Amazon Connect サービスクォータ - Amazon Connect

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon Connect サービスクォータ

特に明記しない限り、すべてのサービスクォータは調整/増加できます。

  • インスタンスを作成し(存在している必要があります)、サービスクォータの増加を送信します。の使用Amazon Connect サービスのクォータ増加フォーム。この申請にアクセスするには、AWS アカウントにサインインしている必要があります。

  • サービスクォータを増やすには、最大数週間かかることがあります。大規模なプロジェクトの一部としてクォータを増やす場合は、この時間をプランに追加してください。

  • 同じフォームを使用して、現在のキャリアから Amazon Connect への米国の電話番号を移植するリクエストを送信します。電話番号の移植の詳細については、「現在の電話番号を移植する」を参照してください。

項目 2020 年 10 月以降に作成された新しいアカウントのデフォルトのクォータ。詳細はこちら

インスタンスあたりの AWS Lambda 関数

35

インスタンスあたりのエージェントステータス

50

このクォータを増やすことはできません。

アカウントあたりの Amazon Connect インスタンス数

2

インスタンスあたりの Amazon Lex ボット

50

インスタンスあたりの Amazon Lex V2 ボットのエイリアス

100

インスタンスあたりの同時通話数

10

カウントされるとは 現在エージェントによって処理されているコール、またはエージェントのキューで待機しているすべてのコール。コールバックキューで待機しているコールバックは、利用可能なエージェントに提供されるまでカウントされません。

このクォータを超えると、問い合わせはリオーダー音 (高速の話し中の音) になります。これは、着信番号への転送パスが利用できないことを示します。

ヒント

CloudWatch メトリックスを使用して、設定したクォータを計算できます。手順については、「CloudWatch メトリクスを使用した同時通話のクォータの計算」を参照してください。

あなただけの電話を取っている場合: 同時通話クォータを決定するもう 1 つの方法は、キューを編集して、問い合わせ制限として非常に大きな値を入力します。結果のエラーメッセージに、同時通話のクォータが表示されます。たとえば、次の図では、インスタンスのコールクォータが 99 であることを示しています。

インスタンスあたりの同時チャット

100

これには、待機中のチャットも含まれます。

このクォータを超過すると、API 呼び出しはクォータ超過エラーで失敗します。

(デフォルト)キュー内の最大問い合わせ数に設定されているインスタンスあたりの同時通話数クォータ キュー内のチャット数よりも多い場合は、リクエストを送信してインスタンスあたりの同時チャットクォータを増やし、キュー内の最大問い合わせ数設定。

インスタンスあたりの同時タスク

2500 同時アクティブなタスク

カウントされるとは まだ終了していないすべてのタスクは、アクティブと見なされ、同時タスクとしてカウントされます。つまり、フローでルーティングされているタスク、エージェントのキューで待機しているタスク、エージェントによって処理されているタスク、または After Contact Work(ACW; After Contact Work)で実行されているタスク。

(デフォルト)キュー内の最大問い合わせ数に設定されているインスタンスあたりの同時通話数クォータ キュー内のタスクよりも多くのタスクを含める場合は、リクエストを送信してインスタンスあたりの同時タスククォータを増やし、キュー内の最大問い合わせ数設定。

インスタンスあたりの問い合わせフロー数

100

インスタンスあたりのオペレーション時間

100

インスタンスあたりの電話番号数

5

インスタンスあたりのプロンプト数

500

インスタンスあたりのキュー数

50

インスタンスあたりルーティングプロファイルごとのキュー

50

このクォータは、ルーティングプロファイルごとのキュー/チャネルの組み合わせの数を表します。たとえば、次のイメージでは 2 つのキューがありますが、キューとチャネルの組み合わせは 3 つあります。エスカレーションキュー音声、エスカレーションキューチャット、およびBasicQueue 音声。これは、サービス制限である 50 に対して 3 つを数えます。

