AWS Cloud9 の Python チュートリアル - AWS Cloud9

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS Cloud9 の Python チュートリアル

このチュートリアルでは、AWS Cloud9 開発環境で Python コードを実行する方法を示します。

このチュートリアルを完了すると、AWS アカウントに料金が発生する可能性があります。これには、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) や Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) などのサービスに対する料金が含まれます。詳細については、「Amazon EC2 料金表」および「Amazon S3 料金表」を参照してください。

Prerequisites

このチュートリアルを使用する前に、以下の前提条件を満たしていることを確認します。

  • AWS Cloud9 EC2 開発環境がある

    このチュートリアルでは、EC2 環境があり、その環境が Amazon Linux または Ubuntu Server を実行する Amazon EC2 インスタンスに接続されていることを前提としています。詳細については、「EC2 環境の作成」を参照してください。

    別のタイプの環境またはオペレーティングシステムがある場合は、このチュートリアルの手順の調整が必要になる場合があります。

  • この環境に対する AWS Cloud9 IDE が開かれました。

    環境を開くと、AWS Cloud9 によって、その環境の IDE がウェブブラウザで開かれます。詳細については、「AWS Cloud9 で環境を開く」を参照してください。

ステップ 1: Python のインストール

  1. AWS Cloud9 IDE のターミナルセッションで、Python がインストール済みであるかどうか確認します。 python3 --version コマンド。(新しいターミナルセッションを開始するには、メニューバーで、[Window (ウィンドウ)]、[New Terminal (新しいターミナル)] の順に選択します。) Python がインストール済みである場合は、ステップ 2: コードの追加 に進んでください。

  2. を実行 yum update(Amazon Linux) またはapt update(Ubuntu Server) コマンドを使用して、最新のセキュリティ更新プログラムおよびバグ修正がインストールされていることを確認します。

    Amazon Linux の場合:

    sudo yum -y update

    Ubuntu Server の場合:

    sudo apt update
  3. Python をインストールするには、 install コマンド。

    Amazon Linux の場合:

    sudo yum -y install python3

    Ubuntu Server の場合:

    sudo apt-get install python3

ステップ 2: コードの追加

AWS Cloud9 IDE で、以下の内容のファイルを作成し、という名前で保存します。hello.py。(ファイルを作成するには、メニューバーでファイルNew File (新しいファイル)。 ファイルを保存するには、ファイル保存。)

import sys print('Hello, World!') print('The sum of 2 and 3 is 5.') sum = int(sys.argv[1]) + int(sys.argv[2]) print('The sum of {0} and {1} is {2}.'.format(sys.argv[1], sys.argv[2], sum))

ステップ 3: コードの実行

  1. AWS Cloud9 IDE のメニューバーでRun実行設定新しい実行設定

  2. リポジトリの [][新規]-停止中タブで、次のように入力します。hello.py 5 9forコマンド。コードでは、5表すsys.argv[1], および9表すsys.argv[2]

  3. [Run (実行)] を選択して、出力を比較します。

    Hello, World! The sum of 2 and 3 is 5. The sum of 5 and 9 is 14.
  4. デフォルトでは、AWS Cloud9 はコードのランナーを自動的に選択します。ランナーを変更するには、[Runner (ランナー)] を選択し、[Python 2] または [Python 3] を選択します。

    注記

    特定のバージョンの Python 用にカスタムランナーを作成できます。詳細については、「ビルダーまたはランナーを作成する」を参照してください。

ステップ 4: AWS SDK for Python (Boto3) をインストールして設定する

AWS SDK for Python (Boto3) を使用すると、Python コードを使用して Amazon S3 などの AWS サービスとやり取りできます。たとえば、SDK を使用して Amazon S3 バケットを作成し、使用可能なバケットの一覧を表示した後、作成したバケットを削除できます。

pip をインストールします。

AWS Cloud9 IDE で、pipを実行することにより、Python のアクティブなバージョン用に既にインストールされている python -m pip --version コマンド。pip がインストール済みである場合は、次のセクションに進みます。

次のコマンドを実行して pip をインストールします。sudo の環境はユーザーの環境と異なるため、使用する Python のバージョンが現在のエイリアスバージョンと異なる場合は、バージョンを指定する必要があります。

curl -O https://bootstrap.pypa.io/get-pip.py # Get the install script. sudo python36 get-pip.py # Install pip for Python 3.6. python -m pip --version # Verify pip is installed. rm get-pip.py # Delete the install script.

