AWS Cloud9統合開発環境 (IDE) における AWS CodePipeline の使用 - AWS Cloud9

AWS Cloud9統合開発環境 (IDE) における AWS CodePipeline の使用

AWS Cloud9 IDE を使用して、AWS CodePipeline と互換性のあるリポジトリのソースコードを操作できます。

CodePipeline は、ソフトウェアおよびそれに対する継続的な変更をリリースするために必要なステップのモデル化、視覚化、およびオートメーションに使用できる継続的な配信サービスです。CodePipeline を使用して、ソフトウェアリリースプロセスのさまざまなステージをすばやくモデル化して設定できます。詳細については、AWS CodePipeline ユーザーガイドを参照してください。

注記

この手順を完了すると、AWS アカウントに料金が発生する可能性があります。これらには、Amazon EC2、CodePipeline、Amazon S3、および CodePipeline でサポートされている AWS サービスなどのサービスに対して発生する可能性がある料金が含まれています。詳細については、「Amazon EC2 料金表」、「AWS CodePipeline料金表」、「Amazon S3 料金表」、および「クラウドサービス料金表」を参照してください。

AWS CodeStar はパイプラインに加えて、プロジェクトテンプレート、ダッシュボード、チームなどの追加機能を提供します。CodePipeline ではなく AWS CodeStar を使用するには、このトピックの残りをスキップして、「AWS CodeCommit プロジェクトを使用する」を参照してください。

ステップ 1: ソースコードリポジトリを作成または識別する

このステップでは、CodePipeline と互換性があるソースコードリポジトリを作成または識別します。

このトピックの後半では、ソフトウェアのソースコードをそのリポジトリにアップロードします。CodePipeline は、同様に作成した関連パイプラインを使用して、そのリポジトリにアップロードされたソースコードを構築、テスト、デプロイします。

ソースコードリポジトリは、CodePipelineがサポートする次のリポジトリタイプの一つである必要があります。

ステップ 2: AWS Cloud9 開発環境を作成してコードリポジトリに接続し、コードをアップロードする

このステップでは、AWS Cloud9 コンソールのAWS Cloud9 開発環境を作成します。次に CodePipeline が使用するリポジトリに環境を接続します。最後に、環境の AWS Cloud9 IDE を使用して、リポジトリにソースコードをアップロードします。

環境を作成するには、「環境を作成する」の指示に従ってから、このトピックに戻ります。(環境がすでに作成されている場合は、それを使用することができます。 新しく作成する必要はありません。)

環境をリポジトリに接続し、その後ソースコードをリポジトリにアップロードしていない場合にアップロードするには、次の一連の手順のいずれかを使用します。選択するセットはソースコードを保存するリポジトリのタイプによって異なります。

Repository type Instructions

CodeCommit

AWS CodeCommit サンプル」の指示に従います。

Amazon S3

  • AWS CLI および aws-shell のサンプル」に説明されているとおり、環境内に AWS CLI または aws-shell をインストールおよび設定します。

  • ソースコードをバケットにアップロードするには、 環境の AWS CLI または aws-shell を使用して aws s3 cp コマンドを実行します。(aws-shell の場合はコマンドから aws を削除できます。)

GitHub

GitHub でホストされているリポジトリをクローンし、Git パネルインターフェイスを使って操作できます。

環境をリポジトリに接続すると、AWS Cloud9 IDE からリポジトリにソースコードの各変更をプッシュするといつでも、 CodePipeline が自動的に関連パイプラインを通じて送信されて、構築、テスト、デプロイされます。関連パイプラインはこのトピックの後半で作成します。

ステップ 3: AWS CodePipeline を使用準備する

このステップでは、特定の AWS マネージドポリシーを IAM グループ (「チームセットアップ」で作成または特定したグループ) に添付します。これにより、グループのユーザーによる CodePipeline でのパイプラインの作成および使用が有効になります。

前に CodePipeline を使用したことがある場合は、ステップ 4: AWS CodePipeline でパイプラインを作成するに進んでください。

このステップでは、AWS CodePipeline ユーザーガイドにあるステップ 3: IAM マネージドポリシーを使用して IAM ユーザーへ AWS CodePipeline 許可を割り当てるの指示に従ってから、このトピックに戻ります。

ステップ 4: AWS CodePipeline でパイプラインを作成する

このステップでは、このトピックの前半で作成または識別したリポジトリを使用する CodePipeline でパイプラインを作成します。

このステップでは、AWS CodePipelineユーザーガイド「AWS CodePipelineでパイプラインを作成するA」の指示に従います。

パイプラインが作成された後、 CodePipeline はリポジトリのソースコードの現行バージョンを、構築、テスト、デプロイするため、パイプラインを通して送信します。次に、AWS Cloud9 IDE からリポジトリにソースコードの変更をプッシュするたびに、CodePipeline によって各変更はパイプラインを通じて送信され、構築、テスト、デプロイされます。

パイプラインを表示するには、AWS CodePipeline ユーザーガイド における AWS CodePipeline でパイプラインの詳細と履歴 の指示Aに従います。