EC2 環境を作成する - AWS Cloud9

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

EC2 環境を作成する

注記

この手順を完了すると、AWS アカウントに料金が発生する可能性があります。Amazon EC2 に対して発生する可能性がある料金も含まれます。詳細については、「Amazon EC2 料金表」を参照してください。

この手順では、AWS Cloud9 が EC2 環境 を作成して、新しい Amazon EC2 インスタンスを作成した後、この新しく作成したインスタンスに 環境 を接続します。AWS Cloud9 は、必要に応じてインスタンスの起動、停止、再起動など、このインスタンスのライフサイクルを管理します。この 環境 を削除すると、このインスタンスは AWS Cloud9 で自動的に削除されます。

AWS Cloud9 EC2 開発環境 は、AWS Cloud9 コンソールまたはコードを使用して作成できます。

Prerequisites

AWS Cloud9 の設定」のステップを完了し、AWS Cloud9 コンソールにサインインして環境を作成できるようにしておきます。

コンソールを使用して EC2 環境 を作成する

  1. 以下のようにして AWS Cloud9 コンソールにサインインします。

    • AWS アカウントを使用する唯一のユーザーである、または単一の AWS アカウント内の IAM ユーザーである場合は、https://console.aws.amazon.com/cloud9/ を参照してください。

    • 組織で AWS シングルサインオン (AWS SSO) を使用している場合は、サインインの手順について AWS アカウント管理者にお問い合わせください。

    • AWS Educate Starter Account を使用している場合は、個々の学生のサインアップの「ステップ 2: AWS Educate Starter アカウントを使用して AWS Cloud9 コンソールにサインインする」を参照してください。

    • 教室内の学生である場合は、サインインの手順についてインストラクターにお問い合わせください。

  2. AWS Cloud9 コンソールにサインインした後、上部のナビゲーションバーで、環境 を作成する AWS リージョンを選択します。利用可能な AWS リージョンのリストについては、AWS General Reference の「AWS Cloud9」を参照してください。

    
                AWS Cloud9 コンソールの AWS リージョンセレクター
  3. 以下に示す場所のいずれかで大きい [Create 環境 (環境 の作成)] ボタンを選択します。

    AWS Cloud9 環境 がまだない場合は、このボタンはウェルカムページに表示されます。

    
                AWS Cloud9 コンソールのウェルカムページ

    AWS Cloud9 環境 がすでにある場合、このボタンは以下のように表示されます。

    
                AWS Cloud9 コンソールの環境の作成ボタン
  4. [ に名前を付ける環境] ページで、[名前] に の名前を入力します。環境

  5. 環境 に説明を追加するには、[Description (説明)] ボックスに入力します。

  6. [Next step (次のステップ)] を選択します。

  7. [ 設定を構成する ページ、 環境 種類、次のいずれかのオプションを選択して、EC2バックアップ環境を作成します。

    • 環境用の新しいEC2インスタンスを作成する(直接アクセス) – を Amazon EC2 インスタンスは AWS Cloud9 は SSH 経由で直接接続できます。

    • 環境( Systems Manager) – を Amazon EC2 受信ポートがオープンである必要はありません。 AWS Cloud9 は、次の方法でインスタンスに接続します。 AWSシステムマネージャー.

      • [ アクセス方法 Systems Manager オプション、サービス ロール、および IAM インスタンスプロファイルが自動的に作成され、 Systems Manager EC2インスタンスと対話します。両方の名前は、 のサービスロールとインスタンスプロファイル Systems Manager アクセス の項を参照してください。詳細については、を参照してください を使用した EC2 インスタンスへのアクセスAWSSystems Manager

    警告

    ご使用の環境で EC2 インスタンスを作成すると、 AWS アカウント Amazon EC2. 使用のための追加費用はありません Systems Manager EC2 インスタンスへの接続を管理します。

  8. [Instance type (インスタンスタイプ)] で、RAM の容量に関するインスタンスタイプと、実行するタスクの種類に必要と思われる vCPUs を選択します。

    警告

    よりサイズの大きい RAM および vCPUs を備えたインスタンスタイプを選択すると、AWS の Amazon EC2 アカウントに追加料金が発生する可能性があります。

  9. 対象 プラットフォーム、 Amazon EC2 使用するインスタンス: Amazon LinuxAmazon Linux 2、または ウブントゥ. AWS Cloud9 インスタンスを作成し、 環境 あります。

    重要

    以下を選択することをお勧めします。 Amazon Linux 2 オプション EC2 環境. また、クラウドおよびエンタープライズアプリケーションの開発と実行のための安全で安定した高性能の実行環境を提供するだけでなく、 Amazon Linux 2 AMI には 2023 年までの長期サポートが含まれています。

    古い Amazon Linux AMIは2020年12月31日に標準サポートを終了し、メンテナンスサポートフェーズに入ります。詳細については、 Amazon Linux 2 ページ.

