Amazon EFS のクォータと制限 - Amazon Elastic File System

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon EFS のクォータと制限

Amazon EFS を使用する際のクォータについて以下に説明します。

引き上げることができる Amazon EFS のクォータ

Service Quotas は、1 つの場所からクォータまたは制限を管理するのに役立つ AWS のサービスです。Service Quotas コンソール ですべての Amazon EFS 制限値を表示できるようになりました。Service Quotas コンソールを使用して、AWS リージョン のEFS ファイルシステムの数に対するクォータの増加を要求することもできます。

AWS サポートに連絡して、次の Amazon EFS クォータの引き上げをリクエストすることもできます。詳細については、「クォータ引き上げのリクエスト」を参照してください。Amazon EFS サービスチームは各リクエストを個別に確認します。

リソース デフォルトのクォータ
AWS リージョン 内のお客様のアカウントごとのファイルシステムの数 1,000

次の表は、バーストおよびプロビジョニングされたスループットモードのデフォルトのスループットクォータを示しています。EFS スループットモードの詳細については、「」を参照してください。Amazon EFS パフォーマンス

リソース AWS リージョン 最大計測スループット 最大バースト読み取りスループット
接続されたすべてのクライアントの合計バーストスループット

米国東部(オハイオ)リージョン

3 ギビバイト/秒 (GiBps)

5 GiBps

米国東部 (バージニア北部) リージョン

3 GiBps

5 GiBps

US West (N. California) リージョン

1 GiBps

3 GiBps

米国西部 (オレゴン) リージョン

3 GiBps

5 GiBps

アフリカ(ケープタウン)リージョン

1 GiBps 3 GiBps
アジアパシフィック (香港) リージョン 1 GiBps 3 GiBps
アジアパシフィック (ムンバイ) リージョン 1 GiBps 3 GiBps
アジアパシフィック (ソウル) リージョン 1 GiBps 3 GiBps
アジアパシフィック (シンガポール) リージョン 1 GiBps 3 GiBps
アジアパシフィック (シドニー) リージョン 3 GiBps 5 GiBps
アジアパシフィック (ジャカルタ) リージョン 1 GiBps 3 GiBps
アジアパシフィック (東京) リージョン 1 GiBps 3 GiBps
アジアパシフィック(大阪)リージョン 1 GiBps 3 GiBps
カナダ (中部) リージョン 1 GiBps 3 GiBps
中国 (北京) リージョン 1 GiBps 3 GiBps
中国 (寧夏) リージョン 1 GiBps 3 GiBps
欧州 (フランクフルト) リージョン 1 GiBps 3 GiBps
欧州 (アイルランド) リージョン 3 GiBps 5 GiBps
欧州 (ロンドン) リージョン 1 GiBps 3 GiBps
欧州(ミラノ)リージョン 1 GiBps 3 GiBps
欧州 (パリ) リージョン 1 GiBps 3 GiBps
欧州 (ストックホルム) リージョン 1 GiBps 3 GiBps
中東 (バーレーン) リージョン 1 GiBps 3 GiBps
南米 (サンパウロ) リージョン 1 GiBps 3 GiBps
AWS GovCloud (米国東部) 1 GiBps 3 GiBps
AWS GovCloud (米国西部) 1 GiBps 3 GiBps
すべての接続されたクライアントの合計プロビジョニングされたスループット

すべての AWS リージョン

1 GiBps 3 GiBps

クォータ引き上げのリクエスト

AWS Support を通じてこれらのクォータの引き上げをリクエストするには、以下のステップを実行します。 Amazon EFS チームが各クォータの引き上げリクエストを検討します。

AWS Support を通じてクォータの引き上げをリクエストするには

  1. AWS Support センターのページを開き、必要に応じてサインインします。続いて、[Create Case (ケースの作成)] を選択します。

  2. [Create case (ケースの作成)] で [Service Limit Increase (サービスの上限緩和)] を選択します。

  3. [Limit Type (制限のタイプ)] で、引き上げる制限のタイプを選択します。フォームの必要なフィールドに入力し、希望する連絡方法を選択します。

リソースクォータ

AWS リージョン のお客様アカウントごとに Amazon EFS リソースに適用されるクオータは次の通りです。

リソース クォータ
各ファイルシステムのアクセスポイント数 120
各ファイルシステムの接続数 25,000
アベイラビリティーゾーンごとのファイルシステムあたりのマウントターゲットの数 1
各 VPC のマウントターゲットの数 400
マウントターゲットあたりのセキュリティグループの数 5
ファイルシステムあたりのタグの数 50
ファイルシステムあたりの VPC の数 1
注記

クライアントは、ファイルシステムとは異なるアカウントまたは VPC にあるマウントターゲットに接続することもできます。詳細については、「別の AWS アカウント または VPC から EFS ファイルシステムをマウントする」を参照してください。

NFS クライアントのクォータ

Linux NFSv4.1 クライアントを想定して、NFS クライアントに次のクォータが適用されます。

  • NFS クライアントあたりの最大スループットは 500 メガバイト/秒です (MiBps). NFS クライアントのスループットは、送受信された合計バイト数として計算されます。最小の NFS 要求サイズは 4KB です(読み取り要求に 1/3 の従量制を適用した後)。

  • クライアントあたり最大 128 のアクティブユーザーアカウントが、同時にファイルを開くことができます。各ユーザーアカウントは、インスタンスにログインしているローカルユーザーを表します。複数回ログインしたユーザーアカウントは 1 人のアクティブユーザーとしてカウントされます。

  • インスタンス上で同時に最大 32,768 ファイルを開くことができます。ディレクトリの内容を一覧表示することは、ファイルを開くこととしてカウントされません。

  • クライアントのそれぞれの一意のマウントは、接続あたり合計 65,536 個のロックを取得できます。

  • Amazon EFS に接続する場合、オンプレミスまたは別の AWS リージョン にある NFS クライアントは、同じ AWS リージョン から EFS に接続する場合よりもスループットは低くなります。この影響は、ネットワークレイテンシーが増加するためです。クライアントごとの最大スループットを達成するには、ネットワークレイテンシーを 1 ミリ秒以下にする必要があります。を使用する DataSync オンプレミス NFS サーバーから EFS に大量のデータセットを移行する場合は、データ移行サービス。

  • Microsoft Windows での Amazon EFS の使用はサポートされていません。

Amazon EFS ファイルシステムのクォータ

以下のクォータは、Amazon EFS ファイルシステムに固有のものです。

  • 名前の長さは最大 255 バイトです。

  • シンボリックリンク (symlink) の長さは最大 4,080 バイトです。

  • ファイルへのハードリンクの最大数: 177。

  • 1 つのファイルの最大サイズ: 52,673,613,135,872 バイト (47.9 TiB)。

  • ディレクトリの最大の深さ: 1,000 レベル。

  • 1 つの特定のファイルが、接続されているすべてのインスタンスとそのファイルにアクセスしているユーザー全体で持つことのできるロックの数は、最大 512 個までです。

  • Amazon EFS ファイルシステムポリシーには 20,000 文字の制限があります。

  • [General Purpose(汎用)]モードでは、1 秒あたりのファイル操作が 35,000 回に制限されています。データまたはメタデータを読み取り操作では 1 回のファイル操作が消費され、データの書き込みまたはメタデータの更新操作では 5 回のファイル操作が消費されます。つまりファイルシステムでは、毎秒 35,000 回の読み取り操作、7,000 回の書き込み操作、またはこの 2 つの組み合わせをサポートできます。たとえば、20,000 回の読み取り操作と 3,000 回の書き込み操作 (20,000 件の読み取り × 読み取りごとに 1 回のファイル操作 + 3,000 件の書き込み × 書き込みごとに 5 回のファイル操作 =35,000 回のファイル操作) が可能です。ファイル操作は、接続しているすべてのクライアントからカウントされます。

サポートされていない NFSv4.0 および 4.1 機能

Amazon Elastic File System は、NFSv2 または NFSv3 をサポートしていませんが、Amazon EFS は、以下の機能を除き NFSv4.1 と NFSv4.0 の両方をサポートしています。

  • pNFS

  • 任意のタイプのクライアント委任またはコールバック

    • オペレーション OPEN は、委任タイプとして常に OPEN_DELEGATE_NONE を返します。

    • オペレーション OPEN は、CLAIM_DELEGATE_CURCLAIM_DELEGATE_PREV クレームタイプに対して、NFSERR_NOTSUPP を返します。

  • 強制ロック

    Amazon EFS のすべてのロックはアドバイザリです。つまり、オペレーションが実行される前に、読み取りと書き込みオペレーションで競合するロックがチェックされないことを意味します。

  • 共有の拒否

    NFS は、共有拒否の概念をサポートしています。共有拒否は、主に Windows クライアントが、開いている特定のファイルへの他のユーザーのアクセスを拒否するために使用します。Amazon EFS はこれをサポートしておらず、OPEN4_SHARE_DENY_NONE 以外の共有拒否値を指定する OPEN コマンドに対して NFS エラー NFS4ERR_NOTSUPP を返します。Linux NFS クライアントは、OPEN4_SHARE_DENY_NONE 以外を使用しません。

  • アクセスコントロールリスト (ACL)

  • Amazon EFS は、ファイル読み取りの time_access 属性を更新しません。Amazon EFS は、次のイベントで time_access を更新します。

    • ファイルが作成された場合 (inode が作成されます)。

    • NFS クライアントが明示的な setattr コールを行う場合。

    • ファイルサイズの変更やファイルのメタデータの変更などによって inode に書き込まれた場合。

    • 任意の inode 属性が更新されます。

  • 名前空間

  • 永続的な応答キャッシュ

  • Kerberos ベースのセキュリティ

  • NFSv4.1 のデータ保持

  • ディレクトリの SetUID

  • CREATE 操作の使用時にサポートされていないファイルタイプ: ブロックデバイス (NF4BLK)、NF4CHR)、属性ディレクトリ (NF4ATTRDIR)、キャラクターデバイス (NF4CHR)、属性ディレクトリ (NF4ATTRDIR)、キャラクターデバイス (NF4CHR)、

  • サポートされていない属性: FATTR4_アーカイブ、FATTR4_FILE_AVAIL、FATTR4_ファイル__TOTAL、FATTR4_ファイル_合計、FATTR4_FS_LOCATIONS、FATTR4_QUOTA_AVAIL、FTR4__ファイル___TOTAL、FATTR4_ファイル_TOTAL、FATTR4_ファイル_TOTAL、FATTR4_ファイル_TOTAL、FATTR4_ファイル_TOTAL、FATTR4_ファイル_合計、F

    これらの属性を設定しようとすると、NFS4ERR_ATTRNOTSUPP エラーがクライアントに返されます。

追加の考慮事項

以下の点にも注意してください。

  • Amazon EFS ファイルシステムを作成できる AWS リージョン のリストについては、「AWS 全般リファレンス」を参照してください。

  • Amazon EFS では、nconnect マウントオプションをサポートしていません。

  • AWS Direct Connect および VPN を使用して、オンプレミスのデータセンターサーバーの Amazon EFSファイルシステムをマウントできます。詳細については、オンプレミスクライアントを使用してマウントするを参照してください。