Blue/Green デプロイ用のアプリケーションを作成する (コンソール) - AWS CodeDeploy

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Blue/Green デプロイ用のアプリケーションを作成する (コンソール)

CodeDeployコンソールを使用して、Blue/Green デプロイ用のアプリケーションを作成するには、以下を実行します。

注記

へのデプロイAWSLambda コンピューティングプラットフォームは、常に Blue/Green デプロイです。デプロイタイプオプションは指定しません。

警告

次の場合は、これらの手順を実行しないでください。

  1. にサインインします。AWS Management Consoleで、CodeDeploy コンソールを開きます。https://console.aws.amazon.com/codedeploy

    注記

    で使用したのと同じアカウントまたは IAM ユーザー情報を使用してサインインします。CodeDeploy の開始方法

  2. ナビゲーションペインで、[デプロイ]、[ご利用開始にあたって] の順に選択します。

  3. [アプリケーション名] に、アプリケーションの名前を入力します。

  4. [Compute platform (コンピューティングプラットフォーム)] で [EC2/On-Premises (EC2/オンプレミス)] を選択します。

  5. [Create application] を選択します。

  6. アプリケーションのページで、[デプロイグループ] タブの [デプロイグループの作成] を選択します。

  7. [デプロイグループ名] に、デプロイグループを表す名前を入力します。

    注記

    他のデプロイグループで使用されているのと同じ設定 (デプロイグループ名タグ、Amazon EC2 Auto Scaling グループ名、デプロイ設定など) を使用する場合は、このページでこれらの設定を選択します。この新しいデプロイグループと既存のデプロイグループは名前が同じでも、それぞれが別のアプリケーションに関連付けられるため、CodeDeployでは別のデプロイグループとして扱われます。

  8. Eclipseサービスロールで、ターゲットインスタンスへの CodeDeploy アクセスを許可するサービスロールを選択します。

  9. [デプロイタイプ] で [Blue/Green] を選択します。

  10. [Environment configuration] で、置き換え先環境にインスタンスを提供するために使用する方法を選択します:

    1. Amazon EC2 Auto Scaling グループを自動的にコピーする: CodeDeploy は、指定したグループをコピーして Amazon EC2 Auto Scaling グループを作成します。

    2. インスタンスを手動でプロビジョニングしています。: デプロイを作成するまで置き換え先環境のインスタンスを特定しません。デプロイを開始する前に、インスタンスを作成する必要があります。代わりに、ここで置換するインスタンスを指定します。

  11. ステップ 10 での選択内容に応じて、次のいずれかを実行します:

    • [] を選択した場合Amazon EC2 Auto Scaling グループを自動的にコピーする: EclipseAmazon EC2 Auto Scaling グループで、代替環境のインスタンスの Amazon EC2 Auto Scaling グループのテンプレートとして使用する Amazon EC2 Auto Scaling グループの名前を選択または入力します。選択した Amazon EC2 Auto Scaling グループ内の現在正常なインスタンスの数が、置き換え先環境で作成されます。

    • [] を選択した場合インスタンスを手動でプロビジョニングしています。: の有効化Amazon EC2 Auto Scaling グループ,Amazon EC2 インスタンスのいずれかまたは両方を使用して、このデプロイグループに追加するインスタンスを指定します。元の環境のインスタンス (つまり、置換対象のインスタンスまたは現在のアプリケーションリビジョンを実行しているインスタンス) を識別するための Amazon EC2 タグ値または Amazon EC2 Auto Scaling グループ名を入力します。

  12. (オプション) でロードバランサーで、を有効にします。ロードバランシングの有効化をクリックし、デプロイプロセス中にインスタンスへのトラフィックを管理する既存のClassic Load Balancer、Application Load Balancer、またはNetwork Load Balancer を選択します。

    各インスタンスは、デプロイ中はロードバランサー (Classic Load Balancer) またはターゲットグループ (アプリケーションロードバランサー、ネットワークロードバランサー) から登録解除されてトラフィックがルーティングされなくなります。これは、デプロイが完了したときに再登録されます。

    CodeDeployデプロイのロードバランサーに関する詳細については、「」を参照してください。Integrating CodeDeploy with Elastic Load Balancing

  13. [Deployment settings] で、置き換え先環境へトラフィックを再ルーティングするためのデフォルトのオプション、デプロイに使用するデプロイ設定、デプロイ後に元の環境のインスタンスを処理する方法を確認します。

    設定を変更する場合は、次のステップに進みます。それ以外の場合は、ステップ 15 に進みます。

  14. Blue/Green デプロイのデプロイ設定を変更するには、以下のいずれかの設定を変更します。

    設定 オプション
    [Traffic rerouting]
    • トラフィックをすぐにルーティングする: 置き換え先環境のインスタンスがプロビジョニングされ、最新のアプリケーションリビジョンがインストールされるとすぐに、ロードバランサーに自動的に登録され、トラフィックがそれらに再ルーティングされます。元の環境内のインスタンスは、登録解除されます。

    • トラフィックを再ルーティングするかどうかを選択します: 置き換え先環境のインスタンスは、手動でトラフィックを再ルーティングしないかぎり、ロードバランサーに登録されません。指定した待機時間中にトラフィックが再ルーティングされない場合、デプロイステータスは停止に変更されます。

    Deployment configuration

    置き換え先環境のインスタンスをロードバランサーに登録するレート (個別、一括など) を選択します。

    注記

    トラフィックが置き換え先環境に適切にルーティングされた後、元の環境のインスタンスは、どのデプロイ設定が選択されていても一度にすべて登録解除されます。

    詳細については、「CodeDeploy でデプロイ設定を使用する」を参照してください。

    Original instances
    • デプロイグループ内の元のインスタンスを終了する: トラフィックが置き換え先環境に再ルーティングされた後、ロードバランサーから登録解除されたインスタンスは、指定した待機時間の後に終了します。

    • デプロイグループの元のインスタンスを実行したままにする: トラフィックが置き換え先環境に再ルーティングされた後、ロードバランサーから登録解除されたインスタンスは実行し続けます。

  15. (オプション) でアドバンストで、Amazon SNS 通知トリガー、Amazon CloudWatch アラーム、または自動ロールバックのような、デプロイに含めるオプションを設定します。

    デプロイグループの詳細なオプションを指定する方法の詳細については、「デプロイグループの詳細オプションの設定」を参照してください。

  16. [Create deployment group] (デプロイグループの作成) を選択します。

次のステップでは、アプリケーションおよびデプロイグループにデプロイするリビジョンを準備します。手順については、CodeDeploy のアプリケーションリビジョンの操作 を参照してください。