AWS CLIの最新バージョンのインストールまたは更新 - AWS Command Line Interface

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS CLIの最新バージョンのインストールまたは更新

このトピックでは、サポート対象のオペレーティングシステムに AWS Command Line Interface (AWS CLI) の最新リリースをインストールまたは更新する方法について説明します。の最新リリースについては AWS CLI、AWS CLI バージョン 2 の Changelog を参照してください。 GitHub

の過去のリリースをインストールするには AWS CLI、を参照してください。AWS CLI バージョン 2 の過去のリリースをインストールアンインストール手順については、「AWS CLI バージョン 2 のアンインストール」を参照してください。

重要

AWS CLI バージョン 1 と 2 aws は同じコマンド名を使用します。 AWS CLI バージョン 1 を以前にインストールしていた場合は、を参照してくださいAWS CLI バージョン 1 からバージョン 2 に移行する

AWS CLI インストールとアップデートの説明

インストール手順については、お使いのオペレーティングシステムのセクションを展開します。

インストールと更新の要件

  • ダウンロードしたパッケージを抽出または解凍できる必要があります。オペレーティングシステムに組み込み unzip コマンドがない場合は、同等のコマンドを使用します。

  • AWS CLI 使用方法glibcgroff、およびless。これらは、Linux のほとんどの主要なディストリビューションにデフォルトで含まれています。

  • CentOS、 AWS CLI Fedora、Ubuntu、Amazon Linux 1、Amazon Linux 2、Amazon Linux 2023、Linux ARMの最近のディストリビューションの64ビットバージョンでサポートされています。

  • AWS はサードパーティのリポジトリを管理していないため、最新バージョンのリポジトリが含まれていることを保証することはできません。 AWS CLI

AWS CLIをインストールまたは更新する

警告

Amazon Linux でのアップデートが初めての場合、の最新バージョンをインストールするには AWS CLI、yum次のコマンドを使用してプレインストールバージョンをアンインストールする必要があります。

$ sudo yum remove awscli

yumのインストールを削除したら、以下の Linux インストール手順に従ってください。 AWS CLI

の現在のインストールを更新するには AWS CLI、更新するたびに新しいインストーラーをダウンロードし、以前のバージョンを上書きします。コマンドラインから次の手順に従って Linux AWS CLI にインストールします。

次に示すのは、64 ビット Linux を使用するか、基本インストールを提供する Linux ARM のどちらを使用しているかに応じて、1 つのコピーアンドペーストグループにまとめたクイックインストール手順です。ガイド付きの手順については、以下の手順を参照してください。

Linux x86 (64-bit)
注記

(オプション) 次のコマンドブロックは、ダウンロードの整合性を最初に検証せずに AWS CLI をダウンロードしてインストールします。ダウンロードの整合性を検証するには、以下の詳しい手順に従ってください。

をインストールするには AWS CLI、以下のコマンドを実行します。

$ curl "https://awscli.amazonaws.com/awscli-exe-linux-x86_64.zip" -o "awscliv2.zip" unzip awscliv2.zip sudo ./aws/install

AWS CLIの現在のインストールを更新するには、既存のシンボリックリンクとインストーラの情報を追加して --bin-dir--install-dir、および --update パラメータで install コマンドを作成します。以下のコマンドブロックでは /usr/local/bin のシンボリックリンクと /usr/local/aws-cli のインストーラの場所の例を使用しています。

$ curl "https://awscli.amazonaws.com/awscli-exe-linux-x86_64.zip" -o "awscliv2.zip" unzip awscliv2.zip sudo ./aws/install --bin-dir /usr/local/bin --install-dir /usr/local/aws-cli --update
Linux ARM
注記

(オプション) 次のコマンドブロックは、ダウンロードの整合性を最初に検証せずに AWS CLI をダウンロードしてインストールします。ダウンロードの整合性を検証するには、以下の詳しい手順に従ってください。

をインストールするには AWS CLI、以下のコマンドを実行します。

$ curl "https://awscli.amazonaws.com/awscli-exe-linux-aarch64.zip" -o "awscliv2.zip" unzip awscliv2.zip sudo ./aws/install

