Classic - AWS Direct Connect

Classic

既存の接続がある場合は、[Classic] を選択します。

次の手順では、AWS Direct Connect 接続をセットアップするための一般的なシナリオを示しています。

Prerequisites

1 Gbps 以上のポート速度で AWS Direct Connect に接続するには、ネットワークが以下の要件を満たしていることを確認します。

  • ネットワークでは、1 ギガビットイーサネットの場合は 1000BASE-LX (1310 nm) トランシーバー、10 ギガビットイーサネットの場合は 10GBASE-LR (1310 nm) トランシーバー、100 ギガビットイーサネットの場合は 100GBASE-LR4 トランシーバーでシングルモードファイバーを使用する必要があります。

  • ポート速度が 1 Gbps を超える接続では、ポートのオートネゴシエーションを無効にする必要があります。ただし、AWS Direct Connect エンドポイントが接続を処理する場合、1 Gbps 接続でオートネゴシエーションを有効または無効にする必要がある場合があります。仮想インターフェイスがダウンしたままの場合は、レイヤー 2 (データリンク層) 問題のトラブルシューティング を参照してください。

  • 802.1Q VLAN のカプセル化が、中間デバイスを含む接続全体でサポートされている必要があります。

  • デバイスがボーダーゲートウェイプロトコル (BGP) と BGP MD5 認証をサポートしている必要があります。

  • (省略可能) ご使用のネットワークで双方向フォワーディング検出 (BFD) プロトコルを設定できます。非同期 BFD は AWS Direct Connect 仮想インターフェイスに対して自動的に有効になりますが、ユーザーがそれをルーターで設定するまで実施されません。

ステップ 1: にサインアップするAWS

AWS Direct Connect を使用するにはアカウントが必要です (まだお持ちでない場合)。

にサインアップしてアカウントを作成するには

  1. https://portal.aws.amazon.com/billing/signup を開きます。

  2. オンラインの手順に従います。

    サインアップ手順の一環として、通話呼び出しを受け取り、電話のキーパッドを用いて確認コードを入力することが求められます。

ステップ 2: AWS Direct Connect 専用接続をリクエストするか、ホスト接続を受け入れる

専用接続では、AWS Direct Connect コンソールを使用して接続リクエストを送信できます。ホスト接続では、AWS Direct Connect パートナーと連携してホスト接続をリクエストします。次の情報があることを確認します。

  • 必要なポートスピード。接続リクエストの作成後にポート速度を変更することはできません。

  • 接続が終了する AWS Direct Connect ロケーション。

AWS Direct Connect コンソールを使用してホスト接続をリクエストすることはできません。その代わりに、ホスト接続を作成できる AWS Direct Connect パートナーにお問い合わせください。その後、接続に同意します。次の手順をスキップして「 ホスト接続の許可」に進みます。

新しい AWS Direct Connect 接続を作成するには

  1. AWS Direct Connect コンソール (https://console.aws.amazon.com/directconnect/v2/home) を開きます。

  2. [AWS Direct Connect] 画面の [Get started (使用開始)] で、[接続の作成] を選択します。

  3. [Classic] を選択します。

  4. [接続の作成] ペインの [Connection settings (接続の設定)] で、以下を実行します。

    1. [名前] に、接続の名前を入力します。

    2. [Location (場所)] で、適切な AWS Direct Connect の場所を選択します。

    3. 該当する場合は、[サブロケーション] で、お客様、またはお客様のネットワークプロバイダーに最も近いフロアを選択します。このオプションは、ロケーションで建物の複数のフロアに会議室 (MMR) がある場合のみ該当します。

    4. [ポートスピード] で接続帯域幅を選択します。

    5. この接続を使用してデータセンターに接続する場合は、[On-premises] (オンプレミス) で [Connect through an AWS Direct Connect partner] (AWS Direct Connect パートナー経由で接続する) を選択します。

    6. [Service provider] (サービスプロバイダー) には AWS Direct Connect パートナーを選択します。リストにないパートナーを使用する場合は、[Other] を選択します。

