AWS CloudShellトラブルシューティング - AWS CloudShell

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS CloudShellトラブルシューティング

以下の情報を使用して、AWS CloudShell の問題を特定および対処します。

該当する問題が以下に示されていない場合や、追加のヘルプが必要な場合は、AWS CloudShellディスカッションフォーラム。(このフォーラムにアクセスするには AWS へのサインインが必要になることがあります)。当社に直接お問い合わせいただくこともできます。

起動できませんAWS CloudShell「環境を開始できません。アクセス許可がありません。IAM 管理者に、へのアクセス権を依頼するAWS CloudShell。」

問題: 起動しようとしたらAWS CloudShellからのAWS Management Consoleの場合、アクセスを拒否され、権限がないと通知されます。

原因: アクセスに使用している IAM アイデンティティAWS CloudShell必要な IAM 許可がありません。

解決策: IAM 管理者が、アタッチされたを使用して、必要なアクセス権限を提供するようにリクエストします。AWS管理ポリシー (AWSCloudShellFullAccess) または組み込みインラインポリシー。詳細については、「」を参照してくださいIMPポリシー内でのアクセスおよび使用の管理AWS CloudShell

(先頭に戻る)

アクセスできませんAWS CloudShellコマンドライン。

問題: コンピューティング環境が使用するファイルを変更した後、のコマンドラインにアクセスできないAWS CloudShell。

解決策: 誤って変更した後にアクセスできなくなった場合.bashrcまたは他のファイルを返すことができますAWS CloudShellデフォルト設定にホームディレクトリの削除

(先頭に戻る)

外部 IP アドレスに ping できません。

問題: コマンドラインから ping コマンドを実行すると (ping amazon.comなど) の場合は、次のメッセージが表示されます。

ping: socket: Operation not permitted

原因: ping ユーティリティは、インターネット制御メッセージプロトコル(ICMP)を使用して、エコー要求パケットをターゲットホストに送信します。次に、ターゲットからのエコー応答を待ちます。ICMP プロトコルがで有効になっていないためAWS CloudShellの場合、ping ユーティリティはシェルのコンピューティング環境では動作しません。

(先頭に戻る)

「ターミナルの準備中に問題が発生しました」というエラー。

問題: アクセスしようとしたときAWS CloudShellMicrosoft Edge ブラウザを使用すると、シェルセッションを開始できず、ブラウザにエラーメッセージが表示されます。

原因:AWS CloudShellは、古いバージョンの Microsoft Edge と互換性がありません。はアクセスすることができますAWS CloudShellの最新の 3 つのメジャーバージョンを使用するサポートされるブラウザ

解決策: Edge ブラウザの更新版をマイクロソフトサイト。

(先頭に戻る)

PowerShell で矢印キーが正しく動作しない。

問題: 通常の操作では、矢印キーを使用してコマンドラインインターフェイスをナビゲートし、コマンド履歴を前後にスキャンできます。しかし、特定のバージョンで矢印キーを押すと PowerShell オンAWS CloudShellの場合、代わりに文字が正しく出力されないことがあります。

原因: 矢印キーで文字を誤って出力することは既知の問題です PowerShell 7.2.x のバージョンは Linux で実行されています。

解決策: の編集 PowerShell プロファイルファイルを設定し、$PSStyleの変数PlainText矢印キーの動作を変更しているエスケープシーケンスを削除するには、次の手順を実行します。

  1. 左AWS CloudShellコマンドラインで、以下のコマンドを入力してプロファイルファイルを開きます。

    vim ~/.config/powershell/Microsoft.PowerShell_profile.ps1
    注記

    PowerShell を既に使用している場合は、次のコマンドを使用してエディタでプロファイルファイルを開くこともできます。

    vim $PROFILE
  2. エディタで、ファイルの既存のテキストの末尾に移動し、インスタンスと入力するにはInsertモードを選択し、次のステートメントを追加します。

    $PSStyle.OutputRendering = 'PlainText'
  3. 編集が完了したら、Escの順にクリックし、コマンドモードを開始します。次に、以下のコマンドを入力してファイルを保存し、エディタを終了します。

    :wq
注記

変更は、PowerShell の次回起動時に有効になります。

(先頭に戻る)

サポートされていない Web ソケットは起動に失敗する CloudShell セッション。

問題: 始めようとしているときAWS CloudShellでは、次のメッセージが繰り返し表示されます。Failed to open sessions : Timed out while opening the session

原因: CloudShell 指定先はによって異なります。Web ソケットプロトコルである。これにより、ユーザーのウェブブラウザと、双方向の対話型通信が可能になる CloudShell のサービスAWSクラウド型。プライベートネットワークでブラウザを使用している場合は、おそらくプロキシサーバーとファイアウォールによってインターネットへの安全なアクセスが容易になります。Web Socket 通信は、通常、問題なくプロキシサーバーをトラバースできます。しかし、場合によっては、プロキシサーバーによって Web ソケットが正しく動作しなくなります。この問題が発生した場合は、 CloudShell シェルセッションを開始できず、接続の試行がタイムアウトします。

解決策: 接続タイムアウトは、サポートされていない Web ソケット以外の問題によって引き起こされる可能性があります。したがって、まず、表示しているブラウザウィンドウをリフレッシュします。 CloudShell コマンドラインインターフェイス。

更新後もタイムアウトエラーが発生する場合は、プロキシサーバーのドキュメントを参照して、Web ソケットを許可するように構成されていることを確認します。または、ネットワークのシステム管理者に問い合わせてください。

注記

特定の URL を許可してよりきめ細かな権限を定義する場合は、URL の一部をAWS Systems Managerセッションは、 WebSocket 入力の送信と出力の受信のための接続。(おれのAWS CloudShellコマンドはそのSystems Manager セッションに送信されます。)

の形式 StreamUrl Systems Manager で使われているのは wss://ssmmessages.region.amazonaws.com/v1/data-channel/session-id?stream=(input|output)

-領域は、のリージョン識別子を表します。AWSサポートされるリージョンAWS Systems Managerまたはus-east-2米国東部 (オハイオ) リージョンの場合。

なぜならsession-idが作成される特定の Systems Manager セッションが正常に開始されました。指定できるのは指定のみですwss://ssmmessages.region.amazonaws.comURL 許可リストを更新するとき。詳細については、「」を参照してください。StartSessionのオペレーションAWS Systems ManagerAPI リファレンス

(先頭に戻る)