履歴レポートに関する制限 - Amazon Connect

履歴レポートに関する制限

履歴メトリクスレポートには以下の制限があります。

アクティブなキューのデータのみ

  • アクティブなキューのデータのみを取得できます。キューに問い合わせがなく、利用可能なエージェントもない場合、キューは非アクティブです。

過去 35 日間に対して、一度に 3 日間のデータをクエリする

  • 15 分間隔 を使用するレポートを作成すると、過去 35 日間について、一度に 3 日分のデータを返すことができます。30 分間隔の場合、一度に 3 日分のデータだけを返すことができますが、データは問い合わせレコードの保持期間に基づいて使用できます。

履歴メトリクスデータが利用可能かどうかは、問い合わせレコードの保持期間によります

  • 履歴メトリクスは、問い合わせレコードに基づいています。問い合わせレコードの現在の保持期間については、「機能の仕様」を参照してください。

80 k のセルの制限

現在、履歴メトリクスレポートとスケジュールされたレポートには 80 k のセルの制限があります。これは、グループ化とフィルタリングを考慮して、セルの合計数 (列 * 行) に適用されます。

例えば、次の条件で履歴メトリクスレポートを作成するとします。

  • エージェント別にグループ化

  • 30 分の間隔

  • 過去 24 時間

  • 5 つのメトリクスのみを含めるよう設定されます

  • BasicQueue で処理された問い合わせのみを表示するようにフィルタリング

この時間中に、10 人のエージェントが BasicQueue で問い合わせを処理した場合、80 k の制限に対してカウントされる (24*2)*5*10 = 2400 個のセルが表示されます。

制限に達すると、メッセージにより通知されます。