    7. [サービスプロバイダー] で [Other] を選択した場合は、[プロバイダーの名前] に、使用するパートナーの名前を入力します。

    8. (オプション) タグを追加または削除します。

      [タグの追加] [タグの追加] を選択して、以下を実行します。

      • [キー] にはキー名を入力します。

      • [] にキー値を入力します。

      [タグの削除] タグの横にある [タグの削除] を選択します。

  5. [接続の作成] を選択します。

AWS がお客様のリクエストを確認し、接続用のポートをプロビジョニングするまでに、最大 72 時間かかることがあります。この時間中、ユースケースまたは指定された場所に関する詳細情報のリクエストを含む E メールが送信される場合があります。この E メールは、 へのサインアップ時に使用した E メールアドレスに送信されますAWS 7 日以内に応答する必要があり、応答しないと接続は削除されます。

詳細については、「AWS Direct Connect 接続」を参照してください。

ホスト接続の許可

仮想インターフェイスの作成前に、そのホスト接続を AWS Direct Connect コンソールで受け入れる必要があります。

ホスト仮想インターフェイスを承諾するには

  1. AWS Direct Connect コンソール (https://console.aws.amazon.com/directconnect/v2/home) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Virtual Interfaces] を選択します。

  3. 仮想インターフェイスを選択したら、[View details (詳細の表示)] を選択します。

  4. [承諾] を選択します。

  5. これは、プライベート仮想インターフェイスおよびトランジット仮想インターフェイスに適用されます。

    (トランジット仮想インターフェイス) [仮想インターフェイスの承諾] ダイアログボックスで、Direct Connect ゲートウェイを選択して、[仮想インターフェイスの承諾] を選択します。

    (プライベート仮想インターフェイス) [仮想インターフェイスの承諾] ダイアログボックスで、仮想プライベートゲートウェイまたは Direct Connect ゲートウェイを選択して、[仮想インターフェイスの承諾] を選択します。

  6. ホスト仮想インターフェイスを承諾すると、AWS Direct Connect 接続の所有者はルーター設定ファイルをダウンロードすることができます。[ルーター設定をダウンロードする] オプションは、ホストされた仮想インターフェイスを承諾するアカウントでは利用できません。

  7. ステップ 4 に進み、AWS Direct Connect 接続の設定を続行します。

(専用接続) ステップ 3: LOA-CFA をダウンロードする

接続をリクエストした後は、AWS が Letter of Authorization and Connecting Facility Assignment (LOA-CFA) をダウンロード可能にするか、追加情報をリクエストする E メールを送信します。LOA-CFA は AWS に接続するための認可であり、クロスネットワーク接続 (クロスコネクト) を確立するためにコロケーションプロバイダーまたはネットワークプロバイダーで必要になります。

LOA-CFA のダウンロード方法

  1. AWS Direct Connect コンソール (https://console.aws.amazon.com/directconnect/v2/home) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Connections (接続)] を選択します。

  3. 接続を選択したら、[View Details (詳細の表示)] を選択します。

  4. [Download LOA-CFA] を選択します。

    LOA-CFA が PDF ファイルとしてコンピュータにダウンロードされます。

    注記

    リンクが有効になっていない場合、LOA-CFA がまだダウンロード可能になっていません。追加情報のリクエストメールを確認します。それでもダウンロードできない、または 72 時間経過してもメールが届かない場合は、AWS Support にお問い合わせください。

  5. LOA-CFA をダウンロードしたら、次のいずれかを実行します。

    • AWS Direct Connect パートナー、またはネットワークプロバイダーと連携している場合、そのパートナーかプロバイダーに LOA-CFA を送信し、AWS Direct Connect ロケーションでのクロスコネクトを注文できるようにします。メンバーまたはプロバイダがクロスコネクトをお客様に代わって注文できない場合は、直接コロケーションプロバイダにお問い合わせください。

    • AWS Direct Connect ロケーションに機器がある場合は、コロケーションプロバイダーに連絡してクロスネットワーク接続をリクエストします。お客様はコロケーションプロバイダーの顧客である必要があります。また、AWS ルーターへの接続を許可する LOA-CFA と、ネットワークへの接続に必要な情報をコロケーションプロバイダーに提示する必要もあります。