AWS CLIの現在のインストールを更新するには、既存のシンボリックリンクとインストーラの情報を追加して --bin-dir--install-dir、および --update パラメータで install コマンドを作成します。以下のコマンドブロックでは /usr/local/bin のシンボリックリンクと /usr/local/aws-cli のインストーラの場所の例を使用しています。

$ curl "https://awscli.amazonaws.com/awscli-exe-linux-aarch64.zip" -o "awscliv2.zip" unzip awscliv2.zip sudo ./aws/install --bin-dir /usr/local/bin --install-dir /usr/local/aws-cli --update
ガイド付きインストール手順
  1. 次のいずれかの方法でインストールファイルをダウンロードします。

    Linux x86 (64-bit)
    • curl コマンドの使用-o オプションは、ダウンロードしたパッケージを書き込むファイル名を指定します。以下のコマンドの例のオプションを使用すると、ダウンロードしたファイルが現在のディレクトリにローカル名 awscliv2.zip で書き込まれます。

      $ curl "https://awscli.amazonaws.com/awscli-exe-linux-x86_64.zip" -o "awscliv2.zip"
    • URL からのダウンロード - ブラウザでインストーラをダウンロードするには、次の URL を使用します: https://awscli.amazonaws.com/awscli-exe-linux-x86_64.zip

    Linux ARM
    • curl コマンドの使用-o オプションは、ダウンロードしたパッケージを書き込むファイル名を指定します。以下のコマンドの例のオプションを使用すると、ダウンロードしたファイルが現在のディレクトリにローカル名 awscliv2.zip で書き込まれます。

      $ curl "https://awscli.amazonaws.com/awscli-exe-linux-aarch64.zip" -o "awscliv2.zip"
    • URL からのダウンロード - ブラウザでインストーラをダウンロードするには、次の URL を使用します: https://awscli.amazonaws.com/awscli-exe-linux-aarch64.zip

  2. (オプション) ダウンロードした zip ファイルの整合性を確認する

    AWS CLI .zip上記の手順でインストーラーパッケージを手動でダウンロードすることを選択した場合は、GnuPG次の手順に従ってツールを使用して署名を検証できます。

    AWS CLI .zipインストーラーパッケージファイルは PGP 署名を使用して暗号で署名されます。ファイルの破損や変更がある場合、この検証は失敗します。その場合、インストールを続行しないでください。

    1. ご利用のパッケージマネージャーを使用し、gpg コマンドをダウンロードしてインストールします。GnuPG の詳細については、GnuPG のウェブサイトを参照してください。

