専用接続 - AWS Direct Connect

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

専用接続

AWS Direct Connect 専用接続を作成するには、次の情報が必要です。

AWS Direct Connect location

AWS Direct Connect パートナープログラムのパートナーと連携して、 AWS Direct Connect ロケーションとデータセンター、オフィス、またはコロケーション環境との間にネットワーク回線を設置します。また、ロケーションと同じ施設内にコロケーションスペースを提供するのにも役立ちます。詳細については、「AWS Direct Connectをサポートしている APN パートナー」を参照してください。

Port speed

指定できる値は 1 Gbps、10 Gbps、および 100 Gbps です。

接続リクエストの作成後にポート速度を変更することはできません。ポート速度を変更するには、新しい接続を作成し、設定する必要があります。

接続ウィザードを使用して接続を作成することも、Classic 接続を作成することもできます。接続ウィザードを使用すると、回復性に関する推奨事項を使用して接続を設定できます。接続を初めて設定する場合、このウィザードの使用をお勧めします。必要に応じて、 Classic を使用して接続 を作成できます one-at-a-time。既存のセットアップがすでにあり、それに接続を追加する場合は、Classic をお勧めします。スタンドアロン接続を作成するか、アカウントの LAG に関連付ける接続を作成できます。LAG と接続を関連付ける場合、LAG で指定されたものと同じポート速度と場所で作成されます。

当社は、お客様から接続のリクエストを受け取った後、Letter of Authorization and Connecting Facility Assignment (設備の接続割り当て書ならびに承認書 = LOA-CFA) をダウンロード可能にするか、追加情報を求めるメールを返信します。追加情報のリクエストを受け取った場合は、7 日以内に応答する必要があります。応答しないと接続は削除されます。LOA-CFA は に接続するための認証であり AWS、クロスコネクトを注文するためにネットワークプロバイダーが必要とするものです。 AWS Direct Connect ロケーションに機器がない場合は、そこに自分でクロスコネクトを注文することはできません。

次のオペレーションが専用接続で利用できます。

専用接続を Link Aggregation Group (LAG) に追加すると、複数の接続を単一の接続として扱うことができます。詳細については、接続を LAG に関連付ける を参照してください。

接続の確立後、パブリックおよびプライベートの AWS リソースに接続するための仮想インターフェイスを作成します。詳細については、「AWS Direct Connect 仮想インターフェイス」を参照してください。

AWS Direct Connect ロケーションに機器がない場合は、まず AWS Direct Connect パートナープログラムで AWS Direct Connect パートナーにお問い合わせください。詳細については、「AWS Direct Connectをサポートしている APN パートナー」を参照してください。

MAC セキュリティ (MACsec) を使用する接続を作成する場合は、その作業を開始する前に、接続の前提条件をご確認ください。詳細については、「MacSec の前提条件 」を参照してください。

接続ウィザードを使用して接続を作成する

このセクションでは、接続ウィザードを使用して接続を作成する方法について説明します。Classic 接続を作成する場合、ステップ 2: AWS Direct Connect 専用接続をリクエストする の手順をご覧ください。

接続ウィザードの接続を作成するには
  1. AWS Direct Connect コンソール (https://console.aws.amazon.com/directconnect/v2/home) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで [接続] を選択し、[接続の作成] を選択します。

  3. [接続の作成] ページの [接続順序タイプ] で、[接続ウィザード] を選択します。

  4. ネットワーク接続の [回復性レベル] を選択します。回復性レベルは次のいずれかを指定できます。

    • 最大回復性

    • 高い回復性

    • 開発とテスト

    これらの回復性レベルの説明と詳細については、AWS Direct Connect Resiliency Toolkit を使用した使用の開始 を参照してください。

  5. [次へ] を選択します。

  6. [接続の構成] ページで、次の詳細情報を入力します。

    1. [帯域幅] ドロップダウンリストから、接続に必要な帯域幅を選択します。1 Gbps から 100 Gbps までの範囲で設定できます。

    2. ロケーション で適切な AWS Direct Connect ロケーションを選択し、次に最初のロケーションサービスプロバイダー を選択して、このロケーションで接続を提供するサービスプロバイダーを選択します。

    3. 2 番目の場所 で 2 番目の場所 AWS Direct Connect にある適切な を選択し、次に 2 番目の場所サービスプロバイダー を選択し、この 2 番目の場所にある接続の接続を提供するサービスプロバイダーを選択します。

    4. (オプション) MAC セキュリティ (MACsec) を使用する接続を設定します。[その他の設定] で、[MACSec 対応ポートをリクエストする] をクリックします。

      MACSec は専用接続でのみ使用が可能です。

    5. (オプション) [タグを追加] を選択してキーと値のペアを追加すると、この接続をさらに識別しやすくなります。

      • [キー] にはキー名を入力します。

      • [] にキー値を入力します。

      既存のタグを削除するには、タグを選択し、[タグの削除] を選択します。タグを空にすることはできません。

  7. [次へ] を選択します。

  8. [確認と作成] ページで、接続を確認します。このページには、ポート使用量の推定コストと追加のデータ転送料金も表示されます。

  9. [作成] を選択します。

  10. Letter of Authorization and Connecting Facility Assignment (LOA-CFA) をダウンロードします。詳細については、LOA-CFA をダウンロードする を参照してください。

以下のいずれかのコマンドを使用します。

Classic 接続を作成する

専用接続の場合、 AWS Direct Connect コンソールを使用して接続リクエストを送信できます。ホスト接続の場合は、 AWS Direct Connect パートナーと連携してホスト接続をリクエストします。次の情報があることを確認します。

