AWS DMS リリースノート - AWS Database Migration Service

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS DMS リリースノート

以下に、 AWS Database Migration Service (AWS DMS) の最新バージョンと以前のバージョンのリリースノートを示します。

AWS DMS レプリケーションインスタンスの自動バージョンアップグレードを有効にしても、メジャーバージョンとマイナーバージョンは区別されません。DMS は、レプリケーションインスタンスのバージョンが廃止された場合、メンテナンス期間中にそのバージョンを自動的にアップグレードします。

レプリケーションインスタンスのバージョンを(API または CLI を使用して)バージョン 3.4.x から 3.5.x に手動でアップグレードするには、パラメータをに設定する必要があることに注意してください。AllowMajorVersionUpgrade trueAllowMajorVersionUpgradeパラメータの詳細については、DMS API ドキュメントのを参照してください ModifyReplicationInstance

注記

AWS DMS の現在のデフォルトエンジンバージョンは 3.5.1 です。

次の表は、アクティブな DMS バージョンの以下の日付を示しています。

  • バージョンのリリース日

  • このバージョンを過ぎると新しいインスタンスを作成できなくなる日付。

  • DMS がそのバージョンのインスタンスを自動的に更新する日付 (EOL 日)

バージョン リリース日 新しいインスタンス日付はありません。 サポート終了日
3.5.2 2023年10月29日 2025年3月30日 2025年4月29日
3.5.1 2023年6月30日 2024年11月30日 2025年1月30日
3.4.7 2022 年 5 月 31 日 2024年7月30日 2024年8月29日
3.4.6 2021年11月30日 2024年5月26日 2024 年 6 月 27 日

AWS Database Migration Service 3.5.2 リリースノート

3.5.2 の新機能 AWS DMS
新機能または拡張機能 説明
Redshift データ検証 AWS DMS Redshift ターゲットのデータの検証をサポートするようになりました。
Microsoft SQL Server バージョン 2022 をソースおよびターゲットとしてサポート AWS DMS Microsoft SQL Server バージョン 2022 をソースおよびターゲットとして使用できるようになりました。
IBM Db2 LUW をターゲットとしてサポート AWS DMS IBM Db2 LUW をターゲットとしてサポートするようになりました。を使用して AWS DMS、IBM Db2 LUW から IBM Db2 LUW へのライブマイグレーションを実行できるようになりました。

AWS Database Migration Service 3.5.1 リリースノート

AWS Database Migration Service (AWS DMS) バージョン 3.5.1 で導入された新機能と拡張機能は、次の表のとおりです。

新機能または拡張機能 説明
PostgreSQL 15.x の サポート AWS DMS バージョン 3.5.1 は PostgreSQL バージョン 15.x をサポートしています。詳細については、「PostgreSQL のソースとしての使用」および「ターゲットとしての PostgreSQL の使用」を参照してください。
Amazon DocumentDB Elastic Clusters のシャードコレクションのサポート AWS DMS バージョン 3.5.1 では、シャードコレクションを使用する Amazon DocumentDB エラスティッククラスターをサポートしています。詳細については、「AWS Database Migration Service のターゲットとしての Amazon DocumentDB の使用」を参照してください。
ターゲットとしての Redshift Serverless ターゲットエンドポイントとしての Amazon Redshift Serverless のサポートを追加しました。詳細については、「AWS Database Migration Service のターゲットとしての Amazon Redshift データベースの使用」を参照してください。
Babelfish のエンドポイント設定 Babelfish のサポートを提供するための PostgreSQL ターゲットエンドポイント設定が強化されました。詳細については、「PostgreSQL データベースの AWS Database Migration Serviceのターゲットとしての使用」を参照してください。
Oracle ソースのオープントランザクション AWS DMS 3.5.1 では、Oracle ソースの開始位置から CDC のみのタスクを開始する場合の、オープントランザクションの処理方法が改善されました。詳細については、OpenTransactionWindow セクションの Oracle をソースとして使用する場合のエンドポイント設定 AWS DMS を参照してください。
ターゲットとしてAmazon Timestream Amazon Timestream をターゲットエンドポイントとして使用するためのSupport。詳細については、「Amazon Timestream を AWS Database Migration Service のターゲットとして使用する」を参照してください。

