レプリケーションエンジンバージョンの操作 - AWS Database Migration Service

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

レプリケーションエンジンバージョンの操作

-レプリケーションエンジンはCoreAWS DMSレプリケーションインスタンス上で実行され、指定する移行タスクを実行するソフトウェアです。AWS定期的に新しいバージョンのAWS DMSレプリケーションエンジンソフトウェア、新機能とパフォーマンスの強化を含む。レプリケーションエンジンソフトウェアの各バージョンには、他のバージョンと区別するための独自のバージョン番号があります。

新しいレプリケーションインスタンスを作成する際、特に指定がない場合は、最新の AWS DMS エンジンバージョンが実行されます。詳細については、「AWS DMS レプリケーションインスタンスを使用する」を参照してください。

現在実行しているレプリケーションインスタンスがある場合は、最新のエンジンバージョンにアップグレードできます (AWS DMS ではエンジンバージョンのダウングレードはサポートされていません)。レプリケーションエンジンのバージョンの詳細については、「AWSDMS リリースノート」を参照してください。

コンソールを使用したエンジンバージョンのアップグレード

AWS Management Console を使用して AWS DMS レプリケーションインスタンスをアップグレードできます。

コンソールを使用してレプリケーションインスタンスをアップグレードするには

  1. AWS DMS コンソール (https://console.aws.amazon.com/dms/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Replication instances] を選択します。

  3. レプリケーションエンジンを選択し、[Modify] を選択します。

  4. [Replication engine version] でバージョン番号を選択し、[Modify] を選択します。

注記

レプリケーション・インスタンスをアップグレードする前に、すべてのタスクを停止することをお勧めします。レプリケーションインスタンスタイプのアップグレードには数分間かかります。インスタンスが使用可能になると、ステータスは available に変わります。

エンジンバージョンのアップグレードAWS CLI

次のように AWS CLI を使用して AWS DMS レプリケーションインスタンスをアップグレードできます。

AWS CLI を使用してレプリケーションインスタンスをアップグレードするには

  1. 次のコマンドを使用して、レプリケーションインスタンスの Amazon リソースネーム (ARN) を確認します。

    aws dms describe-replication-instances \ --query "ReplicationInstances[*].[ReplicationInstanceIdentifier,ReplicationInstanceArn,ReplicationInstanceClass]"

    出力で、アップグレードするレプリケーションインスタンスの ARN を書き留めます。たとえば、arn:aws:dms:us-east-1:123456789012:rep:6EFQQO6U6EDPRCPKLNPL2SCEEY などです。

  2. 次のコマンドを使用して、使用可能なレプリケーションインスタンスバージョンを調べます。

    aws dms describe-orderable-replication-instances \ --query "OrderableReplicationInstances[*].[ReplicationInstanceClass,EngineVersion]"

    出力で、レプリケーションインスタンスクラスに使用できるエンジンバージョン番号を書き留めます。この情報はステップ 1 の出力に表示されます。

  3. 次のコマンドを使ってレプリケーションインスタンスをアップグレードします。

    aws dms modify-replication-instance \ --replication-instance-arn arn \ --engine-version n.n.n

    前述の arn を、前のステップで書き留めた実際のレプリケーションインスタンス ARN に置き換えます。

    n.n.n を、目的のエンジンバージョン番号に置き換えます。たとえば、3.4.5 などです。

注記

レプリケーションインスタンスタイプのアップグレードには数分間かかります。次のコマンドを使用して、レプリケーションインスタンスのステータスを表示できます。

aws dms describe-replication-instances \ --query "ReplicationInstances[*].[ReplicationInstanceIdentifier,ReplicationInstanceStatus]"

レプリケーションインスタンスが使用可能になると、ステータスは available に変わります。