の制限と制約AWS CloudShell - AWS CloudShell

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

の制限と制約AWS CloudShell

AWS CloudShellは、追加料金なしで提供されるブラウザベースのシェルです。制限と制限は、以下の領域に適用されます。

永続的ストレージ

とAWS CloudShellでは、それぞれに 1 GB の永続ストレージがあります。AWS無償のリージョン。永続ストレージはあなたのホームディレクトリ($HOME)にあり、あなたにはプライベートです。各シェルセッションが終了した後にリサイクルされる一時的な環境リソースとは異なり、ホームディレクトリ内のデータはセッション間で保持されます。

AWS リージョンで AWS CloudShell の使用を停止した場合、データは120 日最後のセッションの終了後。アクションを実行しない限り、120 日経過すると、そのリージョンの永続ストレージからデータが自動的に削除されます。単に起動することで削除を防ぐことができますAWS CloudShellをもう一度実行します。AWSリージョン。

注記

使用シナリオ

マルシアが使用しているAWS CloudShellを使用して、ホームディレクトリにファイルを2つのAWSリージョン: 米国東部 (バージニア北部) およびヨーロッパ (アイルランド)。彼女はその後、AWS CloudShellは、米国東部 (バージニア北部) でシェルセッションを開始することを停止しました。

米国東部(バージニア北部)でのデータの削除期限前に、Márciaはホームディレクトリがリサイクルされないようにすることを決定し、AWS CloudShellをクリックし、米国東部 (バージニア北部) リージョンをもう一度選択します。シェルセッションにヨーロッパ(アイルランド)を継続的に使用しているため、そのリージョンの永続的なストレージは影響を受けません。

毎月の使用状況

月ごとの使用制限がありますAWS CloudShell/AWSリージョンのAWSアカウント. あなたがアクセスしようとするとAWS CloudShellそのリージョンの月次制限に達すると、シェル環境を起動できない理由を説明するメッセージが表示されます。

注記

月ごとの使用制限を引き上げる必要がある場合は、AWS サポート

同時シェル数

  • 同時シェル数: 最大 10 個のシェルを同時に実行することができます。AWS無料でのリージョン。

シェルセッション

  • 非アクティブセッション:AWS CloudShellは対話型シェル環境です。キーボードやポインタを使用して対話しない場合、20 — 30 分を呼び出すと、シェルセッションが終了します。(実行中のプロセスはインタラクションとしてカウントされません)。

  • 長時間実行セッション: 約 12 時間連続して実行されているシェルセッションは、ユーザーがその期間中に定期的に対話している場合でも、自動的に終了します。

ネットワークアクセスとデータ転送

AWS CloudShell 環境に出入りするネットワークトラフィックには、以下の制限が適用されます。

  • アウトバウンド: ユーザーはパブリックインターネットにアクセスできます。

  • インバウンド: ユーザーは受信ポートにアクセスできません。パブリック IP アドレスは使用できません。

警告

公共のインターネットにアクセスすると、特定のユーザーがAWS CloudShell環境。IAM 管理者は、信頼できるAWS CloudShellユーザーに IAM ツールを使用します。特定のユーザーのアクセスを明示的に拒否する方法については、」で許可されるアクションを管理するAWS CloudShellカスタムポリシーの使用

データ転送: ファイルのアップロードおよびダウンロードAWS CloudShellは、大きなファイルの場合は遅くなる可能性があります。シェルのコマンドラインインターフェイスを使用して、Amazon S3 バケットから環境にファイルを転送することもできます。

システムファイルとページのリロードに関する制限

  • システムファイル: コンピューティング環境で必要なファイルを誤って変更すると、AWS CloudShell環境。このような場合は、ホームディレクトリを削除するをクリックしてアクセスを回復します。

  • ページの再ロード: を再ロードするにはAWS CloudShellインターフェイスを使用する場合は、オペレーティングシステムのデフォルトのショートカットキーシーケンスの代わりに、ブラウザのリフレッシュボタンを使用する必要があります。