Amazon EBS のAmazon CloudWatch メトリックス - Amazon EBS

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon EBS のAmazon CloudWatch メトリックス

Amazon CloudWatch メトリックスは、ボリュームの動作の表示、分析、アラームの設定に使用できる統計データです。

データは無料で 1 分間隔で自動的に取得されます。

からデータを取得するときに CloudWatch、Period返されるデータの精度を指定するリクエストパラメータを含めることができます。これは、データの収集に使用する期間 (1 分間) とは異なります。有効なデータが確実に返されるようにするために、リクエストに指定する期間は、収集の期間以上に設定することをお勧めします。

CloudWatch API または Amazon EC2 コンソールのいずれかを使用してデータを取得できます。コンソールは CloudWatch API から未加工データを取得し、そのデータに基づいて一連のグラフを表示します。必要に応じて、API のデータまたはコンソールのグラフのいずれかを使用できます。

Amazon EBS ボリュームのメトリクス

AWS/EBS 名前空間には、すべてのインスタンスタイプにアタッチされている EBS ボリュームの、次のメトリクスが含まれます。すべての Amazon EBS ボリュームタイプは、ボリュームがインスタンスにアタッチされている場合に限り CloudWatch、自動的に 1 分のメトリックスをに送信します。

インスタンスのオペレーティングシステムから使用可能なディスク領域に関する情報を取得するには、空きディスク容量の表示を参照してください。

注記

いくつかのメトリクスでは、Nitro System 上に構築されたインスタンスによって違いが生じます。これらのインスタンスタイプのリストについては、「Nitro System 上に構築されたインスタンス」を参照してください。

メトリクス 説明 単位 ディメンション 有意義な統計
VolumeReadBytes

指定された期間の読み取りオペレーションに関する情報を提供します。

  • Sum 統計は、期間内に転送されたバイトの総数をレポートします。

  • Average 統計は、期間中の各読み取りオペレーションの平均サイズを報告します。ただし、平均値が、指定された期間中の平均サイズを表す、Nitro インスタンスにアタッチされたボリュームを除きます。

  • SampleCount 統計は期間中の読み取りオペレーションの合計数を報告します。ただし、サンプル数が統計的計算で使用されるデータポイントの数を表す、Nitro ベースのインスタンスにアタッチされたボリュームを除きます。

注意: Xen インスタンスの場合、ボリュームに読み取りアクティビティがある場合にのみデータが報告されます。

バイト

VolumeId

  • Average

  • Sum

  • SampleCount

  • Minimum | Maximum — Nitro ベースのインスタンスにアタッチされたボリュームのみ

VolumeWriteBytes

指定された期間の書き込みオペレーションに関する情報を提供します。

  • Sum 統計は、期間内に転送されたバイトの総数をレポートします。

  • Average 統計は、期間中の各書き込みオペレーションの平均サイズを報告します。ただし、平均が指定された期間にわたる平均を表す Nitro ベースのインスタンスにアタッチされたボリュームを除きます。

  • SampleCount 統計は期間中に書き込みオペレーションの合計数を報告します。ただし、サンプル数が統計的計算で使用されるデータポイントの数を表す、Nitro ベースのインスタンスにアタッチされたボリュームを除きます。

注意: Xen インスタンスの場合、ボリュームに書き込みアクティビティがある場合にのみデータが報告されます。

バイト

VolumeId

  • Average

  • Sum

  • SampleCount

  • Minimum | Maximum — Nitro ベースのインスタンスにアタッチされたボリュームのみ

VolumeReadOps

指定期間内の読み取りオペレーションの総数。

注意: 読み取りオペレーションは、完了時にカウントされます。

その期間の 1 秒あたりの読み込み I/O 操作回数 (読み取り IOPS) の平均を算出するには、その期間の読み取りオペレーション回数の合計をその期間の秒数で割ります。

カウント

VolumeId

  • Average

  • Sum

  • Minimum | Maximum — Nitro ベースのインスタンスにアタッチされたボリュームのみ

VolumeWriteOps

指定期間内の書き込みオペレーションの総数。

注意: 書き込みオペレーションは、完了時にカウントされます。

その期間の 1 秒あたりの書き込み I/O 操作回数 (書き込み IOPS) の平均を算出するには、その期間の書き込みオペレーション回数の合計をその期間の秒数で割ります。

カウント

VolumeId

  • Average

  • Sum

  • Minimum | Maximum — Nitro ベースのインスタンスにアタッチされたボリュームのみ

VolumeTotalReadTime

注意: マルチアタッチが有効なボリュームではサポートされません。

指定期間内に完了した操作すべての読み取りオペレーションに要した時間 (秒) の合計。複数のリクエストが同時に送信された場合は、この合計が期間の長さを超えることがあります。例えば、期間が 1 分間 (60 秒) で、その期間内に完了した操作の数が 150 あり、1 つの操作に 1 秒かかるとすれば、この値は 150 秒となります。

