を使用した Lambda の例 AWS CLI - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

を使用した Lambda の例 AWS CLI

次のコード例は、Lambda AWS Command Line Interface で を使用してアクションを実行し、一般的なシナリオを実装する方法を示しています。

アクションはより大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。アクションは個々のサービス機能を呼び出す方法を示していますが、関連するシナリオやサービス間の例ではアクションのコンテキストが確認できます。

「シナリオ」は、同じサービス内で複数の関数を呼び出して、特定のタスクを実行する方法を示すコード例です。

各例には、 へのリンクが含まれています。このリンクには GitHub、コンテキスト内でコードをセットアップして実行する方法の手順が記載されています。

トピック

アクション

次の例は、add-layer-version-permission を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

レイヤーバージョンにアクセス許可を追加するには

次のadd-layer-version-permission例では、レイヤー のバージョン 1 を使用するアクセス許可を指定されたアカウントに付与しますmy-layer

aws lambda add-layer-version-permission \ --layer-name my-layer \ --statement-id xaccount \ --action lambda:GetLayerVersion \ --principal 123456789012 \ --version-number 1

出力:

{ "RevisionId": "35d87451-f796-4a3f-a618-95a3671b0a0c", "Statement": { "Sid":"xaccount", "Effect":"Allow", "Principal":{ "AWS":"arn:aws:iam::210987654321:root" }, "Action":"lambda:GetLayerVersion", "Resource":"arn:aws:lambda:us-east-2:123456789012:layer:my-layer:1" } }

詳細については、AWS 「 Lambda デベロッパーガイド」の「Lambda レイヤー」を参照してください。 AWS

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスAddLayerVersionPermission」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、add-permission を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

既存の Lambda 関数にアクセス許可を追加するには

次のadd-permission例では、 という名前の関数を呼び出すアクセス許可を Amazon SNS サービスに付与しますmy-function

aws lambda add-permission \ --function-name my-function \ --action lambda:InvokeFunction \ --statement-id sns \ --principal sns.amazonaws.com

出力:

{ "Statement": { "Sid":"sns", "Effect":"Allow", "Principal":{ "Service":"sns.amazonaws.com" }, "Action":"lambda:InvokeFunction", "Resource":"arn:aws:lambda:us-east-2:123456789012:function:my-function" } }

詳細については、AWS 「Lambda デベロッパーガイド」の「Lambda のリソースベースのポリシーの使用」を参照してください。 AWS

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスAddPermission」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、create-alias を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

Lambda 関数のエイリアスを作成する方法

次の create-alias の例では、my-function Lambda 関数のバージョン 1 を参照する LIVE という名前のエイリアスを作成します。

aws lambda create-alias \ --function-name my-function \ --description "alias for live version of function" \ --function-version 1 \ --name LIVE

出力:

{ "FunctionVersion": "1", "Name": "LIVE", "AliasArn": "arn:aws:lambda:us-west-2:123456789012:function:my-function:LIVE", "RevisionId": "873282ed-4cd3-4dc8-a069-d0c647e470c6", "Description": "alias for live version of function" }

詳細については、AWS 「Lambda デベロッパーガイド」の「Lambda 関数エイリアスの設定」を参照してください。 AWS

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreateAlias」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、create-event-source-mapping を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

イベントソースと AWS Lambda 関数間のマッピングを作成するには

次のcreate-event-source-mapping例では、SQS キューと my-function Lambda 関数間のマッピングを作成します。

aws lambda create-event-source-mapping \ --function-name my-function \ --batch-size 5 \ --event-source-arn arn:aws:sqs:us-west-2:123456789012:mySQSqueue

出力:

{ "UUID": "a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-11111EXAMPLE", "StateTransitionReason": "USER_INITIATED", "LastModified": 1569284520.333, "BatchSize": 5, "State": "Creating", "FunctionArn": "arn:aws:lambda:us-west-2:123456789012:function:my-function", "EventSourceArn": "arn:aws:sqs:us-west-2:123456789012:mySQSqueue" }

詳細については、AWS 「Lambda デベロッパーガイド」の「Lambda イベントソースマッピング」を参照してください。 AWS

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreateEventSourceMapping」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、create-function を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

Lambda 関数を作成するには

次の create-function の例では、my-function という名前の Lambda 関数を作成します。

aws lambda create-function \ --function-name my-function \ --runtime nodejs18.x \ --zip-file fileb://my-function.zip \ --handler my-function.handler \ --role arn:aws:iam::123456789012:role/service-role/MyTestFunction-role-tges6bf4

my-function.zip の内容:

This file is a deployment package that contains your function code and any dependencies.

出力:

{ "TracingConfig": { "Mode": "PassThrough" }, "CodeSha256": "PFn4S+er27qk+UuZSTKEQfNKG/XNn7QJs90mJgq6oH8=", "FunctionName": "my-function", "CodeSize": 308, "RevisionId": "873282ed-4cd3-4dc8-a069-d0c647e470c6", "MemorySize": 128, "FunctionArn": "arn:aws:lambda:us-west-2:123456789012:function:my-function", "Version": "$LATEST", "Role": "arn:aws:iam::123456789012:role/service-role/MyTestFunction-role-zgur6bf4", "Timeout": 3, "LastModified": "2023-10-14T22:26:11.234+0000", "Handler": "my-function.handler", "Runtime": "nodejs18.x", "Description": "" }

詳細については、「AWS Lambda デベロッパーガイド」の「AWS Lambda 関数の設定」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreateFunction」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、delete-alias を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

