顧客のチャットエクスペリエンスのためのテキストフォーマットを有効にする - Amazon Connect

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

顧客のチャットエクスペリエンスのためのテキストフォーマットを有効にする

Amazon Connect メッセージの書式設定を使用すると、顧客とエージェントは、チャットメッセージに構造と明瞭さをすばやく追加できます。

マークダウンを使用して、チャットユーザーインターフェイスとエージェントアプリケーションの両方で、次の種類の書式を設定できます。

メッセージの書式設定を有効にする方法

  1. 新しいチャットユーザーインターフェイスを作成する場合、リッチテキストフォーマットがすぐに有効になります。追加の設定は必要ありません。

  2. 既存の チャットユーザーインターフェイスにテキストの書式設定機能を追加するには、次の太字で強調表示されているコードを使用して、コミュニケーションウィジェットコードを更新します。

    (function(w, d, x, id){ s=d.createElement('script'); s.src='https://d3xxxx.cloudfront.net/amazon-connect-chat-interface-client.js'; s.async=1; s.id=id; d.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(s); w[x] = w[x] || function() { (w[x].ac = w[x].ac || []).push(arguments) }; })(window, document, 'amazon_connect', 'widget-id'); amazon_connect('styles', { openChat: { color: 'white', backgroundColor: '#123456'}, closeChat: { color: 'white', backgroundColor: '#123456'} }); amazon_connect('snippetId', 'snippet-id'); amazon_connect('supportedMessagingContentTypes', [ 'text/plain', 'text/markdown' ]);

    赤くハイライトされているコードは、Amazon Connect コンソールからスニペットを取得した際に正しい値に設定されます。追加または削除するコンテンツは、supportedMessagingContentTypes の太字の最後の行のみです。

  3. 独自のカスタムチャットユーザーインターフェイス (例えば、チャットインターフェイスまたは ChatJs の独自の UI ソリューション) にテキストの書式設定機能を追加するには、以下の手順を実行します。

    1. StartChatContact API を呼び出します。StartChatContact を呼び出した際に、次の太字で示されている SupportedMessagingContentTypes パラメータを追加します。

      // Amazon Connect StartChatContact API { "Attributes": { "string" : "string" }, "ClientToken": "string", "ContactFlowId": "your flow ID", "InitialMessage": { "Content": "string", "ContentType": "string" }, "InstanceId": "your instance ID", "ParticipantDetails": { "DisplayName": "string" } // optional "SupportedMessagingContentTypes": [ "text/plain", "text/markdown" ] }
    2. 次の例に示すように、オブジェクトとして chatjs をインポートします。

      import "amazon-connect-chatjs"; this.session = connect.ChatSession.create({ ... }); this.session.sendMessage({ message: "message-in-markdown-format", contentType: "text/markdown" });

      ChatJS を使用しない場合、Amazon Connect API を介してマークダウンテキストを送信する方法については、次の「StartChatContact」、「SendMessage」のトピックを参照してください。

    3. マークダウンでメッセージを送信します。メッセージの送信方法の例として、オブジェクトとして chatjs をインポートするための、前のコードスニペットを参照してください。チャット内のテキストの書式設定には、シンプルなマークダウンを使用できます。既にプレーンテキストメッセージを送信するために chatjs を使用している場合は、マークダウンメッセージを送信する際に text/plain の代わりに text/markdowncontentType として SendMessage を呼び出すために、既存のロジックを変更できます。必ず sendMessage パラメータを更新して、メッセージのマークダウン形式を指定してください。詳細については、「マークダウンガイドの基本的な構文」を参照してください。

    4. UI パッケージに独自のロジックを実装して、入力エリアとチャットトランスクリプトにマークダウンメッセージをレンダリングします。React を使用する場合は、react-markdownを参照できます。

注記
  • テキストフォーマット機能は、顧客に対してチャットユーザーインターフェイスで有効になっている場合にのみ、エージェントに表示されます。カスタマーチャットのユーザーインターフェイスで、テキストフォーマットがサポートされていないか、有効になっていない場合は、エージェントはテキストフォーマットを使用してメッセージを作成し、送信することができません。

  • クイックレスポンスでは、添付ファイル以外のすべてのテキスト形式機能を使用できます。