CloudWatch SDK for JavaScript (v3) を使用した の例 - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

CloudWatch SDK for JavaScript (v3) を使用した の例

次のコード例は、 で AWS SDK for JavaScript (v3) を使用してアクションを実行し、一般的なシナリオを実装する方法を示しています CloudWatch。

アクションはより大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。アクションは個々のサービス機能を呼び出す方法を示していますが、関連するシナリオやサービス間の例ではアクションのコンテキストが確認できます。

「シナリオ」は、同じサービス内で複数の関数を呼び出して、特定のタスクを実行する方法を示すコード例です。

各例には、 へのリンクが含まれています。このリンクには GitHub、コンテキスト内でコードをセットアップして実行する方法の手順が記載されています。

トピック

アクション

次の例は、DeleteAlarms を使用する方法を説明しています。

SDK for JavaScript (v3)
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。完全な例を見つけて、AWS コード例リポジトリでの設定と実行の方法を確認してください。

SDK モジュールとクライアントモジュールをインポートし、API を呼び出します。

import { DeleteAlarmsCommand } from "@aws-sdk/client-cloudwatch"; import { client } from "../libs/client.js"; const run = async () => { const command = new DeleteAlarmsCommand({ AlarmNames: [process.env.CLOUDWATCH_ALARM_NAME], // Set the value of CLOUDWATCH_ALARM_NAME to the name of an existing alarm. }); try { return await client.send(command); } catch (err) { console.error(err); } }; export default run();

別のモジュールでクライアントを作成し、エクスポートします。

import { CloudWatchClient } from "@aws-sdk/client-cloudwatch"; export const client = new CloudWatchClient({});
SDK for JavaScript (v2)
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。完全な例を見つけて、AWS コード例リポジトリでの設定と実行の方法を確認してください。

SDK モジュールとクライアントモジュールをインポートし、API を呼び出します。

// Load the AWS SDK for Node.js var AWS = require("aws-sdk"); // Set the region AWS.config.update({ region: "REGION" }); // Create CloudWatch service object var cw = new AWS.CloudWatch({ apiVersion: "2010-08-01" }); var params = { AlarmNames: ["Web_Server_CPU_Utilization"], }; cw.deleteAlarms(params, function (err, data) { if (err) { console.log("Error", err); } else { console.log("Success", data); } });
  • 詳細については、AWS SDK for JavaScript デベロッパーガイドを参照してください。

  • API の詳細については、「 API リファレンスDeleteAlarms」の「」を参照してください。 AWS SDK for JavaScript

次の例は、DescribeAlarmsForMetric を使用する方法を説明しています。

SDK for JavaScript (v3)
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。完全な例を見つけて、AWS コード例リポジトリでの設定と実行の方法を確認してください。

SDK モジュールとクライアントモジュールをインポートし、API を呼び出します。

import { DescribeAlarmsCommand } from "@aws-sdk/client-cloudwatch"; import { client } from "../libs/client.js"; const run = async () => { const command = new DescribeAlarmsCommand({ AlarmNames: [process.env.CLOUDWATCH_ALARM_NAME], // Set the value of CLOUDWATCH_ALARM_NAME to the name of an existing alarm. }); try { return await client.send(command); } catch (err) { console.error(err); } }; export default run();

別のモジュールでクライアントを作成し、エクスポートします。

import { CloudWatchClient } from "@aws-sdk/client-cloudwatch"; export const client = new CloudWatchClient({});
SDK for JavaScript (v2)
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。用例一覧を検索し、AWS コードサンプルリポジトリでの設定と実行の方法を確認してください。

// Load the AWS SDK for Node.js var AWS = require("aws-sdk"); // Set the region AWS.config.update({ region: "REGION" }); // Create CloudWatch service object var cw = new AWS.CloudWatch({ apiVersion: "2010-08-01" }); cw.describeAlarms({ StateValue: "INSUFFICIENT_DATA" }, function (err, data) { if (err) { console.log("Error", err); } else { // List the names of all current alarms in the console data.MetricAlarms.forEach(function (item, index, array) { console.log(item.AlarmName); }); } });

次の例は、DisableAlarmActions を使用する方法を説明しています。

SDK for JavaScript (v3)
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。完全な例を見つけて、AWS コード例リポジトリでの設定と実行の方法を確認してください。

SDK モジュールとクライアントモジュールをインポートし、API を呼び出します。

import { DisableAlarmActionsCommand } from "@aws-sdk/client-cloudwatch"; import { client } from "../libs/client.js"; const run = async () => { const command = new DisableAlarmActionsCommand({ AlarmNames: process.env.CLOUDWATCH_ALARM_NAME, // Set the value of CLOUDWATCH_ALARM_NAME to the name of an existing alarm. }); try { return await client.send(command); } catch (err) { console.error(err); } }; export default run();