Lambda 関数のエイリアスを削除する方法

次の delete-alias の例では、my-function Lambda 関数から LIVE という名前のエイリアスを削除します。

aws lambda delete-alias \ --function-name my-function \ --name LIVE

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、AWS 「Lambda デベロッパーガイド」の「Lambda 関数エイリアスの設定」を参照してください。 AWS

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteAlias」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、delete-event-source-mapping を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

イベントソースと AWS Lambda 関数間のマッピングを削除するには

次のdelete-event-source-mapping例では、SQS キューと my-function Lambda 関数間のマッピングを削除します。

aws lambda delete-event-source-mapping \ --uuid a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-11111EXAMPLE

出力:

{ "UUID": "a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-11111EXAMPLE", "StateTransitionReason": "USER_INITIATED", "LastModified": 1569285870.271, "BatchSize": 5, "State": "Deleting", "FunctionArn": "arn:aws:lambda:us-west-2:123456789012:function:my-function", "EventSourceArn": "arn:aws:sqs:us-west-2:123456789012:mySQSqueue" }

詳細については、AWS 「Lambda デベロッパーガイド」の「Lambda イベントソースマッピング」を参照してください。 AWS

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteEventSourceMapping」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、delete-function-concurrency を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

関数から同時実行制限を削除する方法

次の delete-function-concurrency の例では、予約済みの同時実行制限を my-function 関数から削除します。

aws lambda delete-function-concurrency \ --function-name my-function

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、「AWS Lambda デベロッパーガイド」の「Lambda 関数の同時実行数を予約する」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteFunctionConcurrency」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、delete-function-event-invoke-config を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

非同期呼び出し設定を削除するには

次のdelete-function-event-invoke-config例では、指定された関数のGREENエイリアスの非同期呼び出し設定を削除します。

aws lambda delete-function-event-invoke-config --function-name my-function:GREEN

次の例は、delete-function を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

例 1: Lambda 関数を関数名で削除するには

次の delete-function の例では、関数名を指定して my-function という Lambda 関数を削除します。

aws lambda delete-function \ --function-name my-function

このコマンドでは何も出力されません。

例 2: Lambda 関数を関数 ARN で削除するには

次の delete-function の例では、関数 ARN を指定して my-function という Lambda 関数を削除します。

aws lambda delete-function \ --function-name arn:aws:lambda:us-west-2:123456789012:function:my-function

このコマンドでは何も出力されません。

例 3: Lambda 関数を関数 ARN の一部で削除するには

次の delete-function の例では、関数 ARN の一部を指定して my-function という Lambda 関数を削除します。

aws lambda delete-function \ --function-name 123456789012:function:my-function

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、「AWS Lambda デベロッパーガイド」の「AWS Lambda 関数の設定」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteFunction」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、delete-layer-version を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

Lambda レイヤーのバージョンを削除するには

次のdelete-layer-version例では、 という名前のレイヤーのバージョン 2 を削除しますmy-layer

aws lambda delete-layer-version \ --layer-name my-layer \ --version-number 2

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、AWS 「Lambda デベロッパーガイド」の「Lambda レイヤー」を参照してください。 AWS

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteLayerVersion」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、delete-provisioned-concurrency-config を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

プロビジョニングされた同時実行数の設定を削除する方法

次の delete-provisioned-concurrency-config の例では、指定した関数の GREEN エイリアスのプロビジョニングされた同時実行設定を削除します。

aws lambda delete-provisioned-concurrency-config \ --function-name my-function \ --qualifier GREEN

次の例は、get-account-settings を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

AWS リージョンのアカウントに関する詳細を取得するには

次の get-account-settings の例では、アカウントの Lambda 制限および使用情報を表示します。

aws lambda get-account-settings

出力:

{ "AccountLimit": { "CodeSizeUnzipped": 262144000, "UnreservedConcurrentExecutions": 1000, "ConcurrentExecutions": 1000, "CodeSizeZipped": 52428800, "TotalCodeSize": 80530636800 }, "AccountUsage": { "FunctionCount": 4, "TotalCodeSize": 9426 } }

詳細については、「AWS Lambda デベロッパーガイド」の「AWS Lambda の制限」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetAccountSettings」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-alias を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

関数エイリアスに関する詳細を取得する方法

次の get-alias の例では、my-function Lambda 関数に LIVE という名前のエイリアスの詳細が表示されます。

aws lambda get-alias \ --function-name my-function \ --name LIVE

出力:

{ "FunctionVersion": "3", "Name": "LIVE", "AliasArn": "arn:aws:lambda:us-west-2:123456789012:function:my-function:LIVE", "RevisionId": "594f41fb-b85f-4c20-95c7-6ca5f2a92c93", "Description": "alias for live version of function" }

詳細については、AWS 「Lambda デベロッパーガイド」の「Lambda 関数エイリアスの設定」を参照してください。 AWS

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetAlias」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-event-source-mapping を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

イベントソースマッピングの詳細を取得するには

次のget-event-source-mapping例では、SQS キューと my-function Lambda 関数間のマッピングの詳細を表示します。

aws lambda get-event-source-mapping \ --uuid "a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-11111EXAMPLE"

出力:

{ "UUID": "a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-11111EXAMPLE", "StateTransitionReason": "USER_INITIATED", "LastModified": 1569284520.333, "BatchSize": 5, "State": "Enabled", "FunctionArn": "arn:aws:lambda:us-west-2:123456789012:function:my-function", "EventSourceArn": "arn:aws:sqs:us-west-2:123456789012:mySQSqueue" }

詳細については、AWS 「Lambda デベロッパーガイド」の「Lambda イベントソースマッピング」を参照してください。 AWS

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetEventSourceMapping」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-function-concurrency を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