AWS DMS バージョン 3.5.1 には、以下の解決済みの問題が含まれています。

解決済みの問題 説明
ソースとしての Oracle の非アクティブセッション数の増加 CDC のみのタスクの非アクティブセッションが継続的に増加し、次の例外が発生する Oracle ソースの問題を修正しました。ORA-00020: maximum number of processes exceeded on the source database
更新の変更を DocumentDB にレプリケートする 一部のシナリオで UPDATE ステートメントが適切に複製されないターゲットとしての DocumentDB の問題を修正しました。
検証のみのタスク データ検証機能のエラー処理が改善され、検証のみのタスクでデータ検証が無効になっている場合にタスクが正しく失敗するようになりました。
接続終了後の Redshift レプリケーション 接続終了後にターゲットが 0 ParallelApplyThreads より大きく設定されていると、DMS タスクがターゲットへの変更の適用を再試行せず、データが失われるという Redshift ターゲットの問題を修正しました。
MySQL テキストからメディアテキストへのレプリケーション フルロブモードでのミディアムテキストデータ型の MySQL から MySQL へのレプリケーションの問題を修正しました。
CDC タスクがローテーションされたシークレットで複製されない Secrets Manager がパスワードを変更した後に DMS BatchApplyEnabled true がデータの複製を停止する設定になっている DMS タスクの問題を修正しました。
MongoDB/DocumentDB のセグメンテーションに関する問題 主キー列に大きな値が含まれている場合に範囲セグメンテーションが正しく機能しない MongoDB/DocDB ソースの問題を修正しました。
バインドされていない数値の Oracle データ検証 DMS NUMERIC STRING がデータ検証中にバインドされていないデータ型の値をとして認識する Oracle ターゲットの問題を修正しました。
SQL Server のデータ検証 DMS データ検証で無効な SQL ステートメントが作成される SQL Server エンドポイントの問題を修正しました。
MongoDB 自動セグメンテーション ソースとして MongoDB を使用する場合のドキュメントを並列移行する際のデータの自動パーティション分割機能を改善しました。
Amazon S3 Apache Parquet の形式 S3 にターゲットとして書き込まれた Apache Parquet ファイルを Apache Arrow C++ を使用した Python で表示できるように問題を修正しました。
PostgreSQL をソースとする場合の DDL の処理 サポートされていない DDL オペレーションが適切に無視されないという PostgreSQL をソースとする場合の問題を修正しました。
PostgreSQL の timestamptz データエラー PostgreSQL 間移行で、CDC 中にバッチ適用が有効になっていると、タイムゾーンのデータなどのタイムスタンプが適切に移行されない問題を修正しました。
Oracle から PostgreSQL の検証障害 Oracle から PostgreSQL への移行で、NUMERIC (38,30) データ型のデータ検証が失敗する問題を修正しました。
Oracle 拡張データ型エラー Oracle ソースで、拡張 varchar データ型が切り捨てられていた問題を修正しました。
フィルター演算子の組み合わせ NULL 列演算子をその他のタイプの演算子と組み合わせることができないという列フィルタリング機能の問題を修正しました。
過剰なロギングを原因とする CDC レイテンシー PostgreSQL をソースとする場合に pglogical プラグイン警告の過剰なロギングがソース CDC レイテンシーを引き起こしていた問題を修正しました。
Create Table DDL の双方向レプリケーション処理 PostgreSQL 間の双方向レプリケーションで、Create Table DDL の変更が適切にレプリケートされなかった問題を修正しました。
フィルターの使用時の CDC 障害 CDC レプリケーションが失敗するフィルタリング機能の問題を修正しました。
Kafka エンドポイントの認証機関ホスト名検証 認証機関のホスト名検証を無効にするオプション (SslEndpointIdentificationAlgorithm) を追加して Kafka エンドポイントの機能を強化しました。
IBM Db2 LUW 検証 Db2 LUW ソースの date、timestamp、time のデータ型がデータ検証中に適切に処理されない問題を修正しました。
S3 の検証 Db2 LUW から S3 への移行で、検証機能が timestamp(0) データ型の処理が適切でなかった問題を修正しました。
DMS タスク再起動の障害 PostgreSQL ソースで、pglogic AWS DMS プラグインの使用時にタスクが再起動に失敗し、リレーショナルイベントを利用できない問題を修正しました。
SQL Server の HIERARCHY データ型の検証 SQL Server ソースで HIERARCHY データ型の検証が失敗する問題を修正しました。
制御文字がある SQL Server の文字列 SQL Server ソースで、制御文字がある文字列が適切にレプリケートされない問題を修正しました。
Redshift での Secrets Manager の使用 Redshift をターゲットとする場合に、Secrets Manager を使用するとエンドポイントのテストが失敗する問題を修正しました。
MySQL ParallelLoadThreads 設定の不一致 MySQL をターゲットとする場合に、タスク設定を変更すると ParallelLoadThreads 設定が適切に保持されない問題を修正しました。
PostgreSQL から Oracle へのデータ型マッピングエラー PostgreSQL から Oracle への移行で、TEXT データ型から VARCHAR2(2000) データ型にレプリケートするとタスクが失敗する問題を修正しました。
Oracle から PostgreSQL へのデータ検証 Oracle から PostgreSQL への移行で、NULL 文字が SPACE 文字としてレプリケートされた場合にデータ検証で誤検出が報告される問題を修正しました。
SQL サーバーソースが構成に含まれています。 AlwaysOn AlwaysOn AWS DMS レプリカ名が実際のサーバー名と完全に一致しないとタスクが失敗する設定内の SQL Server ソースの問題を修正しました。
Oracle ソースエンドポイントのテスト障害 Oracle セッション ID (SID) AWS DMS の取得中に権限が不十分なためにエンドポイント接続テストが失敗する Oracle ソースの問題を修正しました。
CDC が新しいテーブルを取得しない CDC のみのタスクで、タスクの開始後にソースで作成されたテーブルがレプリケートされない場合がある問題を修正しました。
ソースとしての Oracle でのオープントランザクション Oracle ソースの開始位置から CDC のみのタスクを開始する際のオープントランザクションの処理方法が改善されています。
データ欠落の問題 (StopTaskCachedChangesApplied オプションが true の場合) キャッシュした変更が適用された後にタスクが停止されてタスクを再開すると、データが欠落する問題を修正しました。 AWS DMS AWS DMS ソースで大量の変更が行われたためにキャッシュされた変更がレプリケーションインスタンスディスクに保持される場合、この問題はまれにしか発生しません。
拡張データ型のデータ検証に関する問題 PostgreSQL から Oracle へのデータ検証で、拡張データ型の検証が失敗する問題を修正しました。
一貫性のない文字エンコーディングのデータ検証に関する問題 SQL Server から PostgreSQL への移行で、文字エンコーディングがソースとターゲットの間で一貫していない場合に検証が失敗するというデータ検証の問題を修正しました。
データ検証に関する問題 ORA-01455 PostgreSQL の integer を Oracle にマップしている場合の検証中に Oracle の number(10) エラーが発生する問題を修正しました。
SQL Server の IDENTITY のサポート SQL Server 間のデータレプリケーションで、ターゲット列に IDENTITY プロパティがあると identity 列の移行が失敗する問題を修正しました。
ALTER ステートメントの文字セットの問題 CDC 中にステートメントを移行すると文字セットが UTF16 AWS DMS に変更される MySQL から MySQL へのレプリケーションの問題を修正しました。ALTER
PostgreSQL から Redshift への空間データ型のサポート PostgreSQL から Amazon Redshift に移行する場合の spatial データ型のサポートが追加されました。
.parquet ファイルの GZIP 圧縮 S3 をターゲットとして GZIP 圧縮の.parquet AWS DMS ファイルを生成できない問題を修正しました。
MongoDB と DocDB のソースの移行 MongoDB AWS DMS ソースから一部のパーティションを移行しない問題を修正しました。
テーブル統計の問題 レプリケーションインスタンスの少なくとも 1 つのタスクに 1,001 を超えるテーブルが含まれている場合にテーブル統計が表示されない問題を修正しました。
IBM Db2 LUW バージョン 10.1.0 以前でのテーブル停止 Db2 LUW ソースで、ソースデータベースのバージョンが 10.1.0 以下の場合にテーブルの移行が TYPESTRINGUNITS is not valid エラーで停止する問題を修正しました。
MongoDB のパーティション分割の問題 ソースのパーティションが単一または複数のセグメントで欠落する MongoDB/DocDB の問題を修正しました。
MongoDB のパーティション分割の問題 NumberLong() 型の列に基づくセグメンテーションが、型変換のバグにより失敗する問題を修正しました。
MongoDB のパーティション分割の問題 MongoDB をソースとする大規模なデータセットの自動セグメント化のパフォーマンスが向上しました。
MongoDB ドライバーバージョン MongoDB バージョン 3.6 以前を引き続きサポートするため、MongoDB ドライバーを 1.20.0 にダウングレードしました。
Amazon S3 Apache Parquet の timestamp データ型 Amazon S3 パーケットターゲットの問題を修正しました。 AWS DMS isAdjustedToUTCtrue AWS DMS以前のバージョンのの動作と一致するようにフォーマットパラメータをに設定するようになりました。
Amazon Redshift ターゲットの copy コマンド ターゲットとして Amazon Redshift を使用する場合、Amazon S3 から Amazon Redshift にデータをコピーする際、サイズが大きいテーブルに対して copy コマンドが失敗するという問題を修正しました。
PostgreSQL の geometry データ型 PostgreSQL 間の移行で、サイズが大きい geometry データ型で移行が失敗する問題を修正しました。
Oracle から PostgreSQL Oracle から PostgreSQL へのレプリケーション時に移行により XML に余分なスペースが追加される問題を修正しました。
サポートされているエンジンでのターゲットチェックポイントの更新 AWS DMS awsdms_txn_stateターゲットデータベースのテーブル内のターゲットチェックポイントを更新するようになりました。
MongoDB と DocDB のレコードの誤ったコレクションへの送信 MongoDB と DocDB でデータが誤ったターゲットコレクションに送信される問題を修正しました。
Oracle EscapeCharacter ソースのエンドポイント設定による新規テーブル選択 AWS DMS EscapeCharacterエンドポイント設定が設定されている間にタスクを停止して再開したときに、Oracle Source がレプリケーション用に新しいテーブルのみを取得していた問題を修正しました。
CDC 復旧チェックポイント ターゲットデータストアと AWS DMS コンソールの間で確認された CDC 復旧チェックポイントの不整合を修正しました。
CDC 検証のみのタスク CDC 検証のみのタスクにおいて、タスク内のすべてのテーブルに障害が発生してもタスクが失敗しない問題を修正しました。
ソースまたはターゲットでの接続の問題についての検証動作 AWS DMS 接続が切断されたときにソースまたはターゲットのテーブルが中断されるというデータ検証の問題を修正しました。
Oracle から PostgreSQL へのデータ検証の誤検出 Oracle から PostgreSQL AWS DMS へのデータ検証で誤検出が報告される問題を修正しました。これは、ターゲットでのソース NULL 文字の表現の違いが、VARCHAR 以外のテキストベースのデータ型では考慮されなかったことが原因です。
Oracle から PostgreSQL へのデータの切り捨て ソースとしての Oracle とターゲットとしての PostgreSQL において、Oracle の NLS_NCHAR_CHARACTERSET 設定を AL16UTF16 に設定した場合、NVARCHAR 列のデータが AWS DMS で切り捨てられていた問題を修正しました。
データ検証エラー ソースフィルターと列追加変換ルールの両方が使用されている場合に unable to create where filter clause エラーが発生するデータ検証の問題を修正しました。
Redshift ターゲットのエラー処理 CDC タスクの ParallelApplyThreads タスク設定が 0 より大きい値に設定されていると、エラー処理が設定どおりに機能しないターゲットとして Redshift を使用する場合の問題を修正しました。
ソースとしての Oracle の通信障害 ソースとして Oracle を使用する際に、タスクが RUNNING の状態のままであるのに、通信障害後にデータを移行できなくなる問題を修正しました。
列フィルターによる CDC テーブルの一時停止 フルロード + CDC タスクで、列フィルターが適用されている場合、CDC フェーズ中にテーブルが停止する問題を修正しました。
ターゲットデータとしての S3 での特殊文字の検証の失敗 テーブル名にアンダースコア以外の特殊文字が含まれているとタスクが失敗する S3 ターゲットデータ検証の問題を修正しました。
MongoDB ソースのフルロードと CDC の失敗 ソースとして MongoDB を使用する場合、大規模なコレクション移行時のキャッシュイベントの処理中に フルロード + CDC タスクが失敗する問題を修正しました。
BatchApplyEnabled が true に設定された場合のアップグレードに関する問題 タスク設定が true に設定されているタスクがBatchApplyEnabled、 AWS DMS バージョン 3.4.6 から 3.5.1 に移行した後に失敗することがある問題を修正しました。
大文字と小文字を区別する照合順序の SQL Server ソース AlwaysOn AlwaysOn ソースとしての SQL Server で、大文字と小文字を区別する照合を行うとタスクが失敗する問題を修正しました。
MySQL ソースのタスクのハング ソースとして MySQL を使用する際、ソースが適切に設定されていない場合にタスクが失敗せずにハングする問題を修正しました。
S3 ソースのフルロードタスクの失敗 AWS DMS バージョン 3.4.6 または 3.4.7 からバージョン 3.5.1 にアップグレードした後に、タスクが再開時に失敗するソースとしての S3 の問題を修正しました。
CaptureDDLs が false に設定されている PostgreSQL ソース ソースとして PostgreSQL を使用する場合に、CaptureDDLs エンドポイント設定が false に設定されていると DDL が適切に処理されない問題を修正しました。
再開時の Oracle ソースのタスクのクラッシュ Oracle をソースとして使用している場合の、列名のデータが正しくないために再開時にタスクがクラッシュする問題を修正しました。
MySQL ソース LOB ルックアップの失敗 ソースとして MySQL を使用する場合、ParallelApplyThreads タスク設定がゼロより大きい値に設定されていると LOB ルックアップが失敗する問題を修正しました。
SQL Server ソースの LSN 論理エラー バージョン 3.4.7 AWS DMS からバージョン 3.5.1 illogical LSN sequencing state error にアップグレードした後にタスクがエラーで失敗する SQL Server をソースとして使用していた問題を修正しました。
pglogical を使用する PostgreSQL ソース PostgreSQL ソースで pglogic プラグインを使用するタスクが、タスクが停止し、選択ルールからテーブルが削除された後、タスクが再開されて、削除されたテーブルに変更が加えられた場合に失敗する問題を修正しました。
Aurora MySQL の誤ったリカバリチェックポイント ソースとしての Aurora MySQL において、Aurora フェイルオーバーまたは Aurora ソースの停止と起動の結果として誤ったリカバリチェックポイントが保存される問題を修正しました。
ソースとしての SQL Server におけるタスクのクラッシュ ソースとしての SQL Server において、SafeguardPolicyRELY_ON_SQL_SERVER_REPLICATION_AGENT に設定した場合、タスクがクラッシュする問題を修正しました。
ターゲットとしての MySQL における誤ったデータ型のキャスト ターゲットとしての MySQL において、バッチ適用フェーズで誤ったデータ型をキャストした結果として、CDC レプリケーションが失敗する問題を修正しました。
ソースとしての PostgreSQL で CaptureDDLs を false に設定した場合のタスクの失敗 ソースとしての PostgreSQL において、CaptureDDLs エンドポイント設定を false に設定した場合、DDL が DML として処理されるためにタスクが失敗する問題を修正しました。
MongoDB の空のコレクションによるクラッシュ ソースとしての MongoDB において、空のコレクションが原因でタスクがクラッシュする問題を修正しました。
ターゲットとしての Redshift におけるフルロード時のタスククラッシュ ターゲットとしての Redshift において、リカバリチェックポイント制御テーブルが有効になっていると、フルロードフェーズ中にタスクがクラッシュする問題を修正しました。
S3 から S3 へのデータ移動なし S3 から S3 へのレプリケーションで、 AWS DMS が指定されていないとデータがレプリケートされない問題を修正しました。bucketFolder
GlueCatalogGenerationtrue に設定した場合の CDC レイテンシー ターゲットとしての S3 において、GlueCatalogGenerationtrue に設定すると、過剰なレイテンシーが発生する問題を修正しました。
ターゲットとしての Oracle におけるデータの切り捨て Oracle をターゲットとして使用すると、VARCHAR2 AWS DMS 列のデータが切り捨てられてしまう問題を修正しました。
PostgreSQL のアンダースコアワイルドカードの動作 ソースとしての PostgreSQL において、選択ルール内のアンダースコア (_) ワイルドカードがドキュメントの説明どおりに動作しないという問題を修正しました。
ソースとしての PostgreSQL における空の WAL ヘッダーの問題 ソースとしての PostgreSQL において、レプリケーションスロットから受信した空の WAL ヘッダーが原因でタスクが失敗する問題を修正しました。
ソースとしての MySQL または MariaDB における圧縮されたバイナリログ ソースとしての MySQL と MariaDB で、BINLOG AWS DMS 圧縮が検出されたときに適切なエラーメッセージが出力されない問題を修正しました。
S3 データ検証での特殊文字 S3 データ検証が改善され、プライマリキー列と非プライマリキー列の特殊文字を処理できるようになりました。
ターゲットとしての Redshift における誤解を招くタスクログエントリ ターゲットとしての Redshift において、タスクログ内の誤解を招くエントリにより、UPDATES と DELETE でのバッチ適用ステートメントの失敗が報告される問題を修正しました。
SQL Server から S3 への移行タスクのクラッシュ SQL Server から S3 への移行で、キャッシュされた変更を適用するとタスクがクラッシュする問題を修正しました。
バッチ適用エラーに伴うデータの喪失 バッチ適用時にエラーが発生するとデータが失われるというバッチ適用機能の問題を修正しました。

