ファイルシステムタグの管理 - Amazon Elastic File System

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

ファイルシステムタグの管理

Amazon EFS ファイルシステムを作成するときにファイルシステムタグを含めることができます。ファイルシステムの作成後はいつでも、新しいタグを作成したり、既存のタグの値を更新したり、ファイルシステムに関連付けられたタグを削除したりすることもできます。

コンソールの使用

コンソールには、ファイルシステムに関連付けられた既存のタグが一覧表示されます。新しいタグの追加、既存のタグの値の変更、または既存のタグの削除ができます。

タグを追加する、タグの値を変更する、またはタグを削除する (コンソール)

  1. Amazon Elastic File System コンソール (https://console.aws.amazon.com/efs/) を開きます。

  2. [ファイルシステム] を選択します。

  3. タグを管理するファイルシステムを選択します。

  4. [File system details (ファイルシステムの詳細)] ページで、[Tags (タグ)] を選択します。

  5. 既存のタグを編集したり、新しいタグを作成したりするには、[タグの管理] を選択します。

  6. [タグの管理] ダイアログボックスで、以下の操作を実行できます。

    • タグ値の編集 - タグ値を選択し、値を編集して、[保存] を選択します。

    • [Add a new tag (新しいタグの追加)] - [Add tag (タグの追加)] を選択し、キーと値のペアを入力して、[Save (保存)] を選択します。

    • [Remove an existing tag (既存のタグの削除)] - 削除するタグの横にある [Remove tag (タグの削除)] を選択します。次に、[保存] を選択するか、[元に戻す] を選択して削除を元に戻します。

    
              EFS コンソールでファイルシステムタグを管理します。

CLI の使用

タグを管理するためのAWS CLIコマンド、および同等の Amazon EFS API アクションを次の表に示します。

CLI コマンド 説明 同等の API オペレーション

tag-resource

新しいタグを追加する、または既存のタグを更新する

TagResource

list-tags-for-resource

既存のタグの取得

ListTagsForResource

untag-resource

既存のタグの削除

UntagResource

ファイルシステムのタグを作成するには (AWS CLI)

  • タグを作成するには、Amazon EFS tag-resource CLI コマンドを使用します (対応する API オペレーションは TagResource). です)。次のコマンド例では、ファイルシステムに対して Department の値を持つ新しい Business Intelligence タグを作成します。

    $ aws efs tag-resource \ --resource-id File-System-Id \ --tags Key=Department,Value="Business Intelligence" \ --region aws-region \

    コマンドが成功した場合、AWS CLI はレスポンスを返しません。

アクセスポイントのタグを作成するには

  • EFS アクセスポイントのタグは、 tag-resource CLI コマンドを使用して作成できます。

    $ aws efs tag-resource \ --resource-id Access-Point-Id \ --tags Key=AccessTeam,Value="Data_Lake" \ --region aws-region \

ファイルシステムに関連付けられているすべてのタグを取得するには

  • 次に示すように、 list-tags-for-resource CLI コマンド (対応する API オペレーションは ListTagsForResource) を使用して、ファイルシステムに関連付けられたタグのリストを取得します。

    $ aws efs list-tags-for-resource \ --resource-id File-System-Id \ --region aws-region \

    Amazon EFS は JSON としてこれらの説明を返します。次の例は、DescribeTags オペレーションによって返されるタグです。ファイルシステムに 3 つのタグのみがあることを示しています。

    { "Tags": [ { "Key": "Name", "Value": "Test File System" }, { "Key": "developer", "Value": "rhoward" }, { "Key": "Department", "Value": "Business Intelligence" } ] }

EFS リソースに関連付けられている 1 つ以上のタグを削除するには

  • ファイルシステムのタグを削除するには、untag-resource CLI コマンドを使用します (対応する API オペレーションは UntagResource). です)。次のコマンドは、タグキー test1test2 を指定したファイルシステムのタグのリストから削除します。リクエストで削除する各タグのキーを指定します。

    $ aws efs untag-resource\ --resource-id fs-c5a1446c \ --tag-keys "test1" "test2" \ --region us-west-2 \

    コマンドが成功した場合、AWS CLI はレスポンスを返しません。

EFS アクセスポイントのタグ (タグ解除) を削除するには

  • 次のように untag-resource CLI コマンド (対応する API オペレーションは UntagResource) を使用して EFS アクセスポイントのタグを削除します。

    $ aws efs untag-resource \ --resource-id Access-Point-Id \ --tags Key=AccessTeam,Value="Data_Lake" \ --region us-west-2 \