AWS サポート の開始方法 - AWS サポート

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

AWS サポート の開始方法

AWS サポート は、AWS ソリューションの成功とオペレーションの正常性をサポートするツールと専門知識にアクセスできる一連のプランを用意しています。すべてのサポートプランでは、カスタマーサービスAWS、ドキュメント、技術文書、およびサポートフォーラムに 24 時間 365 日アクセスできます。AWS 環境の計画、デプロイ、最適化のために技術サポートや追加のリソースが必要な場合は、お客様の AWS ユースケースに合ったサポートプランを選択することができます。

AWS マネジメントコンソール でケースを作成するには、「サポートケースの作成」を参照してください。

AWS サポート プランの特徴

AWS サポートには、ベーシック、開発者、ビジネス、エンタープライズという 4 つのサポートプランが用意されています。

ベーシックサポートでは、アカウントと請求に関するご質問、サービスクォータの引き上げに関するサポートを提供しています。他のプランでは、技術サポートケースを多数用意しており、月額料金で長期契約は不要です。

すべての AWS のお客様は、ベーシックサポートのこれらの機能に 24 時間 365 日アクセスすることができます。

  • アカウントと請求に関するご質問に 1 対 1 で回答

  • サポートフォーラム

  • サービス状態チェック

  • ドキュメント、技術文書、およびベストプラクティスガイド

開発者サポートプランのお客様は、以下の追加機能にアクセスできます。

  • ベストプラクティスのガイダンス

  • 基本的な構成要素アーキテクチャのサポート: AWS の製品、機能、サービスの使用方法をまとめたガイダンスです

  • 1 つのプライマリ連絡先 (AWSアカウントのルートユーザー) で開くことができるサポートケースの数に制限はありません。

さらに、ビジネスサポートプランまたはエンタープライズサポートプランをご利用のお客様は、以下の機能にアクセスできます。

  • ユースケースガイダンス – 特定のニーズに最適な AWS の製品、機能、サービスを説明するガイダンスです。

  • AWS Trusted Advisor – お客様の環境を調査し、コスト削減、セキュリティギャップの解消、システムの信頼性とパフォーマンスの向上を実現する機会を特定する AWS サポート の機能です。すべての Trusted Advisor チェックにアクセスできます。

  • AWS サポート および Support Center とやり取りを行う Trusted Advisor API 。AWS サポート API を使用して、サポートケースの管理と Trusted Advisor オペレーションを自動化できます。

  • サードパーティーのソフトウェアサポート – Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスのオペレーティングシステムおよび設定に関するヘルプ。​また、AWS で最も一般的なサードパーティーのソフトウェアコンポーネントのパフォーマンスを支援します。サードパーティーのソフトウェアサポートは、ベーシックサポートプランまたは開発者サポートプランのお客様にはご利用いただけません。

  • 技術サポートケースを開くことができる AWS Identity and Access Management (IAM) ユーザーの無制限の数をサポートします。

また、エンタープライズサポートプランのお客様は、以下の機能にアクセスできます。

  • アプリケーションアーキテクチャガイダンス – 特定のユースケース、ワークロード、またはアプリケーションに適合するサービスの組み合わせに関するコンテキストガイダンス。

  • インフラストラクチャのイベント管理 – AWS サポート との短期の取り組みで、お客様のユースケースの理解を深めます。分析後、イベントに関するアーキテクチャとスケーリングのガイダンスを提供します。

  • テクニカルアカウントマネージャー – テクニカルアカウントマネージャー (TAM) と連携して、特定のユースケースやアプリケーションに対応します。

  • ホワイトグローブケースルーティング

  • 管理ビジネス評価。

各サポートプランの機能と料金の詳細については、「」AWS サポートおよび「AWS サポートプランの比較」を参照してください。24 時間 365 日の電話とチャットによるサポートなど、すべての言語で使用できない機能もあります。

ケースのモニタリングと保守

Support Centerでケースのステータスをモニタリングできます。新しいケースは、Unassigned 状態で開始されます。エンジニアが作業を開始すると、ステータスが Work in Progress. に変わります。エンジニアはケースに応答し、お客様に追加情報を求めるか (「Pending Customer Action」)、ケースが調査中であることをお客様にお知らせします (「Pending Amazon Action」)。

ケースが更新されると、通知と Support Center のケースのリンクが記載されたメールがお客様に送信されます。ただし、ケースの通知にメールで返信することはできません。メール内のリンクを使用して、サポートケースに移動します。

注記

サポートケースを送信した AWS アカウントにサインインする必要があります。IAM ユーザーとしてサインインする場合、サポートケースを表示するために必須のアクセス許可が必要です。詳細については、「 」を参照してくださいAWS サポート へのアクセス

レスポンスに満足した場合、または問題が解決した場合は、 で [Close Case] を選択できますSupport Center。10 日間以内に応答しない場合、ケースは自動的に閉じられます。解決したケースまたは閉じたケースは、いつでも再び開くことができます。

新しい問題や質問の場合は、新しいケースを作成してください。ケースのやり取りが元の質問や問題の範囲から外れた場合は、サポートエンジニアから新しいケースを開くように依頼されることがあります。古い問い合わせに関するケースを開く場合は、前のやり取りを参照できるように、関連するケース番号を記載してください (可能な場合)。

ケース履歴

ケース履歴情報は、作成から 12 か月間利用できます。