CloudWatch を使用して Trusted Advisor アラームを作成する - AWS サポート

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

CloudWatch を使用して Trusted Advisor アラームを作成する

Amazon CloudWatch を使用して、チェックステータスの変更、リソースステータスの変更、サービスの制限の使用に関する Trusted Advisor のメトリクスのアラームを作成できます。要件によっては、複数のアラームを作成することができます。

ここで説明する手順に従って、Trusted Advisor の CloudWatch アラームを作成します。Trusted Advisor メトリクスのアラームを作成する前に、次の操作を行います。

  • CloudWatch のメトリクスとアラームについて理解します。詳細については、「Amazon CloudWatch とは」を参照してください。

  • Trusted Advisor コンソールまたは AWS サポート API を介してチェックを更新します。

Trusted Advisor の CloudWatch アラームを作成するには

  1. https://console.aws.amazon.com/cloudwatch/ にある CloudWatch コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションバーで、リージョンセレクターの [米国東部 (バージニア北部) リージョン] を選択します。

  3. ナビゲーションペインで、[Alarms] を選択します。

  4. [Create Alarm] を選択します。

  5. [Select Metric (メトリクスの選択)] で、Trusted Advisor のメトリクスを選択します。​

  6. メトリクスを選択するには、次のいずれかを実行します。

    1. 検索ボックスに、メトリクスリストをフィルタする 1 つ以上のディメンション値を入力します。

    2. 結果の表で、目的のメトリクスが含まれる行のチェックボックスをオンにします。

  7. [次へ] を選択します。

  8. アラームの設定:

    1. [Alarm Threshold] で、名前と説明を指定します。

    2. [ServiceLimitUsage] メトリクスで、0.00 から 1.00 までしきい値を指定します。

    3. [RedResources]、[YellowResources]、[GreenChecks]、[RedChecks]、および [YellowChecks] の各メトリクスで、0 以上の任意の整数であるしきい値を指定できます。

    4. 欠落データの目的の動作を設定します。デフォルトでは、これは [missing] に設定されます。

    5. [Actions] で、通知リストを追加します。

  9. [Create Alarm] を選択します。