Amazon DocumentDB の開始方法 - Amazon DocumentDB

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon DocumentDB の開始方法

Amazon DocumentDB に接続して使用を開始する方法は複数あります。このガイドを作成しました。これは、ユーザーが強力なドキュメントデータベースの使用を開始するための最も速く、最も簡単、簡単な方法であることがわかりました。このガイドでは、AWS Cloud9、Mongo シェルを使用して Amazon DocumentDB クラスターを直接接続してクエリするためのウェブベースのターミナルAWS Management Console。の対象である新規ののお客様AWS無料利用枠はAmazon DocumentDBを使用でき、AWS Cloud9無料です。もしあなたがAWS Cloud9環境または Amazon DocumentDB クラスターが無料利用枠を超えてリソースを使用した場合、通常のAWSこれらのリソースの料金。このガイドでは、15 分以内にAmazon DocumentDB の使用を開始できます。

Amazon EC2 インスタンスへの SSH 接続を作成して、ローカルマシンから Amazon DocumentDB に接続する場合は、EC2 命令でConnect

前提条件

最初の Amazon DocumentDB クラスターを作成する前に、以下を行う必要があります。

Amazon Web Services 作成 (AWS) アカウント

Amazon DocumentDB の使用を開始する前に、Amazon Web Services (AWS) アカウント。AWS アカウントは無料です。使用しているサービスとリソースに対してのみ料金をお支払いいただきます。

AWS アカウント をお持ちでない場合は、以下の手順を実行してアカウントを作成してください。

AWS アカウント にサインアップするには

  1. https://portal.aws.amazon.com/billing/signup を開きます。

  2. オンラインの手順に従います。

    サインアップ手順の一環として、通話呼び出しを受け取り、電話のキーパッドを用いて確認コードを入力するように求められます。

必要なものをセットアップします。AWS Identity and Access Management(IAM) アクセス許可。

クラスター、インスタンス、クラスターパラメータグループなどの Amazon DocumentDB リソースを管理するためのアクセスでは、以下の認証情報が必要です。AWSは、を使用してリクエストを認証できます。詳細については、「Amazon DocumentDB での Identity and Access Management」を参照してください。

  1. の検索バーにAWS Management Consoleで、IAM を入力し、IAM表示されるドロップダウンメニューで [] を選択します。

  2. IAM コンソールにアクセスしたら、[] を選択します。ユーザーナビゲーションペインで [] を選択します。

  3. ユーザー名を選択します。

  4. [] ボタンをクリックします。アクセス許可の追加

  5. [Attach existing policies directly (既存のポリシーを直接アタッチ)] を選択します。

  6. タイプAmazonDocDBFullAccess検索バーで、検索結果に表示されたら、それを選択します。

  7. と書かれている下部にある青いボタンをクリックします次へ: 確認.

  8. と書かれている下部にある青いボタンをクリックしますアクセス許可の追加

Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) を作成する

この手順は、デフォルトの Amazon VPC がまだない場合にのみ必要です。そうでない場合は、のステップ 1 を完了します。Amazon VPC の開始方法Amazon VPC User Guide。これには5分もかかりません。

ステップ 1: AWS Cloud9 環境の作成

AWS Cloud9には、Mongo シェルを使用して Amazon DocumentDB クラスターに接続してクエリするためのウェブベースのターミナルが用意されています。

