パイプラインを開始するCodePipeline - AWS CodePipeline

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

パイプラインを開始するCodePipeline

パイプラインの実行が開始されると、パイプラインのあらゆるステージとアクションでリビジョンが実行されます。

AWS CodePipeline でパイプラインの実行を開始する方法は 3 つあります。

  • ソースが変更されたとき: パイプラインは、誰かがソースリポジトリまたはソースの場所を変更したときにスタートされます。

    注記

    パイプラインは、定義したソースリポジトリとブランチに変更があったときのみ自動的に実行されます。

  • 手動: コンソールまたはAWS CLIをクリックして、パイプラインを手動で開始する。詳細については、「パイプラインを手動で開始する」を参照してください。

  • スケジュールで: パイプラインを開始するスケジュールを設定できます。「スケジュールに基づいたパイプラインの開始」を参照してください。

ソースアクションと変更検出方法

ソースアクションをパイプラインに追加すると、アクションは表で説明されている追加のリソースで動作します。

注記

- CodeCommit S3 ソースアクションには、設定済みの変更検出リソース ( CloudWatch Events ルール)、またはオプションを使用して、リポジトリにソースの変更をポーリングします。Bitbucket、GitHub、またはのパイプラインの場合 GitHub Enterprise Server のソースアクションの場合、ウェブフックを設定したり、ポーリングをデフォルトにする必要はありません。Connections アクションは、変更検出を管理します。

ソース その他のリソースを使用しますか? ステップ
Simple Storage Service (Amazon S3) このソースアクションは、追加のリソースを使用します。CLI を使用する場合、または CloudFormation このアクションを作成するには、これらのリソースも作成および管理します。 CodePipeline でパイプラインを作成します。 および Amazon S3 ソースアクションと CloudWatch イベント を参照してください。
Bitbucket このソースアクションは、コネクションリソースを使用します。 Bitbucket 接続」を参照してください。
AWS CodeCommit アマゾン CloudWatch Events (推奨) これは、コンソールで作成または編集した CodeCommit ソースを含むパイプラインのデフォルトです。 CodePipeline でパイプラインを作成します。 および CodeCommit ソースアクションと CloudWatch イベント を参照してください。
Amazon ECR アマゾン CloudWatch [Events (イベント)] 。これは、コンソールで作成または編集した Amazon ECR ソースを含むパイプライン用にウィザードで作成されます。 CodePipeline でパイプラインを作成します。」および「 Amazon ECR ソースアクションと CloudWatch イベント」を参照してください。
GitHub GitHub エンタープライズクラウド このソースアクションは、コネクションリソースを使用します。 GitHub コネクション を参照してください。
GitHub Enterprise Server このソースアクションは、コネクションリソースとホストリソースを使用します。 GitHub Enterprise Server 接続 を参照してください。

ポーリングを使用するパイプラインがある場合は、推奨される検出方法を使用するように更新できます。詳細については、「ポーリングパイプラインを推奨される変更検出方法に更新する」を参照してください。

接続を使用するソースアクションの変更検出をオフにするには、Bitbucket、GitHub、および CodeStarSourceConnection GitHub Enterprise Server アクション を参照してください。