AWS CLI のインストール、更新、アンインストール - AWS Command Line Interface

このドキュメントは、のバージョン 1 AWS CLI のみを対象としています。のバージョン 2 に関連するマニュアルについては AWS CLI、『バージョン 2 ユーザーガイド』を参照してください。

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS CLI のインストール、更新、アンインストール

このトピックでは、AWS Command Line Interface(AWS CLI) の元のバージョンのインストール、更新、アンインストール方法へのリンクを提供します。AWS CLI バージョン 1 は現在サポートされていますが、AWS CLI バージョン 2 で追加された新機能は、AWS CLI バージョン 1 には追加されない可能性があります。これらの機能を使用するには、AWS CLI バージョン 2 をインストールする必要があります。バージョン 2 のインストールの詳細については、「AWS CLI バージョン 2 のインストール」を参照してください。

AWS CLI のインストール、更新、アンインストール手順:

Python バージョンの要件

AWS CLI バージョン 1 は Python SDK を使用して構築されるため、互換性のあるバージョンの Python をインストールする必要があります。

Python バージョンのサポートマトリックス
AWS CLI バージョン サポートされている Python のバージョン
1.32.0 – 最新 Python 3.8 以上
1.27.0 – 1.31.x Python 3.7 以上
1.20.0 – 1.26.x Python 3.6 以上
1.19.0 – 1.19.x Python 2.7 以上、Python 3.6 以上
1.17 — 1.18.x Python 2.7 以上、Python 3.4 以上
1.0 — 1.16.x Python 2.6 以上、Python 3.3 以上

AWS CLI の最新リリースについては、GitHub の「AWS CLI version 2 Changelog」を参照してください。