Amazon EFS パフォーマンス - Amazon Elastic File System

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon EFS パフォーマンス

Amazon EFS はサーバーレスを提供し、 set-and-forget 内の任意のコンピューティングサービスからアクセスできる Elastic ファイルシステムAWSとオンプレミス (以下を含む)

  • Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)

  • Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS)

  • Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS)

  • AWS Fargate

  • AWS Lambda

Amazon EFS は、500,000 IOPS を超えるスループットを 10 ギガバイト/秒 (GibPS) 以上提供し、ミリ秒以下または低い一桁ミリ秒のレイテンシーを提供します。

以下のセクションでは、Amazon EFS パフォーマンスの概要と、ファイルシステム設定が主要なパフォーマンスディメンションにどのように影響するかを説明します。また、ファイルシステムのパフォーマンスを最適化するための重要なヒントと推奨事項もいくつか紹介します。

パフォーマンスの概要

ファイルシステムのパフォーマンスは、通常、レイテンシー、スループット、1 秒 (IOPS) のディメンションを使用して測定されます。これらのディメンションでの Amazon EFS のパフォーマンスは、ファイルシステムの設定によって異なります。次の設定は、Amazon EFS ファイルシステムのパフォーマンスに影響します。

  • ストレージクラス— EFS ワンゾーンまたは EFS スタンダード

  • パフォーマンスモード— 汎用または最大 I/O

  • スループットモード— バーストまたはプロビジョニング

次の表は、ストレージクラスとパフォーマンスモードの設定の利用可能な組み合わせにおける Amazon EFS ファイルシステムのパフォーマンスを示しています。

ストレージ・クラスとパフォーマンス・モードの組み合わせのファイル・システム・パフォーマンス
レイテンシー1 最大 IOPS 最大スループット

ファイルシステム構成 — ストレージクラスとパフォーマンスモード

読み取り操作

書き込み操作

読み取り操作

書き込み操作

ファイルシステムごとの読み取り2

ファイルシステムごとの書き込み2

クライアントごとの読み取り/書き込み

1 つのゾーンストレージと汎用

600マイクロ秒(µs)の低い値

一桁ミリ秒

35,000 7,000

3 — 5 GibPS

1 — 3 GibPs

512 MiBps

標準ストレージと汎用

600µsという低い値

一桁ミリ秒

35,000 7,000

3 — 5 GibPS

1 — 3 GibPs

512 MiBps

スタンダードストレージと最大 I/O

1 桁のミリ秒

一桁から二桁のミリ秒

>500,000 >100,000

3 — 5 GibPS

1 — 3 GibPs

512 MiBps
注記

脚注:

  1. コスト最適化ストレージクラス(Standard-IA および 1 Zone-IA)へのファイルデータの読み取りおよび書き込みのレイテンシーは、2 桁ミリ秒です。

  2. 最大読み取りおよび書き込みスループットは、AWS リージョンおよびファイルシステムのスループットモード(バーストまたはプロビジョニング済み)になります。詳細については、「」の表を参照してください。デフォルトスループットクォータバーストモードとプロビジョニングされたスループットモードの場合。

    超えるスループットAWS リージョンの最大スループットには、スループットクォータの増加が必要です。追加のスループットのリクエストは、 case-by-case Amazon EFS サービスチームによるベース。承認は、ワークロードのタイプによって異なる場合があります。クォータの増加をリクエストする方法の詳細については、「」を参照してください。Amazon EFS のクォータと制限

ストレージクラスとパフォーマンス

Amazon EFS は、次の 2 種類のストレージクラスを使用します。

  • EFS 1 ゾーンストレージクラス— EFS 1 ゾーンと EFS 1 ゾーン-低頻度アクセス (EFS 1 ゾーン-IA)。EFS 1 ゾーンストレージクラスは、1 アベイラビリティーゾーン内のデータを複製します。

  • EFS スタンダードストレージクラス— EFS スタンダードと EFS 標準-IA。EFS 標準ストレージクラスは、複数のアベイラビリティーゾーン (マルチ AZ) にまたがるデータをレプリケートします。

IA ストレージクラスの読み取りまたは書き込み時の先頭バイトのレイテンシーは、EFS スタンダードまたは EFS 1 ゾーンストレージクラスの場合よりも長くなります。

EFS ストレージクラスの詳細については、「EFS ストレージクラス」を参照してください。

パフォーマンスモード

Amazon EFS には、汎用、最大 I/O という 2 つのパフォーマンスモードが用意されています。

  • 汎用モード最大 35,000 IOPS をサポートし、オペレーションごとのレイテンシーが最小になります。EFS One Zone Zone ストレージクラスを持つファイルシステムでは、常に汎用パフォーマンスモードが使用されます。EFS Standard ストレージクラスのファイルシステムでは、デフォルトの汎用パフォーマンスモードまたは Max I/O パフォーマンスモードのいずれかを使用できます。