  1. [] から [AWS Management Consoleに移動します。AWS Cloud9コンソールを選択し、環境を作成する

  2. 環境の名前と説明[] セクションの [名前フィールドに [] と入力します。DocumentDBCloud9

  3. [次のステップ] を選択します。

  4. 設定セクションを構成するで、次のステップ

  5. 確認セクションで、[] を選択します。環境を作成する

注記

のプロビジョニングAWS Cloud9環境には最大 3 分かかることがあります。

ステップ 2: セキュリティグループの作成

このセキュリティグループにより、お客様の Amazon DocumentDB クラスターにAWS Cloud9環境。

  1. リポジトリの []Amazon EC2 マネジメントコンソールで、ネットワークとセキュリティで、セキュリティグループ

  2. [セキュリティグループの作成] を選択します。

  3. 基本的な詳細ボックスで、各フィールドに以下を入力します。

    • [セキュリティグループ名] に「demoDocDB」と入力します。

    • [説明] に説明を入力します。

    • を使用する場合VPCで、デフォルトの VPC の使用を受け入れます。

  4. [インバウンドルール] セクションで、[ルールの追加] を選択します。

  5. [Type] で [Custom TCP Rule] を選択します。

  6. を使用する場合ポート範囲] に入力します。27017

  7. ソースは、のセキュリティグループです。AWS Cloud9先ほど作成した環境。使用可能なセキュリティグループのリストを表示するには、次のように入力します。cloud9宛先フィールドに入力します。名前のセキュリティグループを選択します。aws-cloud9-<environment name>

  8. 他のすべてのデフォルトを受け入れ、セキュリティグループの作成

注記

ポート 27017 は、Amazon DocumentDB のデフォルトのポートです。

ステップ 3: Amazon DocumentDB クラスターの作成

このステップでは、前のステップで作成したセキュリティグループを使用して Amazon DocumentDB クラスターを作成します。

  1. Amazon DocumentDB 管理コンソールで、クラスターで、作成

  2. [Amazon DocumentDB クラスターの作成] ページで、設定セクションで、[] を選択します。1にとってインスタンス数。1 つのインスタンスを選択すると、コストを最小限に抑えることができます。これが本番システムの場合は、高可用性のために 3 つのインスタンスをプロビジョニングすることをお勧めします。その他の設定は、設定セクションはデフォルトです。

  3. 認証[] セクションで、ユーザー名とパスワードを入力します。

  4. の有効化詳細設定の表示

  5. ネットワーク設定セクション、VPC セキュリティグループで、demodocDB

  6. [Create cluster] (クラスターの作成) を選択します。

Amazon DocumentDB がクラスターのプロビジョニング中です。完了までに数分かかる場合もあります。クラスターとインスタンスのステータスが「」と表示されている場合は、クラスターに接続できます。Available

ステップ 4: mongo シェルをインストールする

これで mongo シェルをインストールします。AWS Cloud9ステップ 1 で作成した環境。mongo シェルは、Amazon DocumentDB クラスターを接続してクエリするために使用するコマンドラインユーティリティです。

  1. もしあなたがAWS Cloud9手順 1 から環境が開いている場合は、その環境に戻り、手順 3 に進みます。あなたから離れて移動した場合AWS Cloud9環境、AWS Cloud9管理コンソール、環境で、ラベルが付いた環境を見つけます。DocumentdbCloud9。選択IDE を開きます。

  2. コマンドプロンプトで、次のコマンドを使用してリポジトリファイルを作成します。

    echo -e "[mongodb-org-4.0] \nname=MongoDB Repository\nbaseurl=https://repo.mongodb.org/yum/amazon/2013.03/mongodb-org/4.0/x86_64/\ngpgcheck=1 \nenabled=1 \ngpgkey=https://www.mongodb.org/static/pgp/server-4.0.asc" | sudo tee /etc/yum.repos.d/mongodb-org-4.0.repo
  3. 完了したら、次のコマンドで mongo シェルをインストールします。

    sudo yum install -y mongodb-org-shell
  4. 転送中のデータを暗号化するには、から Amazon DocumentDB のパブリックキーをからダウンロードします。https://s3.amazonaws.com/rds-downloads/rds-combined-ca-bundle.pem。このオペレーションにより、rds-combined-ca-bundle.pem という名前のファイルがダウンロードされます。

    wget https://s3.amazonaws.com/rds-downloads/rds-combined-ca-bundle.pem
    注記

    Encryption-in-transitは Amazon DocumentDB でデフォルトで有効になっています。オプションで TLS を無効にできます。詳細については、「」を参照してください。Amazon DocumentDB クラスター TLS 設定の管理

