ジョブの状態 - AWS Batch

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ジョブの状態

AWS Batch ジョブキューにジョブを送信すると、ジョブは SUBMITTED 状態になります。その後、以下の状態を経由して完了 (コード 0 で終了) または失敗 (0 以外のコードで終了) します。AWS Batch ジョブの各状態は以下のとおりです。

SUBMITTED

ジョブはキューに送信済みで、スケジューラによる評価待ちです。スケジューラは、ジョブを評価し、他のジョブの正常な完了に依存するかどうか (未処理の依存関係があるかどうか) を判断します。依存関係がある場合、ジョブの状態は PENDING に移行します。依存関係がない場合、ジョブの状態は RUNNABLE に移行します。

PENDING

ジョブはキュー内にあり、別のジョブやリソースへの依存関係があるため、まだ実行できません。依存関係が満たされると、ジョブの状態は RUNNABLE に移行します。

RUNNABLE

ジョブはキュー内にあり、未処理の依存関係はありません。したがって、ホストにスケジューリングされる準備ができています。この状態のジョブは、ジョブのキューにマッピングされたコンピューティング環境のいずれかで十分なリソースが使用可能になり次第、開始されます。ただし、十分なリソースが使用不可の場合、この状態が無限に続くことがあります。

注記

ジョブが STARTING に進行しない場合は、トラブルーシューティングセクションの「ジョブが立ち往生RUNNABLE状態」を参照してください。

STARTING

これらのジョブはホストにスケジュールされており、関連するコンテナ初期化操作が進行中です。コンテナイメージがプルされてコンテナが稼働状態になると、ジョブの状態は RUNNING に移行します。

RUNNING

ジョブは、コンピューティング環境内の Amazon ECS コンテナインスタンスでコンテナジョブとして実行中です。ジョブのコンテナが終了すると、プロセス終了コードでジョブの正否が判定されます。終了コードの 0 は成功を示し、ゼロ以外の終了コードは失敗を示します。試行が失敗したジョブの再試行戦略に設定されている再試行回数が残っている場合は、ジョブの状態が RUNNABLE に移行します。詳細については、「ジョブの再試行の自動化」を参照してください。

注記

の ログRUNNINGジョブはで利用できます。 CloudWatch ログ。ロググループは/aws/batch/jobであり、ログストリーム名の形式はfirst200CharsOfJobDefinitionName/default/ecs_task_id(この形式はfuture 変更される可能性があります。)

ジョブが RUNNING ステータスになったら、DescribeJobs API オペレーションを使用してそのログストリーム名をプログラムで取得できます。詳細については、次を参照してください。に送信されたログデータの表示 CloudWatch ログアマゾン CloudWatch ログユーザーガイド。デフォルトでは、このログは永久に失効しませんが、保持期間を変更することもできます。詳細については、次を参照してください。でのログデータ保管期間の変更 CloudWatch ログアマゾン CloudWatch ログユーザーガイド

SUCCEEDED

ジョブは、終了コード 0 で正常に完了しました。SUCCEEDED ジョブのジョブ状態は、AWS Batch に少なくとも 24 時間保持されます。

注記

の ログSUCCEEDEDジョブはで利用できます。 CloudWatch ログ。ロググループは/aws/batch/jobであり、ログストリーム名の形式はfirst200CharsOfJobDefinitionName/default/ecs_task_id(この形式はfuture 変更される可能性があります。)

ジョブが RUNNING ステータスになったら、DescribeJobs API オペレーションを使用してそのログストリーム名をプログラムで取得できます。詳細については、次を参照してください。に送信されたログデータの表示 CloudWatch ログアマゾン CloudWatch ログユーザーガイド。デフォルトでは、このログは永久に失効しませんが、保持期間を変更することもできます。詳細については、次を参照してください。でのログデータ保管期間の変更 CloudWatch ログアマゾン CloudWatch ログユーザーガイド

FAILED

ジョブのすべての使用可能な試行が失敗しました。FAILED ジョブのジョブ状態は、AWS Batch に少なくとも 24 時間保持されます。

注記

の ログFAILEDジョブはで利用できます。 CloudWatch ログ。ロググループは/aws/batch/jobであり、ログストリーム名の形式はfirst200CharsOfJobDefinitionName/default/ecs_task_id(この形式はfuture 変更される可能性があります。)

ジョブが RUNNING ステータスになったら、DescribeJobs API オペレーションを使用してそのログストリームをプログラムで取得できます。詳細については、次を参照してください。に送信されたログデータの表示 CloudWatch ログアマゾン CloudWatch ログユーザーガイド。デフォルトでは、このログは永久に失効しませんが、保持期間を変更することもできます。詳細については、次を参照してください。でのログデータ保管期間の変更 CloudWatch ログアマゾン CloudWatch ログユーザーガイド