    2. パブリックキーファイルを作成するには、テキストファイルを作成し、次のテキストに貼り付けます。

      -----BEGIN PGP PUBLIC KEY BLOCK----- mQINBF2Cr7UBEADJZHcgusOJl7ENSyumXh85z0TRV0xJorM2B/JL0kHOyigQluUG ZMLhENaG0bYatdrKP+3H91lvK050pXwnO/R7fB/FSTouki4ciIx5OuLlnJZIxSzx PqGl0mkxImLNbGWoi6Lto0LYxqHN2iQtzlwTVmq9733zd3XfcXrZ3+LblHAgEt5G TfNxEKJ8soPLyWmwDH6HWCnjZ/aIQRBTIQ05uVeEoYxSh6wOai7ss/KveoSNBbYz gbdzoqI2Y8cgH2nbfgp3DSasaLZEdCSsIsK1u05CinE7k2qZ7KgKAUIcT/cR/grk C6VwsnDU0OUCideXcQ8WeHutqvgZH1JgKDbznoIzeQHJD238GEu+eKhRHcz8/jeG 94zkcgJOz3KbZGYMiTh277Fvj9zzvZsbMBCedV1BTg3TqgvdX4bdkhf5cH+7NtWO lrFj6UwAsGukBTAOxC0l/dnSmZhJ7Z1KmEWilro/gOrjtOxqRQutlIqG22TaqoPG fYVN+en3Zwbt97kcgZDwqbuykNt64oZWc4XKCa3mprEGC3IbJTBFqglXmZ7l9ywG EEUJYOlb2XrSuPWml39beWdKM8kzr1OjnlOm6+lpTRCBfo0wa9F8YZRhHPAkwKkX XDeOGpWRj4ohOx0d2GWkyV5xyN14p2tQOCdOODmz80yUTgRpPVQUtOEhXQARAQAB tCFBV1MgQ0xJIFRlYW0gPGF3cy1jbGlAYW1hem9uLmNvbT6JAlQEEwEIAD4CGwMF CwkIBwIGFQoJCAsCBBYCAwECHgECF4AWIQT7Xbd/1cEYuAURraimMQrMRnJHXAUC ZMKcEgUJCSEf3QAKCRCmMQrMRnJHXCilD/4vior9J5tB+icri5WbDudS3ak/ve4q XS6ZLm5S8l+CBxy5aLQUlyFhuaaEHDC11fG78OduxatzeHENASYVo3mmKNwrCBza NJaeaWKLGQT0MKwBSP5aa3dva8P/4oUP9GsQn0uWoXwNDWfrMbNI8gn+jC/3MigW vD3fu6zCOWWLITNv2SJoQlwILmb/uGfha68o4iTBOvcftVRuao6DyqF+CrHX/0j0 klEDQFMY9M4tsYT7X8NWfI8Vmc89nzpvL9fwda44WwpKIw1FBZP8S0sgDx2xDsxv L8kM2GtOiH0cHqFO+V7xtTKZyloliDbJKhu80Kc+YC/TmozD8oeGU2rEFXfLegwS zT9N+jB38+dqaP9pRDsi45iGqyA8yavVBabpL0IQ9jU6eIV+kmcjIjcun/Uo8SjJ 0xQAsm41rxPaKV6vJUn10wVNuhSkKk8mzNOlSZwu7Hua6rdcCaGeB8uJ44AP3QzW BNnrjtoN6AlN0D2wFmfE/YL/rHPxU1XwPntubYB/t3rXFL7ENQOOQH0KVXgRCley sHMglg46c+nQLRzVTshjDjmtzvh9rcV9RKRoPetEggzCoD89veDA9jPR2Kw6RYkS XzYm2fEv16/HRNYt7hJzneFqRIjHW5qAgSs/bcaRWpAU/QQzzJPVKCQNr4y0weyg B8HCtGjfod0p1A== =gdMc -----END PGP PUBLIC KEY BLOCK-----

      参考までに、パブリックキーの詳細を以下に示します。

      Key ID: A6310ACC4672 Type: RSA Size: 4096/4096 Created: 2019-09-18 Expires: 2024-07-26 User ID: AWS CLI Team <aws-cli@amazon.com> Key fingerprint: FB5D B77F D5C1 18B8 0511 ADA8 A631 0ACC 4672 475C
    3. AWS CLI 次のコマンドで公開鍵をインポートし、作成した公開鍵のファイル名に置き換えますpublic-key-file-name

      $ gpg --import public-key-file-name gpg: /home/username/.gnupg/trustdb.gpg: trustdb created gpg: key A6310ACC4672475C: public key "AWS CLI Team <aws-cli@amazon.com>" imported gpg: Total number processed: 1 gpg: imported: 1
    4. AWS CLI ダウンロードしたパッケージの署名ファイルをダウンロードします。これは、対応する .zip ファイルと同じパスと名前を持っていますが、拡張子は .sig です。次の例では、現在のディレクトリに awscliv2.sig という名前のファイルとして保存します。

      Linux x86 (64-bit)

      の最新バージョンでは AWS CLI、以下のコマンドブロックを使用してください。

      $ curl -o awscliv2.sig https://awscli.amazonaws.com/awscli-exe-linux-x86_64.zip.sig

      AWS CLIの特定のバージョンでは、ファイル名にハイフンとバージョン番号を追加します。この例では、バージョン 2.0.30 のファイル名が awscli-exe-linux-x86_64-2.0.30.zip.sig になるため、コマンドは以下のようになります。

      $ curl -o awscliv2.sig https://awscli.amazonaws.com/awscli-exe-linux-x86_64-2.0.30.zip.sig