AWS Database Migration Service 3.5.0 ベータリリースノート

重要

AWS DMS 3.5.0 はレプリケーションインスタンスエンジンのベータ版です。 AWS DMS このバージョンは、以前のすべてのリリースと同様にサポートされます。ただし、 AWS DMS 3.5.0 Beta を本番環境で使用する前に、テストすることをお勧めします。

次の表は、 AWS Database Migration Service (AWS DMS) バージョン 3.5.0 ベータ版で導入された新機能と拡張機能を示しています。

新機能または拡張機能 説明
Oracle と Microsoft SQL Server 向けの Time Travel DMSがサポートするOracle、Microsoft SQL Server、PostgreSQLのソースエンドポイント、 AWS およびDMSがサポートするPostgreSQLとMySQLのターゲットエンドポイントを備えたすべてのリージョンでタイムトラベルを使用できるようになりました。
S3 の検証 AWS DMS Amazon S3 ターゲットエンドポイントの複製データの検証をサポートするようになりました。Amazon S3 ターゲットデータの検証については、「Amazon S3 ターゲットのデータ検証」を参照してください。
Glue Catalog の統合 AWS Glue はデータを分類する簡単な方法を提供するサービスで、と呼ばれるメタデータリポジトリで構成されています。 AWS Glue Data Catalog Amazon S3 のターゲットエンドポイントとを統合し、Amazon Athena AWS などの他のサービスを通じて Amazon S3 データをクエリできるようになりました。 AWS Glue Data Catalog 詳細については、「AWS DMS のための Amazon S3 ターゲットでの AWS Glue Data Catalog データカタログの使用」を参照してください。
ターゲットとしての DocumentDB の並列適用 DocumentDB ParallelApply* を新しいタスク設定のターゲットとして使用すると、CDC レプリケーション中に 1 秒あたり最大 5000 AWS DMS レコードがサポートされるようになりました。詳細については、「AWS Database Migration Service のターゲットとしての Amazon DocumentDB の使用」を参照してください。
お客様中心のログ記録 バージョン 3.5.0 では、 AWS DMS タスクログをより効果的に調べて管理できるようになりました。 AWS DMS タスクログの表示と管理については、を参照してください。AWS DMS タスクログの表示と管理
Kafka ターゲットエンドポイントの SASL_PLAIN メカニズム SASL_PLAIN 認証を使用して Kafka MSK ターゲットエンドポイントをサポートできるようになりました。
MySQL の XA トランザクションのレプリケーション MySQL DMS ソースで XA トランザクションを使用できるようになりました。DMS 3.5.0 以前のバージョンでは、XA トランザクションの一環として適用された DML の変更は適切にレプリケートされていませんでした。
Oracle 拡張データ型 AWS DMS Oracle バージョン 12.2 以降で拡張データ型のレプリケーションがサポートされるようになりました。
DB2 LUW 環境 PureScale AWS DMS Db2 LUW 環境からのレプリケーションをサポートするようになりました。 PureScale この機能は、[Start processing changes from source change position] オプションを使用する場合にのみサポートされます。
READ_COMMITTED_SNAPSHOT を使用する SQL Server ソース READ_COMMITTED_SNAPSHOTオプションをに設定して Microsoft SQL Server ソースデータベースを使用する場合TRUEforceDataRowLookup 接続属性を設定することで DML の変更を正しくレプリケートできます。

AWS DMS 3.5.0 には、以下の解決済みの問題が含まれています。

2023 年 3 月 17 日にリリースされた AWS DMS 3.5.0 で解決された課題
トピック 解決方法
Oracle—数値から変換された文字列の特殊なケースの比較 Oracle をソースとする場合に、同じ列に文字列へのデータ型変換があると、数値列に対してフィルタールールが期待どおりに機能しない問題を修正しました。
オンプレミスの SQL Server AG の機能強化 DMS が使用していないレプリカへの不要な接続を排除することで、AlwaysOn構成内の SQL Server ソースとの接続処理の効率が向上しました。
SQL Server の HIERARCHYID の内部変換 SQL Server ソースで HIERARCHYID データ型が HIERARCHYID ではなく VARCHAR(250) として SQL Server ターゲットにレプリケートされていた問題を修正しました。
S3 ターゲットの移動タスクの修正 S3 ターゲットを使用したタスクの移動に非常に長い時間がかかったり、フリーズしているように見えたり、完了しなかったりする問題を修正しました。
Kafka の SASL Plain メカニズム Kafka MSK ターゲットエンドポイントの SASL Plain 認証方法のサポートを導入しました。
Opensearch 2.x での _type パラメータを原因とする並列ロードまたは適用の障害 Opensearch 2.x ターゲットで _type パラメータがサポートされていないために並列ロードまたは並列適用が失敗する問題を修正しました。
混合演算子を使用したテーブルマッピングフィルターのサポート 単一の列に単一のフィルターしか適用できないという制限がなくなりました。
S3、Kinesis、Kafka エンドポイント — CDC フェーズでの alter ベースの LOB 列の移行 Kinesis、Kafka、S3 をターゲットとする場合に、CDC 中に追加された LOB 列のデータがレプリケートされないという 問題を修正しました。
MongoDB ドライバーのアップグレード MongoDB ドライバーを v1.23.2 にアップグレードしました。
Kafka ドライバーの更新 Kafka ドライバーを 1.5.3 から 1.9.2 にアップグレードしました。
S3 エンドポイント設定の不適切な動作 S3 ターゲットで、S3 ターゲットの区切り記号として指定された文字がデータに含まれている場合に AddTrailingPaddingCharacter エンドポイント設定が機能しなかった問題を修正しました。
Kinesis ターゲットタスクのクラッシュ Kinesis をターゲットとする場合に、PK 値が空で詳細なデバッグが有効になっているとタスクがクラッシュする問題を修正しました。
S3 ターゲットの列名が 1 つずれるケース S3 をターゲットとする場合に、AddColumnNametrueTimestampColumnName"" に設定すると、列名が 1 つ位置ずれする問題を修正しました。
LOB 切り捨て警告のログ記録の改善 SQL Server をソースとする場合の LOB 切り捨てに関する警告ログが改善され、LOB の取得に使用できる SELECT ステートメントが追加されました。
TDE パスワードが間違っている場合に DMS タスクがクラッシュするのを避けるため、致命的なエラーが追加されました。 Oracle をソースとする場合に、TDE パスワードが間違っているために DMS タスクが失敗し、エラーメッセージが表示されない状況で、意味のあるエラーメッセージが導入され、タスクがクラッシュする問題が解消されました。
CDC 中の PostgreSQL CTAS (CREATE TABLE AS SELECT) DDL の移行の許可 CDC 中に DMS が PostgreSQL CTAS (CREATE TABLE AS SELECT) DDL をレプリケートできないという制限がなくなりました。
CDC でのテーブルの列削除時に pg_logical タスクがクラッシュする問題を修正しました。 S3 をターゲットとするソースの PostgreSQL で、LOB のサポートが無効で LOB が存在する場合にターゲットで列の位置がずれる問題を修正しました。
MySQL 接続処理でのメモリリークの修正 MySQL をソースとする場合に、タスクメモリ消費量が継続的に増加していた問題を修正しました。
Oracle のソースエンドポイント設定 – ConvertTimestampWithZoneToUTC TIMESTAMP WITH TIME ZONE 列と TIMESTAMP WITH LOCAL TIME ZONE 列のタイムスタンプ値を UTC に変換するには、この属性を true に設定します。デフォルトでは、この属性の値は「false」で、データはソースデータベースのタイムゾーンを使用してレプリケートされます。
Oracle ソース - SUSPEND_TABLE の DataTruncationErrorPolicy が機能しない S3 ターゲットの Oracle ソースで、DataTruncationErrorPolicy タスク設定が SUSPEND_TABLE に設定されているとテーブルが停止されなかった問題を修正しました。
クエリ句の作成中での SQL Server の長いスキーマまたはテーブルの障害 SQL Server ソースで選択ルールにカンマ区切りのテーブルのリストが含まれている場合、タスクが失敗するか応答しなくなる問題を修正しました。
MongoDB エンドポイントでの Secret Manager 認証 MongoDB と DocumentDB エンドポイントの場合に Secret Manager ベースの認証が機能していない問題を修正しました。
NLS_NCHAR_CHARACTERSET が UTF8 に設定されている場合、DMS の CDC 中にマルチバイトの VARCHAR 列のデータを切り捨ててしまう Oracle ターゲットを使用する Oracle ソースで NLS_NCHAR_CHARACTERSET が UTF8 に設定されているマルチバイト VARCHAR 列のデータが切り捨てられていた問題を修正しました。
filterTransactionsOfUserオラクル向け ECA LogMiner を使用して Oracle から複製するときに DMS filterTransactionsOfUser が特定のユーザーからのトランザクションを無視できるようにする追加接続属性 (ECA) を追加しました。 LogMiner
バックアップで LSN が欠落している場合の SQL Server 設定の回復可能なエラー SQL Server で LSN がない場合でもタスクが失敗しない問題を修正しました。

AWS Database Migration Service 3.4.7 リリースノート

次の表は、 AWS Database Migration Service (AWS DMS) バージョン 3.4.7 で導入された新機能と拡張機能を示しています。

新機能または拡張機能 説明
ターゲットとしての Babelfish のサポート

AWS DMS Babelfish をターゲットとしてサポートするようになりました。を使用すると AWS DMS、最小限のダウンタイムで、 AWS DMS サポートされている任意のソースから Babelfish にライブデータを移行できるようになりました。

詳細については、「AWS Database Migration Service のターゲットとしての Babelfish の使用」を参照してください。

IBM Db2 z/OS データベースをフルロードのみソースとしてサポート

AWS DMS IBM Db2 z/OS データベースをソースとしてサポートするようになりました。を使用すると AWS DMS、Db2 メインフレームからサポートされている任意のターゲットへのライブマイグレーションを実行できるようになりました。 AWS DMS

詳細については、「AWS DMS のソースとしての IBM Db2 for z/OS データベースの使用」を参照してください。

ソースとしての SQL Server リードレプリカのサポート

AWS DMS SQL Server のリードレプリカをソースとしてサポートするようになりました。を使用すると AWS DMS、SQL Server AWS DMS リードレプリカからサポートされている任意のターゲットへのライブマイグレーションを実行できるようになりました。

詳細については、「のソースとしての Microsoft SQL Server データベースの使用 AWS DMS」を参照してください。

EventBridge DMS イベントのSupport

AWS DMS EventBridge for DMS イベントを使用したイベントサブスクリプションの管理をサポートします。

詳細については、「AWS Database Migration Service での Amazon EventBridge イベントと通知の使用」を参照してください。