AWS Direct Connect複数のサイト (たとえば、Equinix DC1-DC6 や DC10-DC11 など) としてリストされている ロケーションは、キャンパスとして設定されます。お客様またはネットワークプロバイダの機器がこれらのいずれかのサイトに配置されている場合は、キャンパスの別の建物に存在している場合でも、割り当てられたポートへのクロスコネクトをリクエストできます。

重要

キャンパスは単一の AWS Direct Connect ロケーションとして処理されます。高可用性を実現するために、別の AWS Direct Connect ロケーションへの接続を設定します。

お客様またはネットワークプロバイダーに、物理的な接続の確立に関する問題が発生した場合は、「レイヤー 1 (物理層) 問題のトラブルシューティング」を参照してください。

ステップ 4: 仮想インターフェイスを作成する

AWS Direct Connect 接続の使用を開始するには、仮想インターフェイスを作成する必要があります。プライベート仮想インターフェイスを作成して、VPC に接続することができます。または、パブリック仮想インターフェイスを作成して、VPC 外の AWS のパブリックサービスに接続することもできます。VPC へのプライベート仮想インターフェイスを作成するときは、接続する VPC ごとにプライベート仮想インターフェイスが必要です。たとえば、3 つの VPC に接続するには 3 つのプライベート仮想インターフェイスが必要です。

作業を開始する前に、次の情報が揃っていることを確認してください。

リソース 必要な情報
接続 仮想インターフェイスを作成している AWS Direct Connect 接続または Link Aggregation Group (LAG)。
仮想インターフェイス名 仮想インターフェイスの名前。
仮想インターフェイス所有者 別のアカウントの仮想インターフェイスを作成している場合は、そのアカウントの AWS アカウント ID が必要です。
(プライベート仮想インターフェイスのみ) 接続 同じ AWS リージョン内の VPC への接続には、VPC 用の仮想プライベートゲートウェイが必要です。Amazon 側の BGP セッションのための ASN は、仮想プライベートゲートウェイから継承されます。仮想プライベートゲートウェイを作成するときに、独自のプライベート ASN を指定できます。そうしない場合は、デフォルトの ASN が指定されます。詳細については、Amazon VPC ユーザーガイドCreate a Virtual Private Gateway を参照してください。Direct Connect Gateway 経由で VPC に接続する場合は、Direct Connect Gateway が必要です。詳細については、「Direct Connect Gateway」を参照してください。
VLAN 仮想ローカルエリアネットワーク (VLAN) の、まだ接続で使用されていない一意のタグ。値は 1 ~ 4094 を指定する必要があります。またイーサネット 802.1Q 規格を満たしている必要があります。このタグは、AWS Direct Connect 接続を通過するすべてのトラフィックに必要です。

ホスト接続がある場合、AWS Direct Connect パートナーがこの値を提供します。仮想インターフェイス作成後に値を変更することはできません。

ピア IP アドレス 仮想インターフェイスは、IPv4 または IPv6 に対して 1 つの BGP ピアリングセッションをサポートできます。または両方に対して 1 つずつ BGP ピアリングセッションをサポートできます (デュアルスタック)。同じ仮想インターフェイスで同じ IP アドレスファミリに対して複数の BGP セッションを作成することはできません。BGP ピアセッションでは、仮想インターフェイスの両端に IP アドレス範囲が割り当てられます。
  • IPv4:

    • (パブリック仮想インターフェイスのみ) お客様が所有している一意のパブリック IPv4 アドレスを指定する必要があります。以下のいずれかを指定できます。

      • カスタマー所有 IPv4 CIDR

      • AWS Direct Connect パートナーまたは ISP が所有する IP 範囲と、LOA-CFA 認可

      • AWS 提供/31 CIDR。AWS Support に連絡して、パブリック IPv4 CIDR をリクエストします (リクエストにはユースケースを提供します)

