Amazon Connect で ID 管理を計画する - Amazon Connect

Amazon Connect で ID 管理を計画する

Amazon Connect インスタンスを設定する前に、Amazon Connect ユーザーの管理方法を決定する必要があります。

インスタンスの作成後に ID 管理のために選択するオプションを変更することはできません。代わりに、インスタンスを削除して新しいインスタンスを作成する必要があります。ただし、インスタンスを削除すると、すべての設定とメトリクスデータが失われます。

インスタンスを作成するときに、以下の ID 管理ソリューションのいずれかから選択することができます。

  • Amazon Connect 内にユーザーを保存 – ユーザーアカウントを Amazon Connect の中で作成し、管理する場合は、このオプションを選択します。

    Amazon Connect でユーザーを管理する場合、各ユーザーのユーザー名とパスワードは、Amazon Connect 専用のものになります。ユーザーは、Amazon Connect へのログイン用に別のユーザー名とパスワードを覚える必要があります。

  • 既存のディレクトリへのリンク – 既存のアクティブディレクトリを使用するには、このオプションを選択します。ユーザーは、企業の認証情報を使用して Amazon Connect にログインします。

    このオプションを選択すると、アカウントに関連付けられ、AWS Directory Service で設定され、インスタンスの作成先と同じリージョンでアクティブであるディレクトリを使用する必要があります。このオプションを選択する場合は、Amazon Connect インスタンスを作成する前にディレクトリを準備します。詳細については、「ID 管理に既存のディレクトリを使用する」を参照してください。

  • SAML 2.0 ベースの認証 – 既存のネットワーク ID プロバイダーを使用してユーザーを Amazon Connect と連携させる場合は、このオプションを選択します。ユーザーは、ID プロバイダーを通じて設定されたリンクを使用しないと Amazon Connect にログインできません。このオプションを選択する場合は、Amazon Connect インスタンスを作成する前に SAML 環境を設定します。詳細については、「Amazon Connect での IAM を使用した SAML の設定」を参照してください。