  10. [コスト削減のセットアップ] で、値を選択します。環境 の IDE に接続されているすべてのウェブブラウザインスタンスが閉じられると、AWS Cloud9 はこの時間待機してから、環境 の Amazon EC2 インスタンスをシャットダウンします。

    警告

    期間が長いほど、AWS アカウントに対する課金が増加する可能性が高くなります。

  11. [Network settings (advanced) (ネットワーク設定 (高度))] を展開します。

  12. AWS Cloud9 は Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) を使用して、新しく作成された Amazon EC2 インスタンスと通信します。Amazon VPC のセットアップ方法に応じて、次のいずれかの操作を実行します。

    何を選択すればいいのかわからない場合、この手順の次のステップまでスキップすることをお勧めします。

    [Network settings (advanced) (ネットワーク設定 (高度))] をスキップして事前選択されたデフォルト設定のままにした場合、AWS Cloud9 は新しい 環境 と同じ AWS アカウントおよび AWS リージョンで単一のサブネットを持つデフォルト VPC を自動的に使用します。

    注記

    [Create a new no-ingress EC2 instance for environment (access via Systems Manager)] を選択した場合、[Create new VPC] ボタンの横に情報アイコンが表示されます。アイコンの上にカーソルを置いた場合、「Ingress EC2 インスタンスがない場合、インスタンスの SSM エージェントが Systems Manager に接続できるように、インターネットゲートウェイを新しい VPC にアタッチします。」というメッセージが表示されます。

    詳細については、「のVPC設定 AWS Cloud9 開発環境」を参照してください。

    アカウントは AWS にアクセスできるAmazon VPC VPC は新しい AWS と同じ AWS アカウントおよび 環境 リージョンにある VPC は AWS アカウントのデフォルト VPC である VPC 内に単一のサブネットがある 操作

    いいえ

    VPC が存在しない場合は、作成してください。

    新しい 環境 と同じ AWS アカウントおよび AWS リージョンに VPC を作成するには、[新しい VPC の作成] を選択し、画面に表示される手順に従います。詳細については、「AWS Cloud9 向けの Amazon VPC を作成する」を参照してください。

    新しい AWS とは異なる 環境 アカウントに VPC を作成するには、VPCs の「共有 の使用Amazon VPC ユーザーガイド」を参照してください

    はい

    はい

    はい

    はい

    この手順の次のステップにスキップします。

    [Network settings (advanced) (ネットワーク設定 (高度))] をスキップして事前選択されたデフォルト設定のままにした場合、AWS Cloud9 は新しい 環境 と同じアカウントおよびリージョンで単一のサブネットを持つデフォルト VPC を自動的に使用します。

    はい

    はい

    はい

    いいえ

    デフォルト VPC に複数のサブネットがある場合は、[Network settings (advanced) (ネットワーク設定 (高度))] を展開します。[Subnet (サブネット)] で、AWS Cloud9 で使用する、事前に選択されたデフォルト VPC のサブネットを選択します。

    デフォルト VPC にサブネットがない場合は、サブネットを作成します。これを行うには、[Create new subnet (新しいサブネットの作成)] を選択し、画面の指示に従います。詳細については、「サブネットの作成 AWS Cloud9」を参照してください。

    はい

    はい

    いいえ

    はい

    [Network settings (ネットワーク設定)] を展開します。[Network (VPC) (ネットワーク (VPC))] で、AWS Cloud9 が使用する VPC を選択します。

    はい

    はい

    いいえ

    いいえ

    [Network settings (ネットワーク設定)] を展開します。[Network (VPC) (ネットワーク (VPC))] で、AWS Cloud9 が使用する VPC を選択します。

    選択した VPC に複数のサブネットがある場合は、[Network settings (advanced) (ネットワーク設定 (高度))] を展開します。[Subnet (サブネット)] で、選択した VPC で AWS Cloud9 が使用するサブネットを選択します。

