数の AWS アカウントまたは複数の Amazon Internet Services Pvt. Ltd (AISPL) アカウントの請求と支払いを統合することができます。AWS Organizations のすべての組織にはマスターアカウントがあり、すべてのメンバーアカウントの請求を支払います。組織の詳細については、「AWS Organizations ユーザーガイド」を参照してください。このガイドの残りの部分では、マスターアカウントを支払者アカウントと呼び、メンバーアカウントを連結アカウントと呼びます。組織に関する内容でも同様です。

一括請求には次の利点があります。

  • 1つの請求書 – 複数のアカウントに対して1つの請求書を受け取るだけで済みます。

  • 簡単な追跡 – 複数のアカウントでの料金を追跡し、コストと使用状況の統合データをダウンロードできます。

  • 使用状況の結合 – 組織内のすべてのアカウントの使用量を結合し、リザーブドインスタンスの割引と料金のボリューム割引を両方活用できます。その結果、会社、部門、またはプロジェクトでの料金が個々のスタンドアロンアカウントと比較して低くなります。詳細については、「ボリューム割引」を参照してください。

  • 追加料金なし – 一括請求は追加コストなしで提供されます。

注記

連結アカウント請求書は情報の提供のみに使用されます。支払者アカウントの割り当てをやり直して、アカウントに対して追加のボリュームディスカウントとリザーブドインスタンスの割引を利用できることがあります。

支払者アカウントへのアクセス権がある場合は、連結アカウントで発生した AWS 料金をまとめて確認することができます。また、各連結アカウントのコストレポートも確認できます。

AWS アカウントと AISPL アカウントを 1 つに統合することはできません。連絡先住所がインドにある場合、AWS Organizations を使用して、組織内で AISPL アカウントを統合することができます。

重要

連結アカウントが組織を離れた場合、その連結アカウントは、組織にいたときに生成された Cost Explorer データにアクセスできなくなります。このデータは削除されず、組織の支払者アカウントは引き続きデータにアクセスできます。再度組織に加わった連結アカウントは再びデータにアクセスできます。