関数の予約済み同時実行設定を表示する方法

次の get-function-concurrency の例では、指定した関数の予約済み同時実行設定を取得します。

aws lambda get-function-concurrency \ --function-name my-function

出力:

{ "ReservedConcurrentExecutions": 250 }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetFunctionConcurrency」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-function-configuration を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

Lambda 関数のバージョン固有設定を取得する方法

次の get-function-configuration の例では、my-function 関数のバージョン 2 の設定が表示されます。

aws lambda get-function-configuration \ --function-name my-function:2

出力:

{ "FunctionName": "my-function", "LastModified": "2019-09-26T20:28:40.438+0000", "RevisionId": "e52502d4-9320-4688-9cd6-152a6ab7490d", "MemorySize": 256, "Version": "2", "Role": "arn:aws:iam::123456789012:role/service-role/my-function-role-uy3l9qyq", "Timeout": 3, "Runtime": "nodejs10.x", "TracingConfig": { "Mode": "PassThrough" }, "CodeSha256": "5tT2qgzYUHaqwR716pZ2dpkn/0J1FrzJmlKidWoaCgk=", "Description": "", "VpcConfig": { "SubnetIds": [], "VpcId": "", "SecurityGroupIds": [] }, "CodeSize": 304, "FunctionArn": "arn:aws:lambda:us-west-2:123456789012:function:my-function:2", "Handler": "index.handler" }

詳細については、「AWS Lambda デベロッパーガイド」の「AWS Lambda 関数の設定」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetFunctionConfiguration」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-function-event-invoke-config を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

非同期呼び出し設定を表示するには

次のget-function-event-invoke-config例では、指定された関数のBLUEエイリアスの非同期呼び出し設定を取得します。

aws lambda get-function-event-invoke-config \ --function-name my-function:BLUE

出力:

{ "LastModified": 1577824396.653, "FunctionArn": "arn:aws:lambda:us-east-2:123456789012:function:my-function:BLUE", "MaximumRetryAttempts": 0, "MaximumEventAgeInSeconds": 3600, "DestinationConfig": { "OnSuccess": {}, "OnFailure": { "Destination": "arn:aws:sqs:us-east-2:123456789012:failed-invocations" } } }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetFunctionEventInvokeConfig」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-function を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

関数に関する情報を取得するには

次の例 get-function では、my-function 関数の情報が表示されます。

aws lambda get-function \ --function-name my-function

出力:

{ "Concurrency": { "ReservedConcurrentExecutions": 100 }, "Code": { "RepositoryType": "S3", "Location": "https://awslambda-us-west-2-tasks.s3.us-west-2.amazonaws.com/snapshots/123456789012/my-function..." }, "Configuration": { "TracingConfig": { "Mode": "PassThrough" }, "Version": "$LATEST", "CodeSha256": "5tT2qgzYUHoqwR616pZ2dpkn/0J1FrzJmlKidWaaCgk=", "FunctionName": "my-function", "VpcConfig": { "SubnetIds": [], "VpcId": "", "SecurityGroupIds": [] }, "MemorySize": 128, "RevisionId": "28f0fb31-5c5c-43d3-8955-03e76c5c1075", "CodeSize": 304, "FunctionArn": "arn:aws:lambda:us-west-2:123456789012:function:my-function", "Handler": "index.handler", "Role": "arn:aws:iam::123456789012:role/service-role/helloWorldPython-role-uy3l9qyq", "Timeout": 3, "LastModified": "2019-09-24T18:20:35.054+0000", "Runtime": "nodejs10.x", "Description": "" } }

詳細については、「AWS Lambda デベロッパーガイド」の「AWS Lambda 関数の設定」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetFunction」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-layer-version-by-arn を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

Lambda レイヤーのバージョンに関する情報を取得するには

次のget-layer-version-by-arn例では、指定された Amazon リソースネーム (ARN) を持つレイヤーバージョンに関する情報を表示します。

aws lambda get-layer-version-by-arn \ --arn "arn:aws:lambda:us-west-2:123456789012:layer:AWSLambda-Python311-SciPy1x:2"

出力:

{ "LayerVersionArn": "arn:aws:lambda:us-west-2:123456789012:layer:AWSLambda-Python311-SciPy1x:2", "Description": "AWS Lambda SciPy layer for Python 3.11 (scipy-1.1.0, numpy-1.15.4) https://github.com/scipy/scipy/releases/tag/v1.1.0 https://github.com/numpy/numpy/releases/tag/v1.15.4", "CreatedDate": "2023-10-12T10:09:38.398+0000", "LayerArn": "arn:aws:lambda:us-west-2:123456789012:layer:AWSLambda-Python311-SciPy1x", "Content": { "CodeSize": 41784542, "CodeSha256": "GGmv8ocUw4cly0T8HL0Vx/f5V4RmSCGNjDIslY4VskM=", "Location": "https://awslambda-us-west-2-layers.s3.us-west-2.amazonaws.com/snapshots/123456789012/..." }, "Version": 2, "CompatibleRuntimes": [ "python3.11" ], "LicenseInfo": "SciPy: https://github.com/scipy/scipy/blob/main/LICENSE.txt, NumPy: https://github.com/numpy/numpy/blob/main/LICENSE.txt" }

詳細については、AWS 「Lambda デベロッパーガイド」の「Lambda レイヤー」を参照してください。 AWS

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetLayerVersionByArn」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-layer-version-policy を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

Lambda レイヤーバージョンのアクセス許可ポリシーを取得するには

次のget-layer-version-policy例では、 という名前のレイヤーのバージョン 1 に関するポリシー情報を表示しますmy-layer

aws lambda get-layer-version-policy \ --layer-name my-layer \ --version-number 1

出力:

{ "Policy": { "Version":"2012-10-17", "Id":"default", "Statement": [ { "Sid":"xaccount", "Effect":"Allow", "Principal": {"AWS":"arn:aws:iam::123456789012:root"}, "Action":"lambda:GetLayerVersion", "Resource":"arn:aws:lambda:us-west-2:123456789012:layer:my-layer:1" } ] }, "RevisionId": "c68f21d2-cbf0-4026-90f6-1375ee465cd0" }

詳細については、AWS 「Lambda デベロッパーガイド」の「Lambda レイヤー」を参照してください。 AWS

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetLayerVersionPolicy」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-layer-version を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

Lambda レイヤーバージョンに関する情報を取得するには

次のget-layer-version例では、 という名前のレイヤーのバージョン 1 に関する情報を表示しますmy-layer

aws lambda get-layer-version \ --layer-name my-layer \ --version-number 1

出力:

{ "Content": { "Location": "https://awslambda-us-east-2-layers.s3.us-east-2.amazonaws.com/snapshots/123456789012/my-layer-4aaa2fbb-ff77-4b0a-ad92-5b78a716a96a?versionId=27iWyA73cCAYqyH...", "CodeSha256": "tv9jJO+rPbXUUXuRKi7CwHzKtLDkDRJLB3cC3Z/ouXo=", "CodeSize": 169 }, "LayerArn": "arn:aws:lambda:us-east-2:123456789012:layer:my-layer", "LayerVersionArn": "arn:aws:lambda:us-east-2:123456789012:layer:my-layer:1", "Description": "My Python layer", "CreatedDate": "2018-11-14T23:03:52.894+0000", "Version": 1, "LicenseInfo": "MIT", "CompatibleRuntimes": [ "python3.10", "python3.11" ] }

詳細については、AWS 「 Lambda デベロッパーガイド」の「Lambda レイヤー」を参照してください。 AWS

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetLayerVersion」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-policy を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

関数、バージョン、エイリアスのリソースベースの IAM ポリシーを取得する方法

次の get-policy の例では、my-function Lambda 関数に関する情報が表示されます。

aws lambda get-policy \ --function-name my-function

出力:

{ "Policy": { "Version":"2012-10-17", "Id":"default", "Statement": [ { "Sid":"iot-events", "Effect":"Allow", "Principal": {"Service":"iotevents.amazonaws.com"}, "Action":"lambda:InvokeFunction", "Resource":"arn:aws:lambda:us-west-2:123456789012:function:my-function" } ] }, "RevisionId": "93017fc9-59cb-41dc-901b-4845ce4bf668" }

詳細については、AWS 「Lambda デベロッパーガイド」の「Lambda のリソースベースのポリシーの使用」を参照してください。 AWS

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetPolicy」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-provisioned-concurrency-config を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

プロビジョニングされた同時実行設定を表示する方法

次の get-provisioned-concurrency-config の例では、指定した関数の BLUE エイリアスにプロビジョニングされた同時実行設定の詳細が表示されます。

aws lambda get-provisioned-concurrency-config \ --function-name my-function \ --qualifier BLUE

出力:

{ "RequestedProvisionedConcurrentExecutions": 100, "AvailableProvisionedConcurrentExecutions": 100, "AllocatedProvisionedConcurrentExecutions": 100, "Status": "READY", "LastModified": "2019-12-31T20:28:49+0000" }

次の例は、invoke を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

例 1: Lambda 関数を同期的に呼び出すには

次の例 invoke では、my-function 関数を同期的に呼び出します。 AWS CLI バージョン 2 を使用している場合は、 cli-binary-formatオプションが必要です。詳細については、「AWS Command Line Interface ユーザーガイド」の「AWS CLI でサポートされるグローバルコマンドラインオプション」を参照してください。

aws lambda invoke \ --function-name my-function \ --cli-binary-format raw-in-base64-out \ --payload '{ "name": "Bob" }' \ response.json

出力:

{ "ExecutedVersion": "$LATEST", "StatusCode": 200 }

詳細については、「AWS Lambda デベロッパーガイド」の「同期呼び出し」を参照してください。

例 2: Lambda 関数を非同期で呼び出すには

次の例 invoke では、my-function 関数を非同期で呼び出します。 AWS CLI バージョン 2 を使用している場合は、 cli-binary-formatオプションが必要です。詳細については、「AWS Command Line Interface ユーザーガイド」の「AWS CLI でサポートされるグローバルコマンドラインオプション」を参照してください。

aws lambda invoke \ --function-name my-function \ --invocation-type Event \ --cli-binary-format raw-in-base64-out \ --payload '{ "name": "Bob" }' \ response.json

出力:

{ "StatusCode": 202 }

詳細については、「AWS Lambda デベロッパーガイド」の「非同期呼び出し」を参照してください。

  • API の詳細については、「AWS CLI コマンドリファレンス」の「Invoke」を参照してください。

次の例は、list-aliases を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

Lambda 関数のエイリアスのリストを取得するには

次のlist-aliases例では、my-functionLambda 関数のエイリアスのリストを表示します。

aws lambda list-aliases \ --function-name my-function

出力:

{ "Aliases": [ { "AliasArn": "arn:aws:lambda:us-west-2:123456789012:function:my-function:BETA", "RevisionId": "a410117f-ab16-494e-8035-7e204bb7933b", "FunctionVersion": "2", "Name": "BETA", "Description": "alias for beta version of function" }, { "AliasArn": "arn:aws:lambda:us-west-2:123456789012:function:my-function:LIVE", "RevisionId": "21d40116-f8b1-40ba-9360-3ea284da1bb5", "FunctionVersion": "1", "Name": "LIVE", "Description": "alias for live version of function" } ] }