      バージョンのリストについては、バージョン 2 の Changelog on を参照してください。AWS CLIGitHub

      Linux ARM

      の最新バージョンについては AWS CLI、以下のコマンドブロックを使用してください

      $ curl -o awscliv2.sig https://awscli.amazonaws.com/awscli-exe-linux-aarch64.zip.sig

      AWS CLIの特定のバージョンでは、ファイル名にハイフンとバージョン番号を追加します。この例では、バージョン 2.0.30 のファイル名が awscli-exe-linux-aarch64-2.0.30.zip.sig になるため、コマンドは以下のようになります。

      $ curl -o awscliv2.sig https://awscli.amazonaws.com/awscli-exe-linux-aarch64-2.0.30.zip.sig

      バージョンのリストについては、バージョン 2 の Changelog on を参照してください。AWS CLIGitHub

    5. 署名を検証し、.sig ファイル名と .zip ファイル名の両方をパラメータとして gpg コマンドに渡します。

      $ gpg --verify awscliv2.sig awscliv2.zip

      出力は以下の例のようになります。

      gpg: Signature made Mon Nov 4 19:00:01 2019 PST gpg: using RSA key FB5D B77F D5C1 18B8 0511 ADA8 A631 0ACC 4672 475C gpg: Good signature from "AWS CLI Team <aws-cli@amazon.com>" [unknown] gpg: WARNING: This key is not certified with a trusted signature! gpg: There is no indication that the signature belongs to the owner. Primary key fingerprint: FB5D B77F D5C1 18B8 0511 ADA8 A631 0ACC 4672 475C
      重要

      出力内の警告は予想されており、問題を示すものではありません。これは、個人用 PGP 鍵 (もしあれば) と PGP 鍵の間に信頼の連鎖がないことが原因です。 AWS CLI 詳細については、「信用の輪 (Web of Trust)」を参照してください。

  3. インストーラを解凍します。Linux ディストリビューションに組み込み unzip コマンドがない場合は、同等のコマンドを使用して解凍します。次のコマンド例では、パッケージを解凍し、現在のディレクトリの下に aws という名前のディレクトリを作成します。

    $ unzip awscliv2.zip
    注記

    以前のバージョンからアップデートする場合、unzip コマンドでは、既存のファイルを上書きするように求められます。スクリプトのオートメーションなどでこのプロンプトをスキップする場合は、unzip-u 更新フラグを使用します。このフラグは、既存のファイルを自動的に更新し、必要に応じて新しいファイルを作成します。

    $ unzip -u awscliv2.zip
  4. インストールプログラムを実行します。インストールコマンドは、新しく解凍された install ディレクトリにある aws という名前のファイルを使用します。デフォルトでは、すべてのファイルが /usr/local/aws-cli にインストールされ、シンボリックリンクが /usr/local/bin に作成されます。コマンドには、これらのディレクトリへの書き込み権限を付与するための sudo が含まれます。

    $ sudo ./aws/install

    すでに書き込み権限を持つディレクトリを指定した場合は、sudo なしでインストールできます。次の install コマンド用の手順を使用して、インストール場所を指定します。

    • -i および -b パラメータに指定するパス内のボリューム名やディレクトリ名に、スペース文字などの空白文字が含まれないことを確認します。スペースが含まれていると、インストールは失敗します。

    • --install-dirまたは -i — このオプションは、すべてのファイルのコピー先ディレクトリを指定します。

      デフォルト値は /usr/local/aws-cli です。

    • --bin-dirまたは -b — このオプションは、インストールディレクトリのメインawsプログラムが、指定されたパスのファイルawsにシンボル的にリンクされることを指定します。指定したディレクトリへの書き込み権限が必要です。パスにすでに存在するディレクトリへのシンボリックリンクを作成すると、インストールディレクトリをユーザーの $PATH 変数に追加する必要がなくなります。

      デフォルト値は /usr/local/bin です。

    $ ./aws/install -i /usr/local/aws-cli -b /usr/local/bin
    注記

    の現在のインストールを更新するには AWS CLI、既存のシンボリックリンクとインストーラ情報を追加して、installパラメータを使用してコマンドを作成します。--update

