AWS 請求情報とコスト管理
ユーザーガイド (Version 2.0)

ユーザー定義のコスト配分タグ

ユーザー定義タグは、ユーザーが定義、作成し、リソースに適用するタグです。作成して適用したユーザー定義タグは、コスト配分の追跡用に Billing and Cost Management コンソールでアクティブ化できます。アクティブ化したタグは、cost allocation report に表示されます。cost allocation report では、これらのタグを使用して、AWS のコストを追跡できます。タグは、そのタグが作成される前に作成されたリソースには適用されません。

注記

請求コンソールの [Cost Allocation Tags] マネージャーにアクセスできるのは、組織のマスターアカウントおよび組織のメンバーではない単一のアカウントのみです。

ユーザー定義のコスト配分タグの適用

使いやすさと最適な結果を実現するために、ユーザー定義タグの作成と適用には AWS Tag Editor を使用してください。Tag Editor では、統一された方法で一元的にユーザー定義タグを作成および管理できます。オプショングループの操作方法の詳細については、「AWS マネジメントコンソールのご利用開始」の「Tag Editor の使用」を参照してください。

サポートされるサービスでは、API または AWS マネジメントコンソールを使用してリソースにタグを適用できます。タグの実装は、AWS のサービスごとに異なります。これらの実装を個々に使用するか、Tag Editor を使用してこのプロセスを簡素化することができます。現在タグをサポートしているサービスは次のとおりです。

AWS の製品

詳細の参照先

Amazon API Gateway

『API Gateway 開発者ガイド』の「API Gateway で API ステージにタグを設定する」。

Amazon Cognito

『Amazon Cognito 開発者ガイド』の「ユーザープールへのコスト配分タグの追加」。

Amazon DynamoDB

『Amazon DynamoDB 開発者ガイド』の「DynamoDB のタグの追加」。

Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS)

「Tagging Your Resources」の User Guide。

Amazon EBS ボリュームおよびスナップショットに関連する予想外の請求を回避する方法については、「Amazon Elastic Block Store ボリュームとスナップショット」を参照してください。

Amazon Elasticsearch Service (Amazon ES)

『』の「 ドメインへのタグ付け」

Amazon ElastiCache (ElastiCache)

『Amazon ElastiCache ユーザーガイド』の「ElastiCache でのコスト配分タグの使用」。

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)

「Tagging Your Resources」の User Guide。

Amazon EC2 インスタンスに関連する予想外の請求を回避する方法については、「Amazon EC2 インスタンス」を参照してください。

Amazon Elastic File System (Amazon EFS)

『Amazon Elastic File System ユーザーガイド』の「ファイルシステムのタグを管理する」

Elastic Load Balancing

『Application Load Balancer 用ユーザーガイド』の「Application Load Balancer のタグ」、『Network Load Balancer 用ユーザーガイド』の「Network Load Balancerのタグ」、あるいは『クラシックロードバランサー 用ユーザーガイド』の「Classic Load Balancer にタグ付けする」。

Elastic Load Balancing ロードバランサーに関連する予想外の請求を回避する方法については、「Elastic Load Balancing(ELB)」を参照してください。

Amazon EMR

『Amazon EMR 開発者ガイド』の「Amazon EMR クラスターでのタグ付け」

Amazon Glacier

『』の「 リソースのタグ付け」

Amazon Kinesis

『』の「 ストリームのタグ付け」

Amazon Redshift

『Amazon Redshift Cluster Management Guide』の「Amazon Redshift のリソースへのタグ付け」

Amazon Relational Database Service(Amazon RDS)

「Amazon Relational Database Service User Guide」の Tagging Amazon RDS Resources。

Amazon RDS データベースに関連する予想外の請求を回避する方法については、「ストレージサービス」を参照してください。

Amazon Route 53

『Amazon Route 53 開発者ガイド』の「Amazon Route 53 リソースへのタグ付け」。

Amazon Simple Queue Service

『 開発者ガイド』の「 キューへのタグ付け」。

Amazon Simple Storage Service (Amazon S3)

Amazon Simple Storage Service Developer Guide』の「Billing and Reporting of Buckets

Amazon S3 バケットに関連する予想外の請求を回避する方法については、「ストレージサービス」を参照してください。

Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC)

Amazon VPC と Amazon EC2 のリソースのうち、タグ付けができるものの一覧については、「Tagging Your Resources」の User Guide を参照してください。

Amazon EC2 Auto Scaling

「Tagging Auto Scaling Groups and Amazon EC2 Instances」の Developer Guide。

AWS CloudFormation

「AWS CloudFormation User Guide」の Tagging Your Member Resources。

AWS Elastic Beanstalk

『AWS Elastic Beanstalk 開発者ガイド』の「環境およびアプリケーションのタグ付け」

Elastic Beanstalk 環境に関連する予想外の請求を回避する方法については、「Elastic Beanstalk の環境」を参照してください。

AWS Lambda

『AWS Lambda 開発者ガイド』の「Lambda 関数のタグ付け」。

Amazon WorkSpaces

『Amazon WorkSpaces Administration Guide』の「WorkSpace へのタグ付け」。

作成および適用したユーザー定義タグは、コスト配分用にアクティブ化できます。コスト配分用にタグをアクティブ化する場合は、コストの整理方法に応じた一連のタグキーを設定するようお勧めします。cost allocation report にタグキーが列として追加され、各行の該当する値が表示されるため、タグキーのセットを一貫して使用すると、コスト追跡が容易になります。

注記

連結アカウントで作成されたユーザー定義のコスト配分タグは、Billing and Cost Management コンソールに表示されるまでに最長で 24 時間かかることがあります。プロセスを高速化するには、手動更新をトリガーすることができます。詳細については、「ユーザー定義のコスト配分タグの更新」を参照してください。

サービスによっては、そのサービスで使用される他の AWS リソースが起動されることがあります (Amazon EMR や AWS Marketplace で EC2 インスタンスが起動されるなど)。補足サービス (EC2) でタグ付けがサポートされている場合、補足リソース (関連する Amazon EC2 インスタンスなど) にレポート用のタグを付けることができます。タグを付けることができるリソースの詳細なリストについては、Tag Editor を使用して検索してください。Tag Editor を使用してリソースを検索する方法の詳細については、「タグ付けするリソースの検索」を参照してください。