AWS Command Line Interface
ユーザーガイド

EC2 キーペアの作成、表示、および削除

AWS CLI を使用して、Amazon EC2 のキーペアを作成、表示、および削除することができます。キーペアは、Amazon EC2 インスタンスに接続するときに使用します。インスタンスを作成するときに EC2 にキーペアを指定する必要があり、インスタンスに接続するときには、そのキーペアを使用して認証する必要があります。

注記

下の例では、デフォルトの認証情報を設定済みであることを想定しています。

キーペアを作成する

キーペアを作成するには、create-key-pair コマンドを --query オプションおよび --output text オプションとともに使用して、プライベートキーをファイルに直接パイプします。

aws ec2 create-key-pair --key-name MyKeyPair --query 'KeyMaterial' --output text > MyKeyPair.pem

Windows PowerShell の場合は、> file リダイレクトはデフォルトで UTF-8 エンコードされます。これは一部の SSH クライアントでは使用できません。そのため、出力を out-file コマンドにパイプすることによって変換し、エンコードを ascii に明示的に設定する必要があります。

PS C:\>aws ec2 create-key-pair --key-name MyKeyPair --query 'KeyMaterial' --output text | out-file -encoding ascii -filepath MyKeyPair.pem

結果として得られる MyKeyPair.pem ファイルは、次のようになります。

-----BEGIN RSA PRIVATE KEY----- EXAMPLEKEYKCAQEAy7WZhaDsrA1W3mRlQtvhwyORRX8gnxgDAfRt/gx42kWXsT4rXE/b5CpSgie/ vBoU7jLxx92pNHoFnByP+Dc21eyyz6CvjTmWA0JwfWiW5/akH7iO5dSrvC7dQkW2duV5QuUdE0QW Z/aNxMniGQE6XAgfwlnXVBwrerrQo+ZWQeqiUwwMkuEbLeJFLhMCvYURpUMSC1oehm449ilx9X1F G50TCFeOzfl8dqqCP6GzbPaIjiU19xX/azOR9V+tpUOzEL+wmXnZt3/nHPQ5xvD2OJH67km6SuPW oPzev/D8V+x4+bHthfSjR9Y7DvQFjfBVwHXigBdtZcU2/wei8D/HYwIDAQABAoIBAGZ1kaEvnrqu /uler7vgIn5m7lN5LKw4hJLAIW6tUT/fzvtcHK0SkbQCQXuriHmQ2MQyJX/0kn2NfjLV/ufGxbL1 mb5qwMGUnEpJaZD6QSSs3kICLwWUYUiGfc0uiSbmJoap/GTLU0W5Mfcv36PaBUNy5p53V6G7hXb2 bahyWyJNfjLe4M86yd2YK3V2CmK+X/BOsShnJ36+hjrXPPWmV3N9zEmCdJjA+K15DYmhm/tJWSD9 81oGk9TopEp7CkIfatEATyyZiVqoRq6k64iuM9JkA3OzdXzMQexXVJ1TLZVEH0E7bhlY9d8O1ozR oQs/FiZNAx2iijCWyv0lpjE73+kCgYEA9mZtyhkHkFDpwrSM1APaL8oNAbbjwEy7Z5Mqfql+lIp1 YkriL0DbLXlvRAH+yHPRit2hHOjtUNZh4Axv+cpg09qbUI3+43eEy24B7G/Uh+GTfbjsXsOxQx/x p9otyVwc7hsQ5TA5PZb+mvkJ5OBEKzet9XcKwONBYELGhnEPe7cCgYEA06Vgov6YHleHui9kHuws ayav0elc5zkxjF9nfHFJRry21R1trw2Vdpn+9g481URrpzWVOEihvm+xTtmaZlSp//lkq75XDwnU WA8gkn6O3QE3fq2yN98BURsAKdJfJ5RL1HvGQvTe10HLYYXpJnEkHv+Unl2ajLivWUt5pbBrKbUC gYBjbO+OZk0sCcpZ29sbzjYjpIddErySIyRX5gV2uNQwAjLdp9PfN295yQ+BxMBXiIycWVQiw0bH oMo7yykABY7Ozd5wQewBQ4AdSlWSX4nGDtsiFxWiI5sKuAAeOCbTosy1s8w8fxoJ5Tz1sdoxNeGs Arq6Wv/G16zQuAE9zK9vvwKBgF+09VI/1wJBirsDGz9whVWfFPrTkJNvJZzYt69qezxlsjgFKshy WBhd4xHZtmCqpBPlAymEjr/TOlbxyARmXMnIOWIAnNXMGB4KGSyl1mzSVAoQ+fqR+cJ3d0dyPl1j jjb0Ed/NY8frlNDxAVHE8BSkdsx2f6ELEyBKJSRr9snRAoGAMrTwYneXzvTskF/S5Fyu0iOegLDa NWUH38v/nDCgEpIXD5Hn3qAEcju1IjmbwlvtW+nY2jVhv7UGd8MjwUTNGItdb6nsYqM2asrnF3qS VRkAKKKYeGjkpUfVTrW0YFjXkfcrR/V+QFL5OndHAKJXjW7a4ejJLncTzmZSpYzwApc= -----END RSA PRIVATE KEY-----

プライベートキーは AWS に保存されず、作成時にのみ取得できます。後で回復することはできません。代わりに、プライベートキーを紛失した場合は、新しいキーペアを作成する必要があります。

Linux コンピュータからインスタンスに接続している場合は、他のユーザーが読み取れないように、次のコマンドを使用してプライベートキーファイルのアクセス許可を設定することをお勧めします。

chmod 400 MyKeyPair.pem

キーペアの表示

「フィンガープリント」はキーペアから生成され、これを使用して、ローカルコンピュータにあるプライベートキーが、AWS に格納されているパブリックキーと一致することを確認できます。フィンガープリントは、DER でエンコードされたプライベートキーのコピーから取得される SHA1 ハッシュです。この値はキーペアの作成時にキャプチャされて、パブリックキーとともに AWS に格納されます。フィンガープリントは Amazon EC2 マネジメントコンソールで、または CLI コマンド aws ec2 describe-key-pairs を実行することによって表示できます。次の例は、MyKeyPair のフィンガープリントを表示します。

aws ec2 describe-key-pairs --key-name MyKeyPair { "KeyPairs": [ { "KeyName": "MyKeyPair", "KeyFingerprint": "1f:51:ae:28:bf:89:e9:d8:1f:25:5d:37:2d:7d:b8:ca:9f:f5:f1:6f" } ] }

キーとフィンガープリントの詳細については、Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイド の「Amazon EC2 キーペア」を参照してください。

キーペアの削除

キーペアを削除するには、MyKeyPair を削除するペアの名前に置き換えて、次のコマンドを実行します。

aws ec2 delete-key-pair --key-name MyKeyPair