  • 最大 I/O モード500,000+ IOPS をサポートし、汎用モードと比較して動作ごとのレイテンシーが高くなります。

パフォーマンスモードは、ファイルシステムを作成するときに設定します。作成後は変更できません。

大部分のアプリケーションには、汎用パフォーマンスモードを使用することをお勧めします。使用するパフォーマンスモードがわからない場合は、汎用パフォーマンスモードを選択します。汎用モードを使用して、ワークロードがファイルシステムで使用可能な IOPS 制限内に収まるようにするには、PercentIOLimit CloudWatch メトリクス. 詳細については、「アマゾン CloudWatch Amazon EFS のメトリクス」を参照してください。

アプリケーションは、パフォーマンスモードに関連する制限まで IOPS を伸縮自在に拡張できます。IOPS に対して別途請求されることはありません。IOPS はファイルシステムのスループットアカウンティングに含まれます。すべてのネットワークファイルシステム(NFS)要求は、4 KB のスループット、または実際のリクエストとレスポンスサイズのいずれか大きい方として考慮されます。たとえば、100 Mbps のスループットを駆動できるファイルシステムでは、1 秒あたり最大 25,600 の 4 KB の書き込みをドライブできます(100 MBps をリクエストあたり 4 KB で割った= 毎秒 25,600 リクエスト)。

スループットモード

ファイルシステムのスループットモードによって、ファイルシステムで使用可能なスループットが決まります。Amazon EFS には、バーストスループットとプロビジョニングされたスループットの 2 つのスループットモードがあります。読み取りスループットは、書き込みスループットよりも高い読み取りスループットを駆動できるように、割引されます。に応じてAWS リージョンの場合、読み取りのdiscount は1.66から3倍です。詳細については、「」の表を参照してください。デフォルトスループットクォータバーストモードとプロビジョニングされたスループットモードの場合。ディスカウントは、読み取りの測定スループットを削減し、書き込みやバーストクレジットの発生額には影響しません。さらに、読み取り割引によって、単一の NFS リクエストの測定スループットが最小リクエストサイズの 4 KB を下回ることはありません。

計測スループットについて

すべての Amazon EFS ファイルシステムには、計測スループットが関連付けられています。プロビジョニングされたスループットモードを使用するファイルシステムの場合、メータリングスループットはプロビジョニングされたスループットの量によって決まります。バーストスループットモードを使用するファイルシステムの場合、メータリングスループットは、EFS スタンダードまたは EFS 1 ゾーンストレージクラスに保存されているデータの量によって決まります。

読み取り要求と書き込み要求は、異なるレートで測定されます。Amazon EFS は、他の要求の 3 分の 1 の割合で読み取り要求を計測します。

例 EFS 計測スループット

たとえば、読み取りスループットと書き込みスループットの両方を 30 MB/秒(MIBP)で駆動している場合、読み取り部分は 10 になります。 MiBps 従量制スループットのうち、書き込み部分は 30 MiBps としてカウントされ、合計メータリングスループットは 40 MiBps です。メータリングレートに対して調整されたこの合計スループットは、MeteredIOBytesアマゾン CloudWatch メトリクス. 詳細については、「アマゾン CloudWatch Amazon EFS のメトリクス」を参照してください。

バーストスループットモード

バーストスループットモードは、デフォルトの Amazon EFS スループットモードです。これは、バーストスループットパターンを持つ従来のアプリケーションに適しています。スループットが低い場合、バーストスループットモードはバーストバケットを使用してバーストクレジットを節約します。スループットが高い場合、バーストクレジットが使用されます。

バーストスループットモードでは、ファイルシステムのスループットはファイルシステムサイズに比例し、Amazon EFS リージョンに依存する最大値になります。リージョンごとの制限の詳細については、「」の表を参照してください。デフォルトスループットクォータバーストモードとプロビジョニングされたスループットモードの場合。

バーストクレジットが使用可能な場合、ファイルシステムは最低 100 Mbps のストレージで、テラバイト (TB) あたり最大 100 MBps のドライブが可能です。使用可能なバーストクレジットがない場合、ファイルシステムは最低 1 Mbps のストレージで TB あたり最大 50 Mbps をドライブできます。

読み取りおよび書き込みのスループットは計測され、バーストクレジットは従量制スループットのバーストクレジットバランスから差し引かれます。バーストクレジットは、ファイルシステムのベースレートでファイルシステムのサイズに比例して発生する。ストレージの TB ごとに 50 MBps のバーストクレジットが課金されます。ファイルシステムの消費量が基本レートより少なくなると、バーストクレジットが発生します。ファイルシステムがベースレートよりも多く消費されるたびに、バーストクレジットを消費します。の計測サイズValueInStandardは、I/O スループットのベースラインとバーストレートを決定するために使用されます。

