EC2 環境の作成 - AWS Cloud9

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

EC2 環境の作成

注記

この手順を完了すると、AWS アカウントに料金が発生する可能性があります。Amazon EC2 に対して発生する可能性がある料金も含まれます。詳細については、「Amazon EC2 の料金表」を参照してください。

この手順では、AWS Cloud9は EC2 環境を作成し、新しい Amazon EC2 インスタンスを作成した後、この新しく作成されたインスタンスに環境を接続します。AWS Cloud9は、必要に応じてインスタンスの起動、停止、再起動など、このインスタンスのライフサイクルを管理します。この環境を一度削除するとAWS Cloud9このインスタンスはで自動的に削除されます。

作成することができますAWS Cloud9EC2 開発環境とAWS Cloud9consoleまたはコード

Prerequisites

「」の各ステップを実行します。AWS Cloud9 のセットアップにサインインできるようにしておきます。AWS Cloud9コンソールを作成し、環境を作成します。

コンソールを使用した EC2 環境の作成

  1. にサインインします。AWS Cloud9コンソール:

    • あなたがAWSアカウント、または単一の IAM ユーザーであるAWSアカウントについては、https://console.aws.amazon.com/cloud9/

    • お客様の組織がAWS Single Sign-On(AWS SSO)、AWSサインイン手順については、アカウント管理者にお問い合わせください。

    • 使用している OSAWSStarter アカウントの教育については、「」を参照してくださいの使用AWSStarter アカウントを教育してサインインするAWS Cloud9console個別の学生登録

    • 教室内の学生である場合は、サインインの手順についてインストラクターにお問い合わせください。

  2. にサインインしてからAWS Cloud9コンソールの上部のナビゲーションバーで、AWS環境を作成するリージョン。使用可能なのリストについてはAWSリージョン、」AWS Cloud9()AWSの全般的なリファレンス

    
                AWSの  リージョンセレクターAWS Cloud9console
  3. Large環境を作成するボタンを、表示されている場所のいずれかでクリックします。

    あなたが持っていない場合AWS Cloud9環境がまだ場合、このボタンはウェルカムページに表示されます。

    
                [ようこそ] ページAWS Cloud9console

    を既に持っている場合AWS Cloud9環境で、このボタンは以下のように表示されます。

    
                環境の作成ボタンAWS Cloud9console
  4. リポジトリの []環境名ページで、名前に、環境の名前を入力します。

  5. 環境に説明を追加するには、[説明

  6. [Next step] を選択します。

  7. リポジトリの []設定の構成ページで、環境タイプでは、次のいずれかのオプションを選択して EC2 Backed 環境を作成します。

    • 環境用に新しい EC2 インスタンスを作成します。(直接アクセス)— Amazon EC2 インスタンスを起動するAWS Cloud9は SSH 経由で直接接続できます。

    • 環境用の新しい入力なしEC2インスタンスを作成する(Systems Manager 経由でアクセスする)— オープンなインバウンドポートを必要としない Amazon EC2 インスタンスを起動します。AWS Cloud9を介してインスタンスに接続するAWS Systems Manager

      • [Systems Manager からアクセスオプションを使用すると、サービスロールと IAM インスタンスプロファイルが自動的に作成され、Systems Manager がユーザーに代わって EC2 インスタンスと対話できるようになります。両方の名前は、[Systems Manager アクセス用のサービスロールとインスタンスプロファイルセクションをインターフェイスのさらに下に移動します。詳細については、「進入しない EC2 インスタンスへのアクセスAWSSystems Manager」を参照してください。

    警告

    環境用の EC2 インスタンスを作成すると、AWSAmazon EC2 のアカウント。Systems Manager を使用して EC2 インスタンスへの接続を管理する場合、追加料金はかかりません。

  8. [Instance type (インスタンスタイプ)] で、実行するタスクの種類に必要と思われる容量の RAM および vCPU を備えたインスタンスタイプを選択します。

    警告

    よりサイズの RAM および vCPUs を備えたインスタンスタイプを選択すると、AWSAmazon EC2 のアカウント。

  9. を使用する場合プラットフォームで、目的の Amazon EC2 インスタンスのタイプを選択します。Amazon Linux 2,Amazon Linux, またはUbuntu。AWS Cloud9によってインスタンスが作成され、環境がインスタンスに接続されます。