ステップ 5: Amazon DocumentDB クラスターConnect。

次に、ステップ 4 でインストールした mongo シェルを使用して Amazon DocumentDB クラスターに接続します。

  1. Amazon DocumentDB 管理コンソールで、クラスターで、クラスターを見つけます。クラスター識別子をクリックして、作成したクラスターを選択します。

  2. 接続性とセキュリティタブ、mongo シェルを使用してこのクラスターConnect。で、提供された接続文字列をコピーします。コピーを省略します。<insertYourPassword>接続時に Mongo シェルからパスワードの入力を求められます。

  3. [] に戻ります。AWS Cloud9環境をクリックし、接続文字列を貼り付けます。

パスワードを入力すると、プロンプトが表示されますrs0:PRIMARY>プロンプトが表示されたら、Amazon DocumentDB クラスターに正常に接続されています。

注記

トラブルシューティングの詳細については、「」を参照してください。Amazon DocumentDB のトラブルシューティング

ステップ 6: データの挿入とクエリ

クラスターに接続できたので、いくつかのクエリを実行して、ドキュメントデータベースの使用に慣れることができます。

  1. 1 つのドキュメントを挿入するには、次のように入力します。

    db.collection.insert({"hello":"DocumentDB"})
  2. この場合、次の出力が返ります。

    WriteResult({ "nInserted" : 1 })

  3. あなたが書いた文書は、findOne()コマンド (単一のドキュメントしか返さないため)。以下を入力します。

    db.collection.findOne()
  4. この場合、次の出力が返ります。

    { "_id" : ObjectId("5e401fe56056fda7321fbd67"), "hello" : "DocumentDB" }

  5. さらにいくつかのクエリを実行するには、ゲームプロファイルのユースケースを検討してください。まず、コレクションに「」というタイトルのエントリをいくつか挿入します。profiles。以下を入力します。

    db.profiles.insertMany([ { "_id" : 1, "name" : "Matt", "status": "active", "level": 12, "score":202}, { "_id" : 2, "name" : "Frank", "status": "inactive", "level": 2, "score":9}, { "_id" : 3, "name" : "Karen", "status": "active", "level": 7, "score":87}, { "_id" : 4, "name" : "Katie", "status": "active", "level": 3, "score":27} ])
  6. この場合、次の出力が返ります。

    { "acknowledged" : true, "insertedIds" : [ 1, 2, 3, 4 ] }

  7. を使用するfind()コマンドを実行して、プロファイルコレクション内のすべてのドキュメントを返します。以下を入力します。

    db.profiles.find()
  8. ステップ 5 で入力したデータに一致する出力が得られます。

  9. フィルタを使用して 1 つのドキュメントに対してクエリを使用します。以下を入力します。

    db.profiles.find({name: "Katie"})
  10. この場合、この出力が返ります。

    { "_id" : 4, "name" : "Katie", "status": "active", "level": 3, "score":27}

  11. それでは、プロファイルを探して、それを修正してみましょう。findAndModifyコマンド。次のコードを使用して、ユーザー Matt に余分な 10 ポイントを与えます。

    db.profiles.findAndModify({ query: { name: "Matt", status: "active"}, update: { $inc: { score: 10 } } })
  12. 次のような出力が得られます(彼のスコアはまだ上がっていないことに注意してください)。

    { "_id" : 1, "name" : "Matt", "status" : "active", "level" : 12, "score" : 202 }
  13. 次のクエリを使用して、彼のスコアが変更されたことを確認できます。

    db.profiles.find({name: "Matt"})

  14. この場合、次の出力が返ります。

    { "_id" : 1, "name" : "Matt", "status" : "active", "level" : 12, "score" : 212 }

ステップ 7: を試す

おめでとうございます。Amazon DocumentDB 入門ガイドを正常に完了しました。

次は何だ? このデータベースを一般的な機能のいくつかで十分に活用する方法を学びましょう。

注記

この入門演習で作成したクラスターは、削除しない限り、引き続きコストを計上します。手順については、以下を参照してください。Amazon DocumentDB クラスターの削除