VPC ソースエンドポイントとターゲットエンドポイントのサポート

AWS DMS Amazon Virtual Private Cloud (VPC) エンドポイントをソースとターゲットとしてサポートするようになりました。 AWS DMS AWS サービスへの明示的に定義されたルートが VPC で定義されている場合、VPC エンドポイントを持つすべてのサービスに接続できるようになりました。 AWS DMS

注記

AWS DMS バージョン 3.4.7 以降にアップグレードするには、まず VPC エンドポイントを使用するか、 AWS DMS パブリックルートを使用するかを設定する必要があります。この要件は、Amazon S3、Amazon Kinesis Data Streams、Amazon DynamoDB、Amazon Redshift AWS Secrets Manager、および Amazon Service のソースエンドポイントとターゲットエンドポイントに適用されます。 OpenSearch

詳細については、「AWS DMS ソースエンドポイントとターゲットエンドポイントとしての VPC エンドポイントの設定」を参照してください。

新しい PostgreSQL バージョン PostgreSQL バージョン 14.x がソースとターゲットとしてサポートされるようになりました。
ターゲットとしての Aurora Serverless v2 のサポート

AWS DMS Aurora サーバーレス v2 をターゲットとしてサポートするようになりました。を使用して AWS DMS、Aurora サーバーレス v2 へのライブマイグレーションを実行できるようになりました。

AWS DMS サポートされているターゲットの詳細については、を参照してください。「データ移行のターゲット」

IBM Db2 for LUW の新しいバージョン

AWS DMS IBM Db2 for LUW バージョン 11.5.6 と 11.5.7 をソースとしてサポートするようになりました。を使用して AWS DMS、最新バージョンの IBM DB2 for LUW からのライブマイグレーションを実行できるようになりました。

AWS DMS ソースについては、を参照してください。データの移行のソース

AWS DMS サポートされているターゲットの詳細については、を参照してください「データ移行のターゲット」

AWS DMS 3.4.7 には、以下の新しい動作または変更された動作、および解決された問題が含まれています。

  • Amazon S3 をソースとして使用するときに、テーブル定義の日付形式を使用してデータ文字列を解析して日付オブジェクトに変換できるようになりました。

  • 新しいテーブル統計カウンター、AppliedInsertsAppliedDdlsAppliedDeletesAppliedUpdates. が使用できるようになりました。

  • OpenSearch ターゲットとして使用する場合にデフォルトのマッピングタイプを選択できるようになりました。

  • Oracle、PostgreSQL、SQL Server のソースの新しい TrimSpaceInChar エンドポイント設定を使用すると、CHAR と NCHAR データ型のデータをトリミングするかどうかを指定できます。

  • Amazon S3 の新しい ExpectedBucketOwner エンドポイント設定を使用すると、S3 をソースまたはターゲットとして使用する場合のスナイプ攻撃を防ぐことができます。

  • RDS SQL Server、Azure SQL Server、セルフマネージド型 SQL Server の場合 — DMS は、PRIMARY KEY の有無を問わず、移行タスク向けに選択されたすべてのテーブルでの MS-CDC の自動セットアップを提供するようになりました。PRIMARY KEY を持つセルフマネージド型 SQL Server での MS-REPLICATION の優先順位の有効化を考慮した一意のインデックスを持つテーブルでも MS-CDC の自動セットアップが提供されます。

  • Oracle 同種移行での Oracle パーティションとサブパーティション DDL オペレーションのレプリケーションがサポートされるようになりました。

  • Oracle をソースとターゲットとして使用している場合に、データ検証タスクが複合プライマリキーでクラッシュする問題を修正しました。

  • Redshift をターゲットとして使用する際、ターゲット列がブール型として事前作成されている場合、可変文字型を適切にブール型にキャストする問題を修正しました。

  • PostgreSQL をターゲットとして使用する場合の既知の ODBC 問題により、varchar(255) として移行された varchar データ型でのデータ切り捨ての問題を修正しました。

  • Oracle をターゲットとして使用する場合、BatchApplyEnabledtrue に設定し、BatchApplyPreserveTransactionfalse に設定すると、DELETE オペレーションの Parallel Hint が考慮されない問題を修正しました。

  • Amazon S3 の新しい AddTrailingPaddingCharacter エンドポイント設定は、S3 をターゲットとして使用するときに文字列データにパディングを追加します。

  • 新しい max_statement_timeout_seconds タスク設定は、エンドポイントクエリのデフォルトタイムアウトを延長します。この設定は現時点で、MySQL エンドポイントのメタデータクエリで使用されています。

  • PostgreSQL をターゲットとして使用する際、CDC タスクがエラー処理タスク設定を適切に利用していなかった問題を修正しました。

  • DMS が Redis Enterprise インスタンスの Redis モードを適切に識別できなかった問題を修正しました。

  • S3 ターゲットの Parquet 形式の追加接続属性 (ECA) includeOpForFullLoad のサポートを強化しました。

  • 新しい PostgreSQL エンドポイント設定 migrateBooleanAsBoolean が導入されました。PostgreSQL から Redshift への移行でこの設定が true に設定されている場合、ブール型が varchar(1) として移行されます。false に設定すると、ブール型は varchar(15) として移行されます。これがデフォルトの動作です。

  • SQL Server ソースを使用する際の datetime データ型に関する移行の問題が修正されました。この修正により、精度がミリ秒単位の場合に Null が挿入される問題が解決されます。

  • PGLOGICAL を使用する PostgresSQL ソースの場合、CDC フェーズで pglogical を使用してソーステーブルからフィールドを削除すると、削除されたフィールドの後の値がターゲットテーブルに移行されないという移行の問題が修正されました。

  • 双方向レプリケーションでレコードが繰り返し取得される SQL Server の Loopback 移行の問題を修正しました。

  • PostgresSQL をソースとする場合の新しい ECA mapBooleanAsBoolean を追加しました。この追加の接続属性を使用すると、PostgresSQL Boolean のデフォルトデータ型マッピングを Boolean データ型にオーバーライドできます。 RedShift

  • SQL Server をソースとして使用する場合に、ALTER DECIMAL と NUMERIC SCALE がターゲットにレプリケートされないという移行の問題を修正しました。

  • SQL Server 2005 での接続に関する問題を修正しました。

  • 2022 年 10 月 17 日の時点で、DMS 3.4.7 はレプリケーションインスタンスの第 6 世代 Amazon EC2 インスタンスクラスをサポートするようになりました。

  • 2022 年 11 月 25 日の時点で、DMS 3.4.7 では、DMS Schema Conversion を使用してデータベーススキーマとコードオブジェクトを変換でき切るようになりました。また、DMS Fleet Advisor を使用して、ネットワーク環境内のデータベースを移行候補として検出できるようになりました。

  • 2022 年 11 月 25 日をもって、DMS Studio は廃止されました。

  • 2023 年 1 月 31 日の時点で、DMS Schema Conversion はターゲットデータプロバイダーとして Aurora MySQL と Aurora PostgreSQL をサポートするようになりました。

  • 2023 年 3 月 6 日の時点で、DMS Fleet Advisor を使用してソースデータベースに適切なサイズのターゲットレコメンデーションを生成できるようになりました。

  • 2023 年 3 月 6 日現在、Amazon AWS DMS AWS CloudWatch へのメトリックデータポイントの公開を許可する管理ポリシーをサポートしています。

2023 年 5 月 5 日の DMS 3.4.7 メンテナンスリリースで解決された問題
トピック 解決方法
PostgreSQL ソースタスクの障害 PostgreSQL をソースとする場合に、単一のイベントで許可される DDL オペレーションの最大値を超えるとタスクが失敗する問題を修正しました。
PostgreSQL ソースのデータ検証での誤検出 Oracle をターゲットとする PostgreSQL ソースの場合に timestamp フィールドのキャストが適切でないと、データ検証で誤検出エラーが発生する問題を修正しました。
MySQL ソースエラーの処理 MySQL をソースとする際、次の BIN ログが利用できない場合に DMS タスクが失敗しない問題を修正しました。
MySQL ソースの ROTATE_EVENT のログ記録 ROTATE_EVENT に関連する MySQL ソースのログ記録が改善され、読み込まれる BIN ログ名が含まれるようになりました。
データ検証のタイムアウトの問題 データ検証に関連するクエリで executeTimeout エンドポイント設定が考慮されないデータ検証機能の問題を修正しました。
PostgreSQL ターゲットの並列フルロードでの問題 PostgreSQL をターゲットとする場合に、セグメント化された (並列) フルロードが「接続ダウン」エラーにより失敗していた問題を修正しました。
DMS タスク移動の問題 S3 をターゲットとする場合に、DMS タスクの移動オペレーションが非常に時間がかかったり、完了しなかったりする問題を修正しました。
PostgreSQL ソースのレコード重複に関する問題 PostgreSQL をソースとする場合に、タスクを停止して再開した後に DMS タスクがターゲットの重複に関連するエラーを報告する問題を修正しました。
Oracle ターゲットのデータ検証の誤検出 Oracle をターゲットとする場合に、timestamp フィールドのタイムゾーンが適切にレプリケートされていないためにデータ検証で誤検出エラーが報告される問題を修正しました。
2023 年 2 月 22 日の DMS 3.4.7 メンテナンスリリースで解決された問題
トピック 解決方法
ソースとしての SQL Server AG レプリカ リスナーの TCP ポートがレプリカ TCP AlwaysOnポートと異なる構成で SQL Server ソースのサポートが追加されました。
Amazon Redshift ターゲットのデータ損失 Redshift をターゲットとする場合に、まれに予期しない Redshift の再起動により、ターゲットのデータが失われる場合があった問題を修正しました。
SQL Server ソースの Safeguard のサポート SQL Server をソースとする場合に、エンドポイント設定 "SafeguardPolicy": "EXCLUSIVE_AUTOMATIC_TRUNCATION" をソースとする場合の が指定されていると、DMS タスクがトランザクションログバックアップを読み取れないことを示すエラーで失敗する可能性がある問題を修正しました。
ソースとして Oracle を使用する場合のデータ検証タスクの障害 Oracle をソースとする場合にプライマリキー値が誤って識別されたために DMS タスクがデータ検証に失敗することがあった問題を修正しました。
Kinesis の変換前イメージデータの問題 "EnableBeforeImage" タスク設定が文字データ型に対してのみ機能していたストリーミングターゲット(Kinesis、Kafka) の問題を修正しました。
Time Travel のログファイル Time Travel 機能で、ソースがアイドル状態の場合に DMS が 0 バイトの Time Travel ログファイルを作成していた問題を修正しました。
2022 年 12 月 16 日の DMS 3.4.7 メンテナンスリリースで解決された問題
トピック 解決方法
BatchApplyEnabled を True BatchApplyEnabled に設定するとログが過剰になる問題を修正しました。
新しい MongoDB エンドポイント設定— FullLoadNoCursorTimeout MongoDB エンドポイント設定は、 FullLoadNoCursorTimeout NoCursorTimeout フルロードカーソルを指定します。 NoCursorTimeout は、アイドル状態のときにサーバーがカーソルを閉じないようにするMongoDB接続設定です。
MongoDB — 単一列セグメント化のためのフィルター関数 新しいフィルター関数により、セグメント化に単一列を使用して MongoDB データベースを移行するパフォーマンスが向上します。
MongoDB から Redshift MongoDB から Redshift での移行で MongoDB コレクションがバイナリデータ型の場合、DMS が Redshift でターゲットテーブルを作成していなかった問題が修正されました。
新しい MongoDB SocketTimeout MS コネクション属性 新しい MongoDB SocketTimeout MS 追加接続属性は、MongoDB クライアントの接続タイムアウトをミリ秒単位で設定します。値が 0 以下の場合、MongoDB クライアントのデフォルトが使用されます。
Amazon Kinesis タスクのクラッシュにつながる問題の修正 Amazon Kinesis Data Streams をターゲットとして移行する際、テーブルにプライマリキーが存在しない場合の null 値の処理に関する問題が修正されました。
Oracle NULL PK/UK データ検証のサポート NULL PK/UK 値のデータ検証がサポートされないという制限がなくなりました。
Oracle から Amazon S3 Oracle から Amazon S3 に移行する際に、数レコードが誤って NULL として移行される問題を修正しました。
Oracle Standby Oracle Standby をソースとして使用する場合に、DMS がオープントランザクションを処理する機能が追加されました。
SDO_GEOMETRY 空間データ型がある Oracle 間移行 Oracle 間移行時に、DDL でテーブルに SDO_GEOMERY 列が存在するとタスクが失敗する問題が修正されました。
ソースとしての Oracle Oracle をソースとして使用する際、DMS が Oracle REDO ログのシーケンス番号をスキップする場合がある問題を修正しました。
Oracle ソース — アーカイブまたはオンライン REDO ログの欠落 Oracle をソースとして使用する際、アーカイブログがないと DMS タスクが失敗するように問題を修正しました。
修正済み — DMS での Oracle Standby の REDO ログのスキップ Oracle をソースとして使用する際、DMS が Oracle REDO ログのシーケンス番号をスキップする場合がある問題を修正しました。
修正済み — CDC 中に Oracle 間の空間データ型がレプリケートされない Oracle 間レプリケーションの際、CDC 中に空間データ型がレプリケートされない問題を修正しました。
ターゲットとしての Oracle Oracle をターゲットとして使用する際、ターゲットの適用が ORA-01747 エラーで失敗する問題を修正しました。
Amazon S3 — テーブルデータの再ロード時のデータ損失の修正 Amazon S3 をターゲットとして使用する際に、テーブルの再ロードオペレーションで CDC ファイルが生成されない問題を修正しました。
修正済み — プライマリサーバーをソースとする場合の SQL Server Always On コンテキスト初期化 SQL Server Always On をソースとして使用する場合、ソースがプライマリで true に設定されていると可用性グループ (AG) を初期化しないという問題が修正されました。 AlwaysOnSharedSyncedBackupIsEnabled
SQL Server エンドポイント設定の更新 ソースエンドポイントが SQL Server Always On 可用性グループでセカンダリレプリカの場合 AlwaysOnSharedSynchedBackupsIsEnabled 、を True に設定するとレプリケーションタスクが失敗する問題を修正しました。
ソースとしての PostgreSQL CDC が PostgreSQL ソースでの削除/更新操作の移行に失敗する問題を修正しました。これは、ブール値のサポートで 3.4.7 で導入されました。 mapBooleanAs