    $ sudo ./aws/install --bin-dir /usr/local/bin --install-dir /usr/local/aws-cli --update

    既存のシンボリックリンクとインストールディレクトリを検索するには、次の手順に従います。

    1. which コマンドを使用して、シンボリックリンクを見つけます。これにより、--bin-dir パラメータで使用するパスが指定されます。

      $ which aws /usr/local/bin/aws
    2. ls コマンドを使用して、シンボリックリンクが指すディレクトリを見つけます。これにより、--install-dir パラメータで使用するパスが指定されます。

      $ ls -l /usr/local/bin/aws lrwxrwxrwx 1 ec2-user ec2-user 49 Oct 22 09:49 /usr/local/bin/aws -> /usr/local/aws-cli/v2/current/bin/aws
  5. 以下のコマンドを使用して、インストールを確認します。

    $ aws --version aws-cli/2.15.19 Python/3.11.6 Linux/5.10.205-195.807.amzn2.x86_64 botocore/2.4.5

    aws コマンドが見つからない場合は、端末を再起動するか、「AWS CLI エラーのトラブルシューティング」のトラブルシューティングに従ってください。

インストールと更新の要件

  • macOS バージョン 10.9 以降でサポートされています。 AWS CLI 詳しくは、AWS 開発者ツールブログのAWS CLI v2のmacOSサポートポリシーの更新」を参照してください。

  • AWS はサードパーティのリポジトリを管理していないため、最新バージョンのが格納されていることは保証できません。 AWS CLI

AWS CLIをインストールまたは更新する

最新バージョンに更新する場合は、現在のバージョンで使用したのと同じインストール方法を使用します。を macOS にインストールするには、次の方法があります。 AWS CLI

GUI installer

次の手順は、macOS AWS CLI の標準ユーザインターフェイスとブラウザを使用しての最新バージョンをインストールする方法を示しています。

  1. ブラウザで、macOS pkg ファイルをダウンロードします: https://awscli.amazonaws.com/AWSCLIV2.pkg

  2. ダウンロードしたファイルを実行し、その後は画面の指示に従います。 AWS CLI は次の方法でインストールできます。

    • コンピュータ上のすべてのユーザーが対象 (sudo が必要)

      • 任意のフォルダにインストールするか、推奨されるデフォルトのフォルダ /usr/local/aws-cli を選択できます。

      • インストーラによって、選択したインストールフォルダ内のメインプログラムにリンクするシンボリックリンクが /usr/local/bin/aws に自動的に作成されます。

    • 現在のユーザーのみが対象 (sudo は不要)

      • 書き込みアクセス許可がある任意のフォルダにインストールできます。

      • 標準のユーザー権限により、インストーラの完了後に、コマンドプロンプトで次のコマンドを使用して、aws および aws_completer プログラムを指すシンボリックリンクファイルを $PATH で手動で作成する必要があります。$PATH に書き込み可能なフォルダが含まれている場合、そのフォルダをターゲットのパスとして指定すると、sudo なしで以下のコマンドを実行できます。$PATH に書き込み可能なフォルダが含まれていない場合は、コマンドで sudo を使用して、指定したターゲットフォルダに対する書き込みアクセス許可を取得する必要があります。シンボリックリンクのデフォルトの場所は /usr/local/bin/ です。

        $ sudo ln -s /folder/installed/aws-cli/aws /usr/local/bin/aws $ sudo ln -s /folder/installed/aws-cli/aws_completer /usr/local/bin/aws_completer
    注記

    インストーラの任意の場所で Cmd + L キーを押すと、インストールのデバッグログを表示できます。これにより、ログをフィルター処理して保存できるログペインが開きます。また、ログファイルは /var/log/install.log に自動的に保存されます。