        注記

        当社は、AWS 提供パブリック IPv4 アドレスのすべてのリクエストを満たすことができるとは保証できません。

    • (プライベート仮想インターフェイスのみ) Amazon がプライベート IPv4 アドレスを自動的に生成できます。ご自身で指定する場合は、必ずルーターインターフェイスと AWS Direct Connect インターフェイスのプライベート CIDR のみを指定してください (たとえば、ローカルネットワークの他の IP アドレスは指定しないでください)。

  • IPv6: Amazon は /125 IPv6 CIDR を自動的に割り当てます。独自のピア IPv6 アドレスを指定することはできません。

アドレスファミリー BGP ピアリングセッションが IPv4 と IPv6 のどちらを使用するか。
BGP 情報
  • BGP セッションのお客様側のパブリックまたはプライベートのボーダーゲートウェイプロトコル (BGP) 自律システム番号 (ASN)。パブリック ASN を使用する場合は、お客様が所有者であることが必要です。プライベート ASN を使用する場合、1~2147483647 の範囲内にあることが必要です。パブリック仮想インターフェイス用のプライベート ASN を使用する場合、自律システム (AS) の前置は動作しません。

  • AWS は、デフォルトで MD5 を有効にします。この値を変更することはできません。

  • MD5 BGP 認証キー。独自のキーを指定するか、自動的に生成できます。

(パブリック仮想インターフェイスのみ) アドバタイズするプレフィックス

BGP 経由でアドバタイズするパブリックの IPv4 ルートまたは IPv6 ルート。BGP を使用して少なくとも 1 つ (最大 1,000 個) のプレフィックスをアドバタイズする必要があります。

  • IPv4: 次のいずれかに当てはまる場合は、IPv4 CIDR が AWS Direct Connect を使用してアナウンスされた別のパブリック IPv4 CIDR と重複する可能性があります。

    • CIDR が異なる AWS リージョンからのものである。パブリックプレフィクスに BGP コミュニティタグを適用していることを確認してください。

    • アクティブ/パッシブ構成にパブリック ASN がある場合は、AS_PATH を使用します。

    詳細については、Routing policies and BGP communities を参照してください。

  • IPv6: /64 以下のプレフィックスの長さを指定します。

(プライベート仮想インターフェイスのみ) Jumbo Frames 経由のパケットの最大送信単位 (MTUAWS Direct Connect デフォルトは 1500 です。仮想インターフェースの MTU を 9001 (ジャンボフレーム) に設定すると、基盤となる物理接続を更新する要因となることがあります (ジャンボフレームをサポートするために更新されていない場合)。接続の更新は、この接続に関連付けられるすべての仮想インターフェイスのネットワーク接続を最大で 30 秒間中断します。ジャンボフレームは AWS Direct Connect から伝達されるルートにのみ適用されます。仮想プライベートゲートウェイを指すルートテーブルに静的ルートを追加する場合、静的ルートを介してルーティングされるトラフィックは 1500 MTU を使用して送信されます。接続または仮想インターフェイスがジャンボフレームをサポートしているかどうかを確認するには、それを AWS Direct Connect コンソールで選択し、仮想インターフェイスの [General configuration] (一般的な設定) ページで [Jumbo frame capable] (ジャンボフレーム対応) を見つけます。
(トランジット仮想インターフェイスのみ) Jumbo Frames 経由のパケットの最大送信単位 (MTUAWS Direct Connect デフォルトは 1500 です。仮想インターフェイスの MTU を 8500 (ジャンボフレーム) に設定すると、基盤となる物理接続を更新する要因となることがあります (ジャンボフレームをサポートするために更新されていない場合)。接続の更新は、この接続に関連付けられるすべての仮想インターフェイスのネットワーク接続を最大で 30 秒間中断します。ジャンボフレームは AWS Direct Connect から伝達されるルートにのみ適用されます。トランジットゲートウェイを指すルートテーブルに静的ルートを追加すると、静的ルートを介してルーティングされたトラフィックは 1500 MTU を使用して送信されます。接続または仮想インターフェイスがジャンボフレームをサポートしているかどうかを確認するには、それを AWS Direct Connect コンソールで選択し、仮想インターフェイスの [General configuration] (一般的な設定) ページで [Jumbo frame capable] (ジャンボフレーム対応) を見つけます。

