Amazon EKS アドオン - Amazon EKS

Amazon EKS アドオン

アドオンは、Kubernetes アプリケーションをサポートする操作機能を提供するソフトウェアですが、アプリケーションに固有のものではありません。これには、監視エージェントや Kubernetes ドライバなどのソフトウェアが含まれます。これらのソフトウェアにより、クラスターは、ネットワーク、コンピューティング、およびストレージ用の基盤となる AWS リソースと相互作用できるようになります。アドオンソフトウェアは、通常、Kubernetes コミュニティや AWS のようなクラウドプロバイダ、またはサードパーティーベンダーによって構築、保守されます。Amazon EKS は、Amazon VPC CNI、kube-proxyおよび CoreDNS などのセルフマネージド型アドオンを、すべてのクラスターで自動的にインストールします。必要に応じて、アドオンのデフォルト設定は変更と更新が可能です。

Amazon EKS アドオンは、Amazon EKS クラスター用に厳選されたアドオンセットのインストールと管理を実行します。Amazon EKS アドオンには、最新のセキュリティパッチ、バグ修正が含まれており、また Amazon EKS と連携するために AWS により検証されています。Amazon EKS アドオンを使用すると、Amazon EKS クラスターの安全性と安定性を一貫して保証でき、アドオンのインストール、設定、および更新に必要となる作業量を削減できます。セルフマネージド型のアドオン (kube-proxy など) がすでにクラスターで実行されており、Amazon EKS アドオンとして利用可能な場合、kube-proxy Amazon EKS アドオンをインストールすれば、その機能からのメリットを活用できるようになります。

Amazon EKS API を使用することで、Amazon EKS アドオンのための、Amazon EKS 管理の特定の設定フィールドを更新できます。Amazon EKS で管理されていない設定フィールドは、アドオンの起動後に Kubernetes クラスター内で直接変更することもできます。これには、アドオン向けの特定の設定フィールドの定義が含まれます (該当する場合)。これらの変更は、一度実行されると Amazon EKS によって上書きされることはありません。これは、Kubernetes によるサーバー側の適用機能を使用して実現しています。詳細については、「Amazon EKS アドオンの設定」を参照してください。

Amazon EKS アドオンは、1.18 以降の Amazon EKS クラスターで使用できます。クラスターには、セルフマネージド型と、Amazon EKS マネージド型のノードグループ、および Fargate を含めることができます。

Considerations

  • クラスターでアドオンの設定を行うには、アドオンを操作するための IAM アクセス許可を、IAM ユーザーが持っている必要があります。詳細については、「Amazon Elastic Kubernetes Service で定義されるアクション」で、Addon の名前ごとにアクションを参照してください。

  • Amazon EKS アドオンは、Kubernetes バージョン 1.18 以降を実行している Amazon EKS クラスターでのみ使用できます。

  • Amazon EKS アドオンは、クラスター用にプロビジョニングまたは設定するノードで実行されます。ノードタイプには、Amazon EC2 インスタンスと Fargate が含まれます。

  • Amazon EKS で管理されていないフィールドを変更して、Amazon EKS アドオンのインストールをカスタマイズできます。詳細については、「Amazon EKS アドオンの設定」を参照してください。

  • AWS Management Console を使用してクラスターを作成すると、Amazon EKS kube-proxy、Amazon VPC CNI、および CoreDNS Amazon EKS アドオンが自動的にクラスターに追加されます。また、eksctl で config ファイルを使用してクラスターを作成する場合には、eksctl が Amazon EKS アドオンを持つクラスターを作成します。config ファイルなしで (あるいは他のツールを使用して) eksctl によりクラスターを作成する場合は、Amazon EKS アドオンではなく、セルフマネージドの kube-proxy や、Amazon VPC CNI、および CoreDNS のアドオンがインストールされます。これらは自分で管理することが可能で、また、クラスターの作成後に Amazon EKS アドオンを手動で追加することもできます。

Amazon EKS アドオンは、Amazon EKS API、AWS Management ConsoleAWS CLI、および eksctl を使用して、追加、更新、または削除ができます。AWS Management Console、AWS CLIおよび eksctl を使用する際の詳細なステップについては、以下のアドオンのトピックを参照してください。

Amazon EKS アドオンは、AWS CloudFormation を使用しても作成できます。