インプレースデプロイ用のデプロイグループを作成する (コンソール) - AWS CodeDeploy

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

インプレースデプロイ用のデプロイグループを作成する (コンソール)

CodeDeploy コンソールを使用して、インプレースデプロイ用のデプロイグループを作成する方法。

警告

次の場合は、これらの手順を実行しないでください。

  • アプリケーションの最初の CodeDeploy デプロイで使用するインスタンスを準備していません。インスタンスをセットアップするには、CodeDeploy のインスタンスの操作 の指示に従い、その後にこのトピックの手順に従います。

  • カスタムデプロイ設定を使用してデプロイグループを作成したいが、まだデプロイ設定を作成していない。Create a Deployment Configuration の指示に従った後に、このトピックの手順に従います。

  • に記載されている信頼とアクセス権限を最低持つ、CodeDeploy を信頼するサービスロールがないステップ 2: CodeDeploy のサービスロールの作成。サービスロールを作成して設定するには、ステップ 2: CodeDeploy のサービスロールの作成 の指示に従い、その後にこのトピックの手順に従います。

  • インプレースデプロイのために Elastic Classic Load Balancer Application Load Balancer alancing、またはNetwork Load Balancer、またはネットワークロードバランサーを選択したいが、それをまだ作成していない。

  1. にサインインします。AWS Management Consoleで、CodeDeploy コンソールを開きます。https://console.aws.amazon.com/codedeploy

    注記

    で使用したのと同じアカウントまたは IAM ユーザー情報を使用してサインインします。CodeDeploy の開始方法

  2. ナビゲーションペインで、[] を展開します。デプロイ[] の順に選択します。アプリケーション

  3. [Applications] ページで、デプロイグループを作成するアプリケーションの名前を選択します。

  4. アプリケーションのページで、[デプロイグループ] タブの [デプロイグループの作成] を選択します。

  5. [デプロイグループ名] に、デプロイグループを表す名前を入力します。

    注記

    他のデプロイグループで使用されているのと同じ設定 (デプロイグループ名、タグ、Amazon EC2 Auto Scaling グループ名、または両方、およびデプロイ設定を含む) を使用する場合は、このページでこれらの設定を指定します。この新しいデプロイグループと既存のデプロイグループは名前が同じでも、それぞれが別のアプリケーションに関連付けられるため、CodeDeployment では別のデプロイグループとして扱われます。

  6. Eclipseサービスロールで、ターゲットインスタンスへの CodeDeploy アクセスを許可するサービスロールを選択します。

  7. [デプロイタイプ] で、[インプレース] を選択します。

  8. [環境設定] で、以下のいずれかを選択します。

    1. Amazon EC2 Auto Scaling グループ: アプリケーションリビジョンをデプロイする Amazon EC2 Auto Scaling グループの名前を入力または選択します。Amazon EC2 Auto Scaling グループの一部として新しい Amazon EC2 インスタンスが起動されると、CodeDeploy ではリビジョンを新しいインスタンスに自動的にデプロイできます。デプロイグループには最大 10 個の Amazon EC2 Auto Scaling グループを追加できます。

    2. Amazon EC2 インスタンスまたはオンプレミスインスタンス: 左キーそしてフィールドに、インスタンスにタグを付けるために使用したキーと値のペアの値を入力します。単一タググループで最大 10 個のキーと値のペアをタグ付けできます。

      1. ワイルドカードは、[] フィールドを使用して、似ている Amazon EC2 インスタンス、コストセンター、グループ名などの特定のパターンでタグ付けされたすべてのインスタンスを識別します。たとえば、[] を選択すると名前キーフィールドに入力してGRP-*aフィールドの場合、CodeDeploy はそのパターンに適合するすべてのインスタンスを識別します。GRP-1a,GRP-2a, およびGRP-XYZ-a

      2. [] フィールドでは、大文字と小文字が区別されます。

      3. リストからキーと値のペアを削除するには、削除のアイコンを選択します。

      CodeDeploy では、指定したキーと値の各ペアまたは Amazon EC2 Auto Scaling グループ名と一致するインスタンスが検出されると、一致するインスタンスの数が表示されます。インスタンスに関する詳細情報を表示するには、数をクリックします。

      インスタンスへのデプロイの条件をさらに絞り込むには、[Add tag group] を選択してタググループを作成します。それぞれ最大 10 個のキーと値のペアを持つタググループを 3 つまで作成できます。デプロイグループで複数のタググループを使用する場合は、すべてのタググループによって識別されたインスタンスのみがデプロイグループに含まれます。つまり、インスタンスがデプロイグループに含まれるには、各グループの少なくとも 1 つのタグが一致する必要があります。

      タググループを使用してデプロイグループを絞り込む方法ついては、「Tagging Instances for Deployments」を参照してください。

  9. EclipseSystems Manager を使用したエージェントの設定で、デプロイグループのインスタンスで CodeDeploy エージェントをインストールおよび更新する方法を指定します。CodeDeploy エージェントの詳細については、「」を参照してください。CodeDeploy エージェントの使用。Systems Manager の詳細については、「」を参照してください。Systems Manager とは

    1. 絶対にしないで: Systems Manager を使用した CodeDeploy インストールの設定をスキップします。デプロイで使用するには、インスタンスにエージェントがインストールされている必要があります。したがって、CodeDeploy エージェントを別の方法でインストールする場合のみ、このオプションを選択します。

    2. 一回だけ: Systems Manager は、デプロイグループ内のすべてのインスタンスに CodeDeploy エージェントを 1 回インストールします。

    3. 今すぐアップデートをスケジュールする: Systems Manager は、設定したスケジュールに従って CodeDeploy エージェントをインストールするステートマネージャーとの関連付けを作成します。ステートマネージャーおよび関連付けの詳細については、「ステートマネージャーについて」を参照してください。

  10. [デプロイ設定] で、インスタンスをデプロイするレート (一度に 1 つずつ、一度にすべて、など) を制御するデプロイ設定を選択します。デプロイ設定の詳細については、CodeDeploy でデプロイ設定を使用する を参照してください。

  11. (オプション) でロードバランサー[] を選択します。ロードバランシングの有効化をクリックし、デプロイプロセスでインスタンスへのトラフィックを管理する既存のClassic Load Balancer、Application Load Balancer、またはNetwork Load Balancer を選択します。

    各インスタンスは、デプロイ中はロードバランサー (Classic Load Balancer) またはターゲットグループ (アプリケーションロードバランサーおよびネットワークロードバランサー) から登録解除されてトラフィックがルーティングされなくなります。これは、デプロイが完了したときに再登録されます。

    CodeDeploy デプロイでのロードバランサーの詳細については、「」を参照してください。Integrating CodeDeploy with Elastic Load Balancing

  12. (オプション) [] を展開しますアドバンスト[] を選択し、Amazon SNS 通知トリガー、Amazon CloudWatch アラーム、または自動ロールバックのような、デプロイに含めるオプションを設定します。

    詳細については、「デプロイグループの詳細オプションの設定」を参照してください。

  13. [Create deployment group] (デプロイグループの作成) を選択します。