AWS Database Migration Service 3.4.6 リリースノート

次の表は、 AWS Database Migration Service (AWS DMS) バージョン 3.4.6 で導入された新機能と拡張機能を示しています。

新機能または拡張機能 説明
AWS DMS タイムトラベル AWS DMS Time Travelを導入しました。これは、顧客がロギング機能を柔軟に選択できるようにし、トラブルシューティングの経験を強化する機能です。Time Travelでは、Amazon S3 AWS DMS を使用してログを保存および暗号化し、特定の期間内にログを表示、ダウンロード、難読化できます。
ソースとしての Microsoft Azure SQL Managed Instance のサポート

AWS DMS Microsoft Azure SQL マネージドインスタンスをソースとしてサポートするようになりました。を使用すると AWS DMS、Microsoft Azure SQL AWS DMS マネージドインスタンスからサポートされている任意のターゲットへのライブマイグレーションを実行できるようになりました。

AWS DMS ソースについては、を参照してくださいデータの移行のソース

AWS DMS サポートされているターゲットの詳細については、を参照してください「データ移行のターゲット」

ソースとしての Google Cloud SQL for MySQL のサポート

AWS DMS MySQL 用 Google クラウド SQL をソースとしてサポートするようになりました。を使用すると AWS DMS、Google Cloud SQL for MySQL AWS DMS からサポートされている任意のターゲットへのライブマイグレーションを実行できるようになりました。

AWS DMS ソースについて詳しくは、を参照してください。データの移行のソース

AWS DMS サポートされているターゲットの詳細については、を参照してください「データ移行のターゲット」

パーティション分割されたデータの S3 への並列ロードのサポート AWS DMS Amazon S3 へのパーティションデータのparallel ロードをサポートするようになりました。これにより、パーティション化されたデータを、サポートされているデータベースエンジンのソースデータから Amazon S3 に移行するときのロード時間が短縮されます。この機能により、データベースソースのテーブルのパーティションごとに Amazon S3 サブフォルダーを作成し、 AWS DMS が並列プロセスを実行して各サブフォルダーにデータを取り込むことができます。
単一のタスクでの複数の Apache Kafka ターゲットトピックのサポート AWS DMS 1 つのタスクで Apache Kafka のマルチトピックターゲットをサポートするようになりました。 AWS DMSを使用して、同じタスクを使用して、単一のデータベースから異なる Apache Kafka ターゲットトピックに複数のスキーマをレプリケートできるようになりました。これにより、同じソースデータベースの多数のテーブルを異なる Kafka ターゲットトピックに移行する必要がある場合に、複数の個別のタスクを作成する必要がなくなります。

AWS DMS 3.4.6 で解決された問題には以下が含まれます。

  • Amazon S3 を CSV 形式のターゲットとして使用する場合に、プライマリキー列が最初の列でない場合、UPDATE ステートメントの列が誤った列に入力される問題を修正しました。

  • PostgreSQL をソースとして使用しているときに、制限付き LOB NULL BYTEA モードの列の値で pglogical AWS DMS プラグインを使用するとタスクがクラッシュすることがある問題を修正しました。

  • PostgreSQL AWS DMS をソースとして使用しているときに大量のソーステーブルが削除されるとタスクがクラッシュすることがある問題を修正しました。

  • 新しい Amazon S3 設定 DatePartitionTimezone が導入されて UTC 以外の日付でのパーティション分割ができるようになり、Amazon S3 の日付ベースのフォルダーのパーティション分割が改善されました。

  • Redshift をターゲットとして使用する場合に、ソースの TIMESTAMP WITH TIME ZONE データ型から TIMESTAMPTZ へのマッピングがサポートされるようになりました。

  • MongoDB または Amazon DocumentDB をソースとして使用する際、ワイルドカード選択ルールを使用しないタスクの CDC パフォーマンスが向上しました。

  • Db2 LUW をソースとして使用する際に、アンダースコアのワイルドカードを使用し、長さが 8 未満のスキーマ名が AWS DMS タスクでキャプチャされない問題を修正しました。

  • OpenSearch Service をターゲットとして使用しているときに、 AWS DMS データ量が多いとインスタンスのメモリが不足する問題を修正しました。

  • フルロード検証のみのタスクがサポートされるようになり、データ検証のパフォーマンスが向上しました。

  • Sybase をソースとして使用しているときに、 AWS DMS 強制フェールオーバー後にタスクが再開されない問題を修正しました。

  • AWS DMS Invalid BC timestamp was encountered in column警告が誤って送信される問題を修正しました。

DMS 3.4.6 メンテナンスリリースで解決された問題:

  • Oracle をソースとターゲットとして使用する場合に一括適用モードが有効になっているとタスクがクラッシュする問題が修正されました。

  • PostgreSQL をソースとする ExecuteTimeout エンドポイント設定をフルロードタスクが適切に使用するように問題を修正しました。

  • PostgreSQL をソースとして使用する場合に、タスクが制限付き LOB モードに設定されている場合の配列データ型列を移行する際の問題を修正しました。

  • PostgreSQL をソースとして使用する場合に、1970 年 1 月 1 日以前のタイムゾーン付きタイムスタンプを移行する際の問題を修正しました。

  • SQL Server をソースとターゲットとして使用する際、DMS がレプリケーション中に空の文字列を null として処理する問題を修正しました。

  • ソースとターゲットに MySQL を使用する場合、セッションの読み取り/書き込みタイムアウトのエンドポイント設定が考慮されるように問題を修正しました。

  • Amazon S3 をソースとして使用する場合に、DMS CDC タスクがフルロード関連ファイルをダウンロードしていた問題を修正しました。

  • Amazon S3 をターゲットとして使用する際、CdcInsertsAndUpdatesPreserveTransactions が 両方とも true に設定されている場合にログがクラッシュする問題を修正しました。

  • ParallelApply* 機能が有効になっているとタスクがクラッシュするが、Amazon Kinesis Data Streams をソースとして使用すると一部のテーブルにデフォルトのプライマリキーがないという問題を修正しました。

  • Amazon Kinesis Data Streams StreamArn をソースとして使用しているときに、誤りに対してエラーが表示されない問題を修正しました。

  • プライマリキー値が空の文字列の場合、ターゲットとして使用するとタスクがクラッシュする問題を修正しました。 OpenSearch

  • データ検証で使用されるディスク容量が多すぎる問題を修正しました。

2022 年 12 月 13 日の DMS 3.4.6 メンテナンスリリースで解決された問題
トピック 解決方法
SAP ASE ODBC ドライバー SAP ASE をソースとする場合に、ODBC ドライバーが文字セットをサポートできるように問題を修正しました。

LOB ルックアップの SQL Server datetime プライマリキーのバグ

SQL Server をソースとする場合に、プライマリキーにミリ秒単位の精度の datetime データ型がある場合に LOB ルックアップが適切に機能しない問題を修正しました。

SQL ServerからRedshift –「datetimeoffset」の「timestamptz」へのマッピング

SQL Server から Redshift への移行の際に、SQL Server の「datetimeoffset」形式が Redshift の「timestamptz」形式にマッピングされるようにマッピングが改善されました。

データ検証- SkipLobColumns Is True

が True で、ソースに LOB があり、主キーが最後の列にあり、検証によってデータの違いが検出された場合に SkipLobColumns DMS タスクがクラッシュする問題を修正しました。

