AWS Direct Connect 接続 - AWS Direct Connect

AWS Direct Connect 接続

AWS Direct Connect を使用すると、お客様のネットワークと AWS Direct Connect の 1 つの場所に専用のネットワーク接続を確立できます。

接続には 2 種類あります。

  • 専用接続: 単一のお客様に関連付けられた物理イーサーネット接続。お客様は、AWS Direct Connect コンソール、CLI、または API を介して専用接続をリクエストできます。

  • ホスト接続: お客様に代わって AWS Direct Connect パートナーがプロビジョニングする物理イーサーネット接続。お客様は、この接続をプロビジョニングする AWS Direct Connect パートナープログラムのパートナーに連絡することで、ホスト接続をリクエストします。

専用接続

AWS Direct Connect 専用接続を作成するには、次の情報が必要です。

AWS Direct Connect の場所

AWS Direct Connect パートナープログラムのパートナーと連携して、AWS Direct Connect ロケーションとデータセンター、オフィス、またはコロケーション環境との間にネットワーク回線を設置します。また、ロケーションと同じ施設内にコロケーションスペースを提供するのにも役立ちます。詳細については、「AWS Direct Connect をサポートしている APN パートナー」を参照してください。

Port speed

指定できる値は 1 Gbps、10 Gbps、および 100 Gbps です。

接続リクエストの作成後にポート速度を変更することはできません。ポート速度を変更するには、新しい接続を作成し、設定する必要があります。

当社は、お客様から接続のリクエストを受け取った後、Letter of Authorization and Connecting Facility Assignment (設備の接続割り当て書ならびに承認書 = LOA-CFA) をダウンロード可能にするか、追加情報を求めるメールを返信します。追加情報のリクエストを受け取った場合は、7 日以内に応答する必要があります。応答しないと接続は削除されます。LOA-CFA は AWS に接続するための認可で、ネットワークプロバイダーがクロスコネクトを代行注文するために必要です。お客様の機器が AWS Direct Connect ロケーションにない場合、そのロケーションでお客様は直接クロスコネクトを注文することはできません。

次のオペレーションが専用接続で利用できます。

専用接続を Link Aggregation Group (LAG) に追加すると、複数の接続を単一の接続として扱うことができます。詳細については、接続を LAG に関連付ける を参照してください。

接続の確立後、パブリックおよびプライベートの AWS リソースに接続するための仮想インターフェイスを作成します。詳細については、「AWS Direct Connect 仮想インターフェイス」を参照してください。

ホスト接続

AWS Direct Connect ホスト接続を作成するには、次の情報が必要です。

AWS Direct Connect の場所

AWS Direct Connect パートナープログラムの AWS Direct Connect パートナーと連携して、AWS Direct Connect ロケーションとデータセンター、オフィス、またはコロケーション環境との間にネットワーク回線を設置します。また、ロケーションと同じ施設内にコロケーションスペースを提供するのにも役立ちます。詳細については、「AWS Direct Connect をサポートしている APN パートナー」を参照してください。

Port speed

ホスト接続の場合、指定できる値は 50 Mbps、100 Mbps、200 Mbps、300 Mbps、400 Mbps、500 Mbps、1 Gbps、2 Gbps、5 Gbps、および 10 Gbps です。特定の要件を満たす AWS Direct Connect パートナーのみが、1 Gbps、2 Gbps、5 Gbps、または 10 Gbps のホスト接続を作成できることにご注意ください。

接続リクエストの作成後にポート速度を変更することはできません。ポート速度を変更するには、新しい接続を作成し、設定する必要があります。

AWS は、ホスト接続でトラフィックポリシングを使用します。つまり、トラフィックレートが設定された最大レートに達すると、超過したトラフィックはドロップされます。これにより、高バーストトラフィックのスループットは、非バーストトラフィックよりも低くなる可能性があります。

次のオペレーションがホスト接続で利用できます。

接続の同意したら、パブリックおよびプライベート AWS リソースに接続するための仮想インターフェイスを作成します。詳細については、「AWS Direct Connect 仮想インターフェイス」を参照してください。