詳細については、AWS 「Lambda デベロッパーガイド」の「Lambda 関数エイリアスの設定」を参照してください。 AWS

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListAliases」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-event-source-mappings を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

関数のイベントソースマッピングを一覧表示するには

次のlist-event-source-mappings例では、my-functionLambda 関数のイベントソースマッピングのリストを表示します。

aws lambda list-event-source-mappings \ --function-name my-function

出力:

{ "EventSourceMappings": [ { "UUID": "a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-11111EXAMPLE", "StateTransitionReason": "USER_INITIATED", "LastModified": 1569284520.333, "BatchSize": 5, "State": "Enabled", "FunctionArn": "arn:aws:lambda:us-west-2:123456789012:function:my-function", "EventSourceArn": "arn:aws:sqs:us-west-2:123456789012:mySQSqueue" } ] }

詳細については、AWS 「Lambda デベロッパーガイド」の「Lambda イベントソースマッピング」を参照してください。 AWS

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListEventSourceMappings」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-function-event-invoke-configs を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

非同期呼び出し設定のリストを表示するには

次のlist-function-event-invoke-configs例では、指定された関数の非同期呼び出し設定を一覧表示します。

aws lambda list-function-event-invoke-configs \ --function-name my-function

出力:

{ "FunctionEventInvokeConfigs": [ { "LastModified": 1577824406.719, "FunctionArn": "arn:aws:lambda:us-east-2:123456789012:function:my-function:GREEN", "MaximumRetryAttempts": 2, "MaximumEventAgeInSeconds": 1800 }, { "LastModified": 1577824396.653, "FunctionArn": "arn:aws:lambda:us-east-2:123456789012:function:my-function:BLUE", "MaximumRetryAttempts": 0, "MaximumEventAgeInSeconds": 3600 } ] }

次の例は、list-functions を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

Lambda 関数の一覧を取得するには

次の例 list-functions では、現在のユーザーのすべての関数を一覧表示します。

aws lambda list-functions

出力:

{ "Functions": [ { "TracingConfig": { "Mode": "PassThrough" }, "Version": "$LATEST", "CodeSha256": "dBG9m8SGdmlEjw/JYXlhhvCrAv5TxvXsbL/RMr0fT/I=", "FunctionName": "helloworld", "MemorySize": 128, "RevisionId": "1718e831-badf-4253-9518-d0644210af7b", "CodeSize": 294, "FunctionArn": "arn:aws:lambda:us-west-2:123456789012:function:helloworld", "Handler": "helloworld.handler", "Role": "arn:aws:iam::123456789012:role/service-role/MyTestFunction-role-zgur6bf4", "Timeout": 3, "LastModified": "2023-09-23T18:32:33.857+0000", "Runtime": "nodejs18.x", "Description": "" }, { "TracingConfig": { "Mode": "PassThrough" }, "Version": "$LATEST", "CodeSha256": "sU0cJ2/hOZevwV/lTxCuQqK3gDZP3i8gUoqUUVRmY6E=", "FunctionName": "my-function", "VpcConfig": { "SubnetIds": [], "VpcId": "", "SecurityGroupIds": [] }, "MemorySize": 256, "RevisionId": "93017fc9-59cb-41dc-901b-4845ce4bf668", "CodeSize": 266, "FunctionArn": "arn:aws:lambda:us-west-2:123456789012:function:my-function", "Handler": "index.handler", "Role": "arn:aws:iam::123456789012:role/service-role/helloWorldPython-role-uy3l9qyq", "Timeout": 3, "LastModified": "2023-10-01T16:47:28.490+0000", "Runtime": "nodejs18.x", "Description": "" }, { "Layers": [ { "CodeSize": 41784542, "Arn": "arn:aws:lambda:us-west-2:420165488524:layer:AWSLambda-Python37-SciPy1x:2" }, { "CodeSize": 4121, "Arn": "arn:aws:lambda:us-west-2:123456789012:layer:pythonLayer:1" } ], "TracingConfig": { "Mode": "PassThrough" }, "Version": "$LATEST", "CodeSha256": "ZQukCqxtkqFgyF2cU41Avj99TKQ/hNihPtDtRcc08mI=", "FunctionName": "my-python-function", "VpcConfig": { "SubnetIds": [], "VpcId": "", "SecurityGroupIds": [] }, "MemorySize": 128, "RevisionId": "80b4eabc-acf7-4ea8-919a-e874c213707d", "CodeSize": 299, "FunctionArn": "arn:aws:lambda:us-west-2:123456789012:function:my-python-function", "Handler": "lambda_function.lambda_handler", "Role": "arn:aws:iam::123456789012:role/service-role/my-python-function-role-z5g7dr6n", "Timeout": 3, "LastModified": "2023-10-01T19:40:41.643+0000", "Runtime": "python3.11", "Description": "" } ] }

詳細については、「AWS Lambda デベロッパーガイド」の「AWS Lambda 関数の設定」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListFunctions」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-layer-versions を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

AWS Lambda レイヤーのバージョンを一覧表示するには

次のlist-layers-versions例では、 という名前のレイヤーのバージョンに関する情報を表示しますmy-layer

aws lambda list-layer-versions \ --layer-name my-layer

出力:

{ "Layers": [ { "LayerVersionArn": "arn:aws:lambda:us-east-2:123456789012:layer:my-layer:2", "Version": 2, "Description": "My layer", "CreatedDate": "2023-11-15T00:37:46.592+0000", "CompatibleRuntimes": [ "python3.10", "python3.11" ] } ] }