Amazon EFS バーストクレジット

Amazon EFS は、クレジットシステムを使用して、ファイルシステムがバーストできる時期を判断します。各ファイルシステムは、EFS 標準または 1 ゾーンストレージクラスに保存されているファイルシステムのサイズによって決定されるベースラインレートで時間の経過とともにクレジットを取得します。ファイルシステムは、データを読み書きするたびにクレジットを使用します。ベースラインレートは、ストレージの 1 TiB あたり 50 MiB/秒です (同様に、ストレージの 1 GiB あたり 50 KiB/秒)。Amazon EFS は、ベースラインレートに対して他のオペレーションの 3 分の 1 の割合で読み取りオペレーションを計測するため、EFS ファイルシステムは、このベースラインレートにおいて、読み取りスループットで GiB あたり最大 150KiB/s、書き込みスループットで GiB あたり 50KiB/秒を駆動することができます。

ファイルシステムは、ベースラインの従量制レートでスループットを継続的に向上させることができます。ファイルシステムは、非アクティブであるか、スループットをベースラインの従量制レートより低くするたびに、バーストクレジットを蓄積します。蓄積されたバーストクレジットにより、ファイルシステムは、ベースラインレートを上回るスループットを駆動できます。

たとえば、100 GiB のファイルシステムは、残りの 95 パーセントで非アクティブになっていると、5 パーセントの時間 (100 MiB/秒で) バーストすることができます。24 時間にわたって、ファイルシステムは、432,000 MiB のクレジットを獲得します。これは、100 MiB/秒で、72 分間バーストするのに使用することができます。

1 TiB を超えるファイルシステムは、残りの 50 パーセントで非アクティブになっていると、常に最大 50 パーセントの時間バーストすることができます。

次の表に、バーストの動作の例を示します。

ファイルシステムサイズ バーストスループット ベースラインスループット
100 GiB のファイルシステムは...
  • 1 日あたり最大 72 分間、読み取り専用で 300 MiB /秒までバーストする

  • 1 日あたり最大 72 分間、書き込み専用で 100MiB/秒までバーストするか、または

  • 最大 15 MiB/秒まで読み取り専用連続駆動

  • 最大 5 MiB/秒まで書き込み専用連続駆動

1 TiB ファイルシステムは...
  • 1 日 12 時間、読み取り専用で 300 MiB /秒までバーストする

  • 1 日あたり 12 時間、書き込み専用で 100 MiB /秒までバーストするか、または

  • 150 MiB /秒まで読み取り専用連続駆動

  • 50 MiB /秒まで書き込み専用連続駆動

10 TiB ファイルシステムは...
  • 1 日 12 時間、読み取り専用で 3 GiB /秒までバースト

  • 1 日 12 時間、書き込み専用に 1 GiB/秒までバーストするか、または

  • 1.5 Gib/秒を読み取り専用で連続駆動

  • 500 MiB/秒を書き込み専用で連続駆動

一般的に、より大きなファイルシステムは ...
  • 1 日 12 時間、ストレージの 1 TiB あたり読み取り専用で 300 MiB /秒までバーストする

  • 1 日 12 時間、ストレージの 1 TiB あたり書き込み専用で 100 MiB/秒までバーストするか、または

  • ストレージ 1 TiB あたり読み取り専用の 150 MiB/秒で連続駆動

  • ストレージ 1 TiB あたり書き込み専用の 50 MiB/秒で連続駆動

注記

Amazon EFS は、ベースラインレートが低くても、すべてのファイルシステムに 1 MiB /秒のメータリングスループットを提供します。

ベースラインレートとバーストレートを決定するために使用されるファイルシステムサイズは、ValueInStandardメーターで計上可能なサイズDescribeFileSystemsAPI オペレーション

ファイルシステムは、1 TiB より小さいファイルシステムの場合、2.1 TiB、または 1 TiB を超えるファイルシステムの場合は、1 TiB あたり 2.1 TiB の最大クレジットバランスを得ることができます。この方法は、ファイルシステムが連続して最大 12 時間バーストするのに十分なクレジットを蓄積できることを示しています。

プロビジョニングされたスループットモード

比較的一定のスループットを持つアプリケーションでは、プロビジョニングされたスループットモードをお勧めします。プロビジョニングされたスループットモードでは、ファイルシステムのサイズやバーストクレジットバランスに関係なく、ファイルシステムが駆動できるスループットのレベルを指定します。ファイルシステムが Bursting スループットモードを使用していた場合、ストレージ量に基づいて、ファイルシステムのベーススループットレートを超えるプロビジョニングのスループット量に対して課金されます。ファイルシステムの従量制サイズが、プロビジョニングしたスループットよりも高いベースラインスループットを提供する場合、ファイルシステムは自動的にバーストスループットモードを使用します。

スループットモードの切り替え

既存のファイルシステムのスループットモードを切り替えることができます。ただし、24 時間に 1 つの制限付き変更しか行えないという制限があります。以下は制限された変更と見なされます。

  • ファイルシステムのスループットモードの変更(プロビジョニングされたスループットからバーストスループットへ、またはバーストスループットからプロビジョニングされたスループットへ)。

  • プロビジョニングされたスループットモードでプロビジョニングされたスループットの量を減らします。