AWS CodeCommit でブランチを作成する - AWS CodeCommit

AWS CodeCommit でブランチを作成する

CodeCommit コンソールまたは AWS CLI を使用してリポジトリのブランチを作成できます。これは、デフォルトのブランチの作業に影響を与えることなく、新しいバージョンまたは異なるバージョンのファイルで作業をすばやく個別に行う方法です。CodeCommit コンソールでブランチを作成したら、その変更をローカルリポジトリにプルする必要があります。または、CodeCommit に接続されたローカルリポジトリから Git を使用してブランチをローカルに作成し、その変更をプッシュすることもできます。

ブランチを作成する (コンソール)

CodeCommit コンソールを使用して CodeCommit リポジトリにブランチを作成できます。ユーザーが次に変更をリポジトリからプルするときに、新しいブランチが表示されます。

  1. https://console.aws.amazon.com/codesuite/codecommit/home で CodeCommit コンソールを開きます。

  2. リポジトリで、ブランチを作成するリポジトリの名前を選択します。

  3. ナビゲーションペインで、[Branches] を選択します。

  4. [Create branch] を選択します。

    
            CodeCommit コンソールでブランチを作成します。

    [Branch name (ブランチ名)] にブランチの名前を入力します。[Branch from (ブランチ元)] で、リストからブランチまたはタグを選択するか、コミット ID を貼り付けます。[Create branch] を選択します。

ブランチを作成する (Git)

以下の手順に従って、ローカルリポジトリから Git を使用してローカルリポジトリにブランチを作成して、そのブランチを CodeCommit リポジトリにプッシュします。

これらのステップでは、ローカルリポジトリが既に CodeCommit リポジトリに接続されていることを前提としています。手順については、「リポジトリへの接続」を参照してください。

  1. git checkout -b new-branch-name コマンドを実行してローカルリポジトリにブランチを作成します。ここで、new-branch-name は新しいブランチの名前を表します。

    例えば、次のコマンドでは、MyNewBranch という名前のブランチがローカルリポジトリに作成されます。

    git checkout -b MyNewBranch
  2. ローカルリポジトリから CodeCommit リポジトリに新しいブランチをプッシュするには、remote-namenew-branch-name を両方とも指定して git push コマンドを実行します。

    例えば、origin というニックネームの CodeCommit リポジトリに、ローカルリポジトリの MyNewBranch という名前の新しいブランチをプッシュするには、次のようにします。

    git push origin MyNewBranch
注記

-u オプションを git push (例: git push -u origin main) に追加すると、今後 remote-name branch-name なしで git push を実行できます。アップストリーム追跡情報が設定されます。アップストリーム追跡情報を取得するには、git remote show remote-name (例: git remote show origin) を実行します。

ローカルとリモートのすべての追跡ブランチのリストを見るには、git branch --all を実行してください。

CodeCommit リポジトリ内のブランチに接続されているローカルリポジトリにブランチを設定するには、git checkout remote-branch-name を実行します。

他のオプションについては、Git のドキュメントを参照してください。

ブランチを作成する (AWS CLI)

CodeCommit で AWS CLI コマンドを使用するには、AWS CLI をインストールします。詳細については、「コマンドラインリファレンス」を参照してください。

以下の手順に従って、AWS CLI を使用して CodeCommit リポジトリにブランチを作成し、そのブランチを CodeCommit リポジトリにプッシュします。最初のコミットを作成し、空のリポジトリのデフォルトブランチの名前を指定する手順については、「AWS CLI を使用してリポジトリの最初のコミットを作成する」を参照してください。

  1. 次のように指定して create-branch コマンドを実行します。

    • ブランチが作成される CodeCommit の名前 (--repository-name オプションを指定)。

      注記

      CodeCommit リポジトリの名前を取得するには、list-repositories コマンドを実行します。

    • 新しいブランチの名前 (--branch-name オプションを指定)。

    • 新しいブランチが指すコミットの ID (--commit-id オプションを指定)。

    例えば、コミット ID 317f8570EXAMPLE を指す MyNewBranch という名前のブランチを、MyDemoRepo という名前の CodeCommit リポジトリに作成するには、次のようにします。

    aws codecommit create-branch --repository-name MyDemoRepo --branch-name MyNewBranch --commit-id 317f8570EXAMPLE

    このコマンドは、エラーがある場合にのみ出力を生成します。

  2. ローカルリポジトリの利用可能な CodeCommit リポジトリブランチのリストを新しいリモートブランチ名で更新するには、git remote update remote-name を実行します。

    例えば、CodeCommit の利用可能なブランチのリストをニックネーム origin で更新するには、次のようにします。

    git remote update origin
    注記

    または、git fetch コマンドを使用できます。また、git branch --all を実行するとすべてのリモートブランチを表示できますが、ローカルリポジトリのリストを更新するまで、作成したリモートブランチはリストに表示されません。

    他のオプションについては、Git のドキュメントを参照してください。

  3. CodeCommit リポジトリ内の新しいブランチに接続されているローカルリポジトリにブランチを設定するには、git checkout remote-branch-name を実行します。

注記

CodeCommit リポジトリの名前と URL のリストを取得するには、git remote -v コマンドを実行します。