注意: Xen インスタンスの場合、ボリュームに読み取りアクティビティがある場合にのみデータが報告されます。

[秒]

VolumeId

  • Average — Nitro ベースのインスタンスにアタッチされたボリュームは対象外

  • Sum

  • Minimum | Maximum — Nitro ベースのインスタンスにアタッチされたボリュームのみ

VolumeTotalWriteTime

注意: マルチアタッチが有効なボリュームではサポートされません。

指定期間内に完了した操作すべての、書き込みオペレーションに要した時間 (秒) の合計。複数のリクエストが同時に送信された場合は、この合計が期間の長さを超えることがあります。例えば、期間が 1 分間 (60 秒) で、その期間内に完了した操作の数が 150 あり、1 つの操作に 1 秒かかるとすれば、この値は 150 秒となります。

注意: Xen インスタンスの場合、ボリュームに書き込みアクティビティがある場合にのみデータが報告されます。

[秒]

VolumeId

  • Average — Nitro ベースのインスタンスにアタッチされたボリュームは対象外

  • Sum

  • Minimum | Maximum — Nitro ベースのインスタンスにアタッチされたボリュームのみ

VolumeIdleTime

注意: マルチアタッチが有効なボリュームではサポートされません。

指定期間内に、読み取りと書き込みのどちらの操作も行われなかった時間 (秒) の合計。

[秒]

VolumeId

  • Average — Nitro ベースのインスタンスにアタッチされたボリュームは対象外

  • Sum

  • Minimum | Maximum — Nitro ベースのインスタンスにアタッチされたボリュームのみ

VolumeQueueLength

指定期間内に完了を待っていた読み取りおよび書き込みの操作リクエストの数。

カウント

VolumeId

  • Average

  • Sum — Nitro インスタンスにアタッチされたボリュームは対象外

  • Minimum | Maximum — Nitro インスタンスにアタッチされたボリュームのみ

VolumeStalledIOCheck

注: Nitro インスタンスのみが対象です。Amazon ECS AWS Fargate とタスクにアタッチされたボリュームについては公開されていません。

過去 1 分間にボリュームが停止した IO チェックに合格または失敗したかについてレポートします。このメトリクスは、0 (合格) または 1 (失敗) のいずれかになります。詳細については、「CloudWatch を使用して I/O 特性を監視する」を参照してください。

カウント

VolumeId | InstanceId

  • 合計

  • [Average] (平均)

  • 最小値

  • 最大値

VolumeThroughputPercentage
[Note:] (メモ:)
  • プロビジョンド IOPS SSD ボリュームのみが対象です。

  • マルチアタッチが有効なボリュームではサポートされません。

Amazon EBS ボリュームにプロビジョニングされた合計 IOPS (1 秒間あたりの I/O 操作回数) に対する、配信された IOPS の割合 (パーセント)。プロビジョンド IOPS SSD ボリュームは、期間の 99.9 パーセントにわたり、プロビジョニングされたパフォーマンスを実現します。

書き込みの間、他に保留中の I/O リクエストが 1 分以内になければ、メトリクス値は 100% となります。また、お客様が行ったアクション (例えば使用率ピーク時にボリュームのスナップショットを作成する、EBS 最適化インスタンス以外でボリュームを実行する、そのボリュームのデータに初めてアクセスするなど) によってボリュームの I/O 性能が一時的に低下する場合があります。

割合 (%)

VolumeId

  • Average

  • Minimum | Maximum

VolumeConsumedReadWriteOps

注意: プロビジョンド IOPS SSD ボリュームのみが対象です。

指定された期間内に消費された読み取り/書き込みオペレーションの合計量 (256K キャパシティユニットに正規化)。

それぞれ 256K より小さい I/O 操作は、1 消費 IOPS とカウントされます。256K より大きい I/O 操作は、256K キャパシティーユニットでカウントされます。例えば、1024K I/O は 4 消費 IOPS としてカウントされます。

カウント

VolumeId

  • Average

  • Sum

  • Minimum | Maximum

BurstBalance

注意: 汎用 SSD (gp2)、スループット最適化 HDD (st1)、Cold HDD (sc1) ボリュームのみが対象です。

バーストバケットに残っている I/O クレジット (gp2 用) またはスループットクレジット (st1sc1 用) の割合に関する情報を提供します。 CloudWatch データはボリュームがアクティブな場合にのみ報告されます。ボリュームがアタッチされていない場合、データは報告されません。

ボリュームのベースラインパフォーマンスが最大バーストパフォーマンスを超える場合、クレジットは消費されません。ボリュームが Nitro System で構築されたインスタンスにアタッチされている場合、バーストバランスは報告されません。その他のインスタンスの場合、報告されるバーストバランスは 100% です。詳細については、「gp2 ボリュームのパフォーマンス」を参照してください。

