Trusted Advisor チェック結果を Amazon CloudWatch Events でモニタリングする - AWS Support

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

Trusted Advisor チェック結果を Amazon CloudWatch Events でモニタリングする

Amazon CloudWatch Events を使用して、Trusted Advisor チェックのステータス変更を検出して対応できます。次に、ルールに指定した値のチェックステータスが変更されたときに、CloudWatch イベント は、1 つ以上のターゲットアクションを呼び出します。ステータス変更のタイプに従って、通知を送信したり、ステータス情報を取得したり、是正措置を取ったり、イベントを開始したり、その他の措置を取ることができます。CloudWatch イベント を使用する際には、Trusted Advisor ワークフローの一部として次のターゲットタイプを選択できます。

  • AWS Lambda 関数

  • Amazon Kinesis ストリーム

  • Amazon Simple Queue Service キュー

  • 組み込みターゲット (CloudWatch アラームアクション)

  • Amazon Simple Notification Service のトピック

次にユースケースをいくつか示します。

  • Lambda 関数を使用して、チェックステータスが変更されたときに Slack チャネルに通知を渡します。

  • チェックに関するデータを Kinesis ストリームにプッシュして、包括的でリアルタイムのステータスモニタリングを支援します。

CloudWatch イベント および Lambda 関数を使用して Trusted Advisor チェック結果に対する応答を自動化する例については、「Trusted Advisor のツール」を参照してください。

このトピックの残りの部分では、Trusted Advisor の CloudWatch イベント ルールを作成するための基本的な手順について説明します。ただし、Trusted Advisor のイベントルールを作成する前に、次のことを行う必要があります。

Trusted Advisor 用の CloudWatch イベント ルールを作成するには

  1. https://console.aws.amazon.com/cloudwatch/ にある CloudWatch コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションバーで、米国東部(バージニア北部) リージョンを選択します。

  3. ナビゲーションペインの [Events] を選択します。

  4. [Create rule] を選択し、次に [Event Source] の下の [Service Name] で [Trusted Advisor] を選択します。

  5. ステータス値を指定します。

    • すべてのステータス値に適用するルールを作成するには、[Check Item Refresh Status] を選択し、次に [Any status] (デフォルト) を選択します。

    • 特定のステータス値のみに適用するルールを作成するには、[Specific status(es)] を選択し、次にリストから 1 つ以上のステータス値を選択します。

  6. Trusted Advisor チェックを指定します。

    • すべての Trusted Advisor チェックに適用するルールを作成するには、[任意のチェック] を選択します。

    • 特定のチェックのみに適用するルールを作成するには、[Specific check(s)] を選択し、次にリストから 1 つ以上のチェック名を選択します。

  7. AWS リソースを指定します。

    • すべてのリソースに適用するルールを作成するには、[Any resource ID] を選択します。

    • 1 つまたは複数のリソースにのみ適用されるルールを作成するには、[特定のリソース (ARN 別)] を選択します。次に、リソースの ARN を入力します。

  8. ルール設定を確認して、イベントモニタリング要件を満たしていることを確認します。

  9. [Targets] エリアで、[Add target*] を選択します。

  10. [ターゲットタイプの選択] リストで、このルールとともに使用する準備を整えたターゲットのタイプを選択します。次に、そのタイプに必要な追加オプションを設定します。

  11. [Configure details] を選択します。

  12. [ルールの詳細を設定する] ページで、ルールの名前と説明を入力します。ルールを作成してすぐに有効にするには、[状態] ボックスをオンにします。

  13. ルールが適切であることを確認したら、[Create rule] を選択します。