パブリックプレフィックスまたは ASN が ISP またはネットワークキャリアに属している場合、AWS はお客様に追加情報をリクエストします。これは、ネットワークプレフィックス/ASN をお客様が使用できることを確認する、会社の正式なレターヘッドを使用したドキュメント、または会社のドメイン名からの E メールとすることができます。

プライベート仮想インターフェイスとパブリック仮想インターフェイスで、ネットワーク接続の最大送信単位 (MTU) とは、接続を介して渡すことができる最大許容パケットサイズ (バイト単位) です。仮想プライベートインターフェイスの MTU では、1500 あるいは 9001 (ジャンボフレーム) のどちらでも使用できます。トランジット仮想プライベートインターフェイスの MTU では、1500 あるいは 8500 (ジャンボフレーム) のどちらでも使用できます。インターフェイスの作成時あるいは作成後の更新時に、MTU を指定できます。仮想インターフェイスの MTU を8500 (ジャンボフレーム) または 9001 (ジャンボフレーム) に設定すると、基盤となる物理接続を更新する要因となることがあります (ジャンボフレームをサポートするために更新されていない場合)。接続の更新は、この接続に関連付けられるすべての仮想インターフェイスのネットワーク接続を最大で 30 秒間中断します。接続あるいは仮想インターフェイスがジャンボフレームをサポートしているかを確認するには、AWS Direct Connect コンソールを選択して [概要] タブで [ジャンボフレーム対応] を見つけます。

パブリック仮想インターフェイスを作成する場合、AWS がリクエストを確認し、承認するまでに最大 72 時間かかる場合があります。

非 VPC サービスへのパブリック仮想インターフェイスをプロビジョニングするには

  1. AWS Direct Connect コンソール (https://console.aws.amazon.com/directconnect/v2/home) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Virtual Interfaces] を選択します。

  3. [仮想インターフェイスの作成] を選択します。

  4. [Virtual interface type (仮想インターフェイスタイプ)] の [タイプ] で [パブリック] を選択します。

  5. [Public Virtual Interface settings (仮想インターフェイス設定)] で以下を実行します。

    1. [仮想インターフェイス名] に、仮想インターフェイスの名前を入力します。

    2. [接続] で、このインターフェイスに使用する Direct Connect 接続を選択します。

    3. [VLAN] に、仮想ローカルエリアネットワーク (VLAN) の ID 番号を入力します。

    4. [BGP ASN] に、新しい仮想インターフェイスのオンプレミスピアルーターのボーダーゲートウェイプロトコル自律システム番号を入力します。

      有効な値は 1 ~ 2147483647 です。

  6. [追加設定] で、以下を実行します。

    1. IPv4 BGP あるいは an IPv6 ピアを設定するには、以下を実行します。

      [IPv4] IPv4 BGP ピアを設定する場合は、[IPv4] を選択し、以下のいずれかを実行します。

      • これらの IP アドレスを手動で指定するには、[ルーターのピア IP] に、Amazon がトラフィックを送信する送信先 IPv4 CIDR アドレスを入力します。

      • [Amazon ルーターのピア IP] に、AWS へのトラフィック送信に使用する IPv4 CIDR アドレスを入力します。

      [IPv6] IPv6 BGP ピアを設定する場合は、[IPv6] を選択します。ピア IPv6 アドレスは、Amazon の IPv6 アドレスのプールから自動的に割り当てられます。独自の IPv6 アドレスを指定することはできません。

    2. 独自の BGP キーを指定するには、使用する BGP MD5 キーを入力します。

      値が入力されない場合は、当社の側で自動的に BGP キーを生成します。

    3. Amazon にプレフィックスを発行するには、[アドバタイズするプレフィックス] に、この仮想インターフェイスを介してルーティングされるトラフィックのルーティング先となる IPv4 CIDR アドレスをカンマで区切って入力します。

    4. (オプション) タグを追加または削除します。

      [タグの追加] [タグの追加] を選択して、以下を実行します。

      • [キー] にはキー名を入力します。

      • [] にキー値を入力します。

      [タグの削除] タグの横にある [タグの削除] を選択します。

  7. [仮想インターフェイスの作成] を選択します。

VPC へのプライベート仮想インターフェイスをプロビジョニングするには

  1. AWS Direct Connect コンソール (https://console.aws.amazon.com/directconnect/v2/home) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Virtual Interfaces] を選択します。