インスタンスあたりのクイック接続数

100

API リクエストのレート

Amazon Connect API スロットリングのクォータ」を参照してください。

インスタンスあたりのレポート数

2000

個人の保存済みレポートは、インスタンスあたりのレポートにカウントされます。たとえば、 1 人 の監督者が毎日レポートを保存すると、インスタンスあたりの保存済みレポートの総数にカウントされます。

ベストプラクティスとして、レポートが集積しないように、ポリシーを実装することをお勧めします。

インスタンスあたりのルーティングプロファイル数

100

インスタンスあたりのスケジュールされたレポート数

50

インスタンスあたりのセキュリティプロファイル数

100

インスタンスごとのユーザー階層グループ

500

このクォータは、すべてのレベルにわたる階層グループの合計数に適用されます。各レベルに設定できる階層グループの数について、機能制限はありません。たとえば、1 つのレベルに 500 の階層グループがあり、インスタンスのクォータに達します。

インスタンスあたりのユーザー数

500

注記

Amazon Connect は、Amazon Internet Services Pvt. Ltd (AISPL) を介してインドでAmazon Web Services を使用するお客様は、をご利用いただけません。Amazon Connect でインスタンスを作成しようとすると、エラーメッセージが表示されます。

Amazon Connect カスタマープロファイルのサービスクォータ

項目 デフォルトのクォータ

Amazon Connect カスタマープロファイルのドメイン数

100

オブジェクトタイプあたりのキー

10

最大有効期限 (日)

1,096 (3年)

これは、オブジェクトとプロファイルの有効期限です。

統合の最大数

50

プロファイルのすべてのオブジェクトの最大サイズ

5メガバイト

オブジェクトとプロファイルの最大サイズ

250KB

このクォータを増やすことはできません。

ドメインあたりのオブジェクト

100

プロファイルあたりのオブジェクト

100

これは、プロファイルにアタッチできるオブジェクトの最大数です。

デフォルトクォータについて

Amazon Connect サービスクォータを一覧する上の表は、2020 年 2 月時点の新しい Amazon Connect アカウントのデフォルトのクォータを示しています。クォータは時間の経過とともに調節されるため、ご使用のアカウントに設定されたクォータはここで説明されるクォータと異なる場合があります。

機能の仕様

次の表に、機能の仕様を示します。増やすことはできません。

項目 機能の仕様
チャット添付でサポートされるファイルの種類

.pdf, .jpg, .jpeg, .png, .doc, .docx, .xls, .csv, .wav, .pptx, .ppt, .txt

チャット添付ファイルの最大ファイルサイズ

20メガバイト

チャット会話あたりの添付ファイル

5

同じエージェントで聴くことができる人が、同時に電話する

5

たとえば、5 人のグループが 1 つのコールに同時に耳を傾け、5 人のグループが、別のコールに同時に耳を傾けるようにすることができます。

電話会議での参加

3

3 人の参加者は、顧客、エージェント、および別のエージェントまたは外部のサードパーティのいずれかになることができる第三者です。

問い合わせトレースレコードの保持

関連付けられた問い合わせが開始されてから 24 か月。

Kinesis にストリーミングして、保持を管理し、高度な分析を実行できるようにすることもできます。

CTR 属性セクションの最大サイズ

32KB

エージェントあたりのアクティブなチャット数

10

チャットあたりの合計時間

25 時間 (待ち時間を含む)

チャットメッセージあたりの文字数

1024

チャット参加者ごとの WebSocket 接続を開く

5

タスクの最大期間

7 日間

タスクの最大転送数

11

既存の連絡先のリンクされたタスクの最大数

11

インスタンスの作成と削除の制限

Amazon Connect では、30 日以内に作成または削除できるインスタンスの合計数には制限が適用されます。この制限を超えると、インスタンスの作成または削除の試行回数が多すぎたことを示すエラーメッセージが表示されます。アカウントでのインスタンスの作成と削除を再開するには、30 日待たなければなりません。

電話できる国

インスタンスを新しく作成すると、以下の各国に電話を発信できます。

インスタンスがすでにある場合、これまでにサービスクォータに変更が加えられてきたため、電話をかけることができる国々が、以下の表に示されている国々と異なることがあります。

項目 デフォルトで電話できる国

アウトバウンドコールの国コード許可リスト

その他の国々に電話をかけられるようにサービスクォータを増加するリクエストを送信することも、電話をかけられる国々を制限するリクエストを送信することもできます。この申請にアクセスするには、AWS アカウントにサインインしている必要があります。

アウトバウンド通話が可能なすべての国のリストについては、Amazon Connect の料金

  • オーストラリア

  • カナダ

  • 日本

  • メキシコ

  • シンガポール

  • アメリカ合衆国

  • イギリス †

† 次のプレフィックスを持つイギリスの電話番号は、デフォルトでは許可されません。

  • +447 + 44111 + 44118 + 44119 + 4448 + 44826 + 449

このようなイギリスの携帯電話番号に発信するには、サービスクォータ引き上げリクエストを送信する必要があります。

デフォルトで許可されていないプレフィックス

次のプレフィックスを持つ日本の携帯電話番号は、デフォルトでは許可されません。

  • +8170, 8180, 8190

このような日本の携帯電話番号に発信するには、サービスクォータ引き上げリクエストを送信する必要があります。

Amazon Connect API スロットリングのクォータ

Amazon Connect スロットリングのクォータは、ユーザーおよびインスタンスではなく、アカウントごとです。以下に例を示します。

  • 同じアカウントの異なる IAM ユーザーがリクエストを行う場合、スロットルバケットを共有します。

  • 同じアカウントの異なるインスタンスから複数のリクエストが送信された場合も、スロットルバケットを共有します。

使用すると、Amazon Connect サービス APIの場合、1 秒あたりのリクエスト数は次のように制限されます。

  • GetMetricData オペレーションと GetCurrentMetricData オペレーションの場合、1 秒 5 リクエスト (RateLimit) と、1 秒あたり 8 リクエスト (BurstLimit) になります。

    注記

    GetMetricData および GetCurrentMetricData では、レート制限を増やすことはできません。

  • その他のオペレーションではすべて、1 秒 2 リクエスト (RateLimit) と、1 秒あたり 5 リクエスト (BurstLimit) になります。

Amazon Connect Participant Service API スロットリングのクォータ

Amazon Connect Participant Service の場合、クォータはインスタンスごとです。

使用すると、Amazon Connect 参加者サービス APIの場合、1 秒あたりのリクエスト数は次のように制限されます。

  • CreateParticipantConnection: 1 秒 6 リクエスト (RateLimit) と、1 秒あたり 9 リクエスト (BurstLimit) になります。

  • DisconnectParticipant: 1 秒 3 リクエスト (RateLimit) と、1 秒あたり 5 リクエスト (BurstLimit) になります。

  • GetTranscript: 1 秒 8 リクエスト (RateLimit) と、1 秒あたり 12 リクエスト (BurstLimit) になります。

  • SendEvent および SendMessage: 1 秒あたり 10 リクエスト (RateLimit) と、1 秒あたり 15 リクエスト (BurstLimit) になります。

Amazon Connect 問い合わせレンズサービス API スロットリングのクォータ

Amazon Connect Lens スロットリングのクォータは、ユーザーおよびインスタンスではなく、アカウントごとです。以下に例を示します。

  • 同じアカウントの異なる IAM ユーザーがリクエストを行う場合、スロットルバケットを共有します。

  • 同じアカウントの異なるインスタンスから複数のリクエストが送信された場合も、スロットルバケットを共有します。

使用すると、Amazon Connect コンタクトレンズ APIの場合、1 秒あたりのリクエスト数は次のように制限されます。