割合 (%)

VolumeId

  • Average

  • Sum — Nitro インスタンスにアタッチされたボリュームは対象外です。

  • Minimum | Maximum

Nitro インスタンスのメトリクス

AWS/EC2 名前空間には、ベアメタルインスタンスではない、Nitro ベースのインスタンスにアタッチされているボリュームに関する、追加の Amazon EBS メトリクスが含まれます。

メトリクス 説明 単位 有意義な統計
EBSReadOps

指定された期間にインスタンスに接続されたすべての Amazon EBS ボリュームからの、完了した読み込みオペレーション。

その期間の 1 秒あたりの読み込み I/O 操作回数 (読み込み IOPS) の平均を算出するには、その期間の操作回数の合計をその期間の秒数で割ります。基本 (5 分) モニタリングを使用している場合、この数を 300 で除算して読み込み IOPS を計算することができます。詳細 (1 分) モニタリングを使用している場合は、この数を 60 で除算します。 CloudWatch DIFF_TIMEメトリック演算関数を使用して 1 秒あたりの操作数を調べることもできます。例えば、EBSReadOps CloudWatch m1としてグラフ化した場合、m1/(DIFF_TIME(m1))メトリック計算式はそのメトリックをオペレーション数/秒で返します。その他のメトリック数学関数の詳細については、『Amazon CloudWatch ユーザーガイド』の「メトリック演算を使用する」を参照してください。DIFF_TIME

カウント

  • 合計

  • [Average] (平均)

  • 最小値

  • 最大値

EBSWriteOps

指定された期間にインスタンスに接続されたすべての EBS ボリュームからの、完了した書き込み操作。

その期間の 1 秒あたりの書き込み I/O 操作回数 (書き込み IOPS) の平均を算出するには、その期間の操作回数の合計をその期間の秒数で割ります。基本 (5 分) モニタリングを使用している場合、この数を 300 で除算して書き込み IOPS を計算することができます。詳細 (1 分) モニタリングを使用している場合は、この数を 60 で除算します。また、 CloudWatch DIFF_TIMEメトリックス算術関数を使用して 1 秒あたりの操作数を求めることもできます。例えば、EBSWriteOps CloudWatch m1としてグラフ化した場合、m1/(DIFF_TIME(m1))メトリック計算式はそのメトリックをオペレーション数/秒で返します。その他のメトリック数学関数の詳細については、『Amazon CloudWatch ユーザーガイド』の「メトリック演算を使用する」を参照してください。DIFF_TIME

カウント

  • 合計

  • [Average] (平均)

  • 最小値

  • 最大値

EBSReadBytes

指定した期間内にインスタンスに接続されたすべての EBS ボリュームから読み取られたバイト数。

報告された数は、期間中に読み取られたバイト数です。基本 (5 分) モニタリングを使用している場合、この数を 300 で除算して読み込みバイト/秒を求めることができます。詳細 (1 分) モニタリングを使用している場合は、この数を 60 で除算します。また、 CloudWatch DIFF_TIMEメトリックス算術関数を使用して 1 秒あたりのバイト数を求めることもできます。たとえば、 CloudWatch としてグラフ化した場合m1EBSReadBytesm1/(DIFF_TIME(m1))メトリック計算式はメトリックをバイト/秒単位で返します。その他のメトリック数学関数の詳細については、『Amazon CloudWatch ユーザーガイド』の「メトリック演算を使用する」を参照してください。DIFF_TIME

バイト

  • 合計

  • [Average] (平均)

  • 最小値

  • 最大値

EBSWriteBytes

指定した期間内にインスタンスに接続されたすべての EBS ボリュームに書き込まれたバイト数。

報告された数は、期間中に書き込まれたバイト数です。基本 (5 分) モニタリングを使用している場合、この数を 300 で除算して書き込みバイト/秒を求めることができます。詳細 (1 分) モニタリングを使用している場合は、この数を 60 で除算します。また、 CloudWatch DIFF_TIMEメトリックス算術関数を使用して 1 秒あたりのバイト数を求めることもできます。たとえば、 CloudWatch としてグラフ化した場合m1EBSWriteBytesm1/(DIFF_TIME(m1))メトリック計算式はメトリックをバイト/秒単位で返します。その他のメトリック数学関数の詳細については、『Amazon CloudWatch ユーザーガイド』の「メトリック演算を使用する」を参照してください。DIFF_TIME

バイト

  • 合計

  • [Average] (平均)

  • 最小値

  • 最大値

EBSIOBalance%

バーストバケットの I/O 残りクレジットの割合に関する情報を提供します。このメトリクスは基本モニタリング専用です。

このメトリクスは、少なくとも 24 時間に 1 回、30 分間だけ最大パフォーマンスにバーストする一部の *.4xlarge インスタンスサイズ以下でのみ使用できます。詳細については、「EBS 最適化 (デフォルト)」を参照してください。