MySQL ソースのデータ検証

データ検証が有効になっている MySQL をソースとする場合に、NULL 値を持つ複合一意キーを持つテーブルを使用すると DMS タスクがクラッシュする問題を修正しました。

ソースとしての MySQL

MySQL をソースとする場合に、精度を追加して列が変更されると、テーブルがオーバーフローエラーで停止する問題を修正しました。

MySQL ODBC ドライバーの 8.0.23 へのアップグレード

MySQL をソースとする場合に、「utf8mb4_0900_bin」照合順序が DMS で使用される mysql ドライバーとの互換性がない問題を修正しました。

MySQL – パーティション分割テーブルでの DDL 変更

新しい MySQL skipTableSuspension ForPartitionDdl エンドポイント設定が導入され、CDC 中にパーティション DDL が変更された場合にユーザーがテーブルの一時停止をスキップできるようになりました。これにより、DMS はパーティション化された MySQL テーブルの DDL 変更をサポートできるようになりました。

MongoDB から Redshift への移行

MongoDB から Redshift への移行で、MongoDB コレクションにバイナリデータ型がある場合、DMS が Redshift にターゲットテーブルを作成できない問題を修正しました。

Redshift ターゲット – 一括適用でのTime Travel セグメント化

ターゲットとしての Redshift で、true BatchApplyEnabled に設定すると DMS タスクがクラッシュする問題を修正しました。

ターゲットとしての Redshift

Redshift をターゲットとする場合に並列ロードが type=partitions-auto に設定されていると、並列セグメントが同じテーブルディレクトリに一括 CSV ファイルを書き込み、相互干渉していた問題を修正しました。

ターゲットとしての Redshift

Redshift をターゲットとする際に、CDC でターゲット列のデータ型がブール型であるのに対してソースのデータ型が文字変化型となる問題を修正しました。

ターゲットとしての Redshift

Redshift をターゲットとする際に、レプリケートに失敗した DDL 変更を特定できるようにタスクログを改善しました。

PostgreSQL のデータ検証

PostgreSQL での検証で、ブール値のデータ型があると検証が失敗する問題を修正しました。

ソースとしての PostgreSQL

ソースとしての PostgreSQL の問題を修正しました。これにより、全ロードで Extra ExecuteTimeout 接続属性のフィールドが使用されるようになりました。

ソースとしての PostgreSQL

PostgreSQL をソースとする場合に、リクエストされたタスク再開 LSN より大きい LSN を 60 分以上読み取る際にタスクが失敗し、使用されているレプリケーションスロットに問題があると表示するように問題を修正しました。

ソースとしての PostgreSQL – 1970 年 1 月 1 日 以前の timestamptz

PostgreSQL をソースとする場合に、1970 年 1 月 1 日 以前の timestamptz が CDC 中に正しく移行されなかった問題を修正しました。

ソースとしての PostgreSQL

PostgreSQL をソースとする場合に、CDC 中に DMS が文字のさまざまなデータ型値を切り捨てる問題を修正しました。

ソースとしての PostgreSQL – 停止したタスクの再開

PostgreSQL をソースとする場合に、以前に停止したタスクのリプレイを再開すると、CDC 中に 単一または複数のトランザクションが欠落する問題を修正しました。

ターゲットとしての Amazon S3

S3 がターゲットとして発生し TimestampColumnName 、が true で「」の場合、結果の CSV ファイルヘッダーが 1 AddColumnName 列ずれていた問題を修正しました。

ソースとしての Amazon S3 – タスクのフルロードフェーズでのメモリ使用動作

S3 をソースとする際に、フルロード DMS タスクが、ターゲットデータベースにテーブル全体がロードされた後にのみ使用済みメモリを解放していた問題を修正しました。

ターゲットとしての Amazon S3 – テーブルの再ロードオペレーション

S3 をターゲットとする際に、テーブルの再ロードオペレーションで CDC ファイルが生成されない問題を修正しました。

AWS Database Migration Service 3.4.5 リリースノート

次の表は、 AWS Database Migration Service (AWS DMS) バージョン 3.4.5 で導入された新機能と拡張機能を示しています。

新機能または拡張機能 説明
ターゲットとしての Redis 対応 AWS DMS Redis をターゲットとしてサポートするようになりました。を使用すると AWS DMS、 AWS DMS サポートされている任意のソースから Redis データストアにライブデータを最小限のダウンタイムで移行できるようになりました。 AWS DMS ターゲットの詳細については、を参照してください。「データ移行のターゲット」
ソースとして MongoDB 4.2 と 4.4 に対応します AWS DMS MongoDB 4.2 と 4.4 をソースとしてサポートするようになりました。を使用すると AWS DMS、MongoDB 4.2 および 4.4 クラスターから、Amazon DocumentDB (MongoDB との互換性) AWS DMS を含むサポートされている任意のターゲットに、最小限のダウンタイムでデータを移行できるようになりました。ソースについては、を参照してください。 AWS DMS データの移行のソース
ソースとして MongoDB を使用する複数のデータベースに対応します AWS DMS MongoDB をソースとして使用して 1 つのタスクで複数のデータベースを移行できるようになりました。を使用すると AWS DMS、MongoDB クラスターの複数のデータベースをグループ化し、1 つのデータベース移行タスクでそれらを移行できるようになりました。Amazon DocumentDB (MongoDB との互換性) を含む、 AWS DMS サポートされている任意のターゲットに、最小限のダウンタイムで移行できます。
ソースとして MongoDB または Amazon DocumentDB (MongoDB 互換) を使用する自動セグメンテーションに対応します AWS DMS MongoDB または Amazon DocumentDB をソースとして使用する自動セグメンテーションをサポートするようになりました。を使用すると AWS DMS、MongoDB または DocumentDB クラスターのコレクションを自動的にセグメント化するようにデータベース移行タスクを設定できます。その後、Amazon DocumentDB など、 AWS DMS サポートされている任意のターゲットにセグメントをparallel 移行でき、ダウンタイムを最小限に抑えることができます。
Amazon Redshift フル ロードのパフォーマンス向上 AWS DMS 全ロード中に Amazon Redshift をターゲットとして使用する場合のparallel スレッドの使用をサポートするようになりました。マルチスレッドの全ロードタスク設定を活用することで、 AWS DMS サポートされている任意のソースから Amazon Redshift への初期移行のパフォーマンスを向上させることができます。 AWS DMS ターゲットの詳細については、を参照してください。「データ移行のターゲット」

AWS DMS 3.4.5 で解決された問題には以下が含まれます。

  • PostgreSQL を並行トランザクションが多いソースとして使用すると、再開後にデータが欠落または重複する可能性がある問題を修正しました。

  • pglogical プラグインを有効にして PostgreSQL をソースとして使用している場合データベース移行タスクがエラー[Could not find relation id …] (関係 ID が見つかりませんでした...)で失敗する問題を修正しました。

  • PostgreSQL をソースとして使用し、Oracle をターゲットとして使用する場合に、VARCHAR 列が適切にレプリケートされない問題が修正されました。

  • PostgreSQL をソースとして使用しているときに、テーブル定義の冒頭列がプライマリキーでない場合に、削除オペレーションが適切にキャプチャされない問題を修正しました。

  • MySQL をソースとして使用するとき、特別なメタデータ設定で LOB の更新がデータベース移行タスクで欠落する問題を修正しました。

  • MySQL バージョン 8 をソースとして使用する場合、TIMESTAMP 列が DATETIME のフル LOB モードのように扱われる問題が修正されました。。

  • MySQL 5.6.4 以降をソースとして使用する際に、NULL DATETIME レコードの解析時にデータベース移行タスクが失敗する問題を修正しました。

  • 並列適用を使用してターゲットに Amazon Redshift を使用しているとき、データベース移行タスクが [Thread is exiting] (スレッドが終了しています) のエラー発生後ハングする問題を解決しました。

  • バッチ適用 CDC 中にデータベース移行タスクが Amazon Redshift ターゲット エンドポイントと切断されると、データが失われる可能性がある問題を修正しました。

  • ターゲットとして Amazon Redshift を使用する場合 ACCEPTINVCHARS を呼び出すことによるフルロードのパフォーマンスが改善されました。

  • Amazon Redshift one-by-one をターゲットとして使用してモードからparallel 適用モードに戻すと、重複したレコードが複製される問題を修正しました。

  • データベース移行タスクで Amazon S3 をターゲットとして使用する場合、cannedAclForObjects=bucket_owner_full_control によって Amazon S3 オブジェクトの所有権がバケット所有者に切り替わらない問題を修正しました。

  • Oracle additionalArchivedLogDestId をソースとして使用する場合に ECA AWS DMS で複数のアーカイブ先をサポートすることで改善されました。

  • フル LOB モードで LOB カラムを更新中、データベース移行タスクがエラー OCI_INVALID_HANDLE で失敗する問題を修正しました。

  • Oracle をソースとして使用している場合、NVARCHAR2 列がCDC 中に正しく移行されない問題が修正されました。

  • RDS for SQL Server AWS DMS SafeguardPolicy をソースとして使用する場合に有効化することで改善されました。

  • RDS 以外の SQL Server ソースを使用する場合、rdsadmin においてデータベース移行タスクがでエラーを報告する問題を修正しました。

  • SQL Server をソースとして使用すると、パーティション設定で UUID を主キーとして使用すると、データ検証が失敗する問題を修正しました。

  • Db2 LUW をソースとして使用しているとき、必要な LSN がデータベースログに見つからない場合、フルロードと CDC タスクが失敗することがある問題を修正しました。

  • MongoDB をソースとして使用する場合のカスタム CDC AWS DMS タイムスタンプをサポートすることで改善されました。

  • MongoDB ドライバが endSessions でエラーになったときに、MongoDB をソースとして使用して停止すると、データベース移行タスクが停止する問題を修正しました。

  • DynamoDB AWS DMS をターゲットとして使用しているときに非プライマリフィールドを更新できない問題を修正しました

  • データ検証で、CLOBNCLOB 列に誤検出の不一致がレポートされる問題を修正しました。

  • Oracle をソースとして使用すると、空白のみレコードのデータ検証が失敗する問題を修正しました。

  • パーティション テーブルを切り捨てると、データベース移行タスクがクラッシュする問題を修正しました。

  • awsdms_apply_exceptions コントロール テーブルの作成時にデータベース移行タスクが失敗する問題を修正しました。。

  • MySQL バージョン 8 を使用すると、caching_sha2_password の認証プラグインに対応するように拡張されました。

AWS Database Migration Service 3.4.4 リリースノート

次の表に、 AWS DMS バージョン 3.4.4 で導入された新機能と機能強化を示します。

新機能または拡張機能 説明
ターゲットとして Kafka を使用した TLS 暗号化と TLS または SASL 認証に対応します AWS DMS Amazon MSK とオンプレミスの Kafka クラスターをターゲットとして使用する TLS 暗号化と TLS または SASL 認証をサポートするようになりました。Kafka エンドポイントでの暗号化および認証の使用の詳細については、「Transport Layer Security (TLS) を使用した Kafka への接続」をご参照ください。