詳細については、「」を参照してください。インストール] のpipウェブサイト.

AWS SDK for Python (Boto3) をインストールします。

インストール後pipで、AWS SDK for Python (Boto3) をインストールします。 pip install コマンド。

sudo python36 -m pip install boto3 # Install boto3 for Python 3.6. python -m pip show boto3 # Verify boto3 is installed for the current version of Python.

詳細については、の「インストール」セクションを参照してください。クイックスタートAWS SDK for Python (Boto3)。

環境での認証情報の設定

AWS SDK for Python (Boto3) を使用して AWS サービスを呼び出すたびに、呼び出しとともに一連の認証情報を指定する必要があります。これらの認証情報により、呼び出しに必要なアクセス許可が SDK にあるかどうかを判断します。認証情報に必要なアクセス許可がない場合、呼び出しは失敗します。

認証情報を環境に保存するには、の手順に従います。AWS Cloud9 の環境から AWS のサービスを呼び出す9をクリックして、このトピックに戻ります。

詳細については、「」を参照してください。認証情報AWS SDK for Python (Boto3)。

ステップ 5: AWS SDK c の追加ode

Amazon S3 を使用してバケットを作成し、使用可能なバケットの一覧を表示して、必要に応じて作成したバケットを削除するコードを追加します。

AWS Cloud9 IDE で、以下の内容のファイルを作成し、という名前で保存します。s3.py

import sys import boto3 from botocore.exceptions import ClientError def get_s3(region=None): """ Get a Boto 3 Amazon S3 resource with a specific AWS Region or with your default AWS Region. """ return boto3.resource('s3', region_name=region) if region else boto3.resource('s3') def list_my_buckets(s3): print('Buckets:\n\t', *[b.name for b in s3.buckets.all()], sep="\n\t") def create_and_delete_my_bucket(bucket_name, region, keep_bucket): s3 = get_s3(region) list_my_buckets(s3) try: print('\nCreating new bucket:', bucket_name) bucket = s3.create_bucket( Bucket=bucket_name, CreateBucketConfiguration={ 'LocationConstraint': region } ) except ClientError as e: print(e) sys.exit('Exiting the script because bucket creation failed.') bucket.wait_until_exists() list_my_buckets(s3) if not keep_bucket: print('\nDeleting bucket:', bucket.name) bucket.delete() bucket.wait_until_not_exists() list_my_buckets(s3) else: print('\nKeeping bucket:', bucket.name) def main(): import argparse parser = argparse.ArgumentParser() parser.add_argument('bucket_name', help='The name of the bucket to create.') parser.add_argument('region', help='The region in which to create your bucket.') parser.add_argument('--keep_bucket', help='Keeps the created bucket. When not ' 'specified, the bucket is deleted ' 'at the end of the demo.', action='store_true') args = parser.parse_args() create_and_delete_my_bucket(args.bucket_name, args.region, args.keep_bucket) if __name__ == '__main__': main()

手順 6: AWS SDK コードの実行

  1. メニューバーで、[Run (実行)]、[Run Configurations (実行設定)]、[New Run Configuration (新しい実行設定)] の順に選択します。

  2. を使用する場合コマンドで、と入力します。s3.py my-test-bucket us-west-2となる。ここで、my-test-bucketは作成するバケットの名前です。us-west-2はバケットを作成する AWS リージョンの ID です。デフォルトでは、バケットはスクリプトが終了する前に削除されます。バケットを保持するには、コマンドに --keep_bucket を追加します。AWS リージョン ID の一覧については、「」を参照してください。Amazon Simple Storage Service エンドポイントとクォータ()AWS 全般のリファレンス

    注記

    Amazon S3 バケット名は AWS アカウントで一意であるだけでなく、AWS で一意である必要があります。

  3. [Run (実行)] を選択して、出力を比較します。

    Buckets: a-pre-existing-bucket Creating new bucket: my-test-bucket Buckets: a-pre-existing-bucket my-test-bucket Deleting bucket: my-test-bucket Buckets: a-pre-existing-bucket

ステップ 7: クリーンアップ

このチュートリアルを完了した後 AWS アカウントで料金が継続的に発生するのを防ぐには、AWS Cloud9 環境を削除します。手順については、「AWS Cloud9」を参照してください。