    重要

    選択することをお勧めします。Amazon Linux 2オプションを使用します。Amazon Linux 2 AMI には、安全で安定した、高性能なランタイム環境を提供するだけでなく、2023 年までの長期サポートも含まれています。

    以前のバージョンの Amazon Linux AMI に対する標準サポートは、2020 年 12 月 31 日に終了しました。現在、このバージョンはメンテナンスサポートのみを受けています。詳細については、「」を参照してください。Amazon Linux 2 ページ

  10. [コスト削減のセットアップ] で、値を選択します。環境の IDE に接続されているすべてのウェブブラウザインスタンスが閉じられると、AWS Cloud9は指定された時間を待機し、環境の Amazon EC2 インスタンスをシャットダウンします。

    警告

    期間が長いほど、AWS アカウントに対する課金が増加する可能性が高くなります。

  11. [Network settings (advanced) (ネットワーク設定 (高度))] を展開します。

  12. AWS Cloud9は、Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) を使用して、新しく作成された Amazon EC2 インスタンスと通信します。Amazon VPC の設定方法に応じて、次のいずれかの手順を実行します。

    何を選択すればいいのかわからない場合、この手順の次のステップまでスキップすることをお勧めします。

    過去をスキップするとネットワーク設定 (高度)を選択し、あらかじめ選択されたデフォルト設定のままにします。AWS Cloud9は、デフォルト VPC とその単一のサブネットと同じAWSアカウントとAWS新しい環境としてのリージョン。

    重要

    あなたが選択した場合環境用の新しい入力なしEC2インスタンスを作成する(Systems Manager 経由でアクセスする)では、パブリックサブネットまたはプライベートサブネット内でインスタンスを起動できます。

    • パブリックサブネット: インターネットゲートウェイをアタッチして、インスタンス SSM エージェントが Systems Manager と通信できるようにします。

    • プライベートサブネット: NAT ゲートウェイを作成して、インスタンスがインターネットやその他の通信できるようにするAWSのサービス。

    また、現在、使用できないことに注意する必要があります。AWS管理の一時認証情報を使用して、EC2 環境がAWSサービスを代理してAWSエンティティ(IAM ユーザーなど)。

    サブネットの構成の詳細については、「」を参照してください。の VPC の設定AWS Cloud9開発環境

    DoesAWSアカウントは Amazon VPC にアクセスできる VPC は同じAWSアカウントとAWS新しい環境としての地域 VPC は、のデフォルト VPC であるAWSアカウント? VPC 内に単一のサブネットがある 以下の手順に従います。

    いいえ

    VPC が存在しない場合は、作成してください。

    同じで VPC を作成するにはAWSアカウントとAWSリージョンを新しい環境として、新しい VPC を作成する] をクリックし、画面の指示に従います。詳細については、「Amazon VPC の作成AWS Cloud9」を参照してください。

    別の VPC を作成するにはAWSアカウントを、新しい環境よりも追加する方法については、共有 VPC の使用()Amazon VPC ユーザーガイド

    はい

    はい

    はい

    はい

    この手順の次のステップにスキップします。

    過去をスキップするとネットワーク設定 (高度)事前に選択されたデフォルト設定を変更しない場合はAWS Cloud9は、新しい環境と同じアカウントおよびリージョンにある単一のサブネットを持つデフォルト VPC を使用しようとします。

    はい

    はい

    はい

    いいえ

    デフォルト VPC に複数のサブネットがある場合は、[Network settings (advanced) (ネットワーク設定 (高度))] を展開します。[Subnet (サブネット)] で、AWS Cloud9 で使用する、事前に選択されたデフォルト VPC のサブネットを選択します。

    デフォルト VPC にサブネットがない場合は、サブネットを作成します。これを行うには、[Create new subnet (新しいサブネットの作成)] を選択し、画面の指示に従います。詳細については、「作成のサブネットAWS Cloud9」を参照してください。

    はい

    はい

    いいえ

    はい

    [Network settings (ネットワーク設定)] を展開します。[Network (VPC) (ネットワーク (VPC))] で、AWS Cloud9 が使用する VPC を選択します。