詳細については、AWS 「Lambda デベロッパーガイド」の「Lambda レイヤー」を参照してください。 AWS

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListLayerVersions」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-layers を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

関数のランタイムと互換性のあるレイヤーを一覧表示するには

次のlist-layers例では、Python 3.11 ランタイムと互換性のあるレイヤーに関する情報を表示します。

aws lambda list-layers \ --compatible-runtime python3.11

出力:

{ "Layers": [ { "LayerName": "my-layer", "LayerArn": "arn:aws:lambda:us-east-2:123456789012:layer:my-layer", "LatestMatchingVersion": { "LayerVersionArn": "arn:aws:lambda:us-east-2:123456789012:layer:my-layer:2", "Version": 2, "Description": "My layer", "CreatedDate": "2023-11-15T00:37:46.592+0000", "CompatibleRuntimes": [ "python3.10", "python3.11" ] } } ] }

詳細については、AWS 「Lambda デベロッパーガイド」の「Lambda レイヤー」を参照してください。 AWS

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListLayers」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-provisioned-concurrency-configs を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

プロビジョニングされた同時実行設定のリストを取得する方法

次の list-provisioned-concurrency-configs の例では、指定された関数にプロビジョニングされた同時実行設定がリストされます。

aws lambda list-provisioned-concurrency-configs \ --function-name my-function

出力:

{ "ProvisionedConcurrencyConfigs": [ { "FunctionArn": "arn:aws:lambda:us-east-2:123456789012:function:my-function:GREEN", "RequestedProvisionedConcurrentExecutions": 100, "AvailableProvisionedConcurrentExecutions": 100, "AllocatedProvisionedConcurrentExecutions": 100, "Status": "READY", "LastModified": "2019-12-31T20:29:00+0000" }, { "FunctionArn": "arn:aws:lambda:us-east-2:123456789012:function:my-function:BLUE", "RequestedProvisionedConcurrentExecutions": 100, "AvailableProvisionedConcurrentExecutions": 100, "AllocatedProvisionedConcurrentExecutions": 100, "Status": "READY", "LastModified": "2019-12-31T20:28:49+0000" } ] }

次の例は、list-tags を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

Lambda 関数のタグのリストを取得する方法

次の list-tags の例では、my-function Lambda 関数にアタッチされたタグが表示されます。

aws lambda list-tags \ --resource arn:aws:lambda:us-west-2:123456789012:function:my-function

出力:

{ "Tags": { "Category": "Web Tools", "Department": "Sales" } }

詳細については、「AWS Lambda デベロッパーガイド」の「 Lambda 関数をタグ付けする」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListTags」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-versions-by-function を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

関数のバージョンのリストを取得する方法

次の list-versions-by-function の例は、my-function Lambda 関数のバージョンのリストが表示されます。

aws lambda list-versions-by-function \ --function-name my-function

出力:

{ "Versions": [ { "TracingConfig": { "Mode": "PassThrough" }, "Version": "$LATEST", "CodeSha256": "sU0cJ2/hOZevwV/lTxCuQqK3gDZP3i8gUoqUUVRmY6E=", "FunctionName": "my-function", "VpcConfig": { "SubnetIds": [], "VpcId": "", "SecurityGroupIds": [] }, "MemorySize": 256, "RevisionId": "93017fc9-59cb-41dc-901b-4845ce4bf668", "CodeSize": 266, "FunctionArn": "arn:aws:lambda:us-west-2:123456789012:function:my-function:$LATEST", "Handler": "index.handler", "Role": "arn:aws:iam::123456789012:role/service-role/helloWorldPython-role-uy3l9qyq", "Timeout": 3, "LastModified": "2019-10-01T16:47:28.490+0000", "Runtime": "nodejs10.x", "Description": "" }, { "TracingConfig": { "Mode": "PassThrough" }, "Version": "1", "CodeSha256": "5tT2qgzYUHoqwR616pZ2dpkn/0J1FrzJmlKidWaaCgk=", "FunctionName": "my-function", "VpcConfig": { "SubnetIds": [], "VpcId": "", "SecurityGroupIds": [] }, "MemorySize": 256, "RevisionId": "949c8914-012e-4795-998c-e467121951b1", "CodeSize": 304, "FunctionArn": "arn:aws:lambda:us-west-2:123456789012:function:my-function:1", "Handler": "index.handler", "Role": "arn:aws:iam::123456789012:role/service-role/helloWorldPython-role-uy3l9qyq", "Timeout": 3, "LastModified": "2019-09-26T20:28:40.438+0000", "Runtime": "nodejs10.x", "Description": "new version" }, { "TracingConfig": { "Mode": "PassThrough" }, "Version": "2", "CodeSha256": "sU0cJ2/hOZevwV/lTxCuQqK3gDZP3i8gUoqUUVRmY6E=", "FunctionName": "my-function", "VpcConfig": { "SubnetIds": [], "VpcId": "", "SecurityGroupIds": [] }, "MemorySize": 256, "RevisionId": "cd669f21-0f3d-4e1c-9566-948837f2e2ea", "CodeSize": 266, "FunctionArn": "arn:aws:lambda:us-west-2:123456789012:function:my-function:2", "Handler": "index.handler", "Role": "arn:aws:iam::123456789012:role/service-role/helloWorldPython-role-uy3l9qyq", "Timeout": 3, "LastModified": "2019-10-01T16:47:28.490+0000", "Runtime": "nodejs10.x", "Description": "newer version" } ] }

詳細については、AWS 「Lambda デベロッパーガイド」の「Lambda 関数エイリアスの設定」を参照してください。 AWS

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListVersionsByFunction」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、publish-layer-version を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