  3. [仮想インターフェイスの作成] を選択します。

  4. [Virtual interface type (仮想インターフェイスタイプ)] の [タイプ] で [プライベート] を選択します。

  5. [プライベート仮想インターフェイス設定] で以下を実行します。

    1. [仮想インターフェイス名] に、仮想インターフェイスの名前を入力します。

    2. [接続] で、このインターフェイスに使用する Direct Connect 接続を選択します。

    3. [ゲートウェイタイプ] で、[仮想プライベートゲートウェイ] または [Direct Connect ゲートウェイ] を選択します。

    4. [Virtual interface owner] (仮想インターフェイス所有者) で、[Another AWS account] (別の AWS アカウント) を選択し、AWS アカウントを入力します。

    5. [仮想プライベートゲートウェイ] で、このインターフェイスに使用する仮想プライベートゲートウェイを選択します。

    6. [VLAN] に、仮想ローカルエリアネットワーク (VLAN) の ID 番号を入力します。

    7. [BGP ASN] に、新しい仮想インターフェイスが使用するオンプレミスピアルーターの、ボーダーゲートウェイプロトコル自律システム番号を入力します。

      有効な値は 1 ~ 2147483647 です。

  6. [追加設定] で、以下を実行します。

    1. IPv4 BGP あるいは an IPv6 ピアを設定するには、以下を実行します。

      [IPv4] IPv4 BGP ピアを設定する場合は、[IPv4] を選択し、以下のいずれかを実行します。

      • これらの IP アドレスを手動で指定するには、[ルーターのピア IP] に、Amazon がトラフィックを送信する送信先 IPv4 CIDR アドレスを入力します。

      • [Amazon router peer ip] (Amazon ルーターのピア IP) に、AWS へのトラフィック送信に使用する IPv4 CIDR アドレスを入力します。

      [IPv6] IPv6 BGP ピアを設定する場合は、[IPv6] を選択します。ピア IPv6 アドレスは、Amazon の IPv6 アドレスのプールから自動的に割り当てられます。独自の IPv6 アドレスを指定することはできません。

    2. 最大送信単位 (MTU) を 1500 (デフォルト) から 9001 (ジャンボフレーム) に変更するには、[ジャンボ MTU (MTU サイズ 9001)] を選択します。

    3. (オプション) タグを追加または削除します。

      [タグの追加] [タグの追加] を選択して、以下を実行します。

      • [キー] にはキー名を入力します。

      • [] にキー値を入力します。

      [タグの削除] タグの横にある [タグの削除] を選択します。

  7. [仮想インターフェイスの作成] を選択します。

  8. パブリック VIF 接続に使用するネットワークをアドバタイズするには、BGP デバイスを使用する必要があります。

ステップ 5: ルーター設定をダウンロードする

AWS Direct Connect 接続用の仮想インターフェイスを作成したら、ルーター設定ファイルをダウンロードします。このファイルには、プライベートまたはパブリック仮想インターフェイスで使用する、ルーターを設定するために必要なコマンドが含まれています。

ルーター設定をダウンロードするには

  1. AWS Direct Connect コンソール (https://console.aws.amazon.com/directconnect/v2/home) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Virtual Interfaces] を選択します。