    はい

    はい

    いいえ

    いいえ

    [Network settings (ネットワーク設定)] を展開します。[Network (VPC) (ネットワーク (VPC))] で、AWS Cloud9 が使用する VPC を選択します。

    選択した VPC に複数のサブネットがある場合は、[Network settings (advanced) (ネットワーク設定 (高度))] を展開します。[Subnet (サブネット)] で、選択した VPC で AWS Cloud9 が使用するサブネットを選択します。

    選択した VPC にサブネットがない場合は、サブネットを作成します。これを行うには、[Create new subnet (新しいサブネットの作成)] を選択し、画面の指示に従います。詳細については、「作成のサブネットAWS Cloud9」を参照してください。

    はい

    いいえ

    はい

    AWS Cloud9でデフォルト VPC を使用できないAWSアカウントとは異なるAWS新しい環境のアカウントです。このリストで別のオプションを選択します。

    はい

    いいえ

    いいえ

    はい

    [Network settings (ネットワーク設定)] を展開します。[Network (VPC) (ネットワーク (VPC))] で、AWS Cloud9 が使用する VPC を選択します。

    注記

    VPC は同じAWSVPC が別の場所にある場合でも、新しい環境としてのリージョンAWSアカウント.

    はい

    いいえ

    いいえ

    いいえ

    [Network settings (ネットワーク設定)] を展開します。[Network (VPC) (ネットワーク (VPC))] で、AWS Cloud9 が使用する VPC を選択します。

    [Subnet (サブネット)] で、選択した VPC で AWS Cloud9 が使用するサブネットを選択します。

    選択した VPC にサブネットがない場合は、別のの VPC 用のサブネットを作成するには、AWSアカウントを、新しい環境よりも追加する方法については、共有 VPC の使用()Amazon VPC ユーザーガイド

    注記

    VPC とサブネットは同じAWSVPC およびサブネットが別のにある場合でも、新しい環境としてのリージョンAWSアカウント.

    これらの選択肢の詳細については、「の VPC の設定AWS Cloud9開発環境」を参照してください。

  13. 各タグに [キー]と [] を指定して、最大 50 個のタグを追加します。タグはAWS Cloud9環境をリソースタグとして参照し、以下の基になるリソースに伝達されます。AWS CloudFormationスタック、Amazon EC2 インスタンス、Amazon EC2 セキュリティグループです。タグに関する情報はを使用したアクセス制御AWSリソースタグ()IAM ユーザーガイド。タグの詳細情報も参照してください。

    警告

    タグを作成した後にこれらのタグを更新しても、変更は基になるリソースに自動的に反映されません。詳細については、「」を参照してください。基になるリソースへのタグの更新の伝播の詳細情報のタグ

  14. [Next step] を選択します。

  15. [Review (見直し)] ページで、[Create environment (環境の作成)] を選択します。しばらく待機します。AWS Cloud9環境を作成します。これには数分間かかる場合があります。

    注記

    アカウントの作成に失敗すると、コンソールページの上部にバナーが表示されます。また、環境のカード (存在する場合) にも、環境の作成に失敗したことが示されます。

AfterAWS Cloud9環境を作成すると、AWS Cloud9環境用の IDE。

もしAWS Cloud9少なくとも 5 分後に IDE が表示されない場合は、ウェブブラウザに問題がある可能性があります。AWSアクセス許可、インスタンス、または関連する Virtual Private Cloud (VPC) にアクセス許可。可能な修正については、環境を開けませんトラブルシューティング

注記

ご使用の環境がプロキシを使用してインターネットにアクセスしている場合は、プロキシの詳細をAWS Cloud9依存関係をインストールできるようにする必要があります。詳細については、「注意点: コラボレーションサポートの依存関係をインストールできませんでした」を参照してください。

コードを使用した環境の作成

コードを使用して EC2 環境を作成するにはAWS Cloud9を呼び出します。AWS Cloud9 EC2 環境を作成する操作を、次のように実行します。

注記

ご使用の環境がプロキシを使用してインターネットにアクセスしている場合は、プロキシの詳細をAWS Cloud9依存関係をインストールできるようにする必要があります。詳細については、「注意点: コラボレーションサポートの依存関係をインストールできませんでした」を参照してください。