Sum 統計は、このメトリクスに該当しません。

割合 (%)

  • 最小値

  • 最大値

EBSByteBalance%

バーストバケットのスループット残りクレジットの割合に関する情報を提供します。このメトリクスは基本モニタリング専用です。

このメトリクスは、少なくとも 24 時間に 1 回、30 分間だけ最大パフォーマンスにバーストする一部の *.4xlarge インスタンスサイズ以下でのみ使用できます。詳細については、「EBS 最適化 (デフォルト)」を参照してください。

Sum 統計は、このメトリクスに該当しません。

割合 (%)

  • 最小値

  • 最大値

高速スナップショット復元のメトリクス

AWS/EBS の名前空間には、高速スナップショット復元に関する次のメトリクスが含まれています。

メトリクス 説明 単位 ディメンション 有意義な統計
FastSnapshotRestoreCreditsBucketSize

蓄積できるボリューム作成クレジットの最大数。このメトリクスは、アベイラビリティーゾーンごとにスナップショット単位で報告されます。

カウント

SnapshotId | AvailabilityZone

  • Average

  • Minimum | Maximum

注意: 最も有意義な統計は Average です。Minimum 統計と Maximum 統計の結果は、Average と同じであり、代わりに使用できます。

FastSnapshotRestoreCreditsBalance

使用可能なボリューム作成クレジットの数。このメトリクスは、アベイラビリティーゾーンごとにスナップショット単位で報告されます。

カウント

SnapshotId | AvailabilityZone

  • Average

  • Minimum | Maximum

注意: 最も有意義な統計は Average です。Minimum 統計と Maximum 統計の結果は、Average と同じであり、代わりに使用できます。

Amazon EC2 コンソールのグラフ

ボリュームを作成したら、Amazon EC2 コンソールでボリュームのモニタリンググラフを確認できます。コンソールの [Volumes] ページでボリュームを選択し、[Monitoring] を選択します。次の表は、表示されるグラフをまとめたものです。右側の列には、 CloudWatch API からの未加工データメトリックスを使用して各グラフを作成する方法が説明されています。すべてのグラフの期間は5分です。

グラフ 未加工メトリクスの使用に関する説明

読み取りスループット (KiB/s)

Sum(VolumeReadBytes) / Period / 1024

書き込みスループット (KiB/s)

Sum(VolumeWriteBytes) / Period / 1024

読み取り操作 (OPS/秒)

Sum(VolumeReadOps) / Period

書き込み操作 (OPS/秒)

Sum(VolumeWriteOps) / Period

平均キュー長 (オペレーション)

Avg(VolumeQueueLength)

アイドル時間 (%)

Sum(VolumeIdleTime) / Period × 100

平均読み取りサイズ (KiB/OP)

Avg(VolumeReadBytes) / 1024

Nitro ベースのインスタンスの場合、次の式は Metric Math を使用して平均読み取りサイズを算出します。CloudWatch

(Sum(VolumeReadBytes) / Sum(VolumeReadOps)) / 1024

VolumeReadBytesVolumeReadOpsおよびメトリクスは EBS コンソールで確認できます。 CloudWatch

平均書き込みサイズ (KiB/OP)

Avg(VolumeWriteBytes) / 1024

Nitro ベースのインスタンスの場合、次の式では Metric Math を使用して平均書き込みサイズを算出します。CloudWatch

(Sum(VolumeWriteBytes) / Sum(VolumeWriteOps)) / 1024

VolumeWriteBytesVolumeWriteOpsおよびメトリクスは EBS コンソールで確認できます。 CloudWatch

平均読み取りレイテンシー (ms/op)

Avg(VolumeTotalReadTime) × 1000

Nitro ベースのインスタンスの場合、次の式は Metric Math を使用して平均読み取りレイテンシーを算出します。CloudWatch

(Sum(VolumeTotalReadTime) / Sum(VolumeReadOps)) × 1000

VolumeTotalReadTimeVolumeReadOpsおよびメトリクスは EBS コンソールで確認できます。 CloudWatch

平均書き込みレイテンシー (ms/op)

Avg(VolumeTotalWriteTime) × 1000

Nitro ベースのインスタンスの場合、次の式は Metric Math を使用して平均書き込みレイテンシーを算出します。CloudWatch

(Sum(VolumeTotalWriteTime) / Sum(VolumeWriteOps)) * 1000

VolumeTotalWriteTimeVolumeWriteOpsおよびメトリクスは EBS コンソールで確認できます。 CloudWatch

平均レイテンシーグラフおよび平均サイズグラフでは、期間中に完了したオペレーション (読み込みまたは書き込みのうち、いずれかグラフに該当する方) の合計数に基づいて平均が計算されます。