Lambda レイヤーバージョンを作成するには

次のpublish-layer-version例では、新しい Python ライブラリレイヤーバージョンを作成します。コマンドは、指定された S3 バケットlayer.zip内の という名前のレイヤーコンテンツを取得します。

aws lambda publish-layer-version \ --layer-name my-layer \ --description "My Python layer" \ --license-info "MIT" \ --content S3Bucket=lambda-layers-us-west-2-123456789012,S3Key=layer.zip \ --compatible-runtimes python3.10 python3.11

出力:

{ "Content": { "Location": "https://awslambda-us-west-2-layers.s3.us-west-2.amazonaws.com/snapshots/123456789012/my-layer-4aaa2fbb-ff77-4b0a-ad92-5b78a716a96a?versionId=27iWyA73cCAYqyH...", "CodeSha256": "tv9jJO+rPbXUUXuRKi7CwHzKtLDkDRJLB3cC3Z/ouXo=", "CodeSize": 169 }, "LayerArn": "arn:aws:lambda:us-west-2:123456789012:layer:my-layer", "LayerVersionArn": "arn:aws:lambda:us-west-2:123456789012:layer:my-layer:1", "Description": "My Python layer", "CreatedDate": "2023-11-14T23:03:52.894+0000", "Version": 1, "LicenseInfo": "MIT", "CompatibleRuntimes": [ "python3.10", "python3.11" ] }

詳細については、AWS 「Lambda デベロッパーガイド」の「Lambda レイヤー」を参照してください。 AWS

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスPublishLayerVersion」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、publish-version を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

関数の新しいバージョンを発行する方法

次の publish-version の例では、my-function Lambda 関数の新しいバージョンを発行します。

aws lambda publish-version \ --function-name my-function

出力:

{ "TracingConfig": { "Mode": "PassThrough" }, "CodeSha256": "dBG9m8SGdmlEjw/JYXlhhvCrAv5TxvXsbL/RMr0fT/I=", "FunctionName": "my-function", "CodeSize": 294, "RevisionId": "f31d3d39-cc63-4520-97d4-43cd44c94c20", "MemorySize": 128, "FunctionArn": "arn:aws:lambda:us-west-2:123456789012:function:my-function:3", "Version": "2", "Role": "arn:aws:iam::123456789012:role/service-role/MyTestFunction-role-zgur6bf4", "Timeout": 3, "LastModified": "2019-09-23T18:32:33.857+0000", "Handler": "my-function.handler", "Runtime": "nodejs10.x", "Description": "" }

詳細については、AWS 「Lambda デベロッパーガイド」の「Lambda 関数エイリアスの設定」を参照してください。 AWS

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスPublishVersion」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、put-function-concurrency を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

関数に予約済み同時実行制限を設定する方法

次の put-function-concurrency の例では、my-function 関数に 100 個の予約済み同時実行数を設定します。

aws lambda put-function-concurrency \ --function-name my-function \ --reserved-concurrent-executions 100

出力:

{ "ReservedConcurrentExecutions": 100 }

詳細については、「AWS Lambda デベロッパーガイド」の「Lambda 関数の同時実行数を予約する」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスPutFunctionConcurrency」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、put-function-event-invoke-config を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

非同期呼び出しのエラー処理を設定するには

次のput-function-event-invoke-config例では、最大イベント有効期間を 1 時間に設定し、指定された関数の再試行を無効にします。

aws lambda put-function-event-invoke-config \ --function-name my-function \ --maximum-event-age-in-seconds 3600 \ --maximum-retry-attempts 0

出力:

{ "LastModified": 1573686021.479, "FunctionArn": "arn:aws:lambda:us-east-2:123456789012:function:my-function:$LATEST", "MaximumRetryAttempts": 0, "MaximumEventAgeInSeconds": 3600, "DestinationConfig": { "OnSuccess": {}, "OnFailure": {} } }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスPutFunctionEventInvokeConfig」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、put-provisioned-concurrency-config を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

プロビジョニングされた同時実行数を配分する方法

次の put-provisioned-concurrency-config の例では、指定した関数の BLUE エイリアスに 100 個のプロビジョニングされた同時実行数を割り当てます。

aws lambda put-provisioned-concurrency-config \ --function-name my-function \ --qualifier BLUE \ --provisioned-concurrent-executions 100

出力:

{ "Requested ProvisionedConcurrentExecutions": 100, "Allocated ProvisionedConcurrentExecutions": 0, "Status": "IN_PROGRESS", "LastModified": "2019-11-21T19:32:12+0000" }

次の例は、remove-layer-version-permission を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

レイヤーバージョンのアクセス許可を削除するには

次のremove-layer-version-permission例では、アカウントがレイヤーバージョンを設定するためのアクセス許可を削除します。

aws lambda remove-layer-version-permission \ --layer-name my-layer \ --statement-id xaccount \ --version-number 1

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、AWS 「Lambda デベロッパーガイド」の「Lambda レイヤー」を参照してください。 AWS

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスRemoveLayerVersionPermission」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、remove-permission を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

既存の Lambda 関数から許可を削除する方法

次の remove-permission の例では、my-function という名前の関数を呼び出す許可を削除します。

aws lambda remove-permission \ --function-name my-function \ --statement-id sns

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、AWS 「Lambda デベロッパーガイド」の「Lambda のリソースベースのポリシーの使用」を参照してください。 AWS

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスRemovePermission」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、tag-resource を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

既存の Lambda 関数にタグを追加する方法

次の tag-resource の例では、指定した Lambda 関数に DEPARTMENT のキー名と Department A の値を持つタグを追加します。

aws lambda tag-resource \ --resource arn:aws:lambda:us-west-2:123456789012:function:my-function \ --tags "DEPARTMENT=Department A"