別のモジュールでクライアントを作成し、エクスポートします。

import { CloudWatchClient } from "@aws-sdk/client-cloudwatch"; export const client = new CloudWatchClient({});
SDK for JavaScript (v2)
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。完全な例を見つけて、AWS コード例リポジトリでの設定と実行の方法を確認してください。

SDK モジュールとクライアントモジュールをインポートし、API を呼び出します。

// Load the AWS SDK for Node.js var AWS = require("aws-sdk"); // Set the region AWS.config.update({ region: "REGION" }); // Create CloudWatch service object var cw = new AWS.CloudWatch({ apiVersion: "2010-08-01" }); cw.disableAlarmActions( { AlarmNames: ["Web_Server_CPU_Utilization"] }, function (err, data) { if (err) { console.log("Error", err); } else { console.log("Success", data); } } );
  • 詳細については、AWS SDK for JavaScript デベロッパーガイドを参照してください。

  • API の詳細については、「 API リファレンスDisableAlarmActions」の「」を参照してください。 AWS SDK for JavaScript

次の例は、EnableAlarmActions を使用する方法を説明しています。

SDK for JavaScript (v3)
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。完全な例を見つけて、AWS コード例リポジトリでの設定と実行の方法を確認してください。

SDK モジュールとクライアントモジュールをインポートし、API を呼び出します。

import { EnableAlarmActionsCommand } from "@aws-sdk/client-cloudwatch"; import { client } from "../libs/client.js"; const run = async () => { const command = new EnableAlarmActionsCommand({ AlarmNames: [process.env.CLOUDWATCH_ALARM_NAME], // Set the value of CLOUDWATCH_ALARM_NAME to the name of an existing alarm. }); try { return await client.send(command); } catch (err) { console.error(err); } }; export default run();

別のモジュールでクライアントを作成し、エクスポートします。

import { CloudWatchClient } from "@aws-sdk/client-cloudwatch"; export const client = new CloudWatchClient({});
SDK for JavaScript (v2)
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。完全な例を見つけて、AWS コード例リポジトリでの設定と実行の方法を確認してください。

SDK モジュールとクライアントモジュールをインポートし、API を呼び出します。

// Load the AWS SDK for Node.js var AWS = require("aws-sdk"); // Set the region AWS.config.update({ region: "REGION" }); // Create CloudWatch service object var cw = new AWS.CloudWatch({ apiVersion: "2010-08-01" }); var params = { AlarmName: "Web_Server_CPU_Utilization", ComparisonOperator: "GreaterThanThreshold", EvaluationPeriods: 1, MetricName: "CPUUtilization", Namespace: "AWS/EC2", Period: 60, Statistic: "Average", Threshold: 70.0, ActionsEnabled: true, AlarmActions: ["ACTION_ARN"], AlarmDescription: "Alarm when server CPU exceeds 70%", Dimensions: [ { Name: "InstanceId", Value: "INSTANCE_ID", }, ], Unit: "Percent", }; cw.putMetricAlarm(params, function (err, data) { if (err) { console.log("Error", err); } else { console.log("Alarm action added", data); var paramsEnableAlarmAction = { AlarmNames: [params.AlarmName], }; cw.enableAlarmActions(paramsEnableAlarmAction, function (err, data) { if (err) { console.log("Error", err); } else { console.log("Alarm action enabled", data); } }); } });
  • 詳細については、AWS SDK for JavaScript デベロッパーガイドを参照してください。

  • API の詳細については、「 API リファレンスEnableAlarmActions」の「」を参照してください。 AWS SDK for JavaScript

次の例は、ListMetrics を使用する方法を説明しています。

SDK for JavaScript (v3)
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。完全な例を見つけて、AWS コード例リポジトリでの設定と実行の方法を確認してください。

SDK モジュールとクライアントモジュールをインポートし、API を呼び出します。

import { ListMetricsCommand } from "@aws-sdk/client-cloudwatch"; import { client } from "../libs/client.js"; export const main = () => { // Use the AWS console to see available namespaces and metric names. Custom metrics can also be created. // https://docs.aws.amazon.com/AmazonCloudWatch/latest/monitoring/viewing_metrics_with_cloudwatch.html const command = new ListMetricsCommand({ Dimensions: [ { Name: "LogGroupName", }, ], MetricName: "IncomingLogEvents", Namespace: "AWS/Logs", }); return client.send(command); };

別のモジュールでクライアントを作成し、エクスポートします。

import { CloudWatchClient } from "@aws-sdk/client-cloudwatch"; export const client = new CloudWatchClient({});
SDK for JavaScript (v2)
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。用例一覧を検索し、AWS コードサンプルリポジトリでの設定と実行の方法を確認してください。

// Load the AWS SDK for Node.js var AWS = require("aws-sdk"); // Set the region AWS.config.update({ region: "REGION" }); // Create CloudWatch service object var cw = new AWS.CloudWatch({ apiVersion: "2010-08-01" }); var params = { Dimensions: [ { Name: "LogGroupName" /* required */, }, ], MetricName: "IncomingLogEvents", Namespace: "AWS/Logs", }; cw.listMetrics(params, function (err, data) { if (err) { console.log("Error", err); } else { console.log("Metrics", JSON.stringify(data.Metrics)); } });

次の例は、PutMetricAlarm を使用する方法を説明しています。

SDK for JavaScript (v3)
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。完全な例を見つけて、AWS コード例リポジトリでの設定と実行の方法を確認してください。

SDK モジュールとクライアントモジュールをインポートし、API を呼び出します。

import { PutMetricAlarmCommand } from "@aws-sdk/client-cloudwatch"; import { client } from "../libs/client.js"; const run = async () => { // This alarm triggers when CPUUtilization exceeds 70% for one minute. const command = new PutMetricAlarmCommand({ AlarmName: process.env.CLOUDWATCH_ALARM_NAME, // Set the value of CLOUDWATCH_ALARM_NAME to the name of an existing alarm. ComparisonOperator: "GreaterThanThreshold", EvaluationPeriods: 1, MetricName: "CPUUtilization", Namespace: "AWS/EC2", Period: 60, Statistic: "Average", Threshold: 70.0, ActionsEnabled: false, AlarmDescription: "Alarm when server CPU exceeds 70%", Dimensions: [ { Name: "InstanceId", Value: process.env.EC2_INSTANCE_ID, // Set the value of EC_INSTANCE_ID to the Id of an existing Amazon EC2 instance. }, ], Unit: "Percent", }); try { return await client.send(command); } catch (err) { console.error(err); } }; export default run();

別のモジュールでクライアントを作成し、エクスポートします。

import { CloudWatchClient } from "@aws-sdk/client-cloudwatch"; export const client = new CloudWatchClient({});
SDK for JavaScript (v2)
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。用例一覧を検索し、AWS コードサンプルリポジトリでの設定と実行の方法を確認してください。

// Load the AWS SDK for Node.js var AWS = require("aws-sdk"); // Set the region AWS.config.update({ region: "REGION" }); // Create CloudWatch service object var cw = new AWS.CloudWatch({ apiVersion: "2010-08-01" }); var params = { AlarmName: "Web_Server_CPU_Utilization", ComparisonOperator: "GreaterThanThreshold", EvaluationPeriods: 1, MetricName: "CPUUtilization", Namespace: "AWS/EC2", Period: 60, Statistic: "Average", Threshold: 70.0, ActionsEnabled: false, AlarmDescription: "Alarm when server CPU exceeds 70%", Dimensions: [ { Name: "InstanceId", Value: "INSTANCE_ID", }, ], Unit: "Percent", }; cw.putMetricAlarm(params, function (err, data) { if (err) { console.log("Error", err); } else { console.log("Success", data); } });

次の例は、PutMetricData を使用する方法を説明しています。

SDK for JavaScript (v3)
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。完全な例を見つけて、AWS コード例リポジトリでの設定と実行の方法を確認してください。

SDK モジュールとクライアントモジュールをインポートし、API を呼び出します。

import { PutMetricDataCommand } from "@aws-sdk/client-cloudwatch"; import { client } from "../libs/client.js"; const run = async () => { // See https://docs.aws.amazon.com/AmazonCloudWatch/latest/APIReference/API_PutMetricData.html#API_PutMetricData_RequestParameters // and https://docs.aws.amazon.com/AmazonCloudWatch/latest/monitoring/publishingMetrics.html // for more information about the parameters in this command. const command = new PutMetricDataCommand({ MetricData: [ { MetricName: "PAGES_VISITED", Dimensions: [ { Name: "UNIQUE_PAGES", Value: "URLS", }, ], Unit: "None", Value: 1.0, }, ], Namespace: "SITE/TRAFFIC", }); try { return await client.send(command); } catch (err) { console.error(err); } }; export default run();

別のモジュールでクライアントを作成し、エクスポートします。

import { CloudWatchClient } from "@aws-sdk/client-cloudwatch"; export const client = new CloudWatchClient({});
SDK for JavaScript (v2)
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。用例一覧を検索し、AWS コードサンプルリポジトリでの設定と実行の方法を確認してください。

// Load the AWS SDK for Node.js var AWS = require("aws-sdk"); // Set the region AWS.config.update({ region: "REGION" }); // Create CloudWatch service object var cw = new AWS.CloudWatch({ apiVersion: "2010-08-01" }); // Create parameters JSON for putMetricData var params = { MetricData: [ { MetricName: "PAGES_VISITED", Dimensions: [ { Name: "UNIQUE_PAGES", Value: "URLS", }, ], Unit: "None", Value: 1.0, }, ], Namespace: "SITE/TRAFFIC", }; cw.putMetricData(params, function (err, data) { if (err) { console.log("Error", err); } else { console.log("Success", JSON.stringify(data)); } });