の Amazon SNS 通知の設定 CloudTrail - AWS CloudTrail

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

の Amazon SNS 通知の設定 CloudTrail

Amazon S3 CloudTrail バケットに新しいログファイルが公開されると通知を受けることができます。Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) を使用して、通知を管理します。

通知はオプションです。通知が必要な場合は、新しいログファイルが送信されるたびに Amazon SNS CloudTrail トピックに更新情報を送信するように設定します。これらの通知を受け取るには、Amazon SNS を使用してトピックを受信することができます。受信者として、アップデートを Amazon Simple Queue Service (Amazon SQS) キューに送信できます。これにより、これらの通知をプログラムで処理できます。

CloudTrail 通知を送信するように設定します。

Amazon SNS トピックを使用するように証跡を設定できます。 CloudTrail コンソールまたは aws cloudtrail create-trailCLI コマンドを使用してトピックを作成できます。 CloudTrail Amazon SNS トピックを作成し、適切なポリシーをアタッチします。これにより、 CloudTrail そのトピックに公開する権限が付与されます。

SNS トピック名を作成する際には、名前が次の要件を満たしている必要があります。

  • 1 ~ 256 文字

  • 大文字および小文字の ASCII 文字、数字、アンダースコア、またはハイフンが含まれている

すべてのリージョンに適用される証跡について通知を設定した場合、すべてのリージョンからの通知は、指定した Amazon SNS トピックに送信されます。リージョン固有の証跡が 1 つ以上ある場合は、リージョンごとに個別のトピックを作成し、各トピックを個別にサブスクライブする必要があります。

通知を受け取るには、Amazon SNS CloudTrail トピックまたはを使用するトピックに登録します。これを行うには、Amazon SNS コンソールまたは Amazon SNS CLI コマンドを使用します。詳細については、「Amazon Simple 通知サービス デベロッパーガイド」の「Amazon SNS トピックのサブスクライブ」を参照してください。

注記

CloudTrail ログファイルが Amazon S3 バケットに書き込まれると通知を送信します。アクティブなアカウントでは、大量の通知が生成されることがあります。E メールまたは SMS を使用してサブスクライブしている場合は、大量のメッセージが受信される可能性があります。そのため、 Amazon Simple Queue Service (Amazon SQS) を使用してサブスクライブすることをお勧めします。これにより、プログラムを使って通知を処理することができます。詳細については、『Amazon Simple Queue Service デベロッパーガイド』の「Amazon SNS トピックへの Amazon SQS キューのサブスクライブ (コンソール)」を参照してください。

Amazon SNS 通知は、Message フィールドを含んだ JSON オブジェクトで構成されます。Message フィールドには、次の例のように、ログファイルへのフルパスがリストされます。

{ "s3Bucket": "your-bucket-name","s3ObjectKey": ["AWSLogs/123456789012/CloudTrail/us-east-2/2013/12/13/123456789012_CloudTrail_us-west-2_20131213T1920Z_LnPgDQnpkSKEsppV.json.gz"] }

Amazon S3 バケットに複数のログファイルが配信された場合は、次の例のように、複数のログが通知に含まれている可能性があります。

{ "s3Bucket": "your-bucket-name", "s3ObjectKey": [ "AWSLogs/123456789012/CloudTrail/us-east-2/2016/08/11/123456789012_CloudTrail_us-east-2_20160811T2215Z_kpaMYavMQA9Ahp7L.json.gz", "AWSLogs/123456789012/CloudTrail/us-east-2/2016/08/11/123456789012_CloudTrail_us-east-2_20160811T2210Z_zqDkyQv3TK8ZdLr0.json.gz", "AWSLogs/123456789012/CloudTrail/us-east-2/2016/08/11/123456789012_CloudTrail_us-east-2_20160811T2205Z_jaMVRa6JfdLCJYHP.json.gz" ] }

E メールで通知を受け取る場合、E メールの本文は、Message フィールドの内容で構成されます。JSON 構造については、『Amazon 簡易通知サービス開発者ガイド』の「Amazon SQS キューへのファンアウト」を参照してください。Message情報が表示されるのはフィールドだけです。 CloudTrail その他のフィールドには、Amazon SNS サービスからの情報が記載されます。

CloudTrail API を使用して証跡を作成する場合、CreateTrailUpdateTrailまたはオペレーションで通知の送信先となる既存の Amazon SNS トピックを指定できます。 CloudTrail トピックが存在し、 CloudTrail そのトピックに通知を送信できる権限があることを確認する必要があります。「の Amazon SNS トピックポリシー CloudTrail」を参照してください

追加リソース

Amazon SNS トピックおよびそのサブスクライブの詳細については、「Amazon Simple Notification Service デベロッパーガイド」を参照してください。