ロギングタスク設定 - AWS Database Migration Service

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ロギングタスク設定

ロギングでは CloudWatch 、Amazon を使用して移行プロセス中に情報を記録します。ロギングタスク設定を使用して、記録するコンポーネントアクティビティと、ログに書き込まれる情報量を指定できます。ログ記録タスク設定は JSON ファイルに書き込まれます。タスク設定ファイルを使用してタスク設定を設定する方法については、「タスク設定例」をご参照ください。

CloudWatch ロギングを有効にする方法はいくつかあります。 AWS Management Console 移行タスクを作成するときに、EnableLogging上のオプションを選択できます。または、 AWS DMS API EnableLogging true を使用してタスクを作成するときにオプションをに設定することもできます。さらに、タスク設定のロギングセクションの JSON で "EnableLogging": true を指定することもできます。

EnableLoggingに設定するとtrue、 AWS DMS CloudWatch 次のようにグループ名とストリーム名を割り当てます。上記の値を直接設定することはできません。

  • CloudWatchLogGroup: dms-tasks-<REPLICATION_INSTANCE_IDENTIFIER>

  • CloudWatchLogStream: dms-task-<REPLICATION_TASK_EXTERNAL_RESOURCE_ID>

<REPLICATION_INSTANCE_IDENTIFIER> は、レプリケーションインスタンスの識別子です。<REPLICATION_TASK_EXTERNAL_RESOURCE_ID> は、タスク ARN の <resourcename> セクションの値です。リソース ARN AWS DMS の生成方法については、を参照してください。のAmazon リソースネーム (ARN) の作成 AWS DMS

CloudWatch AWS Identity and Access Management (IAM) と統合され、 CloudWatch AWS アカウント内のユーザーが実行できるアクションを指定できます。で IAM を使用する方法の詳細については CloudWatch、『Amazon CloudWatch ユーザーガイド』の「Amazon の ID とアクセス管理」 CloudWatch と「Amazon CloudWatch API 呼び出しのロギング」を参照してください。

タスクログを削除するには、タスク設定のログ記録セクションの JSON で DeleteTaskLogs を true に設定します。

次のタイプのイベントのログ記録を指定できます。

  • FILE_FACTORY – ファイルファクトリは、バッチ適用とバッチのロードに使用されるファイルを管理し、Amazon S3 エンドポイントを管理します。

  • METADATA_MANAGER – メタデータマネージャは、レプリケーション中のソースとターゲットのメタデータ、パーティション分割、テーブルのステータスを管理します。

  • SORTERSORTER は、SOURCE_CAPTURE プロセスから受信イベントを受け取ります。イベントはトランザクションでバッチ処理され、TARGET_APPLY サービスコンポーネントに渡されます。SOURCE_CAPTURE プロセスが、TARGET_APPLY コンポーネントが処理できるよりも速くイベントを生成した場合、SORTER コンポーネントはバックログのイベントをディスクまたはスワップファイルにキャッシュします。キャッシュされたイベントは、レプリケーションインスタンスのストレージ不足を引き起こすよくある原因となります。

    SORTER サービスコンポーネントは、キャッシュされたイベントの管理、CDC 統計の収集、タスクのレイテンシーの報告を行います。

  • SOURCE_CAPTURE – 継続的なレプリケーション (CDC) データがソースデータベースまたはサービスからキャプチャされ、SORTER サービス コンポーネントに渡されます。

  • SOURCE_UNLOAD – フルロード中にソースデータベースまたはサービスからデータがアンロードされます。

  • TABLES_MANAGER — テーブルマネージャは、キャプチャされたテーブルを追跡し、テーブルの移行順序を管理し、テーブル統計を収集します。

  • TARGET_APPLY - データおよびデータ定義言語 (DDL) ステートメントがターゲットデータベースに適用されます。

  • TARGET_LOAD — データはターゲットデータベースにロードされます。

  • TASK_MANAGER – タスクマネージャーは実行中のタスクを管理し、並列データ処理に向けてタスクをサブタスクに分割します。

  • TRANSFORMATION – テーブルマッピング変換イベント。詳細については、「テーブルマッピングを使用して、タスクの設定を指定する」を参照してください。

  • VALIDATOR/ VALIDATOR_EXTVALIDATOR サービスコンポーネントは、データがソースからターゲットに正確に移行されたことを検証します。詳細については、「[Data validation] (データ検証)」を参照してください。

次のログ記録コンポーネントは、LOGGER_SEVERITY_DETAILED_DEBUG ログの重大度レベルを使用すると大量のログを生成します。

  • COMMON

  • ADDONS

  • DATA_STRUCTURE

  • COMMUNICATION

  • FILE_TRANSFER

  • FILE_FACTORY

これらのコンポーネントでは、トラブルシューティング時に DEFAULT 以外のログレベルが必要になることは、ほぼありません。 AWS Support から特に要求されない限り、DEFAULTこれらのコンポーネントのログレベルをから変更することはお勧めしません。

上記の 1 つを指定した後、次のリストに示すように、ログに記録される情報の量を指定できます。

緊急度のレベルは、情報の最低レベルから最高レベルの順に並んでいます。高いレベルには、必ず低いレベルの情報が含まれています。

  • LOGGER_SEVERITY_ERROR(ロガーエラー重度) - エラー メッセージがログに書き込まれます。

  • LOGGER_SEVERITY_WARNING(ロガーエラー警告) - 警告とエラー メッセージがログに書き込まれます。

  • LOGGER_SEVERITY_INFO(ロガーエラー情報) - 情報メッセージ、警告、エラー メッセージがログに書き込まれます。

  • LOGGER_SEVERITY_DEFAULT(ロガーデフォルト重度) - 情報メッセージ、警告、エラー メッセージがログに書き込まれます。

  • LOGGER_SEVERITY_DEBUG(ロガーデバッグ重度) - デバッグ メッセージ、情報メッセージ、警告、エラーメッセージがログに書き込まれます。

  • LOGGER_SEVERITY_DETAILED_DEBUG(ロガー詳細デバッグ重度) - すべての情報がログに書き込まれます。

次の JSON の例は、すべてのアクションと緊急度のレベルを記録するためのタスク設定を示しています。

… "Logging": { "EnableLogging": true, "LogComponents": [ { "Id": "FILE_FACTORY", "Severity": "LOGGER_SEVERITY_DEFAULT" },{ "Id": "METADATA_MANAGER", "Severity": "LOGGER_SEVERITY_DEFAULT" },{ "Id": "SORTER", "Severity": "LOGGER_SEVERITY_DEFAULT" },{ "Id": "SOURCE_CAPTURE", "Severity": "LOGGER_SEVERITY_DEFAULT" },{ "Id": "SOURCE_UNLOAD", "Severity": "LOGGER_SEVERITY_DEFAULT" },{ "Id": "TABLES_MANAGER", "Severity": "LOGGER_SEVERITY_DEFAULT" },{ "Id": "TARGET_APPLY", "Severity": "LOGGER_SEVERITY_DEFAULT" },{ "Id": "TARGET_LOAD", "Severity": "LOGGER_SEVERITY_INFO" },{ "Id": "TASK_MANAGER", "Severity": "LOGGER_SEVERITY_DEBUG" },{ "Id": "TRANSFORMATION", "Severity": "LOGGER_SEVERITY_DEBUG" },{ "Id": "VALIDATOR", "Severity": "LOGGER_SEVERITY_DEFAULT" } ], "CloudWatchLogGroup": null, "CloudWatchLogStream": null }, …