  3. シェルが aws$PATH コマンドを検索して実行できることを確認するには、次のコマンドを使用します。

    $ which aws /usr/local/bin/aws $ aws --version aws-cli/2.15.19 Python/3.11.6 Darwin/23.3.0 botocore/2.4.5

    aws コマンドが見つからない場合は、端末を再起動するか、「AWS CLI エラーのトラブルシューティング」のトラブルシューティングに従ってください。

Command line installer - All users

sudo アクセス許可がある場合は、コンピュータ上のすべてのユーザーを対象に AWS CLI をインストールできます。1 つの簡単な手順でグループのコピーと貼り付けができます。以下のステップの各行の説明を参照してください。

$ curl "https://awscli.amazonaws.com/AWSCLIV2.pkg" -o "AWSCLIV2.pkg" $ sudo installer -pkg AWSCLIV2.pkg -target /
ガイド付きインストール手順
  1. curl コマンドを使用して、ファイルをダウンロードします。-o オプションは、ダウンロードしたパッケージを書き込むファイル名を指定します。この例では、ファイルは現在のフォルダ内の AWSCLIV2.pkg に書き込まれます。

    $ curl "https://awscli.amazonaws.com/AWSCLIV2.pkg" -o "AWSCLIV2.pkg"
  2. ダウンロードした .pkg ファイルをソースとして指定して、標準の macOS installer プログラムを実行します。-pkg パラメータを使用して、インストールするパッケージの名前、およびパッケージをインストールするドライブの -target / パラメータを指定します。ファイルは /usr/local/aws-cli にインストールされ、シンボリックリンクが /usr/local/bin に自動的に作成されます。これらのフォルダに対する書き込みアクセス許可を付与するには、コマンドに sudo を含める必要があります。

    $ sudo installer -pkg ./AWSCLIV2.pkg -target /

    インストールが完了すると、デバッグログが /var/log/install.log に書き込まれます。

  3. シェルが aws$PATH コマンドを検索して実行できることを確認するには、次のコマンドを使用します。

    $ which aws /usr/local/bin/aws $ aws --version aws-cli/2.15.19 Python/3.11.6 Darwin/23.3.0 botocore/2.4.5

    aws コマンドが見つからない場合は、端末を再起動するか、「AWS CLI エラーのトラブルシューティング」のトラブルシューティングに従ってください。

Command line - Current user
  1. AWS CLI をインストールするフォルダを指定するには、任意のファイル名で XML ファイルを作成する必要があります。このファイルは、以下の例のような XML 形式のファイルです。すべての値は示されているままにします。ただし、9 行目のパス /Users/myusername を、 AWS CLI をインストールするフォルダへのパスに置き換える必要があります。フォルダはすでに存在している必要があります。存在しない場合、コマンドは失敗します。次の choices.xml という名前の XML 例では、/Users/myusernameをインストールするインストーラをフォルダに指定し、そこでという名前のフォルダを作成しますaws-cli。 AWS CLI

    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <!DOCTYPE plist PUBLIC "-//Apple//DTD PLIST 1.0//EN" "http://www.apple.com/DTDs/PropertyList-1.0.dtd"> <plist version="1.0"> <array> <dict> <key>choiceAttribute</key> <string>customLocation</string> <key>attributeSetting</key> <string>/Users/myusername</string> <key>choiceIdentifier</key> <string>default</string> </dict> </array> </plist>
  2. curl コマンドを使用して pkg インストーラをダウンロードします。-o オプションは、ダウンロードしたパッケージを書き込むファイル名を指定します。この例では、ファイルは現在のフォルダ内の AWSCLIV2.pkg に書き込まれます。

    $ curl "https://awscli.amazonaws.com/AWSCLIV2.pkg" -o "AWSCLIV2.pkg"
  3. 以下のオプションを使用して、標準の macOS installer プログラムを実行できます。