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、「AWS Lambda デベロッパーガイド」の「 Lambda 関数をタグ付けする」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスTagResource」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、untag-resource を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

既存の Lambda 関数からタグを削除する方法

次の untag-resource の例では、DEPARTMENT タグというキー名のタグを my-function Lambda 関数から削除します。

aws lambda untag-resource \ --resource arn:aws:lambda:us-west-2:123456789012:function:my-function \ --tag-keys DEPARTMENT

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、「AWS Lambda デベロッパーガイド」の「 Lambda 関数をタグ付けする」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUntagResource」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、update-alias を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

関数エイリアスを更新する方法

次の update-alias の例では、my-function Lambda 関数のバージョン 3 を参照するように、LIVE という名前のエイリアスを更新します。

aws lambda update-alias \ --function-name my-function \ --function-version 3 \ --name LIVE

出力:

{ "FunctionVersion": "3", "Name": "LIVE", "AliasArn": "arn:aws:lambda:us-west-2:123456789012:function:my-function:LIVE", "RevisionId": "594f41fb-b85f-4c20-95c7-6ca5f2a92c93", "Description": "alias for live version of function" }

詳細については、AWS 「Lambda デベロッパーガイド」の「Lambda 関数エイリアスの設定」を参照してください。 AWS

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUpdateAlias」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、update-event-source-mapping を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

イベントソースと AWS Lambda 関数間のマッピングを更新するには

次のupdate-event-source-mapping例では、指定されたマッピングでバッチサイズを 8 に更新します。

aws lambda update-event-source-mapping \ --uuid "a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-11111EXAMPLE" \ --batch-size 8

出力:

{ "UUID": "a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-11111EXAMPLE", "StateTransitionReason": "USER_INITIATED", "LastModified": 1569284520.333, "BatchSize": 8, "State": "Updating", "FunctionArn": "arn:aws:lambda:us-west-2:123456789012:function:my-function", "EventSourceArn": "arn:aws:sqs:us-west-2:123456789012:mySQSqueue" }

詳細については、AWS 「Lambda デベロッパーガイド」の「Lambda イベントソースマッピング」を参照してください。 AWS

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUpdateEventSourceMapping」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、update-function-code を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

Lambda 関数のコードを更新するには

次の例 update-function-code では、未公開 ($LATEST) バージョンの my-function 関数のコードを、指定した zip ファイルの内容に置き換えます。

aws lambda update-function-code \ --function-name my-function \ --zip-file fileb://my-function.zip

出力:

{ "FunctionName": "my-function", "LastModified": "2019-09-26T20:28:40.438+0000", "RevisionId": "e52502d4-9320-4688-9cd6-152a6ab7490d", "MemorySize": 256, "Version": "$LATEST", "Role": "arn:aws:iam::123456789012:role/service-role/my-function-role-uy3l9qyq", "Timeout": 3, "Runtime": "nodejs10.x", "TracingConfig": { "Mode": "PassThrough" }, "CodeSha256": "5tT2qgzYUHaqwR716pZ2dpkn/0J1FrzJmlKidWoaCgk=", "Description": "", "VpcConfig": { "SubnetIds": [], "VpcId": "", "SecurityGroupIds": [] }, "CodeSize": 304, "FunctionArn": "arn:aws:lambda:us-west-2:123456789012:function:my-function", "Handler": "index.handler" }

詳細については、「AWS Lambda デベロッパーガイド」の「AWS Lambda 関数の設定」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUpdateFunctionCode」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、update-function-configuration を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

関数の設定を変更するには

次のupdate-function-configuration の例では、未公開 ($LATEST) バージョンの my-function 関数のメモリサイズを 256 MB に変更しています。

aws lambda update-function-configuration \ --function-name my-function \ --memory-size 256

出力:

{ "FunctionName": "my-function", "LastModified": "2019-09-26T20:28:40.438+0000", "RevisionId": "e52502d4-9320-4688-9cd6-152a6ab7490d", "MemorySize": 256, "Version": "$LATEST", "Role": "arn:aws:iam::123456789012:role/service-role/my-function-role-uy3l9qyq", "Timeout": 3, "Runtime": "nodejs10.x", "TracingConfig": { "Mode": "PassThrough" }, "CodeSha256": "5tT2qgzYUHaqwR716pZ2dpkn/0J1FrzJmlKidWoaCgk=", "Description": "", "VpcConfig": { "SubnetIds": [], "VpcId": "", "SecurityGroupIds": [] }, "CodeSize": 304, "FunctionArn": "arn:aws:lambda:us-west-2:123456789012:function:my-function", "Handler": "index.handler" }

詳細については、「AWS Lambda デベロッパーガイド」の「AWS Lambda 関数の設定」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUpdateFunctionConfiguration」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、update-function-event-invoke-config を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

非同期呼び出し設定を更新するには

次のupdate-function-event-invoke-config例では、指定された関数の既存の非同期呼び出し設定に障害発生時の送信先を追加します。

aws lambda update-function-event-invoke-config \ --function-name my-function \ --destination-config '{"OnFailure":{"Destination": "arn:aws:sqs:us-east-2:123456789012:destination"}}'

出力:

{ "LastModified": 1573687896.493, "FunctionArn": "arn:aws:lambda:us-east-2:123456789012:function:my-function:$LATEST", "MaximumRetryAttempts": 0, "MaximumEventAgeInSeconds": 3600, "DestinationConfig": { "OnSuccess": {}, "OnFailure": { "Destination": "arn:aws:sqs:us-east-2:123456789012:destination" } } }