  3. 接続を選択したら、[View Details (詳細の表示)] を選択します。

  4. [ルーター設定をダウンロードする] を選択します。

  5. [ルーター設定をダウンロードする] で、次を実行します。

    1. [Vendor] で、ルーターの製造元を選択します。

    2. [Platform] で、ルーターのモデルを選択します。

    3. [Software] で、ルーターのソフトウェアのバージョンを選択します。

  6. [ダウンロード] を選択してから、ルーターに対応する適切な設定を使用して AWS Direct Connect に接続できることを確認します。

設定ファイルの例については、「ルーター設定ファイルの例」を参照してください。

ルーターを設定した後は、仮想インターフェイスのステータスは UP になります。仮想インターフェイスがダウンしたままで、AWS Direct Connect デバイスのピア IP アドレスに対して ping を送信できない場合は、「レイヤー 2 (データリンク層) 問題のトラブルシューティング」を参照してください。ピア IP アドレスに対して ping を送信できる場合は、「レイヤー 3/4 (ネットワーク層/トランスポート層) 問題のトラブルシューティング」を参照してください。BGP ピア接続セッションが確立されたが、トラフィックをルーティングできない場合は、「ルーティング問題のトラブルシューティング」を参照してください。

ステップ 6: 作成した仮想インターフェイスを検証する

AWS クラウド、または Amazon VPC への仮想インターフェイスを作成したら、次の手順を実行して AWS Direct Connect 接続を検証できます。

AWS クラウドへの仮想インターフェイス接続を検証するには

  • traceroute を実行し、AWS Direct Connect 識別子がネットワークトレースにあることを確認します。

Amazon VPC への仮想インターフェイス接続を検証するには

  1. Amazon Linux AMI など Ping に応答する AMI を使用して、仮想プライベートゲートウェイにアタッチされている VPC に EC2 インスタンスを起動します。Amazon EC2 コンソールのインスタンス起動ウィザードを使用すれば、Amazon Linux AMI を [Quick Start (クイックスタート)] タブで使用することができます。詳細については、Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイドLaunch an Instance を参照してください。インスタンスに関連付けられたセキュリティグループに、インバウンド ICMP トラフィックを許可するルール (ping リクエストの場合) が含まれていることを確認します。

  2. インスタンスが実行中になった後、そのプライベート IPv4 アドレス (たとえば 10.0.0.4) を取得します。Amazon EC2 コンソールにインスタンスの詳細の一部としてアドレスが表示されます。

  3. プライベート IPv4 アドレスに Ping を実行し、応答を確認します。

(推奨) ステップ 7: 冗長接続を設定する

フェイルオーバーを提供するため、下の図にあるように、AWS への専用接続を 2 つリクエストして設定することをお勧めします。これらの接続は、お客様のネットワーク内の 1 台もしくは 2 台のルーターを終端とすることができます。


                冗長接続図

2 本の専用接続をプロビジョニングする際の設定は、以下からどちらかを選びます。

  • アクティブ/アクティブ (BGP マルチパス)。これは、両方の接続がアクティブなデフォルト設定です。AWS Direct Connect は、同じ場所内の複数の仮想インターフェイスへのマルチパスをサポートし、トラフィックはフローに基づいてインターフェイス間で負荷共有されます。一方の接続が使用できなくなった場合、すべてのトラフィックが他方の接続のネットワーク経由でルーティングされます。

  • アクティブ/パッシブ (フェイルオーバー)。一方の接続がトラフィックを処理し、他方はスタンバイ状態となります。アクティブな接続が使用できなくなった場合、すべてのトラフィックがパッシブ接続を介してルーティングされます。AS パスに、パッシブリンクとなるいずれかのリンクのルートを付加する必要があります。

どちらの接続設定でも冗長性には影響ありませんが、これら 2 本の接続でのデータのルーティングポリシーが変わってきます。推奨設定はアクティブ/アクティブです。

冗長性を確保するために VPN 接続を使用する場合は、ヘルスチェックとフェイルオーバーメカニズムを確実に実装してください。以下のいずれかの設定を使用する場合は、新しいネットワークインターフェイスにルーティングするようにルートテーブルのルーティングを確認する必要があります。

  • ルーティングには独自のインスタンスを使用します。たとえば、インスタンスがファイアウォールなどです。

  • VPN 接続を終了する独自のインスタンスを使用します。

高可用性を実現するために、別の AWS Direct Connect ロケーションへの接続を設定することを強くお勧めします。

AWS Direct Connect の回復性についての詳細は、「‭AWS Direct Connect‬ の回復性に関する推奨事項‭‬」を参照してください。