    • -pkg パラメータで、インストールするパッケージの名前を指定します。

    • -target パラメータを CurrentUserHomeDirectory に設定して、現在のユーザーのみへのインストールを指定します。

    • -applyChoiceChangesXML パラメータで作成した XML ファイルのパス (現在のフォルダへの相対パス) と名前を指定します。

    次の例では、 AWS CLI /Users/myusername/aws-cliをフォルダーにインストールします。

    $ installer -pkg AWSCLIV2.pkg \ -target CurrentUserHomeDirectory \ -applyChoiceChangesXML choices.xml
  4. 通常、標準のユーザーアクセス許可では $PATH 内のフォルダへの書き込みが許可されないため、このモードのインストーラは aws および aws_completer プログラムにシンボリックリンクを追加しようとしません。 AWS CLI を正常に実行するには、インストーラーの終了後にシンボリックリンクを手動で作成する必要があります。$PATH に書き込み可能なフォルダが含まれていて、そのフォルダをターゲットのパスとして指定すると、sudo なしで以下のコマンドを実行できます。$PATH に書き込み可能なフォルダが含まれていない場合は、sudo を使用して、指定したターゲットフォルダに対する書き込みアクセス許可を取得する必要があります。シンボリックリンクのデフォルトの場所は /usr/local/bin/ です。folder/installed を、 AWS CLI のインストールへのパスに置き換えます。

    $ sudo ln -s /folder/installed/aws-cli/aws /usr/local/bin/aws $ sudo ln -s /folder/installed/aws-cli/aws_completer /usr/local/bin/aws_completer

    インストールが完了すると、デバッグログが /var/log/install.log に書き込まれます。

  5. シェルが aws$PATH コマンドを検索して実行できることを確認するには、次のコマンドを使用します。

    $ which aws /usr/local/bin/aws $ aws --version aws-cli/2.15.19 Python/3.11.6 Darwin/23.3.0 botocore/2.4.5

    aws コマンドが見つからない場合は、端末を再起動するか、「AWS CLI エラーのトラブルシューティング」のトラブルシューティングに従ってください。

インストールと更新の要件

  • AWS CLI マイクロソフトがサポートするバージョンの 64 ビット Windows でサポートされています。

  • ソフトウェアをインストールするための管理者権限

AWS CLIをインストールまたは更新する

AWS CLI 現在インストールされている Windows を更新するには、更新するたびに新しいインストーラーをダウンロードし、以前のバージョンを上書きします。 AWS CLI は定期的に更新されます。最新バージョンがいつリリースされたかを確認するには、AWS CLI バージョン 2 の変更履歴を参照してくださいGitHub

  1. Windows (64 ビット) 用 AWS CLI MSI インストーラーをダウンロードして実行します。

    https://awscli.amazonaws.com/ 2.msi AWSCLIV

    または、MSI インストーラを実行するのに、msiexec コマンドを実行できます。

    C:\> msiexec.exe /i https://awscli.amazonaws.com/AWSCLIV2.msi

    msiexec で使用できるさまざまなパラメータについては、Microsoft Docs ウェブサイトの msiexec を参照してください。例えば、/qn フラグを使用してサイレントインストールを行うことができます。

    C:\> msiexec.exe /i https://awscli.amazonaws.com/AWSCLIV2.msi /qn
  2. インストールを確認するには、[スタート] メニューを開き、cmd を検索してコマンドプロンプトウィンドウを開いて、コマンドプロンプトで aws --version コマンドを使用します。

    C:\> aws --version aws-cli/2.15.19 Python/3.11.6 Windows/10 exe/AMD64 prompt/off

    Windows がプログラムを見つけることができない場合、パスを更新するためにコマンドプロンプトウィンドウを閉じて再度開くか、「AWS CLI エラーのトラブルシューティング」のトラブルシューティングに従ってください。

AWS CLI インストールエラーとアンインストールエラーのトラブルシューティング

をインストールまたはアンインストールした後に問題が発生した場合は AWS CLI、AWS CLI エラーのトラブルシューティングトラブルシューティングの手順についてを参照してください。最も関連性の高いトラブルシューティングステップについては、「コマンドが見つからないエラー」、「「aws --version」コマンドが、インストールしたのとは異なるバージョンを返す」、および「AWS CLI のアンインストール後に、「aws --version」コマンドがバージョンを返す」を参照してください。

次のステップ

を正常にインストールしたら AWS CLI、ダウンロードしたインストーラファイルを安全に削除できます。AWS CLI バージョン 2 を使用するための前提条件の手順を完了してインストールしたら AWS CLI、を実行する必要がありますをセットアップする AWS CLI