    選択した VPC にサブネットがない場合は、サブネットを作成します。これを行うには、[Create new subnet (新しいサブネットの作成)] を選択し、画面の指示に従います。詳細については、「サブネットの作成 AWS Cloud9」を参照してください。

    はい

    いいえ

    はい

    AWS Cloud9 では、新しい 環境 の AWS アカウントとは異なる AWS アカウントのデフォルト VPC を使用できません。このリストで別のオプションを選択します。

    はい

    いいえ

    いいえ

    はい

    [Network settings (ネットワーク設定)] を展開します。[Network (VPC) (ネットワーク (VPC))] で、AWS Cloud9 が使用する VPC を選択します。

    注記

    VPC は、別の AWS アカウントにある場合でも、新しい 環境 と同じ AWS リージョンに存在する必要があります。

    はい

    いいえ

    いいえ

    いいえ

    [Network settings (ネットワーク設定)] を展開します。[Network (VPC) (ネットワーク (VPC))] で、AWS Cloud9 が使用する VPC を選択します。

    [Subnet (サブネット)] で、選択した VPC で AWS Cloud9 が使用するサブネットを選択します。

    選択した VPC にサブネットがない場合、新しい AWS とは異なる 環境 アカウントに VPC のサブネットを作成するには、VPCs の「共有 の使用Amazon VPC ユーザーガイド」を参照してください

    注記

    VPC およびサブネットは、別の AWS アカウントにある場合でも、新しい 環境 と同じ AWS リージョンに存在する必要があります。

    これらの選択肢の詳細については、「のVPC設定 AWS Cloud9 開発環境」を参照してください。

  13. 各タグに [キー]と [] を指定して、最大 50 個のタグを追加します。タグはリソースタグとして AWS Cloud9 環境にアタッチされ、基礎となるリソース (AWS CloudFormation スタック、Amazon EC2 インスタンス、および Amazon EC2 セキュリティグループ) に伝達されます。タグについては、IAM ユーザーガイドの「AWS リソースタグを使用したアクセスの制御」を参照してください。タグの詳細情報も参照してください。

    警告

    タグを作成した後にこれらのタグを更新しても、変更は基になるリソースに自動的に反映されません。詳細については、タグの詳細情報の「基礎となるリソースへのタグ更新の伝播」を参照してください。

  14. [次のステップ] を選択します。

  15. [Review (見直し)] ページで、[Create environment (環境の作成)] を選択します。AWS Cloud9 によって 環境 が作成されるまで待ちます。これには数分間かかる場合があります。

    注記

    アカウントの作成に失敗すると、コンソールページの上部にバナーが表示されます。また、環境のカード (存在する場合) にも、環境の作成に失敗したことが示されます。

AWS Cloud9 が 環境 を作成すると、環境 の AWS Cloud9 IDE が表示されます。

少なくとも 5 分後に AWS Cloud9 に IDE が表示されない場合は、ウェブブラウザ、AWS アクセス権限、インスタンス、または関連する Virtual Private Cloud (VPC) に問題がある可能性があります。環境の修正については、トラブルシューティングの「を開くことができない環境」を参照してください。

注記

環境でプロキシを使用してインターネットにアクセスする場合は、依存関係をインストールできるようにプロキシの詳細を AWS Cloud9 に提供する必要があります。詳細については、「注意: コラボレーションサポートの依存関係をインストールできませんでした」を参照してください。

コードを使用して 環境 を作成する

コードを使用して EC2 環境 に AWS Cloud9 を作成するには、次のように、AWS Cloud9 create EC2 環境 オペレーションを呼び出します。

重要

現時点では、環境 に接続された Amazon Linux のみをコードで作成できます。コードを使用して、Amazon Linux 2 ベースまたは Ubuntu サーバーベースの EC2 環境 を作成することはできません。(コードを使用して 環境 を作成することは、AWS CLI、AWS CloudFormation、AWS SDKs、AWS 用の PowerShell ツール、または AWS Cloud9 API を使用することを指します)。

のコード作成のサポートを計画しており、Ubuntu Server のサポートを評価する予定です。Amazon Linux 2その間、EC2 環境 または Ubuntu Server でバックアップされた Amazon Linux 2 の場合は、コンソールオプションを使用します。

注記

環境でプロキシを使用してインターネットにアクセスする場合は、依存関係をインストールできるようにプロキシの詳細を AWS Cloud9 に提供する必要があります。詳細については、「注意: コラボレーションサポートの依存関係をインストールできませんでした」を参照してください。