3.4.4 で解決された問題には以下が含まれます。 AWS DMS

  • Oracle AWS DMS エンドポイントを使用する際のタスク障害時のロギングが改善されました。

  • Oracle Data Guard のフェイルオーバー後に Oracle ソースエンドポイントがロールを切り替えても、 AWS DMS タスク実行が引き続き処理されるようになりました。

  • エラー処理の改善により、ORA—12561 は、Oracle エンドポイントの使用時に回復可能なエラーとして扱われます。

  • Oracle をのソースとして使用する場合、EMPTY_BLOB()EMPTY_CLOB() カラムが null として移行される問題を修正しました。

  • SQL Server をソースとして使用しているときに、追加列 DDL AWS DMS の変更後にタスクがレコードを更新できない問題を修正しました。

  • TIMESTAMP WITH TIME ZONE データ型に対応してPostgreSQL をソース移行として改善しました。

  • PostgreSQL をターゲットとして使用している場合、全ロード中は afterConnectScript の設定が機能しない問題を修正しました。

  • 新しい mapUnboundedNumericAsString 設定を導入し、PostgreSQL エンドポイントを使用する場合、精度とスケールを持たない NUMERIC の日付型をより適切に処理できるようにしました。

  • AWS DMS PostgreSQLをソースとして使用しているときにタスクを停止して再開すると、タスクが「影響を受ける行が0件」で失敗する問題を修正しました。

  • PostgreSQL をソースとして使用すると、 AWS DMS TIMESTAMPBCサフィックスの付いたデータ型を移行できない問題を修正しました。

  • PostgreSQL AWS DMS をソースとして使用しているときに「±無限大」TIMESTAMP の値を移行できない問題を修正しました。

  • 他の値に設定された csvNullValue 設定で S3 をソースとして使用する場合、空の文字列が NULL として処理される問題を修正しました。

  • S3 をターゲットとして使用する場合、CDC で全ロードにより timestampColumnName の追加接続属性を CDC の間にソートできるように改善しました。

  • S3 をソースとして使用する場合、BYTEBINARYBLOBといった 16 進形式のバイナリデータ型の処理が改善されました。

  • S3 をターゲットとして使用するときに、削除されたレコードが特殊文字で移行される問題を修正しました。

  • Amazon DocumentDB (MongoDB との互換性) をターゲットとして使用するときに、空のキーバリューを処理する問題を修正しました。

  • MongoDB NumberDecimal または Amazon DocumentDB (MongoDB との互換性) をソースとして使用すると、 AWS DMS Decimal128レプリケートまたはカラムが失敗する問題を修正しました。

  • ソースとして MongoDB または Amazon DocumentDB (MongoDB との互換性) にフェイルオーバーしたときに CDC タスクの再試行を許可する問題を修正しました。

  • Kinesis、Kafka、またはターゲットとして使用する場合に、RAWデータ型値の 16 進数の「0x」プレフィックスを削除するオプションが追加されました。 OpenSearch

  • ソースとして Db2 LUW を使用すると、固定長の文字列での検証が失敗する問題を修正しました。

  • ソースデータ型またはターゲットデータ型のみが FLOAT または DOUBLE の場合、検証が失敗する問題を修正しました。

  • ソースとして Oracle をの使用する場合、NULL 文字に検証が失敗する問題を修正しました

  • ソースとして Oracle を使用すると、XML 列での検証が失敗する問題を修正しました。

  • MySQL をソースとして使用している複合キーに NULL 値を設定できる列があると、 AWS DMS タスクがクラッシュする問題を修正しました。

  • SQL Server UNIQUEIDENTIFIER ソースエンドポイントの列と PostgreSQL ターゲットエンドポイントの UUID AWS DMS 列の両方を検証できない問題を修正しました。

  • CDC タスクが変更された後に、更新されたソーステーブル定義を使用しなくなる問題を修正しました。

  • AWS DMS 無効なユーザー名またはパスワードが原因で発生したタスク障害を回復可能なエラーとして処理するようにフェイルオーバーを改善しました。

  • RDS for SQL Server をソースとして使用しているときに LSN AWS DMS がないためにタスクが失敗する問題を修正しました。

AWS Database Migration Service 3.4.3 リリースノート

次の表に、 AWS DMS バージョン 3.4.3 で導入された新機能と機能強化を示します。

新機能または拡張機能 説明
Amazon DocumentDB のニューバージョン Amazon DocumentDB バージョン 4.0 がソースとしてサポートされるようになりました。
MariaDB のニューバージョン MariaDB バージョン 10.4 はソースおよびターゲットとしてサポートされるようになりました。
AWS Secrets Manager 統合のSupport サポートされているエンドポイントのデータベース接続の詳細(ユーザー認証情報)を AWS Secrets Managerに安全に保存することができます。これにより、 AWS DMS エンドポイントを作成または変更するときに、プレーンテキストの認証情報の代わりに対応するシークレットを送信できます。 AWS DMS 次に、そのシークレットを使用してエンドポイントデータベースに接続します。 AWS DMS エンドポイントのシークレットの作成について詳しくは、「」を参照してくださいシークレットを使用して AWS Database Migration Service エンドポイントにアクセスするには
C5 および R5 レプリケーションインスタンスのオプションが増えました これで、次のように従来より大きなレプリケーションインスタンスサイズを作成できます:C5 のサイズは最大 96 vCPUs と 192 GiB のメモリ、R5 サイズは最大 96 vCPUs および 768 GiB のメモリ。
Amazon Redshift のパフォーマンスの向上 AWS DMS 実行中のレプリケーションのパフォーマンスを向上させるために Redshift をターゲットとして使用する場合のparallel 適用をサポートするようになりました。詳細については、「Amazon Redshift のマルチスレッドタスク設定」を参照してください。

AWS DMS 3.4.3 で解決された問題には以下が含まれます。

  • ソースとして Db2 LUW を使用すると、遅延イベントのコミットタイムスタンプが「1970-01-01 00:00:00」になる問題を修正しました。

  • Full LOB モードのソースとして SQL Server を使用すると、 AWS DMS NVARCHARタスクが列を主キーとして失敗する問題を修正しました。

  • ソースとして SQL Server を使用すると、キャッシュされた変更フェーズ中にレコードが欠落する問題を修正しました。

  • RDS for SQL Server をソースとして使用すると、 AWS DMS タスクが再開された後にレコードがスキップされる問題を修正しました。

  • AWS DMS アサーションロギングコンポーネントが SQL Server の大きなログを生成する問題を修正しました。

  • ソースとしてMySQL を使用すると、列の解析オーバーフローが原因で CDC フェーズ中にデータの検証が失敗する問題を修正しました。

  • PostgreSQL をターゲットとして使用しているときに、 AWS DMS データ検証中にセグメンテーション違反によりタスクがクラッシュする問題を修正しました。

  • ソースおよびターゲットとして PostgreSQL を使用するときに CDC 中に DOUBLE データ型でデータの検証が失敗する問題を修正しました。

  • ソースとしてPostgreSQL を使用し、ターゲットとしてRedshift を使用すると、コピーコマンドによって挿入されたレコードのレプリケーションが正しくなくなる問題を修正しました。

  • ソースとしてPostgreSQL を使用するときに、キャッシュされた変更フェーズ中のデータ損失の問題を修正しました。

  • ソースとしてPostgreSQL を使用すると、データの損失やレコードの重複が発生する可能性がある問題を修正しました。

  • ソースとしてPostgreSQL を使用しているときに、ケースが混在するスキーマが pglogical を使用して移行できない問題を修正しました。

  • ソースとしてOracle を使用すると、最後の失敗メッセージに ORA エラーが含まれない問題を修正しました。

  • Oracle AWS DMS をターゲットとして使用しているときにタスクが UPDATE ステートメントを作成できなかった問題を修正しました。

  • ASM とプラガブルデータベースの設定で Oracle 12.2 をソースとして使用すると、 AWS DMS タスクがデータを複製しない問題を修正しました。

  • ソースとしてS3 を使用する場合、RFC 4180 に準拠するように引用符を保持し、レコードの解析を改善しました。

  • Full Load の列が CDC からの列でソート可能になるよう timestampColumnName の処理が改善されました。

  • 新しいエンドポイント設定を導入することでMessageMaxBytes、1 MB を超える LOB AWS DMS 要素がある場合にタスクが失敗する問題を修正しました。

  • Redshift AWS DMS をターゲットとして使用しているときにセグメンテーション違反によりタスクがクラッシュする問題を修正しました。

  • Redshift テスト接続のエラーログを改良しました。

  • フルロード中に MongoDB から DocumentDB AWS DMS にすべてのドキュメントが転送されなかった問題を修正しました。

  • AWS DMS テーブルマッピングルールにテーブルが含まれていない場合にタスクが致命的なエラーを報告する問題を修正しました。

  • AWS DMS タスクの再起動前に作成されたスキーマとテーブルが MySQL をソースとして使用している場合ターゲットへのレプリケーションがされなかった問題を修正しました。

  • MySQL をソースとして使用するときに、除外ルールでワイルドカードエスケープ [_] がワイルドカード「_」をエスケープできない問題を修正しました。

  • MySQL をソースとして使用しているときに、データ型 UNSIGNED BIGINT の列が正しくレプリケートされない問題を修正しました。

AWS Database Migration Service 3.4.2 リリースノート

次の表に、 AWS DMS バージョン 3.4.2. で導入された新機能と機能強化を示します。

新機能または拡張機能 説明
インターネットゲートウェイ、NAT デバイス、VPN 接続、接続を必要とせずに、Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) AWS をDatabase Migration Service (DMS) にプライベート接続できます。 AWS Direct Connect これで、作成した VPC インターフェイスエンドポイントを介して Amazon VPC に接続し、 AWS DMS アクセスできるようになりました。このインターフェイスエンドポイントにより、Amazon AWS DMS ネットワークインフラストラクチャ内のレプリケーションインスタンスのすべてのネットワークアクティビティを分離できます。 AWS CLI または SDK AWS DMS を使用するすべての API 呼び出しにこのインターフェイスエンドポイントへの参照を含めることで、 AWS DMS すべてのアクティビティがパブリックインターネットから見えないようにすることができます。詳細については、「AWS Database Migration Service でのインフラストラクチャのセキュリティ」を参照してください。
注記

この機能は、 AWS DMS サポートされているすべてのエンジンバージョンで使用できます。

ターゲットとして Amazon S3 を使用する CDC 日付ベースフォルダーのパーティショニング

AWS DMS S3 をターゲットとして使用してデータを複製する場合に、日付ベースのフォルダーパーティション分割がサポートされるようになりました。詳細については、「日付ベースのフォルダパーティション分割を使用する」を参照してください。

