に接続 AWS CodeCommit リポジトリ - AWS CodeCommit

に接続 AWS CodeCommit リポジトリ

はじめて CodeCommit リポジトリに接続するときは、通常、ローカルマシンにその内容のクローンを作成します。CodeCommit コンソールから直接、リポジトリのファイルの追加や、ファイルの編集を行うことができます。ローカルリポジトリが既にある場合は、CodeCommit リポジトリをリモートとして追加することもできます。このトピックでは、CodeCommit リポジトリ に接続する手順について説明します。既存のリポジトリを CodeCommit に移行する方法については、「CodeCommit に移行する」を参照してください。

注記

使用状況によっては、リポジトリの作成またはアクセスに対して課金される場合があります。詳細については、CodeCommit 製品情報ページの「料金表」を参照してください。

に接続するための前提条件 CodeCommit リポジトリ

CodeCommit リポジトリのクローンを作成するか、ローカルリポジトリを CodeCommit リポジトリ に接続するには、以下の操作を行います。

  • ローカルコンピュータで、CodeCommit への接続に必要なソフトウェアなどの設定を行う必要があります。これには、Git のインストールと設定が含まれます。詳細については、「セットアップ 」および「Git と を使い始める AWS CodeCommit」を参照してください。

  • 接続先の CodeCommit リポジトリ のクローン URL を指定します。詳細については、リポジトリの詳細の表示 を参照してください。

    CodeCommit リポジトリ が作成されていない場合は、「 リポジトリを作成する」の手順に従って、新しい CodeCommit リポジトリ のクローン URL をコピーし、このページに戻ります。

    CodeCommit リポジトリ は作成されているが、リポジトリ名が不明な場合は、「リポジトリの詳細の表示」の手順を行います。

  • 接続する CodeCommit リポジトリ のローカルコピーを保存するには、ローカルマシン上の場所を指定する必要があります。(このローカルコピーは CodeCommit リポジトリ は、 ローカル repo.) 次に、その場所からGitコマンドに切り替えて実行します。たとえば、テスト目的で一時的にクローンを作成する場合は、/tmp (Linux, macOS, or Unix の場合) または c:\temp (Windows の場合) を使用します。これは、これらの例で使用されるディレクトリパスです。

    注記

    任意のディレクトリを使用することができます。長期間使用するためにリポジトリのクローンを作成する場合は、作業ディレクトリからクローンを作成することを検討し、一時ファイルには使用しないでください。/tmp または c:\temp 以外のディレクトリを使用している場合は、これらの手順を行うときにそのディレクトリを置き換えてください。

_に接続 CodeCommit リポジトリ複製によるリポジトリ

ローカルリポジトリが作成されていない場合は、この手順のステップを実行して、CodeCommit リポジトリのクローンをローカルマシンに作成します。

  1. 前提条件 (例: セットアップ ) を完了します。

    重要

    セットアップが完了していない場合は、リポジトリへの接続や、クローンの作成を行うことはできません。

  2. /tmp ディレクトリまたは c:\temp ディレクトリから、Git を使用して clone コマンドを実行します。次の例は、MyDemoRepo を 米国東部 (オハイオ) 地域。

    Git 認証情報を使用した HTTPS の場合、または AWS CLI に含まれている認証情報ヘルパーの場合:

    git clone https://git-codecommit.us-east-2.amazonaws.com/v1/repos/MyDemoRepo my-demo-repo

    git-remote-codecommit を使用した HTTPS の場合 (AWS CLI でデフォルトのプロファイルと AWS リージョンが設定されていると仮定):

    git clone codecommit://MyDemoRepo my-demo-repo

    SSH の場合:

    git clone ssh://git-codecommit.us-east-2.amazonaws.com/v1/repos/MyDemoRepo my-demo-repo

    この例では、git-codecommit.us-east-2.amazonaws.com は、リポジトリが存在する 米国東部 (オハイオ) リージョンの Git の接続ポイントです。MyDemoRepo は CodeCommit リポジトリ の名前、my-demo-repo は Git によって /tmp ディレクトリ、または c:\temp ディレクトリに作成されるディレクトリ名を表します。CodeCommit をサポートする AWS リージョンや、このような AWS リージョンでの Git 接続の詳細については、「地域およびGit接続エンドポイント」を参照してください。

    注記

    Windows オペレーティングシステムで SSH を使用してリポジトリのクローンを作成する場合は、次のように SSH キー ID を接続文字列に追加する必要があります。

    git clone ssh://Your-SSH-Key-ID@git-codecommit.us-east-2.amazonaws.com/v1/repos/MyDemoRepo my-demo-repo

    詳細については、「Windows の SSH 接続の場合」および「トラブルシューティング」を参照してください。

    Git でディレクトリが作成されたら、その新しく作成されたディレクトリに CodeCommit リポジトリ のコピーをダウンロードします。

    CodeCommit リポジトリが新しく作成された場合、または空の場合は、空のリポジトリのクローンを作成中である旨のメッセージが表示されます。これは通常の動作です。

    注記

    Git で CodeCommit リポジトリ が見つからない、または CodeCommit リポジトリ に接続するためのアクセス許可が付与されていないことを表すエラーが表示された場合は、「前提条件」を満たしていることを確認してください。この前提条件には、IAM ユーザーへのアクセス許可の割り当てや、ローカルマシンでの Git や CodeCommit の IAM ユーザー認証情報のセットアップなどが含まれます。また、指定したリポジトリ名が正しいことを確認します。

ローカル repo から CodeCommit リポジトリ に正常に接続されたら、ローカル repo から Git コマンドを実行して、コミットやブランチ、タグを作成できるだけでなく、CodeCommit リポジトリ からのプッシュおよびプルを行うことができます。

ローカルレポを CodeCommit リポジトリ

ローカルリポジトリが既に作成されており、リモートリポジトリとして CodeCommit リポジトリを追加するには、次のステップを完了します。リモートリポジトリが既に作成されており、CodeCommit リポジトリやその他のリモートリポジトリにコミットをプッシュするには、「2つのリポジトリにプッシュ・コミット」のステップを行います。

  1. 前提条件」を完了します。

  2. コマンドプロンプトまたはターミナルより、ローカルリポジトリに切り替えて git remote add コマンドを実行し、ローカルリポジトリのリモートリポジトリとして CodeCommit リポジトリを追加します。

    たとえば、以下のコマンドは origin フラグをパーティション https://git-codecommit.us-east-2.amazonaws.com/v1/repos/MyDemoRepo に追加します。

    HTTPS の場合:

    git remote add origin https://git-codecommit.us-east-2.amazonaws.com/v1/repos/MyDemoRepo

    SSH の場合:

    git remote add origin ssh://git-codecommit.us-east-2.amazonaws.com/v1/repos/MyDemoRepo

    このコマンドは何も返しません。

  3. ローカルリポジトリのリモートとして、CodeCommit リポジトリが追加されたことを確認するには、git remote -v コマンドを実行します。その結果、次のように出力されます。

    HTTPS の場合:

    origin https://git-codecommit.us-east-2.amazonaws.com/v1/repos/MyDemoRepo (fetch) origin https://git-codecommit.us-east-2.amazonaws.com/v1/repos/MyDemoRepo (push)

    SSH の場合:

    origin ssh://git-codecommit.us-east-2.amazonaws.com/v1/repos/MyDemoRepo (fetch) origin ssh://git-codecommit.us-east-2.amazonaws.com/v1/repos/MyDemoRepo (push)

ローカル repo から CodeCommit リポジトリ に正常に接続されたら、ローカル repo から Git コマンドを実行して、コミットやブランチ、タグを作成できるだけでなく、CodeCommit リポジトリ からのプッシュおよびプルを行うことができます。