  • 必要なポートスピード。専用接続では、接続リクエストの作成後にポート速度を変更することはできません。ホスト接続の場合、 AWS Direct Connect パートナーは速度を変更できます。

  • 接続が終了する AWS Direct Connect 場所。

注記

AWS Direct Connect コンソールを使用してホスト接続をリクエストすることはできません。代わりに、ホスト接続を作成できる AWS Direct Connect パートナーに連絡し、受け入れてください。次の手順をスキップして「 ホスト接続の許可」に進みます。

新しい AWS Direct Connect 接続を作成するには
  1. AWS Direct Connect コンソール (https://console.aws.amazon.com/directconnect/v2/home) を開きます。

  2. [AWS Direct Connect] 画面の [Get started (使用開始)] で、[接続の作成] を選択します。

  3. [Classic] を選択します。

  4. [名前] に、接続の名前を入力します。

  5. [Location (場所)] で、適切な AWS Direct Connect の場所を選択します。

  6. 該当する場合は、[サブロケーション] で、お客様、またはお客様のネットワークプロバイダーに最も近いフロアを選択します。このオプションは、ロケーションで建物の複数のフロアに会議室 (MMR) がある場合のみ該当します。

  7. [ポートスピード] で接続帯域幅を選択します。

  8. この接続を使用してデータセンターに接続する場合は、[On-premises] (オンプレミス) で、[Connect through an AWS Direct Connect partner] ( パートナー経由で接続する) を選択します。

  9. サービスプロバイダー で、 AWS Direct Connect パートナーを選択します。リストにないパートナーを使用する場合は、[Other] を選択します。

  10. [サービスプロバイダー] で [Other] を選択した場合は、[プロバイダーの名前] に、使用するパートナーの名前を入力します。

  11. (オプション) [タグを追加] を選択してキーと値のペアを追加すると、この接続をさらに識別しやすくなります。

    • [キー] にはキー名を入力します。

    • [] にキー値を入力します。

    既存のタグを削除するには、タグを選択し、[タグの削除] を選択します。タグを空にすることはできません。

  12. [接続の作成] を選択します。

がリクエストを確認し、接続用のポートをプロビジョニング AWS するまでに最大 72 時間かかる場合があります。この時間中、ユースケースまたは指定された場所に関する詳細情報のリクエストを含む E メールが送信される場合があります。E メールは、 にサインアップしたときに使用した E メールアドレスに送信されます AWS。7 日以内に応答する必要があり、応答しないと接続は削除されます。

詳細については、「AWS Direct Connect 接続」を参照してください。

LOA-CFA をダウンロードする

当社側で、お客様からの接続リクエストが処理されると、LOA-CFA のダウンロードが可能になります。リンクが有効になっていない場合、LOA-CFA がまだダウンロード可能になっていません。情報のリクエストメールを確認します。

請求は、ポートがアクティブになったとき、または LOA が発行されてから 90 日が経過したときのいずれか早い時点で自動的に開始されます。アクティベーションの前、または LOA が発行されてから 90 日以内にポートを削除することで、請求を回避することができます。

90 日が経過しても接続が行われておらず、LOA-CFA が発行されてない場合は、ポートが 10 日後に削除されることを警告する E メールが送信されます。10 日の追加期間内にポートをアクティブにしなかった場合、ポートは自動的に削除され、ポート作成プロセスを再度開始する必要が生じます。

注記

料金の詳細については、「AWS Direct Connect 料金」を参照してください。LOA-CFA を再発行した後に接続が必要なくなった場合は、お客様ご自身で接続を削除する必要があります。詳細については、「複数の接続を削除」を参照してください。

Console
LOA-CFA のダウンロード方法
  1. AWS Direct Connect コンソール (https://console.aws.amazon.com/directconnect/v2/home) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Connections (接続)] を選択します。

  3. 接続を選択したら、[詳細の表示] をクリックします。

  4. [Download LOA-CFA] を選択します。

    注記

    リンクが有効になっていない場合、LOA-CFA がまだダウンロード可能になっていません。追加情報を要求するサポートケースが作成されます。リクエストに応答し、リクエストが処理されると、LOA-CFA をダウンロードできるようになります。それでもダウンロードできない場合は、AWS サポートにお問い合わせください。

  5. LOA-CFA をネットワークプロバイダーまたはコロケーションプロバイダーに送信し、クロスコネクトを代行注文できるようにします。連絡方法はコロケーションプロバイダにより異なります。詳細については、「AWS Direct Connect ロケーションでのクロスコネクトのリクエスト」を参照してください。

Command line
コマンドラインまたは API を使用して LOA-CFA をダウンロードするには