AWS DMS 3.4.2 で解決された問題には以下が含まれます。

  • ターゲットとして Redshift を使用して移行を実行する場合の STATUPDATE オプションが追加されました。。

  • 新しい設定が導入され、検証タスクが改善されました。ValidQueryCdcDelaySecond は、ソース エンドポイントとターゲット エンドポイントの両方で最初の検証クエリを遅延させ、移行レイテンシーが高い場合にリソースの競合を減らします。

  • AWS DMS 検証タスクの開始に時間がかかっていた問題を修正しました。

  • S3 をターゲットとして使用してレプリケーション タスクを開始または停止するときに、空のレコードが生成される問題を修正しました。

  • フルロードの完了後にタスクが停止する問題を修正しました。

  • S3 をソースとして使用しているときに、ソーステーブルにデータエラーが発生するとタスクが停止する問題を修正しました。

  • ソース エンドポイントのユーザーアカウントが無効になっているとき開始中にタスクが停止する問題を修正しました。

  • REPLICA IDENTITY FULL でソースとして PostgreSQL を使用するとタスクがクラッシュする問題を修正しました。

  • pglogical プラグインでソースとして PostgreSQL を使用すると、タスクがトランザクションに失敗する問題を修正しました。

  • Redshift をターゲットとして使用しているときに、 AWS DMS 圧縮されたソースファイルを削除しなかった問題を修正しました。

  • MySQL をデータ型 BIGINT UNSIGNED のソースとターゲットの両方として使用すると、検証タスクが偽陰性を報告する問題を修正しました。

  • CHAR タイプとしてプライマリ キー列でソースとして SQL Server を使用すると、検証タスクで誤検出が報告される問題を修正しました。

  • S3 AWS DMS start-replication をターゲットとして使用してレプリケーションタスクを開始するときにターゲットオブジェクトがクリアされない問題を修正しました。

  • ソースとしてDb2 を使用すると、データ検証に関して生じたいくつかの問題を修正しました。

  • VARCHAR 列を主キーにし、ソースとしてSQL Server を使用すると、検証タスクが停止する問題を修正しました。

  • ソースとしてPostgreSQL を使用している場合、タイムゾーンのデータ型 TIMESTAMP に対応するようになりました。

AWS Database Migration Service 3.4.1 Beta リリースノート

次の表に、 AWS DMS バージョン 3.4.1 ベータで導入された新機能と機能強化を示します。

新機能または拡張機能 説明
MongoDB ニューバージョン

ソースとして MongoDB バージョン 4.0 に対応するようになりました。

SQL Server の TLS 1.2 対応

AWS DMS SQL Server エンドポイントの TLS 1.2 をサポートするようになりました。

AWS DMS 3.4.1 Beta で解決された問題には次のようなものがあります。

  • Oracle 19c TDEのサポートが改善されました。

  • ターゲットとしてRedshift を使用した utf8mb4 文字セットとアイデンティティデータ型のサポートが改善されました。

  • ソースとしてMySQL を使用し、バイナリログが存在しない場合のレプリケーション タスクの失敗処理が改善されました。

  • さまざまなデータ型と文字セットでのデータ検証のサポートが改善されました。

  • ターゲットとして Kinesis と Kafka を使用する場合、IncludeNullAndEmpty を設定する新しいエンドポイントによるヌル値の処理が改善されましたののこと。

  • ターゲットとしてKafka を使用する場合のエラー ログと処理が改善されました。

  • ソースとして SQL Server を使用する場合の DST タイムオフセットが改善されました。

  • レプリケーション タスクがターゲットとして Oracle の既存のテーブルを作成しようとする問題を修正しました。

  • ソースとして Oracle を使用すると、データベース接続の強制終了後、レプリケーション タスクが停止する問題を修正しました。

  • AlwaysOn 設定でソースとして SQL Server を使用しているとき、レプリケーション タスクが新しいプライマリを検出して再接続できない問題を修正しました。

  • ターゲットとして S3 をする特定の条件の下でレプリケーション タスクが "D""OP" に追加できない問題を修正しました。

AWS Database Migration Service 3.4.0 ベータリリースノート

次の表に、 AWS DMS バージョン 3.4.0 で導入された新機能と機能強化を示します。

新機能または拡張機能 説明
MySQL のニューバージョン

AWS DMS トランザクションペイロードが圧縮されている場合を除き、MySQL バージョン 8.0 をソースとしてサポートするようになりました。

MTLS 1.2 による MySQL 対応

AWS DMS MySQL エンドポイントの TLS 1.2 をサポートするようになりました。

MariaDB のニューバージョン

AWS DMS MariaDB バージョン 10.3.13 をソースとしてサポートするようになりました。

自己管理型のMicrosoft SQL SysAdmin Serverソースにアクセスできない

AWS DMS オンプレミスおよび EC2 がホストする SQL SysAdmin Server ソースエンドポイントへの非ユーザーによるアクセスをサポートするようになりました。

注記

現在、この機能はベータモードです。試してみたい場合は、サポートに詳細を問い合わせてください。 AWS

CREATE TABLE AS を使用して作成された CDC タスクおよび Oracle ソース テーブル

AWS DMS このステートメントを使用して作成された Oracle ソーステーブルに対して実行される全ロードタスクと CDC および CDC 専用タスクの両方をサポートするようになりました。CREATE TABLE AS

AWS DMS 3.4.0 で解決された問題には以下のものが含まれます。

  • 移行前のタスク評価が改善されました。詳細については、「タスクの移行前評価の有効化と操作」を参照してください。

  • 浮動小数点データ型、実数、倍精度浮動小数点データ型のデータ検証が改善されました。

  • [The specified key does not exist] (指定されたキーは存在しません) のエラーをより適切に処理することで、ターゲットとしての Amazon Redshift を改善しました。

  • Amazon OpenSearch Service (OpenSearch Service) を対象として、、ParallelApplyThreadsParallelApplyBufferSizeParallelApplyQueuesPerThread、を含むマルチスレッド CDC ロードタスク設定をサポートします。

  • 複合プライマリキーの使用をサポートすることで、ターゲットとしての OpenSearch Service が改善されました。

  • ソースとしてPostgreSQL を使用し、パスワードに特殊文字が含まれているとき、テスト接続が失敗する問題を修正しました。

  • 一部の VARCHAR 列を切り詰めると SQL Server をソースとして使用する際の問題が修正されました。

  • Amazon RDS SQL Server AWS DMS をソースとして使用しているときにオープントランザクションを閉じない問題を修正しました。この際ポーリング間隔パラメータが正しく設定されていないと、データが失われる可能性があります。推奨されるポーリング間隔値を設定する方法の詳細については、「のソースとしての Microsoft SQL Server データベースの使用 AWS DMS」をご参照ください。

  • ソースとしての Oracle Standby ではバイナリリーダーの使用時に CDC タスクが予期せず停止する問題を修正しました。

  • IBM DB2 for LUW で、「数値リテラル 0 は値が範囲外であるため有効ではありません」というメッセージでタスクが失敗する問題を修正しました。

  • PostgreSQL ソースに新しい列が追加され、カラムがソースで最初に作成されたデータ型とは異なるデータ型で作成された PostgreSQL から PostgreSQL への移行に関する問題を修正しました。

  • MySQL ソースで、バイナリログを取得できなかったときに移行タスクが予期せず停止する問題を修正しました。

  • BatchApply が使用されていたとき Oracle ターゲットに関連する問題が修正されました。

  • MySQL と MariaDB での TIME データ型移行時の問題を修正しました。

  • IBM DB2 LUW ソース で、テーブルにプライマリキーまたは一意キーがない場合、LOB を含むテーブルの移行が失敗する問題を修正しました。

AWS Database Migration Service 3.3.4 リリースノート

AWS DMS 3.3.4 で解決された問題には以下が含まれます。

  • ソースとして PostgreSQL を使用すると、トランザクションがドロップまたは複製される問題を修正しました。

  • スキーマ名でのドル記号 ($) 使用への対応が改善されました。

  • ソースとしてRDS SQL Server を使用すると、レプリケーション インスタンスが開いているトランザクションを閉じない問題を修正しました。

  • ソースとしてPostgreSQL を使用し、パスワードに特殊文字が含まれているとき、テスト接続が失敗する問題を修正しました。

  • [The specified key does not exist] (指定されたキーは存在しません) のエラーをより適切に処理することで、ターゲットとしての Amazon Redshift を改善しました。

  • さまざまなデータ型と文字セットでのデータ検証のサポートが改善されました。

  • レプリケーション タスクがターゲットとして Oracle の既存のテーブルを作成しようとする問題を修正しました。

  • レプリケーション タスクで、ターゲットとして Amazon S3 の特定の条件下で "D""OP" 列に追加されない問題を修正しました。

AWS Database Migration Service 3.3.3 リリースノート

次の表に、 AWS DMS バージョン 3.3.3 で導入された新機能と機能強化を示します。

新機能または拡張機能 説明
新しい PostgreSQL バージョン

PostgreSQL バージョン 12 がソースおよびターゲットとしてサポートされるようになりました。

Amazon OpenSearch Service をターゲットとする複合プライマリキーのSupport

AWS DMS 3.3.3 では、 OpenSearch 複合プライマリキーの使用がサービスターゲットでサポートされています。

Oracle 拡張データ型のサポート

Oracle ソースとターゲットの両方に対して、Oracle 拡張データ型がサポートされました。

AWS DMS アカウントあたりのリソース数が増えました。

AWS DMS 作成できるリソース数の上限が増えました。詳細については、「AWS Database Migration Service のクォータ」を参照してください。

AWS DMS 3.3.3 で解決された問題には以下が含まれます。

  • Amazon Kinesis の Parallel Apply に特定の update ステートメントを使用するとタスクがクラッシュする問題を修正しました。

  • Amazon S3 をターゲットとした ALTER TABLE ステートメントでタスクがクラッシュする問題を修正しました。

  • Microsoft SQL Server をソースとして使用すると、ポリゴンの列の値が切り捨てられる問題を修正しました。

  • Oracle をソースとして使用している場合の、JA16SJISTILDE と JA16EUCTILDE の Unicode コンバーターでの問題を修正しました。

  • MEDIUMTEXT 列と LONGTEXT 列を MySQL から S3 カンマ区切り値 (CSV) 形式に移行できなかった問題を修正しました。

  • Apache Parquet 出力でブール値の列が正しくない型に変換される問題を修正しました。

  • Oracle の拡張 varchar 列に関する問題を修正しました。

  • 特定のタイムスタンプの組み合わせが原因でデータ検証タスクが失敗する問題を修正しました。

  • Sybase データ定義言語 (DDL) レプリケーションの問題を修正しました。

  • Oracle Binary Reader での Oracle Real Application Clusters (RAC) ソースのクラッシュに関連する問題を修正しました。

  • スキーマ名に大文字と小文字が使用されている Oracle ターゲットの検証に関する問題を修正しました。

  • IBM Db2 バージョン 9.7 および 10 の検証に関する問題を修正しました。

  • StopTaskCachedChangesAppliedStopTaskCachedChangesNotApplied が有効になっていると、タスクが 2 回停止しない問題を修正しました。