AWS CodeCommit のトラブルシューティング - AWS CodeCommit

AWS CodeCommit のトラブルシューティング

以下の情報は、AWS CodeCommit での一般的な問題のトラブルシューティングに役立ちます。

デバッグを有効にする

問題: デバッグを有効にして、リポジトリの詳細と Git でコマンドが実行される様子を確認したい

解決方法: 以下をお試しください。

  1. ローカルマシンのターミナルまたはコマンドプロンプトから、以下のコマンドを実行してから Git コマンドを実行します。

    Linux, macOS, or Unix の場合

    export GIT_TRACE_PACKET=1 export GIT_TRACE=1 export GIT_CURL_VERBOSE=1

    Windows の場合:

    set GIT_TRACE_PACKET=1 set GIT_TRACE=1 set GIT_CURL_VERBOSE=1
    注記

    HTTPS 接続のみにするには、GIT_CURL_VERBOSE に設定する方法が便利です。SSH では、libcurl ライブラリは使用しません。

  2. Git リポジトリの詳細を取得するには、次のようなシェルスクリプトを作成し、続いてスクリプトを実行します。

    #!/bin/sh gc_output=`script -q -c 'git gc' | grep Total` object_count=$(echo $gc_output | awk -F ' |\(|\)' '{print $2}') delta_count=$(echo $gc_output | awk -F ' |\(|\)' '{print $5}') verify_pack_output=`git verify-pack -v objects/pack/pack-*.pack .git/objects/pack/pack-*.pack 2>/dev/null` largest_object=$(echo "$verify_pack_output" | grep blob | sort -k3nr | head -n 1 | awk '{print $3/1024" KiB"}') largest_commit=$(echo "$verify_pack_output" | grep 'tree\|commit\|tag' | sort -k3nr | head -n 1 | awk '{print $3/1024" KiB"}') longest_delta_chain=$(echo "$verify_pack_output" | grep chain | tail -n 1 | awk -F ' |:' '{print $4}') branch_count=`git branch -a | grep remotes/origin | grep -v HEAD | wc -l` if [ $branch_count -eq 0 ]; then branch_count=`git branch -l | wc -l` fi echo "Size: `git count-objects -v | grep size-pack | awk '{print $2}'` KiB" echo "Branches: $branch_count" echo "Tags: `git show-ref --tags | wc -l`" echo "Commits: `git rev-list --all | wc -l`" echo "Objects: $object_count" echo "Delta objects: $delta_count" echo "Largest blob: $largest_object" echo "Largest commit/tag/tree: $largest_commit" echo "Longest delta chain: $longest_delta_chain"
  3. お使いの環境での問題を解決する上で、これらのステップでは情報が不十分な場合は、「AWS CodeCommit フォーラム」にお問い合わせください。その際、これらのステップで表示された